« 中空の聖地“メテオラ”紀行 | Main | さらば、ギリシャよ・・・・・ »

March 08, 2006

ついにメテオラへ・・・

DSC00074
3月6日(月)
 タクシーの運転手さんが「メテオラ、メテオラ?」と言っている。
 そのタクシーには、列車内で私がのど飴をあげたジイさんが客として乗っている。
 列車降りて「大丈夫だよ」って言って下さったご夫婦の旦那さんが、タクシーの運転手さんと交渉している。
 何故かドイツ語での交渉のようである。
 英語ではなくドイツ語を知っている運転手さんである。
 私とタクシー割り勘でチャーターしましょうか、となった。
 1時間20ユーロで交渉成立、相場である。
 タイヘンなのは、のど飴ジイさん。
 トランクから荷物を出され、私達の荷物を詰め込み、タクシーから降ろされているではないか。
 
 タクシーはゆっくりと山道を登る。岩山の間から、カランバカの街並が見える。
 曇天なのが少々気になる。
 タクシー内でご夫婦に名刺を渡したら、「会津の方なんですか?」と驚いている。
 なんとその方は、福島県内の某大学の教授であった。
 さあ、山も険しい、山頂も近い。
 DSC00061
 そうだ、これを見たかったのだ。
 驚嘆以外の何者でもない。
 片道5時間かけて来たかいがあった。
 画像は、ルサヌー修道院1288年に建造された。
 このように、天に向かう大岩石の上に建てられたいくつもの修道院。
 ルサヌー修道院は、現在尼僧院となっている。
 今もなお敬虔な修道士たちによる厳かな生活が営まれている。
DSC00078
 かつては、橋も階段も無い修道院であった。
 そのためにどの修道院も画像のような装置をもっている。
 物資も人も吊り上げるのだ。
 祈りと瞑想に身を捧げたギリシャ正教の修道士にとって
 空と大地をつなぐようなメテオラの岩山は、修行の場としてうってつけだったのだ。
DSC00077
 メテオラに来て良かったぁ・・・・・・

|

« 中空の聖地“メテオラ”紀行 | Main | さらば、ギリシャよ・・・・・ »

Comments

良かったね♪~
なんか伝わってくるものあったよん。

Posted by: 陶李 | March 08, 2006 10:04 AM

行けてよかったねぇ!待ちわびてたのヨ、このレポート。
人間はこうまでして神に祈りを捧げようとするのですね。
メテオラとは宙に浮くという意味だとか。
感動を分けていただいて、感謝いたします。

Posted by: 奥会津分隊 | March 08, 2006 10:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ついにメテオラへ・・・:

« 中空の聖地“メテオラ”紀行 | Main | さらば、ギリシャよ・・・・・ »