« プッチーニ? | Main | コケ玉を作ろう講座in我が家 »

September 18, 2005

一枚の看板から・・・・

050917-001
9月 17日 (土)
 先々週でしたか、メールがきました。「ぐい飲み作りたいので、お願いできませんか?」という内容でした。
 もちろん私は大歓迎。今日の画像はその作品群です。
 なぜ、はるばるC県からいらっしゃったかというと、常連の秘湯に行く途中、坂下町内を車で通り過ぎ、造り酒屋さんの看板が気になり立ち寄った、とのこと。
 ところが、試飲をしたら「美味い!」それでファンになり、新酒の会にも参加したい!!!となったのだそうです。さらに、地元で自分で作った「ぐい飲み」で飲んでみたい、となるわけです。(←私の想像も含みます、すみません)
 この一連の「ドラマ?(お話?)」には、インターネットが大活躍でした。お互いの連絡から、アクセスマップの送付、来訪・・・。
 最後に、「とても面白かった」と言っていただいて、ありがたかったです。「私たちは、カンペキなリピーターになります」というのも、涙が出るくらい嬉しかったです。

|

« プッチーニ? | Main | コケ玉を作ろう講座in我が家 »

Comments

こんばんは、10日前にお世話になった佐藤といいます。
「一枚の看板から」に私らの作品を紹介していただき、ありがとうございます。あの時、ハングルで書いたのは私です。

いやー、あの日は実に楽しかった。モノつくりの楽しさだけでなく、忌憚のない貴殿の語りが爽快でした。また、ぜひ訪ねたい、と思いました。会津には年に4~5回は行きます。今後とも
よろしくお願いいたします。

朝鮮語は独学で学びそんなに出来ませんが、辞書はありますので、いくつかの問いには答える事が出来ると思います。
私が出来ることがあればご連絡ください。

Posted by: 佐藤博士 | September 28, 2005 11:33 PM

備前焼 湯乃郷窯オンラインショップ


備前焼特有の奥深さ、力強さ、それは言葉では言い表せません。私は今、陶芸の勉強中ですがその作品が良いか悪いかは人それぞれだと思います。私の選んだ作品を是非一度見てください。その内、私の作品が並ぶ日を夢見ているだけの備前焼ネットショップ店長でした。

http://egsweb.sv1.allin1.jp

他の商品もメールマガジンでどんどん紹介します。一緒に、陶芸の道を進みたいと夢見ている人は、店長山本宛にメール頂ければうれしいです。

まだまだ見難いページですが、コンテンツ増築中ですので、将来的には意見交換なども出来たらいいなって思ってます。

Posted by: 湯乃郷窯 | September 20, 2005 02:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一枚の看板から・・・・:

« プッチーニ? | Main | コケ玉を作ろう講座in我が家 »