« ビールはロハスそのもの | Main | LOHASを会津弁で何と言う? »

September 19, 2007

黄金色に輝く

9月18日(火) その2Sdsc00003

 事務所に向かう途中、幸橋のたもとにユラユラちょっと怖い案山子を発見しました。

 日々進化を遂げる「里山のアトリエ・坂本分校」に、なんか久しぶりDsc00007のような感じで訪問。

  偶然、O.さんがいらっしゃって良かった。ビールの本をお貸ししようと思っていたのです。

 分校は、「ものつくりの場」になればいいな、と思うのです。

 ついでに、その分校の近くのI.村に行って来ました。ここは、蕎麦の花が咲き乱れていました。Sdsc00010 

 黄金色の田んぼも、今が見ごろでしょうか。

 会津盆地の上空から見たら、さぞや美しいことでしょう。

Sdsc00018_2

|

« ビールはロハスそのもの | Main | LOHASを会津弁で何と言う? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黄金色に輝く:

« ビールはロハスそのもの | Main | LOHASを会津弁で何と言う? »