« August 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

亀の尾の稲刈り

9月 30日(土)Dsc00275  写真展最後の日

 今日は、酒米である「亀の尾」の稲刈りでした。素晴らしい稲刈り日和。

 朝一番で、私の写真展にわざわざ詣でて下さり、⇒の稲刈りに参加した方もおられました。ありがとうございました。

Dsc00278 ←画像は、坂本分校前からJR只見線の方を望んでいます。

 黄金色の田んぼの風景のすぐ上、山の中腹をディーゼルが通過したところを、銀塩一眼レフ(プロビア)で撮影しました。

 こちらの田んぼで有機米を作付けしている、I氏に謹呈出来る写真が撮れていればいいなぁ・・・・。Dsc00281

 我が家に農泊して下さり、稲刈りに参加した方と市内に行きまして、その帰路撮影したのが⇒の看板。

 稲刈り後、皿とぐい飲みに「絵付け」もありました。人数が少なくてタイヘンよろしい陶芸教室となりました。多忙で、写真を撮ることを忘れていました。Dsc00284

 最後になりましたが、今日も第一・第二アオサギを発見してあげました。隠れていても、発見するもんね。

 ←舗装されていない田んぼ道を車で行って撮影しました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

September 29, 2006

なじょしたらいいんだぁ・・・・・

9月 29日(金)

 タイヘンタイなんて言ってらんないタイヘンな異常事態が発生!

 昨夜、午後11時から「素焼き」を開始、公共施設の窯です。とにかく急ぎで今夜しかな060929001 い、徹夜で焼いてやろうじゃないの!という覚悟です。デジタルの温度計見ながら、いくつか作品も作りました。

 素焼きは、「キハ」とは関係ありません、関係者の方々・・・・。素焼きは本焼きと比べると気分的に楽なのですが、午前4時に異常事態発生!!!

 これには、もおビックリ吃驚!「どおすんべ!」「なじょすんべ!」状態。ガスバーナーの下部に060929005空気取り入れ口がずらりと並んでいるのですが、なんとそこから炎が噴出しているではないですか。こういうのを「ありえな~い」というのです。焼きは途中だし、ひとりウロウロしててもラチがあかないので、火を止めました。

 煙突内に鳥の巣でもくっているのかな?煙突下のドラフトからは下降気流ってことは、詰まっているわけではない様です。まいったなぁ煙突が冷たいんだもの、炉内は500度近いのに・・・・。今日は、それを調査しなくてはならないです。トホホ、です。060929004

 そんなことには、少しも気にしない、いつもの第一・第二アオサギでした。

 窯を制作した愛知県の社長に電話をしたら、点火した時間帯を聞かれて、稀にダンパーを閉じた真空状態のようになってしまうことがあるので、日中点火してみて具合を見るようにとのアドバイス060929006 を受けました。

 ←は、カントリーエレベータといいまして、米の大貯蔵庫、現在、大忙しの様子です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 28, 2006

再び、深夜の仕事かな?

9月 28日(木)060928001

 陶芸クラブ例会日、午前8時半からクラブに行こうかと思いましたが、オラホの県が全国区の大ニュースになっているので、つい新聞を見てしまいました。

 午前10時から、NPO理事会出席。

 午後1時前、やっとクラブに到着!3名の方々が窯づめをしておられました。私は⇒のようなだ円と真四角皿を作りました。

 そこで、ふと考えた。今夜中にこれらを素焼きするしかないかな?この無謀なるアイディア。それで、ドライヤーで乾燥しているわ060928004 けです。

 ←が窯づめ終了の様子です。ここには、私の作品は写っていません。クラブの方々の作品をご覧下さいませ。一年前と違って、大きい作品が増えて来ました。これらを、秋の文化祭に出品すれば、見ごたえがあることでしょう。楽しみです。

060928003  ⇒は、私の作品です。これらは自宅に持ち帰り、ウチで焼きます。

 そうそう、昨日いただいたコメントへの返答です。

 映画「かもめ食堂」のことですが、おすすめです。銀座でも観てきましたが、DVDで観ると新たな発見があって面白いです。ロハス的な生き方そのもので、自分の暮らしを振り返ってしまいます。あえて、内容には触れません。

 フィンランドの人たちは、どうして穏やかなんだろう?という問いに、日本かぶれのフィンランド人トンミヒルトネン青年が、「フィンランドには、森があります」と答えているシーンが印象的でした。

 北欧やムーミンに興味のある方は必見です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2006

昨日深夜の仕事

9月 27日(水)Dsc00239

 昨日というのか今日というのか、昨夜深夜の仕事が、でした。

 ひとつひとつ作っていくのだけれど、五個づつ一列ごとに並んで行くのがミョウに嬉しいのです。時間がかかるけれど・・・・

060927003 今日はお出ましにならないと思っていたら、居ました、第一・第二アオサギ様。また、人を小ばかにした鳴き声と共に飛び去って行ったのでした。

060927004  午後は、「会津地域の産物のPRと消費拡大講習会・農業関連セミナー」に行ってきました。

 シャッター音が邪魔かと思いましたが、携帯で撮影しました。もうひとこえシャープに撮れれば、文句無いのですが仕方が無いです。

 夕刻、「かもめ食堂」(DVD)を借りてきました、ヘルシンキの町並みが懐かしいです。半年前に私がそこに居た、というのが信じられないです。衝動的に、Go!Go!GUITARの増刊号・ギターで歌う「フォーク黄金時代」を買ってしまいました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 26, 2006

昼飯前の仕事

9月 26日(火)060926002

 朝から仕事をすればいいのに、昼飯前からの仕事になりました。途中で、某公民館の方がいらっしゃいました。

 午後は、「米つき」に行って郵便局、コピー用紙も買いに行かなきゃ・・・・。

  夕方から雨降り、雨降り米つきになってしまった。

 大事な事を思い出した、粘土の注文をしておかなければならない。060925007

 B4の用紙を買いに行ったら、知り合いの若いお母さんNちゃんがいた、二人目の赤ちゃんが出来たとのこと。おめでとう!

 でも、子育てと仕事でいそがしいのでしょう、疲れきっているのが良くわかる。大事にして下さい。

060926001  さあ、「就寝前」の仕事ってことで、右の仕上げを今夜中にしなければなりません。

 実は、成形よりもこの仕上げの方が時間がかかるのです。

 よ~し、エビス買っていざ帰宅じゃぁ・・・・。あっ、今夜はTVでハングル講座、その講座を横目にエビスを片手に、では仕事にならないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2006

スズメのチュンサン

9月 25日(月)060925014

 チュンチュン、チュンサンはチュンチョンの高校に行ったのでした。ソナチアンしかわからないか、このネタは・・・。

 今日は、珍しい(?)第一スズメ、個体数が多すぎて、どれが第一かどうかもわからない。その後、道路から見えにくいところで、第060925006 一・二アオサギ発見!

は、庭先で撮影しました。自然界にフラクタルを発見した時にも驚きでしたが、自然の造形には新鮮な驚きがあります。

 午前中は「ばんげ陶芸クラブ」、5名の参加でした。今月入会した方もロクロに挑戦中!ロクロと粘土と格闘、失礼、「会話」を交わしていました。060925021

 その後、町役場でミーティング。某幼稚園にも用事があって、行ってきました。 そこからの帰路途上、⇒のなんともいえない案山子群を発見しました。

 Dsc00202 稲刈り、真っ盛りの会津盆地です。

←おまけ:昨日、JR只見線線路際にて撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2006

嗚呼!只見線三昧!

9月 24日(日)Dsc00195

 いろいろとやらなきゃならんことが山積しているというのに、JR只見線に「急行奥只見」が走るというので、会津坂下駅にお昼前に行ってみました。

 中学生の社会の資料集に、あたかも間もなく廃止ローカル鉄道Dsc00206 のように紹介されているJR只見線に急行列車が走るというのは、タイヘンタイなことです。

 このような珍しい列車を撮影するために、会津坂下駅に集結した全国からの鉄道ファンは、総勢約5名。そこで、カメムシの撮影に成功しました。

Dsc00209  この急行列車ですが、私が高校生の時に利用していた時に乗車していたものと同型というのか同色なのだそうです。そういわれてみると懐かしいです。

 降りるときに列車のドアを手で開けなければならない列車でした。高校生の時に、都会から来た若い夫婦が無人駅で降りようとした時、たぶん生まれて初めて自動で開かない列車に乗ったのでDsc00205 しょう、列車を降りてから、「ドアを閉めなくてもいいのー?」と叫んでいたのを思い出しました。

 で、結局川口駅まで追いかけてしまったのです。

 本日は、“山積”があったのに、鉄道三昧になってしまいました。

Dsc00207

夜は「刻字教室」例会日、エビスを飲んで就寝となりました・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2006

遠方からのお客様とともに・・・・

9月 23日(土) 写真展18日目060923001

 今日も快晴、朝仕事があったのです。

 「半農半X」というのもお恥ずかしい、「ミニ農」ということで、窯小屋東の畑を耕運機の陽菜(はるな)ちゃんで耕しました。

 陽菜(はるな)ちゃんに少しずつ慣れてきたとはいえ、畑の畝や自分の足跡の処理?等が気になるのです。どうにかして、もっと美しく、とい060923005う向上心のようなものが心に生じるのです。

 その後は、JR喜多方駅まで、はるばるのお客様をお迎えに行きま した。 

 なんと6名もの方々が、私の写真展を見に来てく060923007ださったのです。内4人は、米沢駅からレトロバスに乗って喜多方駅までの旅でした。

の画像は、懐かしい駅前の「煉瓦」という喫茶店です。蔦の感じと煙突がよろしいです。

 さて、レトロバスってご存知でしょうか?英国製のバスです。独特なフォルムで目立っているロンドンタクシーを走らせているタクシー会社の運行でした。

 残念ながら、外観の画像が無いので、なぜか後方からの画像060923004 を紹介いたしましょう。

 女性の運転手さんからいろいろお話を聞けて面白かったです。英国製なので故障したらタイヘンなこととか、窓枠が木製であることとか、どうも馬車が原型ではないだろうか・・・・etc.

 そこから、6名の方々と共に市内の楽篆工房に行ってきました。これがみなさん大喜びでした。あまりの面白さに「写真展に行くのを止めようか?」というトンデモ感想も出たのでした。

 060923003 昼食は、会津坂下町で「生蕎麦」を食してから、「百姓はうす」に寄って県知事賞を受賞した「ごんぼクッキー」を買い求めました。

 やっと、柳津の斎藤清アトリエ館へ。

 本日は、JR只見線を急行奥只見が走るというのでタイヘンタイな日なのでした。でもそのお姿を一目見たかったのですが、無理でした。ザンネン・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2006

交通安全週間&磐梯山

9月 22日(金)Dsc00176

 ただ今、秋の交通安全週間です。

 登校時間帯である朝、それに関する放送が町内に流れました。

 小学校のPTAは、当番で横断歩道に立たなければなりません。   一回 だけでいいのですが、今日が私の当番日で、T君と一緒でした。

 考えてみれは、この当番も今年で最後になるかと思うと、感慨深いものがDsc00177あります。8年間毎年この時期にここに立ったわけです。

 小学校6年生が3人いて、6年生が班長さん。その6年生にサンドイッチされて幼稚園の子も小学生と一緒に登校します。ちなみに来年は6年生になる子がいません。

 今日は自転車を押しながらオトナが一緒にやってくるではありませんか。N君が、幼稚園の娘さんとともに来たのです。彼方に小学校が見えます、隣に幼稚園があるのですが、そこまでN君は送って行くのでしょう。

060922005  消防団に入っていたとき、車好きの若い兄ちゃんで入団してきたN君が、こうしてお父さんだもんなぁ・・・・・。娘を案じて、幼稚園まで送っていくのだねぇ・・・幼稚園に娘を預けてお別れする時、どんな気持ちなんだべなぁ・・・お父さんのN君。

 それにしても、今日の会津は快晴でした。

 お昼頃に喜多方の「楽篆工房」へ、昼食はすがいでラーメンとミニチャーハン。トイレが洋式になって、キレイになっていました。

060922008  夕刻はお稽古。

 日中のみならず、素晴らしい夕焼けも見ることができた、美しき今日の会津でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2006

会津盆地にUFO出現!

9月 21日(木)060921007

 今日は「陶芸クラブ」例会日、米国在住の方からも「陶芸をしてみたい」とのコメントをいただいた「ばんげ陶芸クラブ」です。

060921004 例によって、第一アオサギと第一チュウサギを発見!撮影した後、陶芸クラブへ向かったのでした。

 今日は男性の方が、入会希望ということでいらっしゃいました。

 で、右の画像になるわけで、陶芸クラブの会員のかたが、「あっ、飛行船だ!」と発見。磐梯山の方から会津盆地を横断するように飛んでいたのです。これがスピードが速い、時速50キロ以上かと思われます。060921006

 今日は、素晴らしい秋晴れだったので、飛行船からの眺めは良かったでしょうね。

 その後、午後は若松市内へ急行。文化福祉センターに行ってきました。

060921009 途中金上セブンイレブン交差点近くで、第三アオサギ発見。こんなところに居るのは珍しい。

  さて、我がアトリエ近くの右の田んぼ。この画像を見てピンときたら、それはたいへんな○○○マニアです。

 このブログでも紹介しているように、今、会津盆地は飛行船のような上空から見たら、黄金色の絨毯を敷き詰めたようでしょう。060921001

 ところが、ここの田んぼ一枚は、⇒のように、青々としています。

なぜ?

 それは、これが酒米の山田錦だからです。これが、美味しい日本酒へと生まれ変わるのです。

 どんな酒になるのか、今から楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

会津エリアのエスコーター

9月 20日(水)S060920minyu 福島民友の記事⇒

 今日は、午前8時26分JR会津坂下駅発の列車にお客様が乗車。宮下まで列車の旅となったのでした。

 橋の上から奥会津の風景や稲刈り直前の田んぼの風景を撮影したりして楽しそうでした。

 そこから、柳津町の斎藤清美術館、斎藤清アトリエ館へ。

 粟まんじゅうもお土産にしっかり買いました。

 060920001 坂下町では昼食の蕎麦。

 曙酒造さんで酒蔵見学をしてから、五ノ井酒屋さんまで歩いて行ったのでした。

 今回いらっしゃった方々は、町内に約26時間程の滞在でした。

あっというまの一泊二日でしたが、楽しんでいただけたでしょうか?

 ゆったりもしていただきたいし、ホンモノの感動的なことにも出会っていただきたい。かといって欲張りなのは避けたいし・・・・・と、内心ではコーディーネーターとエスコーターのせめぎあいもあるのです。

 リピーターになっていただければ、それは良い旅であったということかもしれません。しかし、それは様々な要因がからんだ結果なので、そんなに容易なものではありません。

 私は、十分楽しませていただきました。ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 20, 2006

文人趣味の一日

9月 19日(火) 

Dsc00143  本日は、他人とは思えない首都圏のお客様を迎えに「百姓はうす」まで行きました。百姓はうすは、「ごんぼクッキー」でなんと、県知事賞を受賞したのです。快挙!快挙!

 その前に、第一アオサギを撮影、今日も人を小馬鹿にして捨てゼリフを残してどっかに飛んで行きました。Dsc00140

 そこから、なぜか坂本分校を経由して、そこの前の田んぼで黄金色の田んぼを撮影。我がアトリエに直行後、農家レストラン「粟の里」にて昼食となったのでした。

 今日の昼食は4名のみだったので、ゆったりした時間を楽しみつつ雑穀料理となったのでした。

 驚くべきことは、こちらの雑穀料理は、いつ食しても「んめ~の」です。素晴Dsc00147らしい!

 この感動を誰かに伝えたくてしかたがない、たまらない。

 そして、日頃の自分の食生活の不健全さを反省するのでした。(ひたすら・・・・・)

Dsc00152 次にお客様を袋原のソバ畑にご案内して、うねる大地の見事なソバ畑で撮影会となったのでした。

 右の画像は、喜多方に向かう途中の峠から撮影したものです。

 今の会津の里山の状況をご覧下さいませ。彼方にソバ畑も見えDsc00156 ます。

 喜多方では楽篆工房にて、「漢字のお話」と「篆刻」をしてきました。もちろん私も一つ印鑑を彫ってきました。いつ行っても楽しい楽篆工房でした。

 その後、夕焼けがでたので、途中で撮影。

 稲刈前の田んぼで、水も無いので、撮影のために思いっきり田んぼに一歩足を出したら、さあタイヘン。くるぶしまで泥に埋まってしまいました。

 お客様たちは、タイヘン同情して下さり、「さすが、カメラマンは違う!」 、と大笑いしていました。

 とほほ・・・・・車の中は、どぶくさい~~~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 18, 2006

ハニワ・会津大学・コーヒーゼリーパフェ

9月 18日(月)060918001 敬老の日

 午前10時前に「陶芸クラブ」に行こうと準備をしていたら、シルバー人材センターから職人さんが派遣されていることを思い出しました。10時の「一服」のお茶をせにゃなりません。

 その後「陶芸クラブ」へ、今日は「敬老の日」で祝日、参加者は私一人でした。それで、「焼酎を抱える埴輪(ハニワ)」を作ってみました。どうして「それで」ハニワになったのか、わかりません。

 このハニワの利活用をこれから考えなければなりません・・・・。

 その後、会津大学へ。

060918002_1 今日は、「エリアツーリストインフォメーション研修会」

 一言でいうのはあまりにも大雑把ですが、行政は裏方に控えつつもグーグルを意識した福島県限定ネット上“るるぶ”の活用、ってことでしょうか。060918003

 久しぶりの方々(グリーン・ツーリズム関係者)ともお会いできまして、4人で喫茶店に行きました。

 メニューに「コーヒーゼリーパフェ」という立派なチュウネン向けのがあったので、注文。「ひろ」という初めての店でした。店内には、美術館系の書籍や図録が並べて置かれてありました。

                このパフェの画像、携帯電話で撮影

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 17, 2006

一日中自宅で過ごす

9月 17日(日)060917001

 今日は、午前中からアトリエ(ロクロ部屋)にて、サンデープロジェクトだか何かを見ながら、ロクロで高台削り等の作業をしました。

 正午前に女性二人が来窯、昭和村・柳津町観光後にいらっしゃ060917003 いました。

 柳津町では、アトリエ館にて、「ギリシャ一人旅日記」写真展をみてこられたとのこと、まことに素晴らしいです。

 左画像がお二人の作品群です。

 右上の画像は、第一・第二アオサギのツーショット。私が近づいていったら、先日と同様ミョ~な鳴き声とともに飛び去って行きました。060917002

 多分、「また、今日も写真撮りやがって・・・・」とか言ってるのでしょう。

 お昼は、坂本のラマカレー。只見線の運行時間に合わせてお店を後にして、坂本分校前で撮影。

 夜は、自宅にてミニ宴会でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2006

只見線を追いかける

9月 16日(土) 写真展12日目060916005a

 午前中、我が自家用車のホームドクターの所へ行き、若松市内のモスバーガーで昼食、その後K.模型店を覗いてから、堂島駅の方へ向かいました。

 そこで、SLを見送ってから会津坂下駅へ、この駅ではなぜかドラマに出会うことが多いのです。

060916010  今日は、駅員さん風の帽子をかぶった少年が、駅員さんに声をかけられていたのです。去り行くディーゼルに手を振る母子。

 そこから、柳津町の写真展会場に向かったのですが、途中塔寺駅手前で左の画像を撮影しました。

 何だか、本格的なマニアの領域に踏み込んでしまった感があります。

 その後、アトリエ館へ。本日の芳名簿を見たら、奥会津のM町の親族の方々の名前がありました。ありがとうござい060916011ました。

 会津柳津といえば、門前町、そして「粟まんじゅう」 です。自宅にお土産を買って帰宅したのでした。

 やらなきゃならんことがあるのに、今日もこんなんで終わってしまいました。

 今夜も、エビス様とともに反省しながら、明日の予定を立てたいと思うのです・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 15, 2006

途中下車の魅力。

9月 15日(金) 写真展11日目060915001

 本日は、「旅と鉄道」№163〈2006年秋の号〉の発刊日です。鉄道ジャーナル社の発行です。

 何がタイヘンタイかというと、こちらに私の写真が掲載されています。

 私の撮った「作品」が掲載されているのではなくて、私の後ろ姿が写されているのです。

 それはさておき・・・・

Dsc00024_1  今日は、陶芸体験の若いお客様でした。(ご本人の了解を得て写真を掲載しています。)

 ロクロは初めてということでしたが、3点の作品を完成。その後、「すがい」で喜多方ラーメン、末広酒造、鶴ヶ城、と観光。

 その後は、さてどちらを観光したのでしょう・・・・。よき思い出の旅となったでしょうか。Dsc00040

 その後、柳津斎藤清アトリエ館に行って、途中只見線を撮影。坂本分校に向かいました。

 そちらで、幼稚園の陶芸教室の作品を車に積み込んで自宅へ搬送。

 その後、ピアノのお稽古に行ったのでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 14, 2006

陶芸⇒写真⇒陶芸

9月 14日(木) 写真展10日目060913006

 午前中は「陶芸クラブ」へ行きました。あいにく雨でしたが、5名もの参加者でワイワイと楽しいクラブでした。

 午後は、「何でも鑑定団」(再)を見て、自宅のロクロ部屋へGO。

 さて、高台削りをしましょう、と思ったら携帯スクランブル。柳津の写真展会場にマスコミ関係の知人が立ち寄るから、行ってみれば?とのこと。 行きましょう・・・・。

 写真展会場であるアトリエ館の係りの方が素晴らしいのは、いく度ごとに、生けてある花が変わっていたり、チョッと配置が変更になっていたりと、演出に凝って下さっているのです。

060914001 そこから、帰宅の途上、只見線と並走する箇所があるので、会津若松行きの上り列車を撮影しました。

流し撮りに挑戦したつもりが、この通り。

まだまだ修行が足りません。

これから、今夜も少し高台削りをやりましょうか・・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 13, 2006

今日のキジ

9月 13日(水)写真展9日目060913001

右の画像の中の鳥を探せ・・・、ウォーリーを探せじゃあるまいし。

  いつものダウンタウンへの途上、今日はこんな鳥がつがいでい ました。20代半ばの青年に右の画像は何か?と聞いたら、「コウノトリ」or「ツル」などと言っているので、ヒントとして「桃太郎」と言ったら「あ~キビですか?」などとのたまう。まあ、近060913007づいたからいいか。

写真展を開催中の柳津町へ行ったら、花ホテル滝のやのダンナが「写真展の看板ありましたよ」と教えてくださったので行って来ました。

 私の準備不足の写真展を、ここまでして町の事業として宣伝してくださるなんて・・・・、全町内に放送した、ということもお聞きしました。ありがたいです。

060913005 060913011_2 エビスよりもリーズナブルなお値段のビールでは左のサッポロがなかなか良いと思うのですが、どなたかビール通の方のご意見をお聞きしたいものです。

 明日は、「陶芸クラブ」例会日、週二回だけれど全く負担にはなっていないです。むしろ楽しみな曜日になっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2006

日常が大事・・・・

9月 12日(火)060912001

 右の画像は、今朝の仕事の一部、といいたいけれどこれしかやってません。何だかわからぬうちに午後は過ぎ去り、新しく出来たラーメン屋さんでネギしょうゆラーメンを食べて、店主が近隣の町村の方であることが判明しました。

060912002  夕刻、英語指導助手の方の陶芸作品4点を教委にお届けしました。

 今日のニュースで、宗教者がマスコミに取り上げられていたけれど、私は彼の日頃の言動が気になったのでした。教育関係者にも同じことがいえます。スーツ着て、ネクタイ締めて、人前で語る内容、組合か何かで語ったり書いたりしている内容より、その人の日常が気になるのです。

 それは、グウタラなんて無縁、いつも礼儀正しく謹厳実直、ってなことではなくて、その人が、ある局面に立たされた時にどんな判断を下すか、に興味があるのです。060912003

 例えば、子どもが高校に合格したと思ったら、「辞めたい」と言った時にどうするか・・・。相手にどう言うのか・・・・。意味のある言葉を発することが出来るのかどうか・・・・。

 平凡な日常の中に、ある局面が現出した時にその人自身が問われる。それこそが真剣勝負。

 あたりまえだけれど、だから日常が大事・・・・。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2006

実りの秋ですな

9月 11日(月) 060911001

 今朝は、珍しく健康的に田んぼのあぜ道を自転車で走ったのでした。ただ走るのはもったいないので、デジカメ持参です。

 右画像のように、田んぼの畦近くに祠(ほこら)があるのは、珍しいので撮影。会津の田んぼの様子をご覧下さい。

060911003_1  いつもの所を通らないと、我がダウンタウンにたどり着けなくなってしまいました。 なんだか定点観測になっているような感じです。

 今日は、第一アオサギがいないな、と思ったらアオサギどころか、知人を発見しました。今日のモデル料ではありませんが、エビス持ってゆくから待ってて下さいね。

 で、やはり第一アオサギがいました。逃げてゆくところも撮らせていただきました。

060911006  今日は「陶芸クラブ」の例会日なので、やっとこさクラブへ、ところが、町の温泉施設である糸桜里の湯ロビーに10時集合。

 本日は、「ばんげ刻字教室」のミニギャラリーへの搬入日なのです。私を含めて4人集合。そこを約1時間お手伝いした後、再び陶芸クラブへ・・・。

 今日の陶芸クラブはなんと7人集合、素晴らしいです。新入りの方が1名増えたのですが、その影響で雰囲気が変わるからおもしろいですね。

060911007 左は、本日の作品群です。

つい、使いづらいコーヒーカップを今日も作ってしまいました。

粘土は飽きない、なぜなんだろうと不思議なくらい粘土は面白い。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 10, 2006

どうでもいいブログ

9月 10日(日)060910001  

 いつものように「どうでもいい話です」。

 陶土に文字を刻んだり、器に文字を刻んだり書いたりして「遊ぶ」催しを行いました。

 準備で多忙の真っ最中、ハトの来宅で驚きました。仏壇の上の神棚のところに鎮座しています。

 これがなかなか外に出ないで、飛び回っていたので少々難儀しました。

060910002 左の画像がその珍客です。

県中県南からも来ていただきました。ありがとうございました。さて、どんな内容の催しなのかさっぱりわからないところが、ポイントです。面白いこと、楽しいことは、チョッとだけ公開します。

ある方は、「こんなに楽しいこと、どうして今まで知らなかったのでしょう・・・・個人的にまた来ますから。」とおっしゃってました。

 ハトの騒動があったけれど、今日も楽しい一日でした。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 09, 2006

ブログの心得

9月 9日(土)060908002

 たいへん不愉快、自己嫌悪?どこにぶつけていいのかわからない気分の悪さ。

 ブログを書くときの基本はなんだろうか?もちろん個人名を出さない。個人が特定できるように書かない。etc.

 ある方は「批判をしない、悪口を書かない」とおっしゃっていました。そのとおり!

 いくら個人のブログとはいえ、他人の批判や悪口は、ブログの禁止行為ではないだろうか?相手が名だたる権力者であったり、批判対象がプロの仕事に関することであれば、素人の批評もある程度許されることもあるでしょう。

 たかがブログとはいえ、「相手が不愉快と感じることは書かない」のが基本ではないでしょうか。

 私自身、実名を出す時はかなり気を使う、相手がどう思うか?何か迷惑にならないか?プラスに影響すれば良いけれど。マイナスに作用したら大変。せめて+-ゼロになっていればよいけれど・・・・。

  では、どうすればよいか

 私は、ブログを書くときには、どうでも良いことを書くようにひたすら心掛けています。

 忙しくとも、楽しき日々であったのに、今日は不愉快であった・・・・。

 今夜は、ギターで歌う気力も無い・・・・。

 

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

朝からアトリエ館へ・・・

9月 9日(土) 写真展5日目060909005

 9時半に待ち合わせて3人集合、そこで、写真額のガラスが邪魔だよな、ということになり、ワイド四ツはすべてはずしたのでした。

 キャプションも加えました。こうして、また少し進化したのでした。

 午前中は、東京、福島、仙台、柳津町内、坂下町から来館していただきました。ありがとうございました。

 060909001午後はロクロをやる時間も無く、ただセンター内の「陶芸クラブ」に5分だけ立ち寄り、自分の陶芸道具セットを自宅に運ぶ。

 それで終わってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2006

サギ蕎麦

9月 8日(金) 写真展4日目060908001

 今日は、サギ連中を見かけないな、と思っていたら、こんなところにいました。

 会津は蕎麦の花が満開です。

 もうすぐ、稲刈りが始まります。

060908005 午前中は、ワイド4ツの額装やキャプションの追加分を作成しました。

 午後になって、斎藤清アトリエ館に行き、写真を一枚追加して来たのでした。

日々進化する写真展です。060908006

右の画像をご覧下さいませ、花が増えています。

ホントにあ060908007りがたいことです。

写真展会場に花があると、なんとステキな空間に生まれ変わること か・・・・・。

窓辺に置いてある私の作品にもいろいろ工夫がなされていて、日々楽しく進化しております。

さあ、明日は午前九時開館と同時に、東京からいらっしゃる方々と待ち合わせなので行かなきゃなりません。楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A.盆地あっちこっちへ・・・・

9月 7日(木) 写真展3日目060907002

 午前中は陶芸クラブ例会日でした。

 今日から新たな会員さんが一人増えました、まことに嬉しいです。

 その会員さん4名の方が、午前中私の写真展に行って下さいました。まことにありがたいです。右の画像は、その会場である斎藤清アトリエ館駐車場近くです。

 昼食は、写真展に行った方々4名と峠のオアシス「ラマ」にて待ち合わせ。 写真談義をしつつ、ラマカレーとチャイになりました。

060907001  今日は、第一・第二チュウサギに逃げられたので、田んぼとソバの花にしました。

 午後は、「なんでも鑑定団」の再放送をみながらシエスタ、その後市内の病院へ。

 市内で携帯を受ける、なんとはるばる東京から写真展に来てくださるとのこと。土曜日に会いましょう、と約束をしました。

 明日は、ギリシャのメテオラ(修道院)で求めたCD持参で、写真展会場に行かなきゃならない。BGMにしていただくために・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2006

「つぶやき」or「ぼやき」

9月 6日(水)060906001 写真展2日目

 おお今日は、第一・第二ゴイサギ並んでるとは珍しい。

と思ったら、なんのことはない常連の第一・第二アオサギでした。私をだましておいて撮影させた後、アッカンベーをして飛び去りました。 

 さて、気分をかえて

 人に見ていただくための「ギリシャ写真展」、ところが展示方法・作品・ポスターetc.挙句の果てに私の小さい肖像写真を見つけて「うさんくさいオッサン」とまで言われる。

 私も立派な中年だ、純粋な批判には耳を傾けよう。それくらいの心のゆとりは持っているとはいわないが、持ち合わせているつもりだ・・・・・・。

 060906003    だ~が、

 「いいカメラ使っているんだべ」とか「カメラがいいんだかウデがいいんだか?」だとぉ?

 

画家の方に「いい筆と絵の具使ってんだべぇ」っていいますかね?

 これだけ写真の地位は低く見られているのですね。

 今日は、「同じようなメテオラの写真並べないで、いろんな写真見せてくれればいいのに・・・」という批評?

 それには、すみませんが耳を傾けることは出来ません。

 700枚以上の写真から、30数枚選び、その中から20枚を選んだ結果なのです。ある意味(大げさに言えば)中学2年生の時に一眼レフを手にして30年、その初めての写真展です。その結果なのです。これしか出来ないのです。

 作品に対する批評、技術に関する未熟な点については、ご自由にどうぞ。

 よろしくお願いいたします、次の写真展のために・・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 05, 2006

今日から、写真展!!!

9月 5日 (火)060905001

 やっと写真展開催に漕ぎ着きました。

 いろんな方々に御協力いただき、アドバイスやら叱責、昼食の差し入れ、お祝いの花、菓子折り・・・・ありがとうございました。

 記録の為に、ギャラリー内をいろいろ写していますが、あえて少しだけの紹介にさせていただきます。

 ご足労でも、お立ち寄りいただければ幸いです。

 今朝、夜が明けるまでゴチャゴチャ準備をしていて、睡眠不足です。もう少し、修正しなきゃならんことがあります。写真一枚追加した方がいいのでは?という意見もありました。

 日々、成長する写真展とともに、私も学ばなきゃなりません。

 今日はこれまで・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2006

明日から、写真展!!!

9月 4日 (月) Sgpel

 明日から、右の「ギリシャ一人旅日記」写真展がはじまります。

 準備は100%完了した、とはいえませんが、私の初めての写真展が開催されます。

 大きな会場ではありませんが、一ヶ月のロングランです。

 それから、本日、全倍に引き伸ばした写真が新潟フジカラーより届きました。私にとって、初めての「全倍」です。

 まあ、大きい、自分で感動しているからタイヘンです。

G05  左に、写真展の一部を掲げます。興味を抱かれた方には、案内等を郵送させていただきますので、ご遠慮なくお申しつけくださいませ。

 今朝は、朝一番で「福祉センター」へ行き、粘土と道具を持参して、幼稚園の「親子陶芸教室」に行きました。060904001

 右の画像がその幼稚園です。

 陶芸教室の会場が「分校」というのがいいですね。

060905003 お昼頃は、また「センター」にもどって、陶芸クラブへ。

その後、シエスタ。

それから、山鹿クリニック「Dr.野口ギャラリー」で開催されているファミリー展に行ってきました。

上の画像は、そこの「刻字」の作品です。

 ご兄弟や親族が、様々なアートを楽しんでいらっしゃる。そして、そのアートが生きがいといおうか生きる糧のようになっているのが素晴らしい、と感じました。

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 03, 2006

楽しい・・・大忙し・・・

9月 3日 (日)060903001

 午前中は、公民館の行事で行って来ました。

 皆さん自作の作品を素焼きしたものを車で運んで、「絵付け」をしていただいたのです。

 これが、また上手い具合にいきました。

060903003少人数だと、これだけ違うのです。

 筆等の道具を使うだけでなく、気分的にお互いがゆとりがあるのがいかに大切かを再確認しました。

 皆さんの「作品」の素晴らしいこと・・・・

 文化祭に展示されるそうなので、焼く前から楽しみな私です。

  午後はつい「なんでも鑑定団」を見ながら、シエスタ。

いかんいかん・・・・

お隣の柳津町にある斎藤 清 アトリエ館に行かなければなりません。

060903004 ワイド4ツの写真10枚を額装して、計20枚をアトリエ館に搬入しました。

 「ギリシャ写真展」ですが、「使えそうな器展」も同時開催させていただきます。その器たちも搬入させていただきました。

 とりあえず、約8割程度の終了です。

 月曜日は休館、明後日の朝一番に完了させなければなりません。

 楽しいけれど、大忙し・・・・火曜日のボランティア求む!

 (JRの駅までなら、送迎いたします。) 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 02, 2006

東京さ行ってきました

9月 2日 (土)060902001

 今朝、地元の駅08:25発の只見線で、東京さ行ってきました。08:30と勘違いしていたので、駅まで駆け足になってしまいました。

 郡山に向かう車両内で、右のポスターを撮影。「喜多方」という文字は、楽篆家:高橋政巳氏のものと思われます。

060902003 新幹線内では、ビールです。

スパークリングコーヒーというのも飲んでみました、ノーコメントです。

 そうそう、東京でグリーン・ツーリズム関係のプレゼンテーションをするために東京さ行ったのでした。

 そのプレゼンの内容を、新幹線の中で考えたワケです、エビスを飲みながら・・・・。

060902004 その後、銀座に行って、デパートのギャラリーを見学。

 ベトナム人の若い二人に頼まれて、スナップ写真を撮りました。お幸せに・・・・・日本でいい思い出が作れるといいね!

 つい、ベトナムの陶器「バッチャン焼」の話をしてしまいました。

 東京駅で、ひとり夕食。 

 東京滞在6時間の旅となったのでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「会津学」読もうっと・・・・

9月 1日 (金)060901005

 薪を背負って「会津学」

この像がある小学校で、水泳の記録会がありました。

YAMAHAの文字があった、新しいプールでした。

060901002  子どもの数は少なくても、観客が多いのが救いです。両親や祖父母が関心を持ってくれるところが素晴らしいです。

 重機で工事中の方々も、つい応援してしまうところが、なんともいいですな。

060901006 新館のお寺が、屋根を葺き替えていました。

トタン屋根の下地って、こんな風になっているのか、としばし見入ってしまいました。

060901007  明日、東京出張なので、地元の駅に行って、切符を買ってきました。

 この駅からディーゼルに乗って、東京さ行くのです。

 只見線から東京行くのは、初めての体験かもしれないです・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 01, 2006

プッシュ~・・・・・

8月 31日 (木)060831003

 今日も、第一&第二アオサギを撮影してから陶芸クラブに向かいました。

 その前に、朝仕事として、窯小屋東の小さいビニルハウス2棟のビニルを撤去しました。

 陶芸クラブは、3名の参加。途中で、東京からのゲストと共に2名で来客がありました。

060831006  昼に、焼き物を見て欲しいという来客あり・・・ノーコメント・・・・。

 柳津のアトリエ館に寄ってから、会津若松に向かおうとしたら、車がパンクしてました。

 急いでタイヤを交換して柳津へ、急いでいる時に限ってアクシデントが起こるという法則があるや否や・・・・・

060831008  時間が無いのに、只見線に下りがやってくる時間なので、坂本にて撮影。

 アトリエ館には、写真展の大ポスターやパンフレット、デジタルデータ等を届けてきました。

060831013  数少ないご要望により、「使えないコーヒーカップ」にロウソクを灯してみました。いかがなもんでしょう。

 私はケッコウ気にいっているのですがねぇ・・・・。

 柳津の写真展では、このコーヒーカップも展示させていただきます。どうぞ手にとってご覧になって、笑ってやって下さいませ。

060831011  

右のような夕焼けを見て、今日も一日が終わったのでした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »