« May 2007 | Main | July 2007 »

June 29, 2007

会津盆地半周ぐるり・・・・

6月29日(金)Sdscf1927

 睡眠時間が殆どない状態で、朝ボーっとしていたら、チョッとタイヘンなスクランブルがかかりました。

 K.協会展関係の原稿を市内で手渡すので今日中に印刷してほしいSdsc00002_18とのこと、これはタイヘン・・・・。

  会津盆地西部を南に向かってぐるりと2軒配布物があったので、それから市内に向かいました。

 ←のギャラリーでは、懐かしい絵描きの先生にお会いしました。

 帰路、「一人窯五人展」という陶芸家の方々の展示を見学させていただきまSdsc00022_8 した。

 坂本分校にも焼印持参で行かなきゃならないのです。分校では、木製の名札に焼印を押しまくりました。

 明日は、この坂本分校が東北ツーリズム大学になるのです。夕方、印刷物を納品してから、公民館での会議に出席。午後7時開会、やく30分で終了。ああ私はこの30分のために休暇を取ったのSdsc00027_13かと思うと「?」になります。

 ←の カールおじさんが、なんか変だなぁと思っていたら、麦わら帽子が飛んでいました。社長が帽子をかぶせているところでした。

 その後ダウンタウンに車を飛ばして、明日のツーリズム大学の講師の方々と夕食。そして、レジュメの訂正作業。

 こうして、夜は更けてゆくのでありました・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陶芸クラブ例会日だったのに

6月28日(木)Sdsc00022_7

 私がクラブのアトリエの鍵を開けたのに、何も作らなかったのでした。

 理由は、目の前の田んぼにサギ類が10羽近く遊んでいたこと。それで、土手のウォーキングになってしまったのでSdsc00029_5 した。

 そうしたら、頭上を←の鳥が旋回して優雅に飛んでいました、ワシタカの仲間に思えるのですが、わかりません。

 ご教示下さいませ。Sdsc00034_2

 陶芸クラブに行って、野鳥の撮影ばかりしていたわけではなくて、素焼きの準備をして、窯詰めをしました。

 ⇒の画像だけではわからないかもしれませんが、かなり入っています。

 本焼きの1.5回分の量はあるでしょう。素晴らしいです。

Sdsc00036_9  ←はチュウサギさんですが、変な後ろ姿になっているのが「笑える」というか「変」です。

 政所の西側の田んぼに居たアオサギは、太陽のほうに向かって翼を“小さい前ならい”をして、日光浴をしていました。

Sdsc00042_3  今日は、ほぼ徹夜仕事。

 無理のキク年齢ではないです。

 明日は、原稿の締切日で書かなきゃならないし、市内のギャラリーにも行かなきゃならない・・・・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 28, 2007

「尚歯」とは・・・・

Sdsc00026_11 6月27日(水)

 私の恩師であり郷土史家の先生のところに行ってきました。そこの事務所で秋月悌次郎にまつわる資料を見せていただきました。「尚歯会記」・・・・

Sdsc00027_12  「尚歯」とは・・・・中国の唐の時代、詩人白楽天が4人の翁を招き管弦・飲食の宴を催し長寿者の健康を祝って行われた「尚歯之会」に由来し、「尚」は尊ぶ・敬うを意味し、「歯」はよわい(齢)を意味しています。つまり「尚歯」とは「敬老」を意味するものです。敬老会のルーツのような言葉です。
 また、江戸時代末期には蘭学者の渡辺華山や高野長英を中心に結成されたグループが「尚歯会」を名乗っていました。この会は高齢の隠者・賢者と、それを慕うものが集まり、高齢になっても学問を重ねSdsc00031_6 ていこうという会合でした。←これは、言葉どおりのそんな穏健な雰囲気のみではないようです。

 これだもんね、言葉一つでも調べてみると面白い。

 今日は、今週末の東北ツーリズム大学の準備でウロウロ。途中Sdsc00033_6で役場や本屋さんに行ったり・・・・。

 ←は、某先生のお散歩風景を、無許可で撮影させていただきました。車窓から、安易に撮影してしまって、ごめんなさい。

 明日もバタバタウロウロかなぁ・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2007

隠れていても・・・・

Sdsc00018_10 6月26日(火)

 まぁ、珍では無いけれど、蕎麦畑の中にいるキジを発見しました。

 今日は、使命と用事があって喜多方方面へ・・・・。

Sdsc00012_14  楽篆工房に大事な用事があったので、原稿を受け取りと写真撮影に行ってきました。

 楽篆工房はお客さんがたくさんいらっしゃって、テンテコマイでした。

Sdsc00017_9  工房を背にして右手には、このようなたたずまいがあったのです。

 先生は多忙なのにもかかわらず、静かな雰囲気のまま、時間は過ぎていったのでした。

Sdsc00020_10 喜多方ラーメンの一人昼食後、坂本分校へ。

 分校がリニューアル、「里山のアトリエ」となってそこで制作した彫塑を公募展に出品して「入選」となったO.さんのお祝いに行きました。

↑は、気多見宮跨線橋より撮影。Sdsc00025_8

 ゴイサギさんもいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2007

天栄村に行って来ました

6月25日(月)Sdsc00002_17

 今日は午前8時発、天栄村行きでした。⇒は途中にいたアオサギ?号、10羽ぐらい見かけました。

 途中左手に、とても気になる建造物を発見しました。

 Sdsc00008_18 画像にはありませんが、二棟を空中回廊よろしく繋いで、かつオブジェらしきものの影が見えます。こういう時には、迷わずに寄らなければなりません。

 玄関前で草むしりをやっている方に、「こちらはギャラりーですか?」とお聞きして、ついでに名刺交換までして、内部を見学させていただきました。Sdsc00014_19

 茶室や舞台までありました。一幅の軸のような窓があったり、ただならぬ設計 の建造物でした。さて、何でしょうか?

 昼食場所であった⇒の「幡谷自然農園」もステキでした。

Sdsc00015_12  ロケーションがよいです。そういうところは風水学でも良いような気がします。

 ←内部から撮影した外の景色です。土間というのも興味深かったです。

この場所は、「何もしない体験」の場所に適しているかもしれません。Sdsc00018_9例えば、ずっと風の渡る音を聴いてみたり、板の間で横になりジッとしているとか・・・・。

 こちらでは、天然酵母を使ったパンをいただきました。パンの奥深さを思い知らされながら、たくさん食べてしまいました。ご馳走様でした。

 「このようなパンを焼ける様になるまでに10数年かかりました。」、と静かにおっしゃった奥様の言葉が印象的でした。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 24, 2007

朝焼けと夕焼けのはざまで・・・・

6月24日(日) Dsc00342

 起床したら、あっと驚く・・・・朝焼けでした。

 今朝は午前6時から、2号水路の草刈りでした。約30分で終了。その後の帰路、途中でドジョウとりをやっている方と遭遇。

Sdsc00012_13  午前中の記憶に残っているのは、首都圏にお住まいで「田舎暮らし」を考えている方々と、サクランボ刈りに行ったことです。

 サクランボの味が違うな、と思ったら3種類のサクランボの木があったとのこと、あたりマエダ。

Sdsc00025_7  ⇒はチュウサギです。

 今、思い出しました。サクランボに行く前に、JAの野菜直売所に行きました。

 そこから、酒屋さんに行って、不動産物件を見学。

Sdsc00028_13    お昼は、農家(雑穀)レストラン「粟の里(あわのさと)」

 夕刻から「刻字教室」例会日。

 すんごい夕焼けを眺めながらの刻字教室例会日となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2007

軍靴の響きはダイエット

6月23日(Sdsc00002_16

 外国の軍隊式のダイエット法がブームらしいのです。お値段は約100$?。

 歴史は繰り返すという時に、同じ顔をして相手はやってこないものです。「改革」や「美しい」などと、抵抗ない言葉で忍び寄って来るものだと心したほうがよろしいのでは?

 ジエ~タイに入隊した若者に、「なぜ、入隊したのか?」と問うたら、「“自分”を変えられるかも知れない、と思ったから・・・・」という答えに驚きました。

 軍隊式ダイエットなら、「今度こそ体重が減るかも知れない!」というのに共通するものがありはしないでしょうか?

 ハードルが低くなっていることは確実、健康の仮面をつけて軍靴の響きが迫ってくる。というのは、私の思い過ごしでしょうか?

Sdsc00004_11

首都圏の皆さんと、町内を歩きました。

 ←は市民農園Sdsc00006_13

 ありのままの我が町を見ていただくつもりです。

 嘉永四年(1851年)、吉田松陰が宿泊したという、心清水八幡神社も訪ねました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝から陶芸教室?

6月22日(金)Sdsc00001_31

 朝9時から正午まで、町公民館主催の「陶芸教室」でした。

 その画像が無くて、野鳥の画像というのが「?」

Sdsc00009_15 ←は、ご存知のように「ゴイサギ」、ただ手前の毛色の違うのは、成鳥に近いゴイサギの幼鳥でしょうか?

 公民館陶芸教室は、約10名の参加者でした。

 大きなピザ用の皿や、キャンドルスタンド、オシボリ置、etc.様々でした。Sdsc00014_18

 午後2時30分に、隣県T.市の方々やく20名が農家民宿見学ということで来宅。

 そのSdsc00019_13後、坂本分校に案内させていただきました。

  分校内のアトリエでコーヒーをいただいて、カレーのラマへ行ったのでした。

 慌ただしく、睡眠不足で眠い一日でありました・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2007

隠れているつもりでも・・・・

6月21日(木)Sdsc00019_12

 今朝は、久しぶりに野鳥巡回をしてから「陶芸クラブ」例会に向かったのでした。

 それも、自然志向の若い衆が、「最近アマサギが出没していますよ!」なんて情報を持ってくるものだから、気になSdsc00023_8 っているのです。

 クラブの会員の方も、クラブアトリエの最寄のコンビニ北側にアマサギ居ましたよ、なんて情報を下さったので、さらに気になります・・・・。

Dsc00028_3

 その陶芸クラブに、坂本分校ではチョ~有名犬の「ゴンちゃん」が来訪。

 クラブ員の方々は、本日も約10名の参加。

 みなさん熱心に黙々と作品製作に励んでおられました。

Sdsc00034_1  レリーフ皿を何枚も作っていた方もいらっしゃったのに、私は←の一個だけでした。

 「さて、何でしょうか?」

 これは、土笛(縄文風)です。笛というからには音がSdsc00016_12出ます。ケッコウ高い音がでて、音色も良かったので、まあ合格点としましょう。

 ゴイサギの頭上を飛び去るチュウサギ⇒

 夕方、小雨の中を草刈り居機のカリナちゃんで、庭の芝Sdsc00341 を刈りました。なんか、毎日草刈り機のエンジンをかけているなぁ・・・・。

 薬局さんが閉店となりまして、お菓子屋さんになりました。でも、こんなお薬風のお菓子が売られていました。

 左はしの「ビンカン」の効能は、「恋愛疲労などの場合の愛情補給」・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2007

午前中は草刈りなちゃん

6月20日(水)S_dsc00032

 一応、⇒チュウサギから今日の画像はスタートしますが、これは野鳥の着地時の姿を写したものに過ぎません。

 ところが、今日は今までにはない写真が撮れたような気がしました。

Sdsc00037_4  それが←です。

 なんか、詩情を感じる、というのか、なんか違うように思うのです。

 気のせいかな?Sdsc00007_12

 午前中は、草刈りやって分校に行ったことしか思い出せない、というのはアブ ナイことかも知れません。

 一日中サギ類を撮影していたワケでもあるまいし・・・・。

Sdsc00013_14  かといって、只見線を追っかけていたわけでもなく・・・・・。

 陶芸人らしきことはといえば、彫刻家の方からお預かりしたテラコッタ粘土が使いづらいから調整してくれ、とのご要望があったので、捏ね上げました。

 それから、自分の作品一部をセンターから我が窯小屋に運びました。Sdsc00001_30 Sdsc00036_8

 まあ、最後もゴイサギとチュウサギ題は「三者(サギ)三様」ということになります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 19, 2007

リクエストにお応えして・・・・

6月19日(火)Sdsc00001_28

 朝は窯小屋南側の草刈りと芝刈り、お供は当然ながらピンクの草刈り機カリナちゃん。

 その後、窯小屋東に玉ねぎをぶら下げるということで、何て言うんだかぶら下げる場所を設営。

Sdsc00005_15  今日のタイトルは、「今年は、田んぼの写真が無いよ、楽しみにしているのに・・・・」というありがたいお言葉があったので、そのリクエストにお応えしましょう。

 三島町へ、我が家の大トマト4つを持参後、桐材の木っ端をいただきまして、久しぶりの柳津町軽井沢へSdsc00010_11

 何十回も通った道(林道)なので、慣れた道ではありますが、舗装が進んでい たり、岩が転がっていたりと、想定内の事象はあるわけです。

 想定内とはいえ、消えていく田んぼの枚数は驚くべきというか悲しくなります。こうして、我が国の地方から田んぼが消え村が消えて行くのDsc00014_1でしょう。

  「美しい国」なんて言葉のむなしさよ。

 帰路、ちょこっと坂本分校に立ち寄ったら、ロクロで作った作品、どうやって取り上げて仕上げにうつるの?なんて急にたずねられて、急遽陶芸教室に・・・・。

Sdsc00020_9  今日もSdsc00017_8 アオサギはノンキに飛んでいました。

 ゴイサギは3羽、幼鳥もいました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 18, 2007

サギの日?

6月18日(月)Sdsc00021_6

 今日は陶芸クラブ例会日

 私も何か作ろうかと思ったけれど、なんかノリが悪い。少々飲みすぎたせいかな?こういうときは、ワシに陶芸を手ほどきしてくださった師匠の言葉を思い出します。

Sdsc00023a  「どうも気分がノラないと思った時は、やるな!」

 ということで、

 近くの土手を散歩したり、シエスタ(午睡)なんかもしてしまいました。 Sdsc00026a

 あっ、でもクラブアトリエで乾燥済みの作品群を、自宅窯小屋までコンテナ一 つ運びました。これが、今日の「陶芸人」らしき仕事。それから、車検関係のゴチャゴチャで市内まで行くことに・・・・。

 途中の踏み切りで警報機が鳴ったので、どんな列車が来るのか、と思ったらSdsc00024_5 なんとまぁ、野口英世親子でした。

 今夜は、緑のエビスですな・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飯豊山の日?

6月17日(Sdsc00005_14

 早朝より「村の仕事」があったのですが、それは「我らOOO区民」ブログに譲ることとします。

 今日は、飯豊山が美しい一日でした。一日中美しい姿を見せるのは珍しいかもしれません。

Sdsc00007_11  お昼前、こんなに気持ちのいい日は、飯豊山を見に行こう、ということで男3人で山を見に行きました。が、途中こんな獣道(けものみち)を行ったのに山は見えない、徒労のような感じでした。

 何をやっているんだ・・・・Sdsc00010_9ワシらは・・・・。  

 でも、途中でかなりいいスポットを発見!

 飯豊山を眺める場所、写真を撮れる場所というのは、実はあまり無いのです。

Sdsc00009_14 ←こんなに美しく山林をキープしている「林業家」のお仕事を見つけました。

 いい風景の撮影ポイントは、絵描きの方かカメラマンの方のおすすめの場所は「大当たり」の確率が高いです。

Sdsc00016_11  もっとも、自分で苦労して偶然発見した時の喜びは、もぉ天にも昇るような幸せ感にひたることが出来ます。

 ああ、歳を経るごとにますます魅力を増すように感ずる飯豊連峰よ・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2007

アメシロには参った・・・・

6月16日(Sdsc00002_15

 ゴイサギかなぁ?

 今日は、一日中ロクロを回し、お昼前後に草刈り機を持参して「坂本分校」周辺の草刈り、という予定でした。

 ところが、明日はアメシロ消毒という村役員の仕事がありまして、その準備のために午前9時集合!

 ところが、消毒機械のエンジンがかからないのです。これでは、明日早朝からの仕事になりません。これだけで今日一日が終わったような感じでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2007

飛んでる鳥を撮るのは難!

6月15日(金)Sdsc00027_9

 「難!」と言ってらんないのですが、飛んでる鳥をアップで撮影するのはなかなか難しい・・・・

 今朝は午前9時半から村役員の仕事で「減反確認」でした。これが、あまりお役に立てない「村役員」で申し訳なかったでSdsc00003_17す。

  昼食後は、坂下陶芸クラブへ直行!

 今日は、窯を開ける日でした。←をご覧下さいませ。ユニークな作品群が窯から現れ出でましました。Sdsc00015_11

 その後は、草刈り機をのせて高寺地区に行ったら、車の後輪が脱輪して少々 タイヘンなことになりました。

 高寺地区には、ビオトープがありまして、イトトンボがいました。

Sdsc00022_6  そこから、「坂本分校」へ。

 私も参加して定植したトウモロコシと枝豆(酒の友)が大きく成長していたのはうれしかったなぁ・・・・。Sdsc00002_14

 坂本で草刈りをして来ました。

 なんか、慌ただしい一日だったなぁ・・・・チュウサギ⇒

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 14, 2007

草刈り⇒陶芸

6月14日(木)Sdsc00012_11

 ⇒の画像を見て、すぐにわかった方は、かなりのサギ通かと思われます。

 陶芸クラブの東方です。

Sdsc00016_10  今朝は、草刈り機のカリナちゃんが出動して、芝生と窯小屋南側の畦畔の草刈りをしました。

 その後、陶芸クラブに行ってビールコップの高台削りをしました。さらに30個くらい作りたいものです。

Sdsc00014_17  今日のクラブは、9名の参加でした。ロクロはフル回転で各人がそれぞれ作ったり削ったりしていました。

 立派な陶芸クラブで、すばらしい景観だな、と思います。

 窯の温度は、300℃ぐらいでした。まだまだ開けることは出来ません。

Sdsc00013_13  昨日、「電動ロクロと粘土所望!」という電話がありまして、今日我が家のアトリエから坂本分校に運びました。

 ますます進化する、坂本分校です。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 13, 2007

ほぼ徹夜の窯焚き

6月13日(水)Sdsc00001_27

 実は、昨夜からほぼ徹夜で一人窯焚きをしていました。

終了したのは、本日の正午。⇒の画像は、本日の日の出です。磐梯山も写っています。

Sdsc00002_13  ビール飲みながら、テレビを見たり週刊誌の参議院選挙の予想記事などを読んだりしていました。

 夜が明けて、ヘロヘロの状態なのに、なぜかビールコップを作る気分になったので、←作りました。

Sdsc00009_13  なんと、薬局さんの店舗が「お菓子スーパー」に変身していました。

 なんと手早いお仕事でしょう・・・・・

 このテナントビルには、4つの業者が入っていますが、ナンかミョ~な外装のビルになってきたような・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2007

ハルナとカリナ

Dsc00334_1 6月12日(火)

 朝、なぜか「ふるさと回帰」の帽子をかぶって、ミニ耕耘機ハルナと共に畑を耕しました。

 その後、草刈り機カリナで芝生を刈りました。

Sdsc00005_13  お山のような仕事一山が今日の午後片付きました。

 めでたしめでたし・・・・。

 チュウサギもお出まし・・・・Sdsc00006_12

 実は、今夜も一山の「大仕事」があるのです。

 さて、その内容は?

 明日のこのページで・・・・つづくSwagyunoshinsa_1

追伸・・・・夕方、農業高校に進学した某君が「和牛の審査」というファイルを手にして、訪ねてきました。初めて目にした図と用語だったので、スキャンさせて いただきました。

 高校に進学して3ヶ月しか経っていないけれど、なんかオトナっぽくなったなぁ、と思いました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 11, 2007

草刈り三昧!!!

6月11日(月)Sdsc00002_12

 草刈り機の“カリナちゃん”を車に乗せて、陶芸クラブへ。

 ロクロを回すはずが、クラブアトリエ周辺の草刈りとなってしまったのでした。ついでに公衆トイレの周辺まで・・・・・

その後、坂本分校へ直行!

Sdsc00003_16  坂本分校でも周辺の草刈り、裏手に手ごわい草の山があってタイヘン・・・・。

 そこに、訪問客がありましたので、草刈り機のエンジンを停止。

 相手の方曰く「すみません、陶芸人さんでいらっしゃいますか?」

 なんと、ネット上では知り合いだった会津の若手陶芸家の方でありました。初対面なのに、初対面とは思えないというこの不思議。ネットの長所だと思います。

 アーティストのI.さん・O.さんを紹介。平均年齢にすると40歳に近い男4人で大いに焼き物やアート談義で盛り上がったのでした。

 話が面白い女性は多いけれど、男4人であれだけ盛り上がるのは珍しい。   

 女、男に関係なく、生きることに真摯で、話題が面白い人と知り合いになれるのは幸せなことです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 10, 2007

午前5時15分の受付

6月10日(Sdsc00007_10

 5時15分から、中学校の環境整備?っていうのか、草刈りでした。

 その後、K.市からの来客がありました。

 それから、本日は「会津工人まつり」へGO!駐車場が殆ど一杯ということで、初めSdsc00008_17てシャトルバスに乗って会場へ行きました。

 右上の画像は、工人まつりの会場風景。その中で箸屋さんを発見しました。

 箸を作っていたのは「めしもり山工房」、漆器の産地である会津地方で漆塗りを学んだ若者たちの集Sdsc00009_12団なのだそうです。東京・銀座の「夏野」というお店を思い出しました。

 右の作品に今年も出会えました。まあ、今年も素晴らしい。

 さらに妖精たちが進化しています。奥会津にある「妖精の町」にお住まいの作家の方です。

Sdsc00012_10  工人まつりでは、手仕事の作品を何も買わずに「山菜の天ぷら」を買いました。

 帰路、食品衛生法上迷惑がかかるかもしれませんので、名は伏せますが、某カレー店に持ち込みまして、スペシャル山菜カレーとなったのでした。Sdsc00013_11

 天ぷら・・・・藤の花・ウド・よもぎ・三つ葉・人参の葉・アスパラ・カボチャ・こごみ。

 本当に小さい子猫がいました。なんで、こんなところに?といったところにいました。小雨が降る中・・・・

Sdsc00018_8  夕方、村役員の仕事で、各戸配布物。その後、村入り口の公園周辺の草刈りをしました。

 夜は、「刻字教室」の例会日でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2007

東京滞在3時間

6月9日(土)Sdsc00017_7

 今朝は5時半起床。東京出張の日。

 花の東京へ日帰りです。

 列車の時間がギリギリなのに、途中でチュウサギ発見。

Dsc00018_1 ←は、アマサギのような気がするのですが・・・・自信がありません。

 東京出張の内容は、「田舎暮らしセミナー」というところでのプレゼンなのでした。与えられた時間は20分以内。

Sdsc00330  磐越西線と東北新幹線を乗り継いで約3時間で花の東京。

 与えられた20分間で、オラホの町の様子や取り組みを紹介するのですが、これがなかなかタイヘン。

Sdsc00331  私の町を知らない方々に、どう印象づけるのか?

 丁寧に優等生的に紹介してしまうのではなく、何となく町の様子がわかるようなのだけれど、面白そうなのだけれどモヤモヤしている。一度行って自分の目で見てみたいな、と感じていただけるような紹介は出来ないものだろうか?

Sdsc00333  なんてゴチャゴチャ考えても、練習をしてみても私のプレゼンですから、それなりにしかならないのです。

 帰路、銀座の陸羽茶荘に立ち寄って来ました。以前からこちらの前を通るたびに気になっていたお店です。

 台湾の烏龍(ウーロン)茶をお店でいただきまして、鉄観音とプーアールの茶葉を買い求めて来ました

 昼食を取るヒマも無く、東京駅へ急行。

 東京まで3時間、東京滞在3時間という私の「出張」は、こうして無事終了したのです、たぶん。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅人の喜び・・・・

6月8日(金)Sdsc00328

 今朝は、草刈り機の「カリナちゃん」とお仕事。

 ほんの30分程度の仕事のはずが、あちらこちらの雑草が目に付いて、結局家の周りぐるりと一周ツアーになってしまいました。

Sdsc00005_12  正午は町役場集合。

 町のグリーン・ツーリズム関係のお仕事で、町内の農家4箇所を取材?ということで行って来ました。

 ←はテッセン(鉄線)、つるが鉄線のように強いと言うことが命名の由来とか。Sdsc00013_10

 ちなみに花言葉は「旅人の喜び」だそうです。

 ⇒は、町内のさくらんぼ屋さん。だいぶ色づきました。

 6月中旬から最盛期とのこと。

Sdsc00012_9  さくらんぼは、値段もいいけれど味もいいのです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2007

徹夜のお仕事の中身は「?」

6月7日(木)Sdsc00003_15

 ⇒はチュウサギ、ゴイサギも居ましたが割愛。

 徹夜してしまいました。

 どこの高校かは伏せさせていただきます。ご迷惑がかかるといけませんので・・・・・

 Sdsc00006_11 ある高校で、今日の3・4校時に授業をして来ました。その準備を昨夜から始めていたら、夜が明けてしまいました。授業2時間の準備がいかにタイヘンかは、やってみないとわからないものです。

 でも、今日実施済みの授業が、徹夜までして準備した充実した内容であったか?といわれれば、これは恥ずかしいことこの上ないわけです。授業をやる側の心構えとして、真摯に向き合うのは基本ですが、それは各個人の限界もあります。 Sdsc00009_11

 昨年同様、「私でなくて、別な方にやっていただくべきだ」と後悔するのみです・・・・・。生徒さんらにも申し訳ないです。ヘンテコな話(授業)だったのに、ご清聴ありがとうございました。

 その後、JR只見線を撮影しながら坂本分校に向かったのでした。分校にじっとしているわけにはいきません。今日は 「陶芸クラブ」例会日なのです。

 Sdsc00019_11 クラブは、K.さんがいらっしゃって、作業をしていました。

 今日はすみませんでした、到着が遅れてしまって。

 

 今夜は眠すぎるので、失礼します。

Sdsc00014_16

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ファイアーエコロジーの世界?

6月6日(水) 晴のち雷雨Sdsc00003_14

 ⇒の画像の中からアオサギを探そう・・・・・

 三島町に行く途中の景色です。

 今日は午前8時に三島町の美坂高原に集合の日です。

  カノヤキ(Sdsc00001_25焼畑)をやるために、下草刈りをするのです。

 いよいよ活動開始です。

ファイアーエコロジーとは?

 焼畑は、誤解から地球の環境破壊につながると思っている人が多い。そうではなく、古来から培ってきたこの伝統的農法は、地球環境にやさしい循環の思想の上に成り立った、Sdsc00005_11極めて合理的なエコ活動なのである。とのこと・・・・

 下草刈りをして、草を乾燥させて燃えやすくするのが今日の作業。プロのオッちゃんらはチェーンソー持参。

 来春は、小躍りするほど大量にワラビが取れると予想されSdsc00010_8ます。

 私は、草刈り機で下草を刈っただけだけれど、この様な作業に参加できたのがありがたいです。
火が入るのは来月上旬の予定。

 環境・エコロジー・ロハスetc.それらの礎となる哲学がカノヤキ(焼畑)にあるように思います。Sdsc00014_15

 三島町のカノヤキ組に参加することで、世の中の見方が変わる、と思うのです。

 昼食は「ラマ」、その後坂本分校の周辺の草刈りをしてきました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 05, 2007

山積山積片付かない・・・・・

6月5日(火)Sdsc00033_4

 ゴイサギやアオサギはそこいらじゅ~で見かけるような今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。アマサギは見かけないな・・・・。

 朝、鉢植えの花を飾る格子の枠みたいなもんを小屋の軒下に取り付けてから、ダウンタウンの事務所へ向かいました。

 Sdsc00037_3 嗚呼、仕事が山積、遅々として進まないのは何故?

 午後はすがいで遅い昼食(ラーメン)。そこから楽篆工房志ぐれ亭

 抹茶碗をお届けしました。ありがたいことです。

 飯茶碗とビールコップの注文もあります。

 来週から、飯茶碗とビールコップのみ作ることにしましょうか・・・・。

 @@@明日の予告@@@

「ファイアーエコロジーの世界」・・・明日の早朝、三島町で一体何のことでしょうか? 詳しくは明日・・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

シエスタ日和・・・・

6月4日(月)Sdsc00004_10

 シエスタとうのは午睡(ごすい)です。シエスタというとギリシャを思い出します。

 右の画像は皆さんご存知のようにゴイサギ。 

Sdsc00026_9  ←はアオサギですが、何をしているのでしょう?変な格好をしていました。日光浴(翼?)でしょうか。

 午前中は「陶芸クラブ」例会。お昼はラーメン長八withM.氏。

 Sdsc00029_4 外は暑い一日でしたが、陶芸クラブの午後は人気も無くなり、ついウトウトしてしまいました。

 心地よい風の渡る、すばらしきシエスタ日和・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2007

14時間の攻防か・・・・

6月3日(Sdsc00001_24  晴

 朝6時より、クリーン作戦というのがありまして、往復2㌔の道のりをゴミ拾いをしながら歩いたのでした。

 その後、少し花いっぱい運動の手伝いをしたら朝食。

 午前8時からは、地区対抗ソフトボール大会 。私は補欠なので気は楽なはずなのに、疲れました。

Sdsc00011_14  昼食は、自宅で納豆に「石ラー」(石垣島ラー油)。TV番組の「何鑑」を見ていたら眠くなってしまいまして、少々仮眠。

 再びソフトボール大会応援。その後、坂本分校へちょっと・・・・。

Sdsc00008_16  今日も⇒のチュウサギやゴイサギを見かけました。

 午後5時からは区公会堂にてソフトボール大会の反省会。終了したのが午後8時。

 こうして、今日も一日が終わりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

分校は大賑わいわい・・・・

6月2日(土)Sdsc00004_9

 午前6時に「草刈り」に出撃しろとの命令が・・・・村役員は行かねばならぬ・・・・

 ところが私が直接関係しない団体の方々の「草刈り」であって、私はSdsc00010_6部外者でした。

 酒米「亀の尾」の田植えが、坂本地区でありました。

 Sdsc00027_7坂本分校が集合場所というのか昼食場所となっていまして、いつもは静かな分校が、人も車もたくさんで、駐車出来ないくらいの大賑わい。

 私は 、田植えの風景を撮影後、坂本分校に戻りまして、分校周辺の草刈りをしました。

 レディースのピンクの草刈り機が、今日も活躍してくれました。知人Sdsc00020_8は、その草刈り機を「かりなちゃん」と命名。

  まあ、なんでもいいか・・・・。

 ←の画像は、本日のお気に入りショット。昔の農村風景のようでなかなかよろしい。

Sdsc00036_6 Sdsc00037_2 この春、初めてのチュウサギかと思われます。

 自宅に向かっている時、自宅手前約600メートル地点で撮影。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 02, 2007

土曜日の学校再開だってぇ!

6月 1日(金)Sdsc00032_6

 教育再生会議とやらは、一体どんな議論をしているのだろう。

 学力低下を騒いでいるけれど、学力の二極分化傾向が進行することによる平均値の低下が問題なのではないのだろうか?

 Sdsc00027_4 生徒と教員、学校を「競争」に追いやることばかりの話で、まったく興味がわかないのです。

 なぜ、豊かな幼児教育の充実とかの議論にならないのだろう、不思議で仕方がないです。

 再生会議の議論に対し、政府与党内でも「家族の再生を言いつつ授業時間増を言うのはつじつまが合わない」(伊吹文明文科相)との懸念の声があり・・・・、なんと大臣の意見が最も「まとも」に思えた私でありました。Sdsc00022_5

 朝から野鳥巡回をしたわけでもないのに、ゴイサギ発見。猫魔ヶ岳を背景にして優雅に飛ぶアオサギもいました。

 今日は事務所にカンズメになって、ゴチャゴチャ山積仕事をやっていましたが、午後、役場からスクランブル⇒市内へ文具を買いに・・・・

Sdsc00029_3   ああ、また一日が終わってしまった。このカンズメは明日も続くのか・・・・。

 坂本分校は、土・日も開いています。

 ホンモノの「学び」がある坂本分校です。 ←宣伝 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 01, 2007

すばラスク・こめつき

5月31日(木)S0001

 今日は、すばラスクおいしい「NASUのラスク屋さん」のラスクをいただきました。

 わざわざ届けて下さって、ありがとうございました。

 その後Sdsc00017_6、こめつきに行って来ました。30キロ一袋。

 米糠(こめぬか)も持参して来ました。

 この米糠を何に使うかというと、サトイモ畑肥料としてまくと、よく育つのだそうです。

 米糠こそ、栄養分がたくさん含まれているようですから、食したいけれども、無農薬の出来るだけ安全な米糠でないと、気がすすみません・・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »