« April 2007 | Main | June 2007 »

May 30, 2007

チャレンジデー etc.

5月 30日(水)Sdsc00003_13

 本日は、チャレンジデーというイベントがありました。

 我らは、6:30amから「ラジオ体操」をやりました。

 このチャレンジデーの良いところは、どんなスポーツでもいいから、各人が15分以上身体を動かしましょうよ、ということです。各年齢に応じて、各人が好きなスポーツをする、というのはケッコウなことです。

Sdsc00011_13  で、町をあげて健康やスポーツに関してもチョッと考えようというイベントをやるのなら、各地区の運動会を止めたらいかがなものか?と思うのです。イベント増やすなら、一つ減らして欲しいです。

 午後は忙しかったのですが、チョッと坂本分校へ。センターに行って窯の温度管理にも行ってきました。

 夕刻は、各戸への配布物。チャレンジデー参加者への記念の写真も配ってSdsc00010_5 きました。

 村の東の田んぼに、ゴイサギがいらっしゃいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は素焼きとなりました

5月29日(火)Sdsc00047_1

 今日は急いで「福祉センター」に向かったはずでしたが、途中に「ゴイサギ」様がいました。

 今日は「素焼き」実行の日なので、センターに行かなきゃならんのです。

Sdsc00052_4 Sdsc00053_5 すると、途中であまり見かけない田植え機での作業があったので撮影。

 アオサギよりも珍しい田植え機でした。しかし上手に植えてSdsc00054_3ゆくもんだ、と感嘆してしまいました。

 アオサギも珍しい田植えを見物かぁ?

 やっとセンターに到着して、素焼きスタート窯に点火 Sdsc00061_2 なりました。今日は窯焚きをしている間、陶芸クラブ員の方2名と他1名の来訪がありました。

 ←のような「四方皿」と「ビアマグ」2点制作。Sdsc00060_4

 今朝の「朝仕事」は自宅前の畦畔の草刈り。

 早めにマメにしていれば良かったと後悔しました。草が長くなると刈るのにタイヘン。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 28, 2007

明日は「素焼き」となるのかな?

5月28日(月)Sdsc00035_3

 田植えが終わった田んぼのあちらこちらでアオサギを見かけました。 第4アオサギまでいました。
 アマサギは、今月1羽しか見ていません。

民営化になる逓信省の出先機関に行ってから、陶芸クラブのSdsc00040_2例会日だったので行って来ました。

  今日も8名の参加という素晴らしさ。素焼きのための窯詰めが完了しました。明日「素焼き」の予定です。

 予定です・・・・・予定です・・・・予定です・・・・

 お昼には、ちょこっとしたミーティングを兼ねてラーメン屋さんへ。Sdsc00041_3

 それから、ビアマグ(ビールコップ)の高台削りをしました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2007

会津は寒い・・・・・

5月27日(Sdsc00014_14

 東京出張から帰って来ました。MAXやまびこに乗って。

 昨夜のシンポジウムでは、懐かしい方にもお会いできました。

  新幹線Sdsc00016_9でも磐越西線でもついウトウトしてしまって、ドキリとして目を覚ますのを繰り返して、睡眠どころではありませんでした。

 終点では、列車内にお土産を忘れそうになる、というオマケ付。

 ホームに降りて驚いたのは、半そででは寒いという我が故郷よ。東京は暑かったのに・・・・。Sdsc00018_7

 今夜は「刻字教室」例会日でした。今日も有意義なお話を聞くことが出来ましたが、私の「書」はちっとも上達しません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンポジウム From 2007 の開催

5月26日(土)15:00~17:00Sdsc00001_23

場 所 :東洋大学白山キャンパス 6号館 

      地下1階B13教室

テーマ :「地域実践の課題と

           Sdsc00002_11 グリーン・ツーリズムネットワークの展望」

上記のシンポジウムに参加するために、東京出張です。

 会場は、新しくてハイテクな教室でした。

Sdsc00004_8 地下のこの教室の隣は学生食堂でしたが、これが天井が高くて明るく広い「学食」なので驚きました。

 さらSdsc00008_15に驚きは「」のマークの「コンビニ」までありました。

  今の学生は、こんな素晴らしい環境の中で「お勉強」しているのかぁ・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2007

会うは別れの始まり・・・・

5月25日(金)Sdsc00004_7

ALL good things come to an end.

直訳は、「よいこと全てに終りが来る」

       →「会うは別れの始め」。

 欧州から研修で来ていた若い女性が、今日、若松市のW.ホテル前から、バスに乗って東京へ向かいました。重い荷物を持って・・・・

Sdsc00014_13  坂本分校では、タイヘンお世話になりました。あなたが居てくれたから、窓も床もキレイになりました。あんな広い分校内を、よくまあ根気良くお掃除してくれました。水道の水が冷たいから、と手袋をして雑巾がけをしていましたね。

 校舎内だけでなく、花壇も畑も手伝っていただいて、大活躍でした。誰もがあなたの仕事ぶりを賞賛していましたね。Sdsc00013_9

 あなたが作った「陶器」が焼きあがったら、送りますから、楽しみに待っていて下さい。

 明日から分校も寂しくなります・・・・・。

Sdsc00005_9 Sdsc00006_10 Sdsc00007_9

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 24, 2007

宿題の制作か?

5月24日(木)Sdsc00021_5

 今朝、物干し竿の設置場所の「引越し」をしました。

 その後「陶芸クラブ」へ。

 今日のクラブは、なんと9名の参加者でにぎわいました。Sdsc00020_7 うれしい悲鳴とは、まさにこのこと。

 そして、素晴らしいのは皆さんが各自で研鑽研究して、それぞれの「得意分野」のようなものが出来つつあるのです。

 ↑のように、「葉っぱ皿」が得意な方は、まことに上手いのです。私より上手な方々を私は「葉っぱ隊のみなさん」と呼んでいます。Sdsc00022_4

 今日は私もその影響を受けて、葉っぱ皿を作ってみました。

 夏が来る前に、 「ビールコップ」の宿題があるので、少々作りためてみようかと思います。

 楽しいビールコップ、いろいろ考えたいものです。

 福島空港への出品もありますし・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥・分校・JR・歴史

5月24日(木)Sdsc00009_10

 やることたくさん、と事務所に急いだら、なんと少し「珍」のゴイサギが居ました。

 今日は「野鳥巡回」やってるヒマはないので、助かりました。Sdsc00014_12

 その後、坂本分校を見学するために、T.さんをご案内しました。T.さんは分校が目的なのではなくて、白州次郎に興味を抱き、我が町の訪問となったのでした。はるばる福島市よりの来訪です。Sdsc00015_10

 分校前を3両編成の只見線上りの列車が走り去ってゆきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2007

芝刈って、一日が始まる・・・・

5月22日(火)Sdsc00001_22

やはり、飯豊山が好きです!

 朝は草刈り機で、庭と窯小屋前の芝刈りをして、今日の一日が始まりました。

 近隣の方々が、長靴履いて作業している私を物珍しげに見ながら通り過ぎてゆくような感じがしました。

 Sdsc00006_9 某高齢の女性は、「雨降っから、あと止めろっ!」と私に優しい忠告。

 昼食は自宅に戻り、すこし休もうとしたら、坂本分校に待ち人があるので来るように、という指令が・・・・。

 ああ、こうして今日も太陽は田んぼの彼方に沈んでゆくのでありました。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 21, 2007

飯豊山が好き!

5月21日(月)Sdsc00036_5

 身近なところで起きた衝撃的な事件から、一週間が過ぎました。ずっとではありませんが、頭の隅から離れない事柄で、理解しようにも理解できず、まったく整理がつきません。

 マスコミの報道とネット上のやりたい放題に怒ってみても、空しくなるばかりです。

Sdsc00057_3  何か青空が珍しく感じて、野鳥巡回ルートで「陶芸教室」に向かいました。今日は例会日です。

 ←は、誰が見てもコーヒーカップwithピアス

Sdsc00054_2  今日の「陶芸教室」は、8名の参加でした。

 最近、みなさんメキメキと腕を上げたので、素晴らしいな、と思っています。

Sdsc00058_1  ←は、会員さんの「宿題」でもあるビールコップの試作です。

 高台部の不揃いな穴は、ただの穴ぼこではありません。実は、小細工をしております。

 せっかくビールを飲むのですから、楽しいほうがよろしい。その為のちょっとした工夫です。(←まあ、大したことではないです)

Sdsc00046_5 Sdsc00056_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2007

SL会津只見新緑号 2日目!

5月20日(Sdsc00002_10

 今日がSLが只見線を走る最終日。

 最終日、といっても本番は昨日と今日の二日しかないわけです。

Sdsc00007_8  SLが来ると、みんなが集まって来るのが不思議です。

 今日は、あいにくの雨でした。結局、試運転の時のほうが天候に恵まれたってことになりましょうか。

  今日も、宣伝活動ってことで、SLのお客さSdsc00019_10んにチラシを配って来ました。

 なんと、今日は車掌さんが坂本分校に近づいたら車内放送でアナウンスして下さる、とのこと。

 それで、⇒のように雨の中というのに傘を差して待っていSdsc00025_6 るという、このイベントよ・・・・。

 午後の上りでは、←のように雨もあがって、いいSdsc00023_7感じのSL風景となりました。

  ⇒おお、小学生の女の子カメラガール発見か?

 まあ、私が合図をしてシャッターを切ってくれるようにお願いしたわけですが、少しドキドキしてくれたかな・・・・

 いい写真が写っているといいなぁ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

SL会津只見新緑号 快走中!

5月19日(Sdsc00002_9

 今日の仕事?は、会津坂下駅にやってきたSLが10分ぐらい停車するので、その間に「里山のアトリエ坂本分校」を紹介するチラシをお客さんに配布することでした。

 内容は、坂本駅の手前にある坂本分校の前で、スタッフが手を振っているので、よろしくお願いします、というものです。

Sdsc00011_12  ←が、その坂本分校前で撮影したものです。

 SLの撮影では、煙がモクモク出ていないのは「?」と思っていた私ですが、←のようなSLも、ケッコウいいなぁ、と思いました。

 今日は、坂本分校3往復しましたが、その間に福島県立博物館へ・・・・。Sdsc00017_5

 なんと慌ただしい。

 赤坂館長の講義を全て拝聴することは出来ませんでしたSdsc00015_9 が、貴重なヒントをいただいてきました。スリリングな謎解きのようでもありました。遠野物語も登場しました。やはり、行ってみて良かった。

 ↑これはこれはお久しぶり・・・・ゴイサギ様。

 Sdsc00028_10 Sdsc00019_9 SLへの給水で、滝のようになっていました。

 小雨でしたが、今日のSLの写真は、なかなか良いのが撮れた、と思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 19, 2007

ほぉ~っ・・・・・・

5月18日(金)Sdscf1681

 「陶芸クラブ」の皆さんへ

 ⇒がホオノキ(朴の木)の葉っぱです。

 「ほお」は「ほう」(包)の意で、 大きな葉に食べ物を盛ったことからの命名、だそうです。

Sdsc00020_6 のんきなもので、高寺にアオサギがいました。

 朴の木の葉っぱ皿もいいなぁ・・・・と思います。

 このホオノキ、日本の樹木の中では、トップクラスの大きさの葉を持つ樹木らしいです。Sdsc00019_8

 ⇒は、坂本分校。

 マルチの北側に、いつのまにかタネが蒔かれていて、芽が出ていました。

 明日は、大勢の人々を乗せたSLが、坂本分校前を行き来する日です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 17, 2007

陶芸と汽車と取材

5月17日(木) Sdsc00009_9

 今日は、陶芸クラブ例会日でした。

 でも、只見線をSLは試運転で走っているし、午後の取材があるから「坂本分校」に待機、とかいろいろ指令がありまして、な~んかあっちゃこっちゃ。

Sdsc00008_14 「シャガ」発見

JR只見線沿線でシャガを見つけました。

シャガ・・・・シャガは学名にjaponica(「日本の」という意味)がついており、本州・四国・九州に分布しているが、中国原産でかなり古くに日本に入ってきたものが野生化したと考えられている。

S_dsc00004  陶芸クラブの6月〆切?のテーマが、「ビールコップ」ということでしたので、さっそく今日試作品を創ってみました。

 電動ロクロを使わずに、粘土を板状に伸ばして扇形に切り取り底をつけました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2007

朝の「草刈り」で発車?

5月16日(水) Sdsc00023_6

 朝は庭の芝生の草刈りでした。

 これが、「芝刈り」機でなくて、エンジン付きの草刈り機でやったSdsc00026_8 のです。

  その後、ちょっと「坂本分校」へ。

 ←は坂本分校の南側です。

 今日は、SLの試運転二日目。Sdsc00030_4

 SLを撮影する人々が多かったので、農作業に勤しむ人々にとっては、「迷惑」 な路上駐車もあったことでしょう。

 喜多方市内のF.医院経由で「楽篆工房」に行って来ました。

 いつ行っても楽しい楽篆工房、今日は↑の桐板の商Sdsc00032_5 品を見せていただきました。これが、驚くくらい安価なのです。ホンモノの桐の板に好きな文字を書いていただいてあのお値段。

 素晴らしくオシャレなお土産になりそうですね。

 ↑は、坂本分校前で、汽車が走り去るのを見物する人たち。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

貴社の記者が汽車にて帰社す!

5月15日(火)Sdsc00008_13

 今週の土日、「SL会津只見新緑号」が只見線を走るのだそうです。

 今日かSdsc00009_8ら3日間の試運転が行なわれます。

  坂下駅に停車しているSLを見ると、必ず40年ぐらい前の出来事を思い出します。

 祖母といっしょに三島町の伯母の家に行った時の思い出・・・・。

 自宅からタクシーで駅に向う後部座席で、「今日は、汽車に乗っSdsc00011_11て行くべな」と孫の喜ぶ顔を見たいのか、その時の祖母の声を今も思い出すのです。

 伯母の家は宮下駅からすぐ近くのところにありました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2007

風邪かな?頭痛

5月 14日(月)Sdsc00015_8

 今日は陶芸クラブの例会日です。

 ところが、Y場からのスクランブル要請があったりして、クラブには11時前になってしまいました。

 Sdsc00006_8 今日もクラブは素晴らしい、7名もの参加でした。

 ←おなじみの第一アオサギですが、時にはこんな武者奮いもします。

 クラブでは、今日は正午あたりから「ミニ大掃除?」となったのでした。まあ、キレイさっぱり。

Sdsc00014_10 ⇒のように、こんな姿も着陸時に見せます。

@@陶芸クラブの方々へ@@

 次回例会日に「素焼きの準備」ということになりました。素焼き希望の方は、今週中にご準備下さいませ。それから、クラブの会員さんのテーマが決まりました。今月中にビールコップです。

よろしくお願いします。

ビールコップの次はなんと「急須(ティーポット)」。粘土と格闘して下さいませ。

Sdsc00022_3  今日の作品は、←。

 変形皿の裏側です。こんなことをして作っています。

 なんか舞台裏をみせているような感じですが・Sdsc00012_8・・・。

  頭が痛いので、ビールを飲んで今夜は早めの就寝とさせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 13, 2007

つい長居をしてしまう坂本分校

5月13日(Sdsc00025_5

 今日の只見線は、こんなミョウな3色の列車が走っていました。

 お座敷列車、というらしいです。

Sdsc00019_5  確かに、中を覗いたらお座敷でした。

カラオケまでありました、それも各車両に。

 それから、これは酒樽列車ともいうらしく、消防の屯所のにおいといいましょうか、アルコール臭かったので、子どもにはお勧めできない列車だなぁと思いました。Sdsc00026_7

 さて、ちょいと坂本分校へ、ここには最近⇒の木製テーブルが寄贈されまして、設置。

 これがタイヘン人気がありまして、こののスペースではオトナも子どももまさに和んでいます。テーブル一つで部Sdsc00029_2 屋の雰囲気が変わり、人々が喜ぶというのですから、素晴らしいです。

 夕方「笑点」の時間に、米搗き(30キロ)に行きまして、刻字教室へ。

私が今日毛筆で書いた文字は「坂本分校」、分校玄関の〒ポスト作りたいな。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

慌ただしくも充実した一日?

5月 12日(土)Sdsc00001_21

 今日の「鳥」は⇒の一枚しか撮影していません。たぶんアオサギ1号です。

 喜多方市内のF.医院に急いでいたので、野鳥巡回などしてるヒマはありませんでした。

Sdsc00005_8  このF.医院があまりにも混んでいたので、というと失礼ですが、その時間を利用して楽篆工房に行ってきました。

 そこで、先生が、某社長を紹介してくださり、私の「作品」をお店に置いて下さるという話になりました。

ありがたいことです。Sdsc00008_12

 その後、昼食は生江食堂。お店のおばちゃんたちの反応が素晴らしい。反応半X?

 「あら~、久しぶりだこと・・・・」

 Sdsc00009_7 スミマセンでした、ほんとご無沙汰しました。ここのダンナさんとは陶芸つなが りで、一緒に景徳鎮まで研修に行ったのでした。しばらく「焼き物」談義で盛り上がりました。

 午後は「陶芸教室」でして、生徒さん二人が山野草鉢を作成されました。

 その間に坂本分校往復、なんと慌ただしい・・・・。

 ああ、こうして今日も一日が終わるのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2007

ポップコーン事件発生!

5月 11日(金)Dsc00314_1

 本日、某K.コーヒーの豆を買いました。

 すぐに缶に移し替えたのですが、「あら、ビックリ!」ポップコーンらしきものが。

 「もしかして、コーヒーを焙煎している間にプックリ膨らんだのかな?」な~んて考えましたが、ありえないわな・・・・。

Sdsc00001_20  なんで、ポップコーンが混じっているのだろう????その会社の品質管理が心配です。

 今朝は、アクシデントが発生しまして、早朝若松市内の総合病院に急行しました。Sdsc00002_8

 明日も、某市内の専門病院にいかなきゃなりません。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 10, 2007

カノ焼き(焼畑)が復活!!!

5月 10日(木)Sdsc00001_19

 今日は陶芸クラブ例会日。

 粘土に触れている最中に、アオサギ1号が飛んで来ました。ご丁寧に、陶芸クラブアトリエに向かって飛んで来てくれるではありませんか!それで、今日の野鳥巡回は中Sdsc00002_7 止。

 ←は、今日の作品の一部。近頃、このような山野草鉢を作っています。

 その後、昼食を取る時間もなく、奥会津三島町へ・・・・。

Sdsc00003_11  三島は美坂高原が集合場所なのですが、会津西方駅で上りディーゼルを撮影。

  上質な会津桐の継承と持続可能な山林活用を目指して

カノ焼き(焼畑)は、自然との共存型の農耕、これぞ「ロハス」。

福島県奥会津の三島町美坂高原で今年から「カノ焼き」が復活Sdsc00013_8 します。ステキなのは、どの作業にも参加自由だということです。

 奥会津三島町の特産である桐の未来は、子どもたちの未来の象徴。
 カノ焼きの復活を通して、各集落に残る豊かな知恵を蘇Sdsc00018_6 らせ、豊かな未来を繋いでゆくことを考えます。

Sdsc00024_4  オシドリがいました。

 ウシガエルもいました。Sdsc00029_1

| | Comments (0)

May 09, 2007

暑い一日でした・・・・

5月 9日 (水)Sdsc00014_9

 朝、講師依頼とテーマの話し合いで某教育委員会に行って来ました。

 隣の小学校では運動会か何かの練習中。私は、昔「奉安殿」があったあたりからちょっと撮影。

Sdsc00019_4  その後、上り列車が入ってくる時間だったので、つい駅に行くことに・・・・。

 ←画像の左上をご覧下さい。私にとっては珍しい車両がありました。線路の歪みや傷等を発見する車両なのだそうです。

Sdsc000032  それから、喜多方市「楽篆工房」へ直行。

 今日は、アポ無しでしたが、先生がいらっしゃって良かった。⇒のベロタクシーにまで乗って下さいました。

 なんと、今風のベロタクシー「楽篆工房」の似合うこSdsc000033 とか。

 昼食は「すがい」でラーメン。すがいの前で工事中なのが気になります。もしかしたら、店舗を拡大するのかお座敷を作っているのかな?なんて一人妄想・・・・・。

 午後一番で、坂本分校にて某公務員の方々と会う約束があったので、急ぎました。

Sdsc000034  坂本分校では、 「職員室」隣の「ざっと昔館」(ミニ図書館)にて話し合い。

 分校に来ると、時がたつのを忘れてしまうので、つい長居をしてしまいます。

 ⇒は、いつもの坂本分校前にて撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2007

THE LONG AND WINDING ROAD

5月 8日 (火)Sdsc00012_7

 曲がりくねった道だけれど、なかなか眠れない日もあるけれど、ちっぽけでもいいから自分自身で誇れる仕事をしたい、と思っています。

「焼き物は、窯に入れてみなければわからない、人は窯から出てみないとわからない」

Sdsc00008_11 今日は、昼頃スクランブルがかかりました。坂本分校までブースターケーブルを至急持参してほしい、とのこと。

 私は、常に車に積んでいるので、急行しました。

 ←は、JR只見線、もちろん鈍行です。

Sdsc00007_7  今日は、久々に「白いサギ」を見かけました。オオダイサギのような気がします。顔つきが・・・・。

 坂本分校では、今日も小学生が数人遊んでいました。

 2階の鉄道模型の部屋では、微笑ましくも中学生の指示Sdsc00013_7 に従い、小学生の諸君が列車を走らせていました。

 水田には徐々に水が張られ、←のような風景になっています。

 水田のトラクターでのシロカキが、芸術的に巧みな方がいらっしゃって、それはそれは感動モノです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あら、いらっしゃい!

5月 7日 (月)Sdsc00017_4

 ゴールデンウィークも終わって、世は「日常」へと大きく舵を切りました。

 今日は「陶芸クラブ」例会日。

  今日も7人集合の盛況でした。

 最近の会員さんの質問が「専門的」になってきて素晴らしいです。見知らぬ作家さんの名前も出てきます。私も精進せにゃなりません。

 Sdsc00020_5 そんなことを思っていたら、クラブのアトリエ内に「お客様」が飛び込んで来ました。

 それが←のツバメです。換気扇の上に止まったところを撮影させていただきました。

 陶芸クラブのアトリエ内で野鳥の撮影が出来るとは思いませんでした。

 明日も「粘土子守」をしに、陶芸クラブアトリエにちょっと行ってみることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2007

かわひがし山野草緑会

5月 6日 (Sdsc00014_8  雨

 TV番組「なんでも鑑定団」を見ながら仕事をしていたら、あっという間に時が過ぎました。

 午後2時半頃、「かわひがし山野草緑会」の展示会に行ってきました。

Sdsc00015_7  受付で、「若い人が年々多く来て下さるようになり嬉しい」と言われましたが、どうやら私もそこに含まれているような感じなのでありました。

 素晴らしきは山野草会!「この“ワシ”が“若い”グループに入っているとは!!!」Sdsc00016_8

 山野草鉢の「研究?」という目的もあって毎年お伺いしているのですが、今回も収穫がありました。

 ただ・・・・

 山野草と鉢とのハーモニーなのでしょうけれど、華道ほどには鉢等の「器」が重要視されていないような気がしてしまうのです・・・・。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2007

坂本分校と桃源郷

5月 5日 (土)Sdsc00002_6

 坂本分校に向かう時に、JR会津坂下駅を10:06に「風っこ会津只見号」が出発するということだったので、塔寺を過ぎたところへ行きました。

 新緑が美しい季節となりました。今日は磐越西線ではSLが走っているとのこと・・・・。

Sdsc00008_10  坂本分校から、山形の知人とともに桃源郷に行ってきました。

 ←のように「桃源郷」となっているので間違いないです。

 場所は、新潟県東蒲原郡阿賀町豊実、ここの和彩館で私の写真展を開催しているので、行ってきました。Sdsc00010_4

 ここが面白いのは、日常及び里山に「アート」が溶け込んでいるということです。アートが日常となっている、といったらいいでしょうか・・・・。

 ⇒のように、田んぼの中にも彫刻やオブジェがあるのでSdsc00017_3 す。

 ←は、坂本分校。

 子どももヤギも一緒に遊んでいました。

Sdsc00013_6  分校前のJR只見線を「風っこ会津只見号」が通るというので、その時間に合わせて、みんなで手を振りに行きました。

 犬やヤギ、オトナや子ども、みんな一緒です。たったこれだけでも楽しめる「心」が大切ではないかな。

Sdsc00014_7  今月19・20日はSLが走るらしいので、再び実施することにします。

 今回参加できなかった方々は、SLの時にどうぞ・・・・。

 大歓迎です!!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2007

夏日だったらしい?

5月 4日 (金)Sdsc00031_4

 今朝は、師匠のリンゴ園へ。美しい花が咲き始めました。

 ところが、どこにも師匠がいらっしゃらない。奥様指定の畑に行っSdsc00032_4てもいらっしゃらない。(後日談:釣に行っていたらしい・・・・)

 今日は、「列車でウキウキ春の旅。」風っこ会津只見号がJR只見線を走る二日目。

 初めて目にした「風っこ会津只見号」、お客様も気持ちの良い旅となったことでしょう・・・・・。Sdsc00044_4

 「坂本分校」前で農作業をしていたら、この暑いところに鯛焼屋さんが軽自動車で来訪。

 本日は、伊藤園のお茶と鯛焼で「こびり(小昼)」となったのでした。

 Sdsc00043_1 その後喜多方へ行って、散策とラーメンで昼食。

 道路もラーメン屋さんも、“渋滞”といったところでしょうか。

 ←楽篆工房の師匠は、出張で不在でした。残念・・・・。

 Sdsc00046_4只見を折り返して、会津若松駅に向かう「風っこ会津只見号」 に皆で手を振りました。

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

東京からのお客様

5月 3日 (木)Sdsc00015_6

 首都圏からのお客様2名をお迎えしました。

 お二人の作品が⇒の4点です。

 暑いくらいのよき日によい作品が出来ました。

Sdsc00018_5 そのお二人と共に、「野鳥巡回」にお付き合いいただきまして坂本分校へと向かったのでした。

 また、タイミング良く第一アオサギが飛んでいました。

Sdsc00023_5

 明日、お二人⇒は「坂本分校」で農作業をする予定です。

 私は、午後7時より区長会の代理出席をしてきました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 02, 2007

街・分校・陶芸クラブ

5月 2日 (水)Sdsc00001_18

 旧逓信省のA局に行く用事がありましたので、野鳥巡回をしながら、事務所に向かいました。

 陶芸クラブのMさんが、明日から使いたい器があるので、「窯」を開けてはくれまいか?との電話・・・・。

Sdsc00002_5

 それはタイヘン、温度を確認して今夕窯を開ける算段をしなければなりません。

 銀行系をまわって、いよいよ坂本分校へ、午後のアポが入っていたので、ギター弾きながら待っていました。

Sdsc00008_9  夕刻4時に、クラブの皆さんが集結。窯を開けました。

 いろいろな反省が当然ありましたが、皆さんとドキドキワクワクを体験しながらの窯開けとなりました。

Sdsc00010_3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 01, 2007

奥会津の春

5月 1日(火)Sdsc00060_2

 今朝は、三島町に行ってきました。

 右の写真を撮っている時に、会津の棚田を捜し求めて夢中になって「農の風景」を撮影していたころの気持ちがよみがえりました。

 午後は、急いで若松市内へ。

 夕刻Sdsc00053_4は、坂本分校へ。

 生まれ変わったばかりの「坂本分校」は、組織も何も「柔軟」なままです。

 「分校」とはいえ一応「学校」、職員会議や校歌、校内放送をどうするか?なんてことを真剣に話して来ました。

 真剣に「遊ぶ」のはホント楽しい・・・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

春の野をゆく

4月30日(Sdsc00042_2

 おだやかな祝日となりました。

 今日は、朝から「陶芸クラブ」本焼の日です。

 事前に窯詰めは完了しているので、午前9時に点火するSdsc00040_1 のみです。

 今回もクラブの皆さんが素晴らしいのは、大物が増えたのと、形の多様さです。

 この日は、深夜に窯焚き終了。

皆様、差し入れ等、ありがとうございました。

Sdsc00057_2  窯焚き1,100℃頃、若い女性二人の来訪、ありがとうございました。

 会員の皆さんも喜んでいました。彼女らの作品も⇒のように完成しました。

 さあ、窯を数日後に開けるのが楽しみです・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »