« 凛として生きる「まる」 | Main | 仏都会津の地域力 »

July 28, 2007

町の陶芸教室

7月27日(金) 晴Sdsc00007

 今日は、暑い一日となりました。

 素焼きを終えた窯を開けました。この作品群を、今日は町のセンターに運ばなければなりません。

 Sdsc00011 「陶芸クラブ」ではなくて、町公民館主催の「陶芸教室」に参加した方々の作品に絵付けをする日なのです。

 ←が、その様子です。

このぐらいの人数がよろしいようです。楽しい絵Sdsc00014が描かれていたようです。絵無しで、釉薬を指先で飛ばしている人もいました。

 その後、皆さんの絵付け終了の作品を、自宅に再びました。それから、役場と〒局に行って、西若松駅に行ってきSdsc00015 ました。

 西若松駅が大きく美しくなったのには驚きました。

 古い駅舎が思い出せなかったのですが、昔の風景が懐かしいような気もしました。Snonchan

 F.銀行に寄って、ようやっと帰宅。

 ⇒は、誰が何といっても「うちわ」

 中学2年生の男の子が持っていたというのがポイント。

 「このうちわ、貸すから、“行ってきっせぇ~”」、と言われてもなぁ・・・・・。

|

« 凛として生きる「まる」 | Main | 仏都会津の地域力 »

Comments

美し過ぎるサギは詐欺っぽいね。
稲の青にも染まず漂う悲しさは、やっぱり詐欺、もとい、サギ。

Posted by: 奥分 | July 28, 2007 02:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 町の陶芸教室:

« 凛として生きる「まる」 | Main | 仏都会津の地域力 »