« July 2005 | Main | September 2005 »

August 31, 2005

糸桜里の湯にて・・・

050830-003
8月 31日 (水)
 会津坂下町のスキー場近くに「糸桜里(しおり)の湯」がありまして、そこのロビーで、会津坂下刻字教室が「刻字展」をやっています。
 そこに「刻字教室のお誘い」のチラシを置いたら、これが結構読まれているようです。興味を抱いていただけるのは良いことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2005

衆院選きょう公示

050830-004
8月 30日(火)
 右の画像は、ワシの村の消防ポンプ車がある小屋の前です。
 我が村出身で、S玉県にお住まいの方、お元気ですか。このブログ推奨のラーメン屋さんの味が気に入らなかったそうで、ごめんなさい。そ~いう時には、このブログに「コメント」を書いて下さいませ。
 W市内の方も、いつも読んで下さってありがとうございます。「こっそり見てます」とのことでしたが、何も実名でなくていいのですから、チョッとコメントでも書いて下さいませ。
 と、タイトルと関係ない話になっています。
 今回の衆議院選挙は、「大変な節目」になるような気がします。
 後悔しない選択をすることが市民に委ねられている極めて大事な「選挙」です。この国の行く末さえ暗示する「選挙」になりそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

旧越後街道

050830-002
8月 30日 (火)
 坂本の山野草を見に行った帰りに、国道49号線旧道に入り、気多宮を通り過ぎようとしたら、ビックリ。萱葺きの旧家が解体されているではありませんか。
 旧越後街道の面影を残す最後の建物ではないでしょうか。30枚ほど写真を撮らせていただきました。
 悲しいようなもったいないような・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親子の作品

050828-002
8月 28日 (日)
 Aさん親子の陶芸を行いました。画像の上は娘さん、下はお母さん。
 今年で3~4回目の来窯となった陶芸教室です。毎夏来ていただけるのがありがたいです。リピーターの大切なお客様です。
 グリーン・ツーリズム陶芸、そして「陶芸がつなぐ人との出会い」を標榜している当「游山窯」では、宿泊も出来ます。卓球台や無線LANもあります。息子達のガイドによるチャリンコ史跡案内もあります。
 「宿泊陶芸」もありますので、どうぞご検討下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 29, 2005

あ~やっと終わったわぁ

050828-001
8月 28日 (日)
 今年の「塩川美術協会員展」が終了しました。ほっとしたところの画像です。例年のことながら、あまりお役に立てませんでした。
 来場者数は約300名だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

文化財シンポジウム

050827-001
8月 27日 (土)
 平成17年度 歴史とふれあいの里づくり事業 文化財シンポジウム「十二世紀の奥羽越」が、我が町の中央公民館で開催されました。
 午前9時から午後1時過ぎまでのシンポジウムです。聴衆は200名ぐらいだったでしょうか。
 川西地区の「陣が峯城跡」の遺跡発掘の成果をふまえ、築造された12世紀の東北地方と越後地域を考え、実像にせまる、と企画されたものでした。
 専門的な内容の部分では不明なところがありましたが、なかなか刺激的なシンポジウムだったと思いました。「陣が峯城跡」は、城館跡のみでなく出土遺物も大変貴重なものであり、指標となりうるということ。それから、平泉の八重樫氏のコメントの中で、陣が峯城跡の考えられないほどの良好な遺跡の保存状態から、なんらかの「禁忌」があったのではないか?というのに興味をもちました。
 その後、昼食は「ラマ」でカレー。チョッと昼寝して、午後また同じ会場で別件の「まちづくり」シンポジウム。まあ、あわただしい土曜日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

第12回塩川美協会員展

050825-001
8月 25日 (木)
 2005年塩川町文化祭参加行事でもある「塩川美術協会」の会員展に行ってきました。あまり大きな声では言えませんが、私が所属する唯一のアート系の団体です。
 例によって、「使えそうもない器」の試作品も2点ほど出品しました。喜んでいいのかどうか「?」ですが、私の作品中、その2点のみが話題になっていました。
 確かに、美術展で「笑い声」が聞かれるのは、あまりないのかもしれません。それだけでも意味があったかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2005

充実?の一日?

050823-001
050823-002
8月 23日 (火)
 朝、「字遊会」に参加して下さった方の陶芸作品を仕上げました。それから、金山町に向かいまして、「こぶし館」にて息子らと昼食(高遠蕎麦)。金山町は「あざき大根」の産地です。
 その後、川口高校の校長さんと面談。それから、スキー場のふもとで「朝日屋」という民宿を経営している栗城さんと会う。我が町のグリーン・ツーリズム関係の講師依頼、快諾していただいた。栗城氏はグリーン・ツーリズムのインストラクターでは完璧上級クラスの方です。
 帰路、早戸温泉「つるの湯」へ、その後会津柳津の道の駅で「足湯」につかる。自宅に戻り、昼寝。それからエキソンパイとままどおるを食べて仕事についた。夜食はカツカレーであった。 
 古川緑波の「悲食記」みたいになってきたな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2005

感動!縄文料理?

050821-010
8月 22日 (月)
 考古学ボーイという言葉をご存知でしょうか?私はかつてそうでした。日曜日には、土器拾いや石器拾いに良く行ったものです。
 自分の家の前を少々掘ったら粘土が出てきたので、縄文早期の尖底土器を作って焼いたりしました。
 6年生のA君が、土器を作って料理をしてみたい、というので少々手伝いました。
 今日の画像は、そのA君の作品(縄文鍋?)と料理です。縄文がついているのがわかるでしょうか。縄文料理?のレシピは、もちアワ・コーン・塩・昆布・玉ねぎ、だそうです。
 彼が初めて作った縄文鍋による雑穀料理だそうです。美味いし面白いと思いました。わざわざ持ってきてくれたのも嬉しかった。
 今度は、穀物を蒸かす土器や、料理を盛る食器も縄文土器で作ってみませんか。きっと面白いよ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

字遊会

050821-000
8月 22日 (月)
 昨日は、自宅にて「字遊会」という、文字で遊ぶ会(そのままです・・・)を行いました。会津坂下刻字教室の主催です。
 粘土板に文字を刻んだり、書いたり・・・。湯飲み茶碗に文字を刻んだり。ロクロを回して作品作りをした方もいました。
 遠くは郡山から、さらに韓国と九州佐賀県からの研修生も加わり、総勢20名くらいで遊びました。
 みなさん、楽しんでいただけましたか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2005

今度の日曜日は・・・

050819-001
8月 19日 (金)
 午前中は、画像にあるような「湯のみ」をロクロでひきました。出来るだけ同じ様にならないように心がけたつもりですが、なかなかうまくいきません。
 明後日の日曜日に「文字遊びの会」を、当游山窯にて行います。その時に、参加者の皆さんに文字を彫っていただこうという趣向です。陶板もあります。陶印をやってみたい、という方もいらっしゃるようです。
 さて、どうなりますことやら・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2005

雑穀がこんなになりました

050818-001
8月 18日 (木)
 うちの窯小屋の東側に、「高黍(タカキビ)」と「粟(アワ)」がこんなになりました。タカキビが倒れそうなくらい高くなってしまったので、今日は支えを作りました。
 種子を下さった方が、たまたま来宅されたのでお聞きしたら、「まだ収穫には早い」とのことでした。
 村の人の中には、関心を持って見ている人もいるようです。「何で雑穀作ってるんだろう?」と思っている人の方が多いかも知れません。
 鳥にマークされると群で飛んできて、あっという間に食べつくされるのだそうです。それが、チョッと心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「四人展」無事終了!

050817-001
8月 17日 (水)
 熱塩加納村の「蔵ギャラリー」でお盆の真っ只中に行われた「四人展」が終了しました。小さいながらも、なかなか素敵な感じだったと思いました。
 私は、その期間中東京に行っていましたので、殆ど留守でした。来ていただいた方々には申し訳ない気持ちです。
 あっ!私の「使えそうもない器」シリーズ?のコーヒーカップ2点が売れました。嬉しいような寂しいような・・・ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2005

役場の対応によるのじゃ?

DSC00699
8月 13日 (土)
 首都圏にお住まいの若い女性二人が、駅にあったパンフレットを見てグリーン・ツーリズムに興味を抱いたのだそうです。その中で名も知られている某市に電話をしたら、役所の職員がそっけなかったので、名も知らぬ我が町の役場に電話をしたら対応した女性Kさんが「良さそう」だったので、ということで来町されました。
 ただ、私、熱塩加納村の「蔵ギャラリー」にて四人展がありまして、その搬入日だったものですから、彼女らに手伝っていただくことを了承してもらいました。
 今日の画像は、その搬入が終わっての「ホッとひといき」です。なんで沖縄のオリオンビ~ルなの?
 それはともかく、そちらの花畑とブルーべりーやトマトに感激していた様子でした。その後、「楽篆工房」へ・・・。
 なんと、その後、ウチの村の祭りの日だったので見物。もっともこれはグリーン・ツーリズムというより「異文化体験」?のような気もします。
 早朝起きて、東京駅の早い新幹線に乗っての会津行き。さぞやお疲れのことでしょう。
 後日、ぜひ感想をお聞かせ下さいませ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 12, 2005

鮫川村に行って来ました

050812-003
8月 12日 (金)
 町役場の職員2名と共に、鮫川町に行ってきました。用件はグリーン・ツーリズム関係の「詰め」の仕事です。「ほっとはうす鮫川」にも久しぶりに訪ねました。
 帰路、同町内で炭焼きをしているMさんのところに立ち寄って、炭を譲ってもらいました。以前と変わらずお元気で何よりでした。
 今日の出来事をグリーン・ツーリズムの視点で語ると、私は炭焼き屋さんのMさんのリピーターであるわけです。炭はどこにでも売っています。ホームセンターや100円ショップには安価なものがいくらでも売っています。でも、あの鮫川で硬いイイ炭を実直に作っているMさんがいらっしゃるのだから、私はMさんから買いたいのです。他の炭を使わないわけではありません。野外でこだわりの料理を作る時に、こだわりのMさんの炭を使うのです。
 そこで、“物語”が生まれるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

AMPM 陶芸

050811-001
8月 11日 (木)
 午前中は「ばんげ陶芸くらぶ」へ行って皿を三枚作ってきました。それから、北会津村へ、おっと、私のナビでも会津若松市北会津になっていました。市町村の合併で、「市」になっていたのでした。
 午後は自宅で「陶芸」黒い粘土に文字を刻んだり、抹茶碗を作ったりと様々でした。小6生一人も含め5~6名の「粘土遊び」になりました。
 明日は、鮫川村へちょっと行く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2005

森と風のがっこう

050808-008
050808-010
8月8日(月)
 8日遠野での研修を終え、われわれchu~nen男3人組、全会一致で北上することに決定しました。目指すは、同じ岩手県とはいえ、ほぼ青森県境に近い「葛巻町」にある「森と風の学校」です。
 主宰者のYさんやスタッフが誰もいない、と事前に知っていてもわざわざ行った我々chu~nen男3人組のフットワークの軽さに拍手をしたい。
 結果は、行った甲斐がありました。何でも自分の目で見ることが大事です。当たり前だけれど・・・。
そこのニューズレターより
「縁あってたどり着いたひとにしかわからない、あなただけの悦楽を発見できるかもしれません・・・。」
 これは、私たちがかんがえているグリーン・ツーリズムのポリシーにも共通するものです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

新「遠野物語」

050808-003
8月6日~8日
 岩手県遠野市に行ってきました。
東北ツーリズム大学の学生として参加しました。暑いのとアブに何箇所も刺されたのはには少々困ったなあ、今も足がカユイ。
さて、この画像は何でしょうか?
答えは、レタスの苗です。ツーリズム大学では、レタスではなくキャベツの苗を植えてきました。有機無農薬入門ということで、安心・安全の葉野菜づくりを実践しているOさんの農場での研修でした。
ここでも、「人」が一番面白い、と感じました。またOさん自身も「人」が好きだという様子がよく伝わってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2005

韓流

DSC00671
8月 5日 (金)
 関係するNPOの研修生のK君が研修を終え、明日去って行くというので、「陶芸体験」に来ました。記念品を作りましょう、というわけです。彼の希望が「ビールコップ」ということだったので、つくりました。その作品をブログのネタにするよ、と言っておいたのに、撮影してくるのを忘れました。ごめんなさい。
 さて、今日の夜食はというと「ほっかほっか亭」月見石焼ビビンバ丼でした。何ヶ月ぶりのビビンバかな?などと感慨に浸りながらの韓流夜食でした。

 明日から3日間、岩手に研修に行くので、ブログはお休みです。  悪しからず・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2005

蓮弁(れんべん)

050804-001
8月 4日 (木)
 朝、「陶芸クラブ」に行こうと思って出かけようとしたら、3人の来客あり。関係しているNPOに来ていた研修生のK君らでありました。無事?大学に戻るのだそうです。ごくろうさまでした。
 その後、会津若松市内へ。午後は、東分庁舎にてグリーン・ツーリズムに関する会議。珍しく有意義な会議でありました。
 夕刻、あちこちに飛び回り、のども渇き、腹が減ったので、リオン・ドールへ。そこで、某店におつとめの女性を見かけました。お店では、なんとも後光が差すような女性です。
 ところが、そのスーパーマーケットでお見かけしたのは、夫と思われる方と子ども連れの彼女でした。ダンナさんと話す様子と、小さなわが子に投げかける視線などの仕草等を、レジの列に並びながら見ていたら、何だか見てはいけないものを見てしまったような気がしました。
 誰にだって、よそ行きの顔はあるのかもしれません。
 今日の画像は、窯小屋の北側にある池のハスの花。蓮弁(れんべん)とはハスの花弁のことです。仏教では仏像の台座や光背などに用い、また紋様ともします。焼き物にも蓮弁模様があります。また、屋根の瓦にもみられます。
 このハスの花を撮影した後に、スーパーマーケットの光景。     合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありえないティーポット

050803-001
8月 3日 (水)
 今回、窯を開けて焼きあがった作品中にティーポットが一つありました。内側には、白い釉薬がかけられています。
 あえて、蓋のつまみを作らないで焼成しました。で、クヌギをくっつけてみました。
 バックは、窯小屋の前に置いたベンチです。いかがでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

「四人展」の準備

050801-001
8月 1日 (月)
 朝6時から、雑穀の除草。睡眠不足状態でシャワーを浴びて、熱塩加納村へ向かいました。熱塩加納村の「蔵ギャラリー」にて、15日~17日行われる「四人展」のハガキを届けてきました。
 本日の画像は、その「蔵ギャラリー」のあるお宅の庭です。誠にキレイに整えられています。「四人展」では、このガーデニングも見所です。
 その後は、山野草鉢の梱包と発送の準備でした。まことに忙しい一日でした。いかんいかん・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »