« September 2005 | Main | November 2005 »

October 29, 2005

携帯で、パシャッ!

051029-008
10月29日(土)
 「時代を感じるなぁ・・・」と思った一枚の画像。50周年記念式典というセレモニーにて。
 バックの方々は、いわゆる来賓である某市長・町長さん、手前は「未来への伝言」を発表する中学3年生のEさん、その隣で撮影してるオッちゃん。
 このセレモニー、地方自治体の記念式典としては、及第点でした。なかでも、中学生のEさんの活躍は素晴らしかった。私の隣の方は、感動に打ち震え泣いていました。
 県知事や教育長からもお褒めの言葉をいただきました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2005

明日のリハーサル

051028-001
10月28日(金)
 明日、町が誕生して半世紀を経た、ということで「記念式典」なるものが行われます。
 本日は、そのリハーサルがありました。S玉県のYさん、お元気ですか?あなたのお好きな?超ローカルニュースです。
 パワーポイント・プレゼンも、役場職員と素人がやっています。スーパーバイザーがいないのはタイヘンタイです。
 私も、ホントに末席ながら出席させていただきます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

牧歌的?

051024-001
10月27日(木)
 今回も「遠野」の画像です。
遠野に「研修」に行ったら、必ず一箇所は、いわゆる“名所”を訪ねることにしています。
今回は牧場の近くの展望台です。
入り口がわからず遠野の方複数に道を尋ね、やっとのことでたどりついたのでした。
行ってよかったぁ・・・
すごい景色でした。同じ盆地とはいえ、会津盆地とは違うなぁ・・・・と見入ってしまいました。
本日の画像は、展望台の右手です。
雲から光が差し込むのを待っての撮影でした。
牛くん達も、気持ちよさそうでした。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2005

岩手県「遠野」へ行ってきました

051025-001
10月24日(月)
 東北ツーリズム大学に行ってきました。岩手県遠野市に本校があります。キャンパスの無い「大学」です。
 「遠野物語」を少し読んでから遠野を訪れ、また少し「遠野物語」を読んでから、そこに出てくる地名のところを訪れる、という贅沢なことをしています。
 さて、今回は何回目の訪問になったでしょうか、とうとう今日の画像にある「許可証」をいただいてしまいました。
 許可期間が12月31日までなのが少々ツライ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

お笑い「ばんげ寄席!」

051018-001
10月20日(木)
 16日(日)、「糸桜里の湯」隣の「会津坂下町農村環境改善センター」にて「ばんげ寄席」が盛況裏に終了しました。大笑いでした。
 柳家小袁治さん、柳家紫文さん、古今亭駒次さん、ご苦労様でした。
 今日も、「いやぁ、落語面白かったね!」という会話が出来るのが嬉しいです。今日なんか「なんで、知らせてくれなかったの?」と、複数の方から言われました。「面白かったね!」というメールがきました。
  紫文(しもん)さんが、坂下町の観光マップを見ていて、「あっシモンってあるぞ!」とおっしゃいました。そうです、それは地元の人は「シモン工場」と呼んでいるところではありませんか。
 写真を撮ってまいりました。
 本日は、役場や銀行まわりをして、久々に「ばんげ陶芸クラブ」に顔を出しました。
 急遽、明日素焼きをしないと、「町の文化祭」に間に合わない、ということになりました。
 メチャ忙しいけれど、やりましょう、素焼き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2005

ここは、桃源郷か・・・

051018-011
10月19日(水)
 昨日撮影した画像です。
 「農の風景」とか「桃源郷」などと、情緒的なことを言うのは失礼なことだとは知りつつも、まことに素晴らしい村の風景です。
 JR会津川口駅から十数キロ離れた、ある村です。車やバイクがあるにせよ、自給自足の生活に限りなく近いことでしょう。
 この村も家も、「強い」何かを感じるのです。
 それは「この土地の力」かも知れません。
 実際は大変でしょうけれど、この風景が現代の会津に在ることが尊いように思うのです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 19, 2005

村が消えゆく・・・・

051018-006
10月18日(火)
 今朝、事件発生か!
 母が車庫前で叫んでいる、「車の給油口が開いているぞぉ、給油口のキャップもないぞぉ!」
 あっ、そうだわ、ガソリンスタンド辺りに忘れてきたに違いない。
 その後、役場・駅・銀行に行って、写真展「二人展」の搬出日だったので、車を飛ばす。ついでに、数年前かなり通った山奥の村に行ってきました。
 それが、ワシの記憶とはこんなにたよりないのか?と愕然としました。道を尋ねながら、やっとそのY村にたどりついたら、家が一軒無くなっていました。
 こうして、一軒ずつ家がなくなり、村自体も消えてゆくのでしょう・・・・・。
 その後、金山のスキー場入り口の民宿「朝日屋」さんに寄ってから、早戸温泉「鶴の湯」に行ってきました。
 本日の走行距離、145㌔。
 よい一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2005

日本ウィスキーの“聖地”

051015-001
10月17日(月)
 本日の画像は、15日に北海道余市で撮影したものです。ニッカウヰスキー余市蒸留所です。
 竹鶴政孝がスコットランドで学び、1936年余市でのウイスキー蒸溜開始以来続けられる石炭直火焚き蒸溜法。この古い蒸溜法を変えることなく守る余市蒸溜所には、政孝の夢と情熱が、琥珀色に包まれて今も生きているのです。
 何事も「品格」が大切だな、と思います。この余市蒸留所は「竹鶴の夢と情熱の跡」、私にとって二度目の訪問でしたが、なんともいえない風格を感じさせる、建造物群でした。
 国産ウィスキーの第一号、は京都郊外の「山崎」だが、ウィスキーの聖地はここ以外存在しえない・・・・。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2005

しばらく留守にします・・・

051011-001
10月11日(火)
 しばらく留守にします。ごめんなさい。
 今日の画像は、おやつを買ってきた中学生男子の「いたずら」です。こんなことをして彼らは食べていました。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2005

薬局のM.先生

051010-001
10月10日 (月)
今日の写真は有名な「粟(あわ)まんじゅう」です。
 ある写真のコピーを持参してお隣の柳津町へ・・・。昭和33年に撮影されたという幼稚園の集合写真中央のご本人が薬局のお店番をしておられる、というので行ってきました。
 ところが・・・・。開口一番、「これは私ではない」、後ろにある建物も知らない、というので困ってしまいました。うかつであった、役場の写真のデータを鵜呑みにしていた私が悪いのです。
 う~ん、ではこの写真はどこで、二人の先生はどなたなのでしょう?
 謎の写真になってしまいました。
 この謎解きも面白ろそうです。これだから、写真を「読む」というのは、やめられないのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

「回顧展」に行って来ました

051009-001
10月 9日(日)
 回顧展「太田素因 俳画の世界」に行って来ました。会津坂下町仲町にあるふれあいプラザばんげにて10日(月)まで。
 後援は、坂下俳画会、福島民友新聞社、会津坂下町商工会、三五会、になっています。
 今日の画像は、もちろん太田素因さんの作品です。家族の方々の了解を得て、ここに紹介させていただきます。
 私は太田素因さんのお名前はお聞きしていたものの、一度もお会いしたことはありませんでした。10年ほど前に、中学生の女の子で太田さんという子がいて「うちのじいちゃんだよ」と言った時に驚いた記憶があります。
 太田素因さんの俳画も書もなんともいえないやさしいのだけれども強さが感じられて、たいへん素晴らしかったです。末日もお邪魔しますので、よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

忘れ物、大発見!

05100802
10月 8日(土)
 私の仕事場のトイレには、織田裕二の等身大に近い看板があります。
女子大生のYさん曰く「見られているようで、恥ずかしいな・・・」、Yさんの年齢が倍以上の某女史「見られているようで嬉しい・・・」、同じ現象に対してこの対極にあるような感想を抱くのですから、そこに民主主義の危うさを感じるのだっ!、と冗談はさておき。
 そこの看板の裏を何気なく見たら、見覚えのある黄色いケース。中身はデジカメ。これも見覚えがある。もしや、先月11日来訪されたKさんのものではないかな。
 先日東京でお会いした時には、何も言ってなかったではないですか。まさか、忘れ物をしたことを忘れたわけではないでしょう・・・。
 それにしても忘れ物のKさん恐るべし・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

「青べこ」発見!

051007-001s
10月7日(土)
 スーパーマーケットで、「青べこ」を発見しました。
 会津大学の学園祭のポスターのようです。
 色変換の「べこ」だけでは、安易なデザインだったかな?ごめんごめん、中身ですよ、問題は・・・・。
 中身よければすべて良し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仲良し3人組?かな

051006-002s
10月 6日(木)
 つい最近、他町村の公民館でお会いした坂下町の方が、「坂下町で陶芸を出来るところがあるとは知らなかった」、ということで、早速来窯されました。嬉しいです。
 やはり、私のところは、まだまだ知られていないのかな・・・・
 作品をご覧下さい。皆さんがそれぞれ「こういうものを作りたい!」という明確なイメージを持っていらっしゃるのが素晴らしいと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

写真展 県立川口高等学校にて

051005-009
10月 5日(水)
 午前中、文章作成。午後は三島町の「奥会津書房」に立ち寄り、金山町へと向かいました。
 目指すは、福島県立川口高等学校。H.さんからお借りした「カモシカ」の写真と私の「農の風景」の写真の搬入をして、展示をしてきました。
 「カモシカ」の写真には参りました。素晴らしいです。金山町の住民の方も見に来ていただければ嬉しいです。
 帰りも「奥会津書房」に寄ってきました。
 道の駅に「会津学」の本がありませんでした。
 かなり、売れてるのかも知れません、補充したほうがいいですよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

文山包種茶 

DSC00755
10月 4日(火)
 久しぶりの新宿高島屋に行ってきました。
 なぜか「東急ハンズ」と「茶語」に足が向きます。
 今日は、午前中の「茶語」、客は私を含めて3人という閑静なお店で結構でした。
 「文山包種茶」(台湾)とケーキをいただきました。
 発酵度が対極にある台湾のウーロン茶を好んで飲んでいる私ですが、文山包種もいいなぁ、と思いつつ贅沢な朝のティータイムを過ごさせていただきました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京さ行っただ

DSC00754
10月 3日(月)
 日本グリーン・ツーリズムネットワークセンターに行って来ました。
その事務所には、坂下町で作ったという「苔玉」が元気で存在していました。なんと画像にもあるようにエビスビールのおまけのフィギュアのお姉さん付きで・・・。
 夜、お話する準備でパソコンを使わせていただきました。場所を占拠?したり、居眠りしたり、会議を邪魔したり・・・。ごめんなさい。
 大変お世話になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »