« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

あっち、こっち・・・・

8月 30日 (水)060830011

 朝、2階オフィスへ行きまして、階段の拭き掃除をしました。

 メール便2通、郡山と仙台へ発送。

それから、九州の某陶芸コンテスト(おおっ!)に出品するための梱包と発送。

060830010  自宅前の畑と言おうか、窯小屋の南側の「草刈」、ついでに庭の芝生までやりました。

 慣れないピンクの草刈機での作業なので、プロの人達から見ると、さぞやへっぴり腰に見えたことでしょう・・・・。

 それから、陶芸クラブにちょっと立ち寄り、粘土の具合を見に行きました。私は「粘土子守」と称しています。

060830008  右は、第三アオサギ。

 若松市内在住の方が来宅、3点買っていただきました。

 陶芸展の出品料を振り込むために銀行へ・・・・

 草刈の最中に、ギリシャ大使館から携帯に電話があり、正式に写真展の後援をしましょう、という嬉しい知らせでした。

 夜は、写真展のポスター作り。

 ハガキと名刺も作らねばならない、やらなきゃならんことはたくさん・・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 30, 2006

やあ、価値!安いよぉ!

8月 29日 (火)Dsc00556

 新潟に行って来ました。

紫竹山にある「新潟フジカラー アウラ」に用事があったのです。

その途中で見つけたのが、右の看板です。

Dsc00546 ←第一アオサギDsc00550

              第二アオサギ→

Dsc00553 街に行く途中で、アオサギを撮影したり、急ぎの用事で新潟に行くのにラマに寄ってカレーを食べて、途中で磐越西線の撮影したりしているから、タイヘンです。

 ギリシャの写真展の準備の為、新潟フジカラーに直接行って来た訳でして、途中でギリシャ大使館から携帯に☎が来たり、まあ、慌ただしい。

 で、直接話さなければわからんこともあるわけで、高速飛ばして新潟まで行って来た甲斐がありました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 28, 2006

如是・・・・

8月 28日(月)060828002

受想行識。亦復如是。

受想行識もまたまたかくのごとし。

「色」は肉体、「受想行識」は精神作用

精神作用も肉体と同様のあり方で空であり、したがって私という全体も空ということになる。

060828001 今日の陶芸クラブは、私ひとりかな、と思っていたら、クラブ入会希望の方Sさんが来訪。9月から会員になっていただけそうです。

3名参加のクラブとなりました。

 右上の画像の「茶わん」が、そのSさんの初めてのロクロ作品です。

 粘土の板に彫った文字は「如是」(にょぜ)、般若心経の一節にもあります。

「如是」をLet it beと理解しましたが、いかがなものでしょうか・・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 27, 2006

廃校再生シンポジウム

8月 27日 (日)060827002

 午前中は、三島町に行ってきました。

 森の校舎「カタクリ」を見学したり、生活工芸館にも行ってきました。

 今日は、そこで、木工をやっている女性のインストラクターにお会いすることが出来ました。

060827003 カタクリには、都会の某大手広告代理店が宿泊所として利用しているのだそうです。

 プールを自由に使えるのはちょっと魅力なのかな?

右は、松林閣近くで栽培している「タカキビ」060827004

まさに「タカキビ」なので、倒れないようになっていました。

 食用のタカキビの幹は垣根、屋根、壁の材料や、敷物の加工原料、椀や箸などを染める染料、蝋(ろう)、製紙パルプの原料にもなり、ほうきにしたり燃料としても利用できるすぐれものだそうです。

 夜は、「刻字教室」でした。

 師である高橋政巳先生から、ニューヨークでの出来事を少しお聞きすることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2006

明日、シンポジウム開催!

8月 26日 (土)060429013a_1

明日、日曜日 

 午後1時30分~3時30分

「廃校を地域づくりの拠点に・・・」というのをテーマに、シンポジウムが開催されます。


場所:福島県会津坂下町立八幡小学校旧坂本分校

パネリスト  高木 晴光氏 (NPO法人ねおす理事長)
 
       吉成 信夫氏 (岩手子どもの森館長)

       甲斐 良治氏 (現代農業編集主幹)

コーディネーター

    江川 和弥氏  (NPO法人寺子屋方丈舎事務局長)

060826001a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2006

窯を開けました

8月 25日 (金) 晴060825001

 今日の午前9時に、B.公民館の受講生の方々が集合ということで冷ましてきた窯。

 午前6時半でも200度ぐらいだったので、扉を少し開けて冷まして、冷ましている間に耕運機で、ビニルハウス内を耕しました。

060825003  熱い陶器の作品群をコンテナにつめて、みなさんが待っている場所へGO!

 左の画像は、窯から出たばかりで、まだ熱いみなさんの作品群です。

 感動?の再会となったのでした。

M地区のAさんに焼き物をお届けした後、喫茶店でアイスオーレを飲んでしばし休憩。自宅で昼食後、塩川美術協会展の「お当番」に顔を出しました。

 今日は、秋の気配がしました。

 ギリシャ大使館へもメールを送りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

塩川美術協会展はじまる

8月 24日 (木)060824002

 本日より、第13回「塩川美術協会展」がはじまりました。

 27日の日曜日までです。会場は塩川体育館。

塩川美術協会が主催。喜多方市と喜多方市教育委員会が後援です。

060824003  私は、「使えるかもしれない器たち」ということで、何点か出品しています。

 受付で聞いたのですが、私の作品群を見た何人かの人が、「すみません、これは何に使うのでしょうか?」と尋ねるのだそうです。

 よしよし、それでいいのだ!

 何に使うのだ?使えるのか?と考えていただけでればOK。

 白いピッチャーを見て、フェルメールの絵に出てくるみたいね、とおっしゃるところが美術協会。060824001

 そして、手に取り「あら、手首が捻挫しそうね」って、それはないでしょ。

 大手コンビニにて、会津産ではない「あずき茶」発見!

 私は、ケッコウ味わって飲めます。

 そこのコンビニでは男性客が買って行く割合が高いそうです。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2006

午前0時点火は初めて・・・

8月 23日 (水)060823003  晴

 午前0時に窯焚きを開始しました。そんな時間に始めるのは初めて。ほぼ徹夜の状態だったので、ヘロヘロの一日となりました。

 右の新聞記事は、「福島民友」です。私が撮影したカモシカが載りました。カモシカは特別天然記念物なので、役所では教育委員会の管轄ということを知りました。

 お昼頃はミーティングに呼ばれて、書店で「フォトテクニック」という隔月刊の写真雑誌を買って帰060823002宅。

  急いで、すぐに隣の町へ

 今日は、美術協会の搬入日&設営です。

 同級生の御母堂が洋画を描いていて、本年は特別展です。

 再び帰宅して、福島の桃を食べながら窯番です。

 ところが、な~んか温度が上がらないような感じ、いつもと同じようにやっているのだけれど、何でだろう・・・・060823001

 外は思いっきり「夏」だけれど、窯小屋のガスボンベは「冬」です。右の画像をご覧下さい。霜?がこんなに厚くなっています。

 なーんか、すっきりしない朦朧とした窯焚きでしたが、ゼーゲル錐も倒れたので、それで良しとして、午後6時に火を止めたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2006

朝から釉薬かけ・・・・

8月 22日 (火)060822003  晴

 朝から釉薬かけをやったのだけれど、これが意外と時間がかかるのです。

 そのうち、バカボンのパパのお仕事の方々がいらっしゃいまして、庭の剪定が始まりました。

 私はラジオをかけながら、釉薬をかける。

 イップクの時、ウチの父親がペットにしているカエルに、職人さんがタオルをかけていました。

060822002  釉薬かけを外でやっていたので、陽に焼けてしまいました。

 座ったり立ったりを繰り返して、窯詰めをする、と延々とやって、一応終了したのが夕刻でした。少しヘロヘロ~状態。

 午後、一時雨がパラついた時はどうしようかと思いましたが、すぐに晴れたのでした。

 窯に点火することは出来ませんでした。

 深夜点火して、徹夜することにします。

060822004  今日は、ほぼ毎日会っているサギが居ない予感がしました。

やはり、居なかった。でも、今日は、第一野良猫が田んぼの畦にいました。

 明日の今頃は窯焚き終了しているはずです・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2006

本焼きの準備

8月 21日 (月)060821004_1

 今朝は、「陶芸クラブ」に行きましたが、暑さのせいなのか、誰も来ませんでした。

 そういう日もあるさ・・・・。

 冷たいおーいお茶を飲みながら、テレビを見て帰宅しました。

 昼食後、午後は自宅窯小屋へ。

 最初に060821003、ラジオのAMに周波数を変えて、甲子園の高校野球決勝戦を聞く準備です。

右上画像にあるように、素焼きを終えて、絵付けされた某公民館のみなさんの作品に釉薬(うわぐすり)をかけました。

前にも書きましたが、施釉(せゆう)をしたわけです。

ラジオを聞きながら、今日の午後は本焼きの準備をしていましたが、まだ三分の一も終わっていません、とほほ・・・・・。

 明日、早朝より続きをしなければなりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「会津学」 Vol.2

8月 20日 (日)S060819000

「会津学」第2号が出版されました。

昨日と今日、三島町で開催された「会津学夏季講座」のテキストでもあります。このテキスト、編集部の方々は、さぞや大変だったでしょう。刷り上ってきた時には、涙が出るほど、ではなく、涙が出たことでしょう。

 特集は「植物に添う」で、100ページ以上ぎっしり「宝」が詰まっています。焼畑にますます興味がわきました。

 桐と炭、桐と焼畑、桐とウサギ、桐と蕎麦、焼畑と蕎麦etc.これで興味がわいた方は、この本をお勧めします。

060820002  左は、野本寛一氏と渡部和さん。

 野本先生は民俗学者ですが、奥会津で可能な産業や産品までのアイディアまで提示されました。社会学では、「歴史」や「民俗」の薄い扱いに違和感がありました。民俗学の深い洞察がベースとなった提案には説得力がありました。

 帰路、昼食は当然「ラマ」カレー、ところが「夏季講座」の知的好奇心で刺激を受けすぎ060820006 たせいか、「ラマ」を通りすぎてしまいました。七折トンネルをぬけてから気がついて、Uターンしました。

 その後、若松市内ギャラリー・アブドゥ企画、五十嵐君枝水彩画展「みずのあるところ」に行きました。

 「会津学」第2号に、シュガーキング松江春次の南洋興発株式会社が作った学校に通っていた、という話がありました。

 私の父は、学生時代に東京の会津寮で松江春次の講演を聴いたそうです。

060820007_1

 

 復習ということで、福島県立会津工業高等学校の正門前を通って、カメラのキタムラに立ち寄り帰宅。

 

| | Comments (6) | TrackBack (1)

August 20, 2006

カモシカ

8月 19日 (土)060819001

 今日は、いつものように、第一・第二アオサギと遭遇。

しかし、すぐに逃げられました。どうも、敵もさるもの、どうも私を認識したらしく、最近すぐに逃げるのです。

 その後、片門から杉山経由で三島町へと向かいました。

060819003  国道49号にぶつかるT字路で、右手にカモシカを発見しました。

 今までカモシカには数回遭遇していますが、シャッターをきれたのは初めてです。

 それから、三島町に行きました。

 19~20日と、三島町では「地域に学び、今を考える」というテーマで、会津学夏期講座が開催されていまして、参加してきたのです。

    Dsc00462 主催:会津学研究会   共催:奥会津書房

19日の講座のキーワードになったのは、「持続可能」。

「持続的に生きてゆくことを根本にすえる」

「持続可能な暮らしを研究するのが民俗学」060819004

さて、二日目は、どんな刺激的な講座になるでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2006

クロネコさん、たのむよ!

8月 18日 (金)060818001

 宮城県の H. 様

たいへん、長らくお待たせいたしました。

 本日、皆様の作品11点をクロネコさんがくわえて運んで行きました。

 明日、無事届くと思います。右上画像にありますように、どのように焼けたかお楽しみに・・・。060815004

それから、左は某公民館の事業の作品群です。

魚偏に走る?

こんな漢字あったっけ?

060815005 まあ、それ以外にもユニークな作品が多いです。

これらが今、窯のなかに入っています。

素焼きを終えましたので、こちらも乞うご期待!です。

昨夜は眠れないくらい暑い夜でした。

今夜は昨夜ほどではないです。でも日中は暑かった。

午後は、宅急便→〒局→会津若松市内→中田観音。

な~んか、疲れた一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピ・ルアック

8月 17日 (木)060814001

 東京に行った時に、銀座まで行って「かもめ食堂」という映画を観てきました。

 3月に渡欧して、最後にフィンランドに行ったのでした。半そでのギリシャから、マイナス15℃の 国への移動でした。

 ヘルシンキの空港で、フィンランド人の青年が、日本から来たという私に「フィンランド人と日本人は似ているところがあるよ」と言ったのを思い出しました。

060814002  さて、フィンランドってどんな国?

 日本の隣にロシアがあってその隣がフィンランドです。飛行機で約10時間ですから、そんなに遠い国ではありません。日本人に知られていることは、ムーミン、トナカイ、ノキア、サウナ、サンタクロース、白夜・・・。

 ヘルシンキ中央駅の前には、すし屋さんがあり、つい行ってしまいました。映画で片桐はいりがムーミンの本を手にしていたアカデミア書店も懐かしかったなぁ。そこで、私はペンティ・サマラッティさんの写真集を買ったのでした。

 現地で、「かもめ食堂」という映画を撮っているという話を聞いたので、どうしても観たかったのです。

原作:群ようこ、脚本・監督荻上直子

 映画の中身には触れませんが、静かで美しい街と地味で素朴な感じが伝わってきました。 060815003「コピ・ルアック」も、映画を観れば何のことかがわかります。

 「かもめ食堂」のオーナーであるサチエ(小林聡美)が、「真面目にやっていれば、お客さんが来ると思うの・・・・」という言葉と、お客様への「いらっしゃい」という姿が印象的でステキな映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

乳茸(ちたけ)採り

8月 16日 (水)060816007

 グリーン・ツーリズムの私的研修ということで、

南会津町田島へ行ってきました。

 ペンションのオーナーであるSさんのガイドで、近くの山を案内していただきました。

 060816008 乳茸は、採るとミルクのような汁が出るので乳茸(ちたけ)と言うのだそうです。

松茸に次いで栃木県民に愛されるキノコ。

チタケの美味しい食べ方。何といっても、
うどんのお汁と、ナスとの炒めもの

今日は、その乳茸で、生そばを食しました。

 060816010 帰路は、戸赤から大内宿、氷玉峠を通って来ました。

 右の画像は、戸赤近辺での撮影です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 12, 2006

祈り・・・・

8月 12日 (土) @54060812002

案ずるのみで、実際には何も出来ない私

そのどうしようもない無力・・・・

だのに、「日常」が容赦なく覆いかぶさってくる

060812001 祈ることのみ

ただ、祈ることのみ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2006

祈り

8月 11日 (金) @47060811004

喜多方市

熱塩加納町にて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2006

祈り・・・・・

S2dsc00406 8月 10日 (木)

暑い日でした。

夕刻は市内へ行きました。

16:40、花火大会のための「臨時列車」は5分遅れて動き出しました、浴衣姿のお客さんを乗せて・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危険回避

060809005 8月 9日 (水) @40

 第一アオサギを今日も横目で見て、役場へ。

 研修者二人と共に「ラマ」カレーで昼食。

060809006 廃校となった左の分校に立ち寄ったら、研修者のお二人も興奮気味?

その後、我が家にて研修?

偶然、グリーン・ツーリズムコーディーネーター来宅。

それから、私は若松市内に向かいました。

ボーっとしていたせいか、前の車に接触しそうになり、ヒヤリとしました。

みなさん、注意しましょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 08, 2006

朝飯前ではないけれど・・・・

060808001 8月 8日 (火) @32

 朝飯前ではありませんが、右画像は「朝仕事」です。

 同じサイズで作れ、と言われればイヤですが、出来るだけ違う形にして欲しいという注文が素敵です。

 すべて違う形というのはそれはそれで難しいのだけれど、楽しい仕事ってえのがいいですね。

060808004 第3アオサギです。

急遽、若松市内へ行くことになりました。

米沢は延期です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 07, 2006

鳥と陶芸とカエル

060807004 8月 7日 (月) @31

 場所というか背景が珍、第一チュウサギ、背景に会津坂下町立第一チュウ学校。

 すぐに飛び去ってしまった。

060807001 「陶芸クラブ」例会日。本日4名の参加。

Hさん曰く「都会の親戚が会費はいくらなの?って聞くから、年会費が3,000円よ、と言ったら驚いてました」。

月謝が3,000円でも安い、と都会の人は思うでしょう、たぶん。

Hさん、でも3,000円じゃないんです。060807002

年会費は、2,000円ポッキリなんですよ。

都会の人で、田舎に定住したい、という方。週末陶芸家を目指している方は、オラホの町へどうぞ・・・・ただし「陶芸クラブ」の会員になる為の条件は、町在住で55歳以上の方が対象です。

060807003 右上の画像は、今日作った片口と杯です。

どうでしょう?似合いますか?

左は、この今日の暑い最中、さすがにカエルも日陰でじっとしていました。お前も、タイヘンだね。060807008

その後、第二・第三アオサギ発見!

その第二アオサギがトビ?二羽と共に居るところの静止画と動画を撮影することに成功しました。

何があったのか、獲物の取り合いをしていました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 06, 2006

鳥の写真を読む

060803012a 8月 6日 (日)

 ブログの時系列は前後しますが、右の画像が実は気になっていました。

 アオサギ一号をよく見かける田んぼの上空に居たのですが、どうもトビとは違うしノスリでもなさそうだし、何だろうな・・・・と思っていたのです。

 本日午後、若松市内で某会議がありまして、そこに「日本野鳥の会」会員の方がいらっしゃったので尋ねました。

 すると、「ホバリングしてませんでしたか?」とおっしゃるのです。

 そういえば、変な飛び方をしていたので、トビではない、と私にも判断できたのと、田んぼの上空でホバリングをしていたから、数枚の写真が撮れたのです。

 その時歴史は動いた! (そんな大げさな・・・)

「たぶん、チョウゲンボウ(ハヤブサ科)じゃないかな」とのことでした。

Dsc00031_1  わたしは、チョウゲンボウとは聞いたことがありましたが、遭遇は初めてだったので、嬉しいやらスッキリしました。

一応左に、第一アオサギと第一チュウサギを張りつけておきます。

君達とは、ほぼ毎日のように遭遇しているから、お互い珍しくもなんともないだろう。

だのに最近は逃げてばかりで撮影もさせてくれないことがあるとは何事だっ! もお!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豆腐とビールと・・・・

060805003 8月 5日 (土)

 遠方より客人が来訪予定ということで、午前中におはら豆腐屋さんに行ってきました。

 途中、第一アオサギを発見したのですが、すぐに飛び去ってしまい、撮影できませんでした。

 でも豆腐屋さんで、

 久々に、おはらさんご夫妻にお会いできて良かったです。

 さて、そこにはいかにも雑誌の取材かなんかの男性が二人。

 羨ましい一眼レフデジカメで撮影中。

 私が豆腐を買っているところまで撮影されてしまったのです。

 「何の取材ですか?」と問うて、ビックリ!!! 「旅と鉄道です」とのこと。

060805004  これには本当に驚いた、「タビテツ」がおはらさんのところに・・・・・

 私はつい「第一鉄橋が好きなんですよ」、と唐突にも言ってしまいました。

 で、上の画像、客人と午前10時の「一服」となりました。

 おはらさんの豆腐と厚揚げが「んめ~の」でした。しばしの歓談の後。我がアトリエへ、客人のY氏は、ぐい飲み二つと片口を作りました。060805006

 その後、昼食は峠の「ラマ」カレー。

 今日は、鳥は写っていませんが、田んぼが美しいので載せます。

 会津は、今、こんな景色ですよ・・・・・。

 お盆には、帰ってきなよ、みんなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 05, 2006

今日は暑かったぁ・・・・

060804001 8月 4日 (金)

 朝九時に一仕事、その後ダウンタウンとA郵便局を往復して、塩川経由で喜多方市内へ。

 途中、「すがい」で、ラーメンとミニチャーハンwith福島民友。

ちなみにプリティでは読売が読める。

 121号国道沿いで作業しているオバちゃんらも、麦わら帽子をかぶらにゃならん。でも規則で監督からヘルメットの着用を義務づけられているのでしょう。

 今日は暑かった、ホントにご苦労様です。

060803001  ガソリンは、左のような状態でも「安いですね!」なんて言われるとは、なんということだ。

 140円/ℓ以上が当たり前だそうです。山形県米沢市はガゾリンが安いらしいです。

喜多方には、3箇所用事がありました。

楽篆工房の高橋先生にお会いすることと、カメラのK.そしてヨークBマル。

高橋政巳氏は東京の伊勢丹での個展?なのか不在、カメラのK.には行くことを忘れ、何だかワカラン喜多方行きになってしまいました。Bマルで用が足りたからまぁいいか。5~6日の「レトロ横丁」の準備で大忙しの喜多方市内でした。

060804002 本日も、第一アオサギ発見!

気持ち良さそうに、美しい盛りの田んぼの上を飛んでゆきました。

 今日こそ、自家用車のリコールの修理に行こうとしたら、ガソリンタンク内がほぼ空っぽの状態で来て下さい、ということで来週に延期になりました。

 ああ、お盆が近づいてきたなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2006

サギ・陶芸・町史編纂

8月 3日 (木)060803007

 緊急告知!

 右の画像の野鳥の名前を誰か教えて下さいませ。

 広くもない町内を車で移動する際、田んぼにいろんな鳥がいるので、つい撮影したくなるので、なかなか車が進みませんでした。

060803003  今日なんか、第一アオサギを発見して追いかけて行ったら、鉄塔に休憩などしておりました。

 もしかしたら、この第一アオサギを私は何回も撮影しているのかもしれないです。

 飛んでいるところも撮影させていただきました。060803006

 その後、陶芸クラブに行ったのでした。

 今日も熱心な会員の方が、ロクロをひいておられまして、「片口 を作りたいので、よろしく・・・・」とのことでした。初めての片口ということでしたが、立派なのが完成しました。

 下の画像060803010は、今日作った私の作品です。

 「酒器セット」といったところでしょうか・・・・・。

 右下の鳥も何だかわかりませんでした。

 午後は、中央公民館で「町史編纂の研修会」でした060803012

 恩師である古川利意氏の講演の中で印象的だったのは、今まで伝承されてきた民俗行事が、消えてゆく。

 その要因として、村に子どもがいなくなったこと、オトナが面倒なことをやりたがらなくなった。

060803013  では、なぜ長い間民俗行事が伝承されてきたのか?それは、例えば「虫送り」の行事は、子どもにとってはそれ以降川などで水浴びが出来る日となった。オトナにとっては、日常の農作業等の重労働からの開放であった。年中行事というのはオトナも子どもも「楽しみ」な日であったのだ。

 農村の背景にある精神世界が変質しているのだから、ノスタルジーで民俗行事をやったところでナンセンスなものになってしまう。

 では、我々は今、どうすればいいのだろう?

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 02, 2006

やまと&ポスト

8月 2日 (水) 晴060802003

 山都に向かう途中で、撮影させていただきました。

 私は田んぼの写真を撮るのが好きですが、田んぼの風景のみというより、そこに人が居るのが好きです。

 撮影させていただいた時には、後日その写真をお届けするようにしています。

 今日は、相手がアオサギじゃああるまいし車内から撮影させていただきました、いくら時間が無いとはいえ、ごめんなさい。060802004

ちなみに撮影場所は、このブログの貴重な読者でもあります、B町N地区のSさん宅の近所です。(←さて、何人がわかるのだろう?)

 山都町(喜多方市)にて、ゴジラ発見!

台座をぐるりと一応見たのですが、どこにも作者名がありませんでした。

060802005  今日やっと我が家のポストが設置されました。

 今は無き、N.コーポレーションの多大なるご協力で設置のはこびと相成りました。

 ありがとうございました。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ソルダムが気になる木になる

8月 1日 (火)060801001

 町内の温泉施設に寄った帰路、ピンク地に白文字の看板発見。

 「ソルダム」ってなんだぁ?

 と立ち止まってみました。

060801002 「李王」(りおう)というのもあって、つい李朝とかんけいあんのかな?なんて思ってしまいました。

 李(すもも)のことだったのですね。

 なんか常識的にみんなが知っているらしいのですが、私は知りませんでした。060801012

 ソルダムの果肉は赤く、李王は黄色。どちらも美味しかったです。

 直売所のオッちゃん曰く「退職したので、それを機会に直売を始めたんだ」とのこと。

060801016 今日の第一アオサギはタイヘンタイでした。

信号待ちで停まったら、なんと右方向10メートルぐらいのところにいるではないですか。

サギ類は警戒心が強いので、20メートル以内にはなかなか近づけないのです。

 サギを撮影する時のポイントは、車に乗ったまま撮影することです。

 ちょっとイジワルしますが、車から降りて人間の形を相手に認識させれば、逃げて飛び060801018 立つので、それもシャッターチャンスになります。

 なんか、昔よりもサギの警戒心が弱くなったような気がします。

 人とサギが身近になったのかな。

 右の画像は、ゴイサギが飛んでいるところ。

 ソルダムって発音する似たような英語があったよな、と気になって仕方がありません。

 何だっけなぁ・・・・・seldomかぁ?

My mother seldom gets angry. (ウチの母はめったに怒らない。)

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 01, 2006

今日の作品・・・・

7月 31日 (月) 晴れDsc00312

 今日は陶芸クラブの例会日。

 いいお天気、かつ湿度の低い心地よい風の吹いた一日でした。

 陶芸クラブのガス窯のガスのタンクの上にカエルがいました。

Dsc00314  さて、今日の作品は左の碗です。

 飯碗です。

 ちょっと凝った飯碗を作って見たくてこんな風になりました。

 「飯碗コンテスト」なんてのもあるのですが、今からじゃ間に合わないかな?

 そうそう、今日のクラブは5名の参加でした。Dsc00316

 みんな熱心で、素晴らしいです。

 一応、ぐい飲みも作りましたが、 それに注ぐ器も必要なわけでして、酒器といいますけれど、それも一つ作ってみました。

 さあ、明日は何を作ろうかな・・・・・

 八月かぁ・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »