« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

遠方からのお客さん

060430002
4月30(日)
 今日は、はるばる宮城県からのお客様。
 ウチの陶芸教室は、4名程度が定員ですが、今日は6名というぎりぎりのセーフ。
 なんのことはない、工房が狭いというのが理由の一つですが・・・・・。
 ネットのホームページやブログで検索して、游山窯を見つけて下さったそうな・・・
 ご一家での来訪ありがとうございます。
060430001
 みなさん電動ロクロでの作陶は初めての体験だったらしく、
 興味津々のようでした。
 ステキな思い出の作品の数々、
 許可無くこのブログにアップしますが、お許しくださいませ。
060430003
 
 よく焼けますように・・・・
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2006

桜は今日も最高でした!

060429009a
4月29日(土)
 取材協力者の方2名に、新刊本を届けにT地区に行ったのであった。
 ここは、母の実家のある村でもある。
 旧越後街道の道沿いでもある。
 下り道で、村の東に良さそうな桜が見えたので、行ってみたのが、この桜。
 こんないい桜があったとは知らなかった・・・・
060429013a
 次は、分校の桜。
 廃校になった分校には、土曜日なのに子どもの姿がみられない。
 誰もいない分校でも、桜は咲く。
 誰かに見られるために咲いているのではないのだろうけれど、健気なものだ・・・・
060429016
 夜は、なんと素晴らしい「きんつば」の差し入れ。
 それを見た中学生が「大判焼き」と言ったので、珍しい、と思った。
 栃木県では「回転まんじゅう」、と言っていたような曖昧な記憶がある。
 それはともかく
 “桜餡”の「きんつば」は、初めてであった。
 今日は、桜づくしであったなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜は今日が最高でしょう

060428001
4月28日(金)
 今日も耕運機の陽菜ちゃん登場
 1時間弱の作業であった。
 夕刻、歯科医院へ予約してないので待たされた。
 おかげで、「ナショナルジオグラフィック」を読めたらから
 まあ、いいや。
 何と、歯科の方は今日一日で完了とのことであった。
 ちょっと、うれしい。
060428002
 今日の画像2枚は、このブログに度々登場している
 四十石の「幸橋」(さいわいばし)。

 午後3時ごろ、小学生の女の子二人が、
 この桜の木の下で「花見」をしていた。
 シートを広げてのんびりしていたのであった。
 まさに、平和な光景である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

今朝の陽菜(はるな)ちゃん

060427001
4月27日(木)
 今日は「陶芸クラブ」の日。
 ゴチャゴチャ考えながら、朝刊を2紙読み終えて
 さて「陶芸クラブ」へ、いざ!
 と思っていたら、村内のIさん来客
060427002
 「会津学」(創刊号)の代金を持参していただいた。
 さらに、「陶芸教室」を企画しているということで、相談。
 いざ「陶芸クラブ」
 と、思ったら「畑を耕す仕事」が入る
 今日も、耕運機の陽菜ちゃんの登場。
 右の2枚の画像ご覧下さい。

 ビフォー・アフター。

 今日もお食事のガソリンは「いらないよぉ」
 という陽菜ちゃんは、小食な耕運機です。

 それから、やっと「陶芸クラブ」
 今日は、水差し3点の水引と高台の仕上げをやってきたのであった。
060427005
060427004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜花爛漫

060426003
4月26日(水)
 農泊体験といいましょうか、調査といいましょうか、大学の先生が我が家に滞在。
 金上のバス停までお送りした。
 その後すぐにT.県から「陶芸」関係で、月刊誌の取材。
 3名の方々に来ていただいたのに、十分な対応が出来なかったようで、ごめんなさい。
 今日の満開の桜で許して下さいませ。
 北会津から若松市内へと車を走らせたのだが、
 どこもかしこも桜桜桜の会津である。
060426004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

耕運機の陽菜ちゃん

Dsc00091
4月25日(火)
 午前中、今日も耕運機の陽菜(はるな)ちゃんが活躍をした。
 ちなみに陽菜というのは、商品名です。
 ワシがヒマダレこいて命名したわけではないので悪しからず・・・・
 窯小屋の東側が花壇のようになった。
 右上に、陽菜ちゃんが写っている。
Dsc00092
 桜が咲き始めて、四十石近くの「幸橋」のところを毎日通っている。
 今日は、こんなに咲いた。
 今年も、いい写真を撮れずに終わってしまうのだろうか?
060425001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜 八分咲きです!

Dsc00093
4月25日(火)
 町内「幸橋」の桜が、八分咲きになりました。

 1983年「時をかける少女」を渋谷の映画館で観た。
 高校生の原田知世と松任谷由実の曲が記憶にある。
 当時、同級生のK.君がアメリカの短期留学から帰国した。
 彼は、現在某大手ホテル勤務で、町内在住公務員の同級生の憧れの“カレ”であった。
   そんなことは、どうでもいい・・・・
 久しぶりに帰国したK.君は、ちょっとした浦島太郎状態
 当時の芸能界の状況を知る由もない、
 曰く、「原田チヨって、かわいいなぁ・・・」
 言うまでもなく原田知世のことである。

  今日のgooニュースより

広島県尾道市で一般公開中の戦艦大和の原寸大ロケセットについて、出身地の尾道で数多くの映画を撮影している大林宣彦監督(68)が「ロケセットは映画の中で初めて意味を持つ。人寄せのための公開は、戦争やふるさとを商売にしているようで恐ろしい」と、市の観光行政を批判している。セットには予想を超える人が集まり盛況だが、大林監督は「公開中は故郷に帰らない」と宣言した。

 大林監督は次のように語っている。
(中略)
 小学生からも金をとって、ふるさとや戦争を商売にしている。セットが公開されているうちは尾道とは絶縁だ。これは、大林映画30年の理想に対する否定であって、怒らないわけにはいかない。
(中略)
 僕の願いは、ふるさとがあるがままに残って欲しいということだ。高度成長期、尾道でも古いものが壊されたが、これからは古いものを残すことが資源になる。「そこにしかない暮らし」を求めて旅人は来るのだから。
 
060424008

 大林監督には失礼だが、こんなに気骨のある方だったんだ・・・と感心してしまった。
 氏の意見の最後のところがタイヘン重要な点であると思う。
 是非、さらに怒っていただきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

桜が咲きました!

060424001
4月24日(月)
 私のプロバイダは、So-net。
 そのホームページにある福引をやったら、なんと「あたり」が出た。
 1,000円分の図書券を郵送してくれるという。
 まさか、当たるとは思いがけない・・・
060424002_1
 午前中は「陶芸クラブ」
 今日は、左のようなものを作ったのであった。
 まあ、青銅器風の花器のつもり・・・・


060424003
 
 
 午後は、耕運機の陽菜(はるな)ちゃんで畑をちょこっと二畝ほど耕す。
 小回りがきくのはタイヘンよろしい。ビニルハウス内では特にそう思った。
 その後、会議出席。
 あっという間に夕方になった。
 夜桜ではなく夕桜を眺めて、明日あたりが満開かな、と予想する。

 今日もいい一日であったのう・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電気店のイベント

060423002
4月23日(日)
 お天気はいいし、鶴ヶ城は花見客で賑わっていたそうだ。
 
 午前中は、S.美術協会総会
 私は基本的に、無所属(お~エラそー・・・)
 陶芸関係で唯一所属している団体である。
 
 午後は、デジタルネットワーク体感フェアに行ってきた。
 でっかいプラズマテレビがあって、どれくらいでっかいかというと畳一畳分もある。
 私が子どもの頃、壁掛けテレビは夢物語であった。
 それが、目の前に商品として並んでいる。
 そんなことを、会場であったホテルの大浴場でのんびり考えた。
 今日の画像でも、その画像の美しさが伝わるだろうか・・・・。
  
 夕刻からは、「刻字教室」
 今日は、ひたすら毛筆の稽古をした。
 線一本を引くことの難しさと楽しさよ・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

中村彰彦氏の講演会

060422002
4月22日(土)
 午後3時から、会津若松ワシントンホテルにて、「文化講演会」があった。
 歴史春秋社・あいづね情報出版舎の主催
 演題は「会津人、松江豊寿の人と生涯」
 松江豊寿(まつえとよひさ)は、第一次大戦中、徳島県にあった板東俘虜収容所の所長であり、大正末は若松市長であった。
 映画「バルトの楽園」は板東俘虜収容所での出来事が中心になっている。
 当然、会津人松江豊寿がメインになる。
 松江役は松江だけに「マツケンサンバ」の松平健。
 松江豊寿の実弟がシュガーキングと呼ばれた春次である。会津工業高校に銅像がある。会津中学校卒業の春次が、何故会津工業高校に銅像があるのか?興味のある方は、訪ねることをお勧めする。
 060422003
 この松江兄弟に共通していたのは、陸軍や政府への反発である。
 それから、学問や文化に対する哲学。
 板東俘虜収容所は「私の大学でした」と言った元俘虜もいたという。
 「国際交流」なんてチッチャイものではなく、板東俘虜収容所では地域の人々と民族を越えた素朴な人間愛を育みながら収容所生活を送る。
 松江豊寿、杉原千畝、浅川巧、国は違っても外国の人々から敬愛された日本人がいた、というのは救いである。
 さて、現首相と外交は、かれらの志の高さと高邁な識見の前に、何を語れるというのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2006

抹茶あるある発見隊!

060421001s
4月21日(金)
今日も雨
 近所のスーパーマーケット「リオンドール」にて発見!
 胚芽入り全粒粉を使用したダイジェスティブビスケットに抹茶のクリームをサンドしました、とのこと。
 
 O.書房関係者が、韓国のソウルに旅立った。
 ソウル市内の、仁寺洞(インサドン)をお奨めした。
  その某骨董屋さんというかギャラリーで、韓国の抹茶を発見した時は嬉しかったなぁ・・・。
 そこでは、韓国の茶筅まで売っていたので、数本求めたのだった。
 懐かしいなぁ・・・・
 
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

農業・農村の活性化・・・

060420001
4月20日(木)
 郡山市日和田町にある、というか新設された
「福島県農業総合センター」へ行ってきた。
 そこの多目的ホールで開催された
 「農山漁村男女が共に輝くふくしまフォーラム」に参加。
目的は二つ
 1.「女性の参画と農業・農村の活性化」    
   福島大学 行政政策学類助教授  岩崎 由美子 氏
060420003
 2.「東和家族経営協定者の会の取り組みについて」
   東和家族経営協定者の会 会長  武藤 一夫 氏    
 武藤 氏は、グリーン・ツーリズムコーディネーター育成塾1期生である。

 岩崎助教授とは、岩手県遠野市の東北ツーリズム大学でお会いした。
 学生と共に参加していたのであった。
060420002
 さて、岩崎助教授の講演であるが、
  農家の人々は、「消費者に媚びずに、消費者を耕す」努力、お互いが学びあえる関係を築かなければならない。生産者と消費者の双方向的な関係性、ということに触れていた。
 また、「家族経営協定が生む効果」として、地域社会へのアピール・PRの効果だけでなく、生産者のイメージアップや健全経営の証になる。
 それは、農家生活のイメージの転換にもなる、とのことであった。
 たった40分という駆け足の講演であったが、示唆に富んだお話が多々あった。
060420004
 最後に、本日の昼食。
 今日も有意義な一日であった・・・。
 
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

雪やこんこ・・・・

060420005
4月20日(木)
 猪苗代湖畔にて撮影。
 なんと雪です!
 桜が咲く季節というのに、雪です。
 白鳥も亀丸もビックリ!
 高速道路も閉鎖された、とのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旧暦で、穀雨(こくう)です・・・

060420007
4月20日(木) 雨
 旧暦で今日は穀雨。
 穀雨とは稲や麦などの穀物の生長を助ける雨のことで、その雨の降る期間を表すとのこと。
 今年は桜の開花が遅いな、天気予報では強風になるらしいな、開花が遅いから桜の花は散らないかな、などと思っていた。
 昨日の温和な気候に、桜の蕾はふくらみを増した。
 だが、今日は穀雨!
 偶然かも知れないけれど、雨。
 今日の右上の画像は、穀物ではないけれど、町内M所にて撮影。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2006

ろはすと農のある暮らし・・・

060419002
4月19日(水)
 今年は桜の花が咲くのがやや遅い。
 昨日、自宅近所の梅が咲いたと思ったら、
 今日は、ウチのモクレンが咲いた。
 畑のチューリップも続々と咲いている。
060419001
 畳の間に、車庫の2階に眠っていた座卓を持ってきて、すえてみた。
 なかなか似合うではないか。
 次は、この雰囲気に合う小さな座布団を探してこようっと・・・。
060419003
 一輪車を押しながら、近所のオッちゃんが、「欅(ケヤキ)じゃね~かぁ」と言って去っていったのが、この花台?
 どうでしょう、ウチの窯小屋の南側にあります。
 自宅裏のケヤキを切ってもらって、そのへんに転がっていたのを運んだのだ。
 わざわざロハスといわなくても
 これも ロハスな暮らしといえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2006

ちょこっと農業プチ農業

060418002
4月18日(火)
 朝刊読んだ後、長靴はいて脚立持参で畑へ。
 ビニルハウスが風であおられてやや危ない箇所があるので、青いネットをかけて補修するのを手伝った。
 大した作業ではないが、少々高いところに上っての作業である。
 画像はトマトとキュウリ。
 キュウリに水をやるために、ホースをつなぐ。
 ウチのキュウリは、井戸水を飲んでいる。
 それも大量に・・・。
060418003
 EUJapanフェスト日本委員会からメールが届く。
 先月参加したギリシャ(アテネ)での写真選考会のレポートが4人分集まったとのこと。
 なんか懐かしい。
 でも、いまだに余韻が続いている旅を経験させてもらって、
 感謝この上ない。
 で、左上の画像。
 何だこの異様な光景は・・・・
 某芸術家が、小さな島の周囲の海上を一面ピンクのビニールシートで覆ったのを思い出した。
   今日もいい日だった。     以上
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本奥地紀行 “現代版”

060412004s
4月18日(火)
 今日の画像は、「イザベラ・バードの会津紀行」
 とうとう出版されたのであった!
 発行者:会津学研究会
 発行所:奥会津書房
 会津の旅学Vol.1  会津学叢書 
1,200円
 執筆者は、赤坂憲雄・佐々木長生・会津学研究会メンバー
060418001
こんなにゼイタクな旅のガイドブックは、そうあるものではない。
じっくり読むことにしよう・・・。
隣家の梅もほころんだし、モクレンも咲いている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 17, 2006

「陶芸クラブ」例会日

060417005
4月17日(月)
 本日は「陶芸クラブ例会日」、
 桜は、まだかいな、の会津
 陶芸クラブのアトリエ近辺には水仙の花盛り。
 数百も咲いているかな。
 春になったから、というわけではないが、何だか大きな作品を作ってみたくなった。
060417003
 花瓶にしようかと思って作ったものをひとつ仕上げた。
 徐々に大きいものを作るようにしてきたのだが、構想としてはこの3倍ぐらいの高さのものを作りたい。
 トライしてみようっと・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミルキーはママの味

060417001s
4月17日(月)
 コンビニで発見!
 「抹茶ミルキー」
 こんな商品があったのか、と「抹茶」につられて購入。
 これが、結構イケル「んめ~の」
 抹茶ミルキーは「ミルキー広場」の投票で「たべてみたい味」の1位に選ばれた味、なのだそうだ。
 みんなが待っていた抹茶・・・・とある。
 原材料の詳細は考慮しない前提で、
 庶民は「抹茶」を望んでいるのだろう。

 夜警の時にも、農家のダンナが
 「自分で茶碗作って、“抹茶”飲んでみたい。でも座れねぇからな、膝痛くて・・・」
 でも、ご安心あれ・・・・
 茶道は座るものと思わないで下さいな。
 立礼(りゅうれい)という、椅子に座る作法もあるのだ。

 「抹茶ミルキー」
  期間限定、とのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 15, 2006

彫刻家佐藤賢太郎さんアトリエ訪問

060415001
4月15日(土)快晴
 午前9時30分に、インターで待ち合わせ。
 新潟県との県境にある彫刻家のアトリエに行ってきた。
彫刻家は佐藤賢太郎さん
 まあ、素晴らしくおもしろかった。
 今夜は村の「夜警」なので、これまで!    つづく

 夜警は午後11時にて終了。
 消防団の若い衆ご苦労さん。
 いつもなら、夜警中に村内の桜が咲くのだが、今年はどうだろうか?

 060415004
 さて、石彫アーティスト佐藤賢太郎さんのところが面白かった話。
 JR磐越西線の豊実駅前で、徒歩5分以内で移動可能、阿賀川も近い。
 殆どの建物が自分達で手作りで工夫を凝らしている。
 佐藤さんが悠悠としていることと、知人友人みんなでオトナが遊び心いっぱいで暮らしている。
 新潟県だけれども、我が町から車で1時間の距離。
 近くにある銅山は会津藩が開発、明治時代の最盛期は6,000人もの人々が暮らしたとのこと。
060415005
 仏教も会津の影響が大きい。
 会津藩家老、保科正興の墓もある。
 駅前の地名は「船渡」といって、今も船着場がある。
 小さな地区ではあるが、なんと見所の多い場所であろうか。
 
 土曜日だったので、SLが走るというので、つい撮影してしまった。
 また、行ってみよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 14, 2006

今日は何だったんだ・・・

060414002
4月14日(金)
 今朝は、午前8時半まで、県立病院へ。
 家人の検査の付き添い。
 画像は、院内の売店で養老孟司の著書「超バカの壁」「森永抹茶キャラメル」を買った。
 060414001
 帰路途中で昼食。
 午後、少々シエスタ。
 その後、町役場⇒市内へ
 2回目の市内ってのもなぁ・・・・
 夕刻、ピアノのレッスン送迎。
 やらなきゃならんこと遅々として進まず、今日も終わろうとしている。
 なんてこったぁ・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

今日は何の日?

060413006
 4月13日(木)
 今日は、「陶芸クラブ」の例会日。
 本日は、4名の参加で、ゴチャゴチャとやってきたのであった。
 高台削りをやってきたのだが、 
     やはり粘土はオモシロい。
060413007
 中学3年生男子数人から、お祝いだよ、ということで、左の画像のプレゼントをいただいた。
 ありがたいのだけれど、やや複雑な心境・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耕運機で朝は始まる・・・・

060413002
4月13日(木)
 本日は陶芸クラブ例会日。
 その前に耕運機で小さな畑を耕す、というのが今日の使命。
 チューリップが咲いている畑の隣から、耕運機は出動。
 まもなく、大きな農家の長男が、車で通りがかる。
 ワシみたいなのが、耕運機を動かしているのを見て、喜んでいる。
060413005
 いかにも、「珍しいものを見た」という風に指を指している。
 耕運機を動かしている間もタイヘンタイ。
 農家のかあちゃんが、私を冷やかしてゆく。
 近所のおっちゃんは後で「オレも見たかったなぁ・・・」などと悔いている。

 オイオイ、見世物じゃねえって・・・・
 こっちは、半農半Xの気分なのに・・・・
 これから、農業にフェードインしてゆくのだから、ほっといてくれ!
 ちなみに私はフェードイン農業の命名者でもあるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2006

バンゲがら来らったのなし・・・

060412003
4月12日(水)
 「透明人間」といえば?
さて、何を連想するだろうか?

ミーちゃんハーちゃんの「ピンク・レデイ」が歌っていた歌謡曲?
いえいえ
1897年に出版されたウェルズ(H.G.Wells)の「透明人間」?

昨日の英国からのお客様の名刺を今日良く見てみた。
なんと、 「バンゲィ」 から来た方であった。
ロンドンから約200キロ離れたところに住んでいる、とのことだったが、
「バンゲィがら来らったのなし、よく来たなし・・・」
 
ちなみに、ウェルズは「トーノ・バンゲイ」という小説を書いている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2006

楽しいお客様達 from England

060411007
4月11日(火)
 今日の午前中は、自宅アトリエにて「陶芸教室」。
 イギリスから来ている英語指導のV.さんのご両親と弟さんが来町していて、是非日本で「陶芸」をしてみたいとのことで、游山窯への来訪となった。
 ところが、V.さんの母君が四半世紀前に陶芸をしていたらしくぅ~何も指導することが無いくらい上手。
 昔取った杵柄、だいたい英国人に「母君」とか「杵柄」とか、あまり似合わない。
 そうそう、父上は、ギリシャ語をかつて勉強していたということで、アトリエ内のホワイトボードにギリシャ語を書いて下さったり、「メテオラ」の話題で盛り上がった。
 ちょうどそこにEUJapanからの報告書が届いたというのも素晴らしい。
 
 楽しい時を過ごしていただけましたでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

森と水とロマンの磐越西線

S
4月11日(火)
 ああ、つい手にとって衝動買いをしてしまった。
 にっぽん列島「鉄道紀行」磐越西線。
 創刊号350円
 DVD60分のおまけ付きにやられたぁ・・・・。

 今日は火曜日
 「ハングル講座」を見なきゃならん・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2006

ウィッグ というのだそうです・・・

060410003
4月10日(月)
 ワシの仕事場の隣は、美容室である。
 お客さんの平均年齢は低い、その若い人たちが来てさらにカッコ良くなったりキレイになったりして去ってゆく。
 隣のワシのところには、夜な夜なアヤシげなオトナがいろいろやってくる。
 何なんだっ!この差は・・・・

 今日は美容室は月曜日でお休み
 「だのに・・・・」
 若い店員さんが一人で今日の画像のウィッグと格闘(練習)しているではないか。
 このウィッグの値段は2,000円ぐらいからあって、髪のカットやパーマで徹底的に練習台となって、最後は刈り上げの練習台にまでなる、という運命

 さて、その後どうなるのか?
 中身のスポンジや髪、顔面すべて解体、分解されてゴミになるのだそうだ、 これも運命・・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2006

“会津の天神様”もタイヘン○○

060409002
4月9日(日)
 玄関の「ニッチ」スペースに、またしてもギリシャの石彫置物とコケ&クローバーを飾って楽しんでいる。
 午前中に、街中に置きっぱなしの車を取りに行く。
 提出しなきゃならん原稿に向かったのだが、これが一向に進まない。
 
 原稿は迫らないと書けないのが常である。
 「結局は、深夜書き始めて朝までかかって書くことになるのよねぇ・・・」という、大学の女性講師のつぶやきを思い出す今日この頃、
 
 千葉からは花見の楽しい便りも届いている。

 さて、今日は、町内に本社がある「お菓子の蔵太郎庵」のまっ茶の天神様を求めてきたのであった。
 ちなみに「いちごの天神様」・「ちょこの天神様」もある。
 学問の神である「会津の天神様」も七変化で忙しい・・・・。
 次は、是非「只見線の天神様」をお願いしたい!
 
 リオンドールにて、Tohatoハーベスト抹茶もつい抹茶つながりで買ってしまった。

 お茶になると、つい食べてみたくなるクセがあるぅ・・・・・。

 いかんいかん、こんなことをしている場合ではないのだ。
原稿仕上げなければならんっ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

刻字教室総会でした!

060408004
4月8日(土)
 午後3時より「ルティア」にて、「刻字教室総会」があった。
 画像は、無事総会終了後の懇親会の様子。
 場所も同じく「LUTHEA」(ルティア)、総会の場所の襖(ふすま)を開けたら、懇親会会場となっていた。
 
 「陶芸」と「刻字」のコラボで、今年も楽しいことをやることにしよう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大理石の“おみやげ”

060408001
4月8日 雨
 ギリシャのアテネの中心部にシンタグマ広場がある。
 そこは、空港へのバスの発着所でもある。
 その広場から徒歩で約2分のところに、「ドシラク」という韓国料理屋さんがあって、ワシは、そこでみそ汁付きのビビンバを食べてきたのであった。
 ギリシャのビビンバ・・・・
 日本食も扱っているので、日本のビールや寿司カウンターもあり、日本で修行したという職人さんが寿司を握っている。
 その近くのお店で買ったのが、今日の画像。
 「おみやげ」というのには少し高級かな。
 なんと言っても、ギリシャといえばパルテノン神殿、パルテノンといえば大理石。
 で、大理石の置物となったわけである。
 陶器もオブジェも、「いい仕事してます」の作品が数多くあった、ステキなギャラリーであったなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2006

春の全国交通安全週間

060407000
4月7日(金)
 「販促週間」なんて言われないように、交通安全関係の県職員は襟を正してほしい。
 朝の通学時間帯にワシも交差点に立った。
 真新しい自転車に乗った中学生1年生も歩道を駆け抜ける。
 つい最近まで歩道を歩いている小学生組だったのにね・・・・
060407003
 それから、明日の総会要綱のプリントアウトと綴じ方を一人で延々とやった。
       嫌いな作業ではない。
 これでもか、という立派な「総会要綱」となったように思う。
060407002
 さて、右の画像、再登場!
 コケとクローバーが日々変化するのが、こんなに楽しいとは思わなかった。
 日中は、仕事場で最も明るく風のない場所に置いている。
 その場所で撮影したもので、画像加工はしていない。
 どのような状況下で撮影したでしょうか?
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

“陶芸”はオモシロい!!!

060406002_1
4月6日(木)小雪
 北国の窯業(陶芸)はタイヘンタイ。
 氷点下の場合、粘土が「凍みる」のを、解決せにゃならんから。
 4月なので、その心配は無いけれど、なんと今日は小雪。
 でも、なんか冬とは違って、ミョ~に創作意欲が増している。
 今日は、午前中2つの花器を創った。
060406003
 


 
 粘土に触れるのはオモシロい。
 飽きない。
 時の過ぎるのを忘れる・・・。
 冬の水の冷たさには少々難儀したけれど、これからは温かくなるだろう。
 
   4月中に「素焼き」をして、
      5月の連休中に「本焼き」をやる予定!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2006

NPOのみなさん お疲れさんでした

060405002
3月5日(水)雨
 今日は関係しているNPOのミニ引越しがあった。
 若いスタッフとボランティアのみなさん、ご苦労様であった。
 雨の中タイヘンタイな作業であったろう・・・・。
 私も手伝おうかと思ったのだが、やらにゃならん事が山積していて身動きがとれない。

 そこに、アポが入っていたクロネコヤマトさんが来て下さって、B2の設定を完了して下さった。
 ありがたいことだ、1時間以上もかかってカンペキな状態になった、嬉しい・・・。
 これから、手書き伝票のいらない画期的なクロネコライフになる。

 というわけで、
 手伝いに行けなくてごめんなさい。

 で、私を含め5人で喜多方ラーメン「すがい」に集結して、昼食となった。
 “あっさり系信奉者”がいなかったので
 「んめ~の」で盛り上がった。
 
 めでたしめでたし
 今日もいい日であった・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 05, 2006

グリーン・ツーリズム陶芸?

060404002
4月4日(火)
 午前中は二つの銀行に行って、町内の老舗おうみや書店へ行く。
 「フォトテクニック」の定期購読を申し込んだ。
 それから、陶芸関係者は皆知っている「高台」(こうだい)削りをやった。
 「たかだい」と読んだ人もいたという・・・
060404001
 左は、右上のアップ。
 どことなく粘土が美しく見えませんか?
 花器と小鉢と湯のみ。
 昨夜、仕事場で愛用していた自作のマグを壊してしまったので、作らにゃならん。
060404003
 東北ツーリズム大学より
終了証が届いた!
 2年間、東北ツーリズム大学に通い、めでたく終了証をいただいた。
 第2期修了生となった。
 次なるは、東北ツーリズム大学院への“入院”を目指すとするか?
  ああ、大学院はないのであった・・・・
  作るしかないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

ニッチもさっちも・・・・

060402004
4月3日(月)風強し
 ワシの車が、駐車中グラグラ揺れるくらい強風であった。
 昨日と同じ画像のアップだが、タイヘン気に入っている。
 さて、この「鉢植え」をどこに置いたらよろしいか?
 それを置くのは、ニッチです。

 「ニッチ」とは何か?
060403001
 それは、左の画像のようなところを本来言うらしい、たぶん。
 ニッチ(Niche)という単語は、今から約25年前に初めて知った単語である。
 直訳すれば、「隙間」や「くぼみ」の事である。
 ニッチ市場またはニッチ産業というと、少々違った意味合いになる。
 さて、上の画像であるが、我が家の玄関にある。正確には、出来つつある。
 ここに、右上の鉢植えや、ギリシャで買ってきた大理石の小さな置き物などを置きたいのである。
 楽しみだなぁ・・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 02, 2006

役員会と総会のはざまに・・・・

060402001
4月2日(日)曇のち雨
 午前は「刻字」の役員会。
 今年も充実した活動内容。
 そのパワーが素晴らしい。
 午後は関係しているNPOの総会。
 年度初めの忙しい時期とはいえ、委任状だらけの総会は少々よろしくない。
060402002
 終了後、夕刻Greenというフラワーショップに立ち寄る。
060402003_2
 右の私が作った植木鉢に、ハイゴケとクローバーを見立てて植えていただいた。
 いかがでしょうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幸せ・・・ありがたいこと

060401001
4月1日(土)
 エビスバーというエビスビールのHPで、尾崎亜美のライブが始まった。
 これがなかなかよろしい。しかし、声量の低下は否めない。
 齢を重ねられたなぁ・・・と思いつつライブを見た。
 なんと来年50歳か。
 お姉さんシンガーソングライターと思っていたが、みんな平等に歳をとっていたわけだ。
 中学生から「ケロロ軍曹スナック」をもらったが、単純に嬉しい。
 沖縄に行ってきたよ、と琉球ガラスのコップも今日いただいた、これもうれしい。
 来週から、毎週金曜日「富豪刑事」というドラマが始まる。それを知らない中学生がその「“不能刑事”って何ですか?」などと言うのもいとおかし。
060329009
 左の画像は「陶芸教室」
 子ども達の興味津々の表情をお見せ出来ないのが残念。
 子ども達はいつも一生懸命
 興味を持ったときの子どもらの美しい表情よ・・・・
 自然体験でも何でも、こうして子どもらは育って来たのだろうな。
 かつての私達も・・・・。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2006

会津は冬になってます

060331001_1
3月31日(金)雪
 祖母の検査のために、県立総合病院へ、母と行く。
 病院は老朽化していて、天井も低いし廊下も狭い。
 移転新築する予定だが、必要なことだろう。
 帰路アピタで、鯛焼きとタコ焼きを買う。
 仕事場に鯛焼き一匹をアルミホイルに包んでポケットに入れてゆく。
 外は雪だから、鯛が冷えたので、温めることにした。
 今日の画像はその様子。
 冷たい鯛よりは少しまし鯛、かな?
060331002_1
 冬に逆戻りが続いている。
 左の画像は、ピアノ教室の東側の風景。
 こんな感じです。
 このような環境にあるステキなピアノ教室に、小学生の二男とワシは通っている・・・・。
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2006 | Main | May 2006 »