« 朝は霙(みぞれ)でした・・・・ | Main | ロシアから来日かっ?!!! »

December 03, 2006

ダイサギ?とはビックリ!

12月 3日 (Dsc00093_2

 ⇒の画像は、1日と2日に撮影したものです。

 このブログをやっていたおかげで、貴重なご教示をいただきました。⇒は、チュウサギではなくて、ダイサギではないだろうか?というのです。

Dsc00109_1  こちらにはダイサギはいないものだ、と思い込んでいました。書物の知識で「関東以南で繁殖」というのを金科玉条のようにしていた私が愚かでした。

 私の撮影機材で、コサギやチュウサギはこんなに大きくは写せません。それから、撮影していて、何か今まで見てきたサギ類とは違うという気がしたので、このブログにも「チュウサギらしきもの」&「何か気品が・・・・」という表現をしたのです。

 ↑は、本日の「陶芸教室」、お二人とも、大作に挑戦されたのには私も驚きました。

Dsc00112 ←は、柳津町内から撮影した、スキー場です。

そろそろスタッドレスタイヤに履き替えなければなりません。

Dsc00114 ⇒は、キハ40。会津柳津駅にて14:23撮影。

車内が、すべてロングシートの車両だそうです。

 TVによると新潟市内は、真冬の景色ですね・・・・。

|

« 朝は霙(みぞれ)でした・・・・ | Main | ロシアから来日かっ?!!! »

Comments

 私の手元にあるのは、山渓カラー名鑑「日本の野鳥」1991年の2版第13刷です。
 サギ専門の図鑑があったのですが、高価で買えません。
 私も新しい図鑑が欲しくなりました。

Posted by: 野鳥図鑑 | December 04, 2006 11:14 PM

ぼくがバードウォッチングで使っている図鑑は、日本野鳥の会の「フィールドガイド・日本の野鳥」で、1982年の初版第1刷でした。もう24年も前の本でした。
この頃以降、野鳥の研究も進み、新たな知見もずいぶん増えているようです。ダイサギについては、オオダイサギとチュウダイサギの2亜種がいることも、昨日知りました。
大大鷺と中大鷺、さらには中鷺に小鷺。混乱しそうです。
これを機会に、野鳥図鑑の最新版を買おうかと、カミさんと話しています。サイエンスの世界で、24年も前の本は、価値がありません。

Posted by: じゅんねん | December 04, 2006 06:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ダイサギ?とはビックリ!:

« 朝は霙(みぞれ)でした・・・・ | Main | ロシアから来日かっ?!!! »