« 陽菜(はるな)の冬ごもり | Main | ささやかな楽しみ・・・・ »

November 20, 2006

エコスキーはロシア人・・・?

11月 20日 (月)061120001

 野鳥を撮影しながら考える、雨降る中撮影しながら考える。原田知世センセー主演の「私をスキーに連れてって」という映画があった頃が我が国スキー人口の最高時ではなかっただろうか・・・・。

 時は過ぎ去り、原田知世も素敵な中年の仲間入り。スキー人口は、3分の1以下に減少。少子化も伴って、スキー人口は今のとこ061120002 ろ増える気配はない。

 ←の尾の長い鳥は何という鳥だろう?

 スキー場の経営は全国どこでもタイヘン、との声。じゃあ、見直して止めて、シュバルツバルトみたいに、森に戻してもいいじゃないの?磐梯山周辺の、某スキー場は雪質もコースも素晴らしい。

でも、リフト乗りながら、「ここは、ブナ林を切り倒して出来たスキー場だ。」というのが分った時から、な~んか後ろめたい気がしつつスキーをしていた私であった。061120003

 エコ・ツアーが人気だから、エコ・スキーだって大いに可能性はあると思うのです。山スキーでもいいね。⇒はトビではなかった、ノスリと思いたい。

 でも、スキーにコダワルこともない。自分が使う「カンジキ」を自分で作り、山に入ってゆく、肥料袋は必需品。冬は、雪の上をどこでも登って行けるから楽しい。動物や鳥の足跡もあるでしょう、野鳥もいるでしょう、そして頂上へ。古墳や、史跡なんかあれば、さらに楽しい。

 下りは、肥料袋をソリにして滑ってくる。これはやったことのある人ならわかる楽しさ。

 この面白さは、若い頃、昭和村の青年達に教わったことでした。

 電気や石油とは無縁のエコ・スキーの時代というのが、これからのトレンドになるのではないかな・・・・。

 各市町村がスキー場や温泉を持つ時代でもないと思うのです。お互いが利用しあえばいいだけのことじゃあないですか。

 こんなことを語ることに疲れてしまいました。

 

|

« 陽菜(はるな)の冬ごもり | Main | ささやかな楽しみ・・・・ »

Comments

いつも鳥情報でお世話になっております。
high-bridge 様じゅんねんさん様のおかげで、私も図鑑を見る楽しみが増えました。
 今日は、カワラヒワらしきものを撮影しました。

Posted by: 野鳥のおかげ・・・・ | November 22, 2006 03:37 PM

連続でスミマセン。ロシア人エコ好きー?!さんにひとこと。禿山になって放置され荒れたスキー場の姿を目撃するにつけ、胸がチクチク。植毛じゃなくて植林して差し上げたい。唐突ですが、野球選手松坂投手の落札額60億ですと。それくらいあったら全国の破壊された自然環境を回復させることは可能?かな。あと森の熊や生き物達が人間と共存できるよう・・・。個人的ナ夢・理想で到底実現できそうもない、グスン(:O-)

Posted by: high-bridge | November 22, 2006 03:30 PM

今回の野鳥2種。同定はちと厳しいです。

Posted by: じゅんねん | November 21, 2006 09:46 PM

尾の長い鳥、モズかな~? ギチギチとかいう鳴き声してたらかなりモズっぽいな。♪百舌が枯れ木で鳴いていたなんてね。間違っていたらゴメンチャイです。野鳥図鑑見たら、あまりにも多種多様な鳥たち!! すごい。でも自分が目にするのはほんの一部。なんだかもったいない気がしたよォ。庭に飛んで来る雀も、もっと可愛がってあげようかな。(余計なお世話!?だって雀が木の枝でピーチク囀ってます)

Posted by: high-bridge | November 21, 2006 04:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エコスキーはロシア人・・・?:

« 陽菜(はるな)の冬ごもり | Main | ささやかな楽しみ・・・・ »