« 爆音 陶芸! | Main | 「ピィーヨ、ピィーヨ」と鳴く鳥は? »

November 08, 2006

サギと白鳥

11月 8日 (水)Dsc00030

 昼前後に、ホームセンターやら福祉センターに行かなければならなくなりました。

 しかし、野鳥巡回の撮影に行きましたら、ナント第5アオサギまでが一緒に日向ぼっこをしていました。

Dsc00060 ←は、初冠雪の磐梯山です。

 画像の左下に、游山窯の窯小屋、右下に第6アオサギが写しこまれているのが素晴らしい。今日は、こんなに良い天気でした。

 夕刻、この窯小屋の駐車場までT.さんが来て下さって、アトリエ(ロクロ部屋)に案内いたしました。来年の事業につながる貴重なアドバイスをいただきました。

Dsc00041  アオサギの撮影中に、胸ポケットの携帯で呼び出され、Y.場へ急行。

 その後は、福祉センターで、少し粘土の子守と私の作品を自宅へ搬送。その後、近くの河原で野鳥を撮影(忙しいのになぜ?)

 その後、窯小屋にいたら、懐かしいような変な鳴き声が・・・・

Dsc00079 外に出て見上げると白鳥が群れて飛んで行くではありませんか。

なんと田んぼに40数羽が遊んでいらっしゃいました。

 白鳥を撮影したのは今年は初めてです。悲しいかなオオハクチョウなのかコハクチョウなのか自信がありません。

Dsc00101  猪苗代湖畔にあって、白鳥で有名なところの喫茶店が閉店したと、上記T.さんから聞きました。

 昨日は、中学生から、市内の某書店が閉店したよ、という話を聞いて悲しくなりました。

 村や田んぼが消え、街から書店が消えて行く、なんと寂しいこの国の行方・・・・

|

« 爆音 陶芸! | Main | 「ピィーヨ、ピィーヨ」と鳴く鳥は? »

Comments

大笑いさせていただきました。

磐梯山とサギの図、いつかのシュールな夕焼けサギと同じような場所に同じポーズでいらっしゃいましたねぇ。こうういうのもうれしいです。

Posted by: 奥会津分隊 | November 09, 2006 06:58 PM

白鳥がこの地域に降り立つのは私も始めてみました。
書店が無くなるのは、色々な事情があると思いますが、先ずは、努力が足りないと思います。
小さな頃からあった書店が無くなるのは、
寂しい事です。

Posted by: リュウちゃん | November 09, 2006 07:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サギと白鳥:

« 爆音 陶芸! | Main | 「ピィーヨ、ピィーヨ」と鳴く鳥は? »