« 奥会津の春 | Main | 東京からのお客様 »

May 02, 2007

街・分校・陶芸クラブ

5月 2日 (水)Sdsc00001_18

 旧逓信省のA局に行く用事がありましたので、野鳥巡回をしながら、事務所に向かいました。

 陶芸クラブのMさんが、明日から使いたい器があるので、「窯」を開けてはくれまいか?との電話・・・・。

Sdsc00002_5

 それはタイヘン、温度を確認して今夕窯を開ける算段をしなければなりません。

 銀行系をまわって、いよいよ坂本分校へ、午後のアポが入っていたので、ギター弾きながら待っていました。

Sdsc00008_9  夕刻4時に、クラブの皆さんが集結。窯を開けました。

 いろいろな反省が当然ありましたが、皆さんとドキドキワクワクを体験しながらの窯開けとなりました。

Sdsc00010_3

|

« 奥会津の春 | Main | 東京からのお客様 »

Comments

実は、「校歌」なんです。
先日、「キャベツ」の作詞作曲者が分校に来た時に、了解を得ました。

Posted by: こもとかあさん様 | May 04, 2007 07:54 AM

昨日、子ども達と買い物に行き、姉様を乗せた車の中でなぜか「キャベツの歌」のさび部分の大合唱となりました。まるで校歌?のようでした。

Posted by: こもとかあさん | May 03, 2007 05:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 街・分校・陶芸クラブ:

« 奥会津の春 | Main | 東京からのお客様 »