« “みすず飴”の思い出? | Main | これも使えないコーヒーカップ »

May 31, 2006

「感じる漢字」出版される!

060531001
5月 31日 (水)
 お隣の喜多方市に「楽篆工房」があります。
 主宰者は高橋政巳氏、ご本人は肩書きを「楽篆家」としておられます。
 その高橋氏が「感じる漢字」という本を上梓、昨日発行されました。
 この本は、「感じの漢字」に続く第2弾です。
 古代漢字の形を楽しんだり、語源を学んで楽しんだりできるという趣向の著書で、全国の書店で購入できます。
 あっ訂正、
 ニューヨークの紀伊国屋書店でもお求めいただけます。
 来月、著者はニューヨーク紀伊国屋書店で、出版の記念イベント・トークライブを行う為に渡米します。
060531002
 書店で手に取るのも結構ですが、楽篆工房を訪ねて、高橋氏から直接お求めになりますと、さらに好奇心が旺盛になり、楽しいことがあるかと思われます。
 ラーメン・グリーン・ツーリズムだけでなく、楽篆工房へどうぞ・・・・・
  「感じる漢字」 高橋政巳 扶桑社 1,300円060531003
 
 上の画像は「キュウリの花」です。すぐにわかりましたか?
 右の画像は、JAの産直売店?です。
 毎朝、多くのお客様で賑わいます。
 今朝は、東京から自家用車でいらっしゃったグリーン・ツーリズム関係団体の方々二人をご案内しました。

|

« “みすず飴”の思い出? | Main | これも使えないコーヒーカップ »

Comments

今回も楽しい旅になりそうですね。
楽篆工房の先生は、ニューヨーク行きの準備で多忙を極めていらっしゃることでしょう。
田植え、お天気はどうでしょう・・・・
私は、写真撮りに行ければいいなあ、と思っています。

Posted by: 陶芸人 | June 01, 2006 at 08:55 PM

3日からの会津旅行で落款作り体験をお願いしようと、先日、楽篆工房に電話しました。
「千葉の○○です。游山窯の・・・」と言ったら、「あぁ、じゅんねん庵さんですか・・・」との返事。
まだお会いしたことは無いのに・・・ちょっと笑ってしまいました。
あいにく先生は、3日は都合がつかないようですが、4日は空いているとのこと。
「田植えして游山窯に農泊します」との話をすると、「夜にでも出張しますよ」「雨が降って田植えが中止になることを祈っています」などとおっしゃっていました。

Posted by: じゅんねん | June 01, 2006 at 05:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95533/10330615

Listed below are links to weblogs that reference 「感じる漢字」出版される!:

« “みすず飴”の思い出? | Main | これも使えないコーヒーカップ »