« 冬の再来? | Main | ロッパの「悲食記」 »

February 06, 2006

見明は、「みみょう」!

060206-001
2月6日(月)
 町内には 「見明」(みみょう)という村があります。
 地元の方曰く、「かつて無明門があった地だから、“無明”が“見明”に転訛したそうだ・・・」

 さて、「無明」とは何でしょうか?
 無明とは、人間が根本的に持っている無知のことである。人生における人間の苦しみは、すべてこの無明から始まることをブッダは、瞑想の中から発見した。人は、その無明というものを取り払うことで、心安らかに生きていける。

 なるほど、仏陀の発見がルーツであったか・・・。

 今、TVの報道番組でこんなことを言っていた。
 「今、1秒ごとに100万円ずつ我が国の借金の利子が増えている・・・」
 
 恐ろしい、このような「人生における人間の苦しみがあろうか?取り払うことの出来る可能性はあるのだろうか?」と思ってしまう。
 
 仏陀はそれさえも「無明」というのだろうか?

 ちなみに、「無明」の反対語は「光明」というのだそうです。

 午前中は「ばんげ陶芸クラブ」に行ってきました。
 石膏を買ってきて、楕円型の皿の石膏型を作りました。
 
 午後は、2時から5時まで、長いミーティングがありました。
 
 疲れているのか、少々眠いしだるいので、つらい・・・・。
 

|

« 冬の再来? | Main | ロッパの「悲食記」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 見明は、「みみょう」!:

« 冬の再来? | Main | ロッパの「悲食記」 »