« カノ焼き(焼畑)が復活!!! | Main | 慌ただしくも充実した一日? »

May 11, 2007

ポップコーン事件発生!

5月 11日(金)Dsc00314_1

 本日、某K.コーヒーの豆を買いました。

 すぐに缶に移し替えたのですが、「あら、ビックリ!」ポップコーンらしきものが。

 「もしかして、コーヒーを焙煎している間にプックリ膨らんだのかな?」な~んて考えましたが、ありえないわな・・・・。

Sdsc00001_20  なんで、ポップコーンが混じっているのだろう????その会社の品質管理が心配です。

 今朝は、アクシデントが発生しまして、早朝若松市内の総合病院に急行しました。Sdsc00002_8

 明日も、某市内の専門病院にいかなきゃなりません。

 

|

« カノ焼き(焼畑)が復活!!! | Main | 慌ただしくも充実した一日? »

Comments

コーヒー豆の会社に問い合わせたら、じゅんねんさんの言うとおりでした。
興味があるのは、その会社の対応です。
後日、個人的にこっそりその対応ぶりをご報告させていただきますね。
このような時に、そこがどんな会社なのか「人格」が見えてくるような気がします。

Posted by: 陶芸人 | May 13, 2007 12:15 AM

そのポップコーンは、そのコーヒー会社がコーヒーの生豆を買いつけた後に混入したのではなく、もともとのコーヒー生産農家が豆を精製する際に混入したのだと思います。
たとえばイエメンのモカなどは、どこも零細のコーヒー農家で、機械化などはされておらず、地面にムシロを敷いてコーヒーの果実を乾燥させます。このとき、雑穀のタネや、時には石などが混じります。通常は、出荷前にハンドピックにより除去しますが、見落としたんでしょうね。
ちなみに、コーヒーの生豆を焙煎するときは、ポップコーンと同じようにバチッとはじけます。

Posted by: じゅんねん | May 12, 2007 05:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポップコーン事件発生!:

« カノ焼き(焼畑)が復活!!! | Main | 慌ただしくも充実した一日? »