« その土地の魂 | Main | 越中富山の薬屋さん »

March 04, 2007

「ふるさと暮らしと農業」公開講座

3月 3日 (土)Hinamatsuri

 今日も良いお天気でした。

 朝から私は、残りの印刷部数1,000枚を印刷するために事務所へ。それから、計2,100枚を隣町のI.新聞店へ持って行って折込広告の依頼をしてきました。

午後からは、午後の講座準備でしたが、パネリストの方々が旧越後街道を見学したいSkaikiとのことで、心清水八幡神社に立ち寄り、束松峠まで行ってきました。

 インサイダー編集長の高野孟氏の講演は、普段メモをしない私がいろいろメモをしてしまいました。

 昭和19年生まれの高野さんは、今月中旬に横浜から千葉県の鴨川に引っ越すそうです。“帰農塾”の塾長もやっているそうですが、本格的に居住地を移したところが素晴らしいです。

 特に印象に残ったのは、「子どもが土に触れないとロクなことにならない」・「自分の自給率をどうするのか考えよ、自分で作ろう」・「農業後継者Dsc00193を血のつながりだけで考えない」etc.

 鴨川で農業をしながらインサイダー編集長・客員教授をしている高野さんこそ「半農半X」の実践者です。

 忙しいながらも、「農のある暮らし」をいろいろ考えさせられた一日となりました。 ⇒は、今日行った束松峠

|

« その土地の魂 | Main | 越中富山の薬屋さん »

Comments

ご面倒をお掛けして申し訳ありません。今週は坂下に帰る予定にしておりますので、その際、アトリエを拝見させてください。
我が家族の一員に2匹の猫います。両方とも公園に捨てられていたものを保護したものです。その2匹も坂下が大好きで、毎回車のなかに入れてつれてきます。
東京のアパートは狭いので、こちらに来ると、庭や畑を飛び回ってのびのび遊んでいます。今週末は雨の予報ですが。

Posted by: 立川の幽霊住人 | March 06, 2007 02:38 PM

立川の幽霊住人様

今日確認を取りました。
畑の土の件ですが、業者がOK!とのことでしたので、いつでも連絡いただければ紹介させていただきます。
 よろしくお願いいたします。

Posted by: 陶芸人より | March 06, 2007 01:41 PM

私は、近所の野菜作りのプロフェッショナルに指導を仰ぎながら、家庭菜園しています。今年も春から、活動を再開しようと考えていますが、どうも土がやせていて思うように収穫があがりません。化学肥料を使うのはあまり好きでないので、コンポスト肥料のみで、やっています。今年は、思い切って、山土を2㌧くらい畑に入れようと思っていますが、販売先が見つかりません。どなたか心当たりがありましたらよい業者を紹介していただけないでしょうか。

Posted by: 立川の幽霊住人 | March 05, 2007 10:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ふるさと暮らしと農業」公開講座:

« その土地の魂 | Main | 越中富山の薬屋さん »