« September 2007 | Main | November 2007 »

October 31, 2007

北田の唐箕

10月31日(水)Sdsc00004

 ⇒は唐箕(とうみ)です。

 唐箕とは?・・・・唐箕は風力を利用して、チリと穀物を選別する農具です。わが国では江戸時代初めごろ中国より伝来したものと思われます。『会津農書』(1684年)には唐箕使用の記録があり、会津地方で使用されていたことがわかります。 Sdsc00005

 小屋の奥から窯小屋の北側にお出まし。もお、大活躍。

 ちなみに大正15年製というのが素晴らしい。

 菅井きんさSdsc00003 んと同い年の我が家の唐箕。

 今日も只見線SL試運転の日。煙が出ない、トホホ・・・・。

 お昼頃は、市内の車屋さんに夏タイヤ代金の支払い。すぐに冬タイヤも買わなきゃならない。Sdsc00006

 午後は、町民体育館へ、刻字教室の展示設営&搬入。

 明日から町の文化祭が始まります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2007

“会津における二地域居住”

10月30日(火)Sdscf3843

 午後1時半から「プレゼン&パネリスト」のお仕事?で、 今日の午後は終わってしまい ました。

 この様な「お仕事」は、何回やっても「これでいいのだ!」というバカボンのパ パのような心境には程遠く、悔いるこSdsc00002とのみです。

 しかしまあ、このプレゼンの為に、どれだけの時間を費やしたことでしょう。

 「それだけの時間をかけて今日のあれかよっ!」と言われても仕方がありませんが、それでしか誠意を表すことが出来ないというのが悲しい・・・・。

 明日からは町の文化祭の準備です。

 只見線をSLも往復します。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

自分が「ぐるり」

10月29日(月)

 朝一で事務所に来て、明日のプレゼンの一式(予備も一式Sdsc00001とワイド4ツの写真を持参して、一路市内へ・・・・。

 途中B一中に寄贈写真を届けて、市内の合庁へ、なんと庁舎で四軒隣のS.さんに偶然会いました。

 そこから、オートバックス⇒NTTドコモ⇒「陶芸クラブ」例会日。文化祭の準備のお話。今日の出席者は10名でした。

 お昼は「長八」、NHKでは証人喚問が始まっていました。帰宅しても証人喚問を見てしまいました。

 夕方、村役員の仕事で各戸配布。

 その後、米代金の支払い。

 毎日「小さい秋」を発見します。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2007

窯番とJR只見線と刻字

10月28日(Sdsc00043

 今日は「陶芸グラブ」の本焼日でした。

 朝から「窯番」です。

 途中から、窯の留守番をお願いして、「蘭と万年青展」をSdscf3841 町民体育館に見に行きました。

 JR只見線の撮影にも行って来ました。

 昨日は雨だったのに、今日はいい天気でした。列車に乗っていた方も気持ちのいい旅になったことでしょう。

 夕方からは「刻字教室」Sdsc00046 ・・・・

 ところが、「窯番」もあったので、刻字教室と窯の行ったり来たりで落ち着かないこと甚だしい・・・・。

 無事に窯番は午前0時15分終了!

 その後、火曜日のプレゼンの準備、こうして夜は更けてゆくのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2007

磐西・只見ぐるり一周

10月27日(土)雨Sdsc00026

 ゆっくり新聞を読んでいたら、「今日は“ぐるり”の日だ!」ということで、塩川駅に行きました。

 すると、THTのS.さんがいらっしゃいました。お互いややSdsc00013 びっくり?

 その後、自宅に戻り、車に米とワラを乗せて再び出発。

 会津川口まで行ってきました。「こぶし館」にて昼食、高遠蕎麦を食す。Sdsc00037

 その後、三島町へ行って 陶器を四点納品。町内2ヶ所で「緑茶」の茶葉をいただきました。それも大量に・・・・。

 これがメチャクチャ嬉しいのです。しばらく緑茶に不自由しません。自分自身が「お茶づけ」になりそうです。

 ついでに、温泉にも入って来ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2007

窯からお出ましお出まし

10月26日(金)Sdsc00006

 なんと、小さいものを含めて、約200個が、窯からお出 ま しとなりました。

 ⇒は、「Sdsc00003_3みんな一緒」というカップ。

 「めげないカップ」もよしよし。

今回は、文化祭やら何やら〆切が

Sdsc00007迫っていた「生徒さんの作品群」が殆どを占 めていました。

 午前中、街中に納品2ヶ所。その後は原稿を送信(ホッと一息)。Sdsc00005

 その後、某公民館事業の作品群を納品。それから、お隣の塩川 町へ納品。Sdsc00004

 ところが、せっかく送った原稿が文字化けしていて「読解不能」との連絡が・・・・・。

 窯小屋が落成した時に記念植樹した「身不知柿」がたわわに実りました。←の画像中の柿の約3分の一くらいSdsc00010

 「陶芸」と「柿」には縁が深い、というのをご存知でしたか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

窯番と窯入れ

10月25日(木)Sdsc00043_2

 窯を冷ます作業がありまして、“冷め割れ”しない程度にゆっくり早く?冷まして、明日の午後の納品に間に合わせなきゃなりません。自然冷却がいいのですが・・・・。

 午前中は「陶芸クラブ」例会日です、釉薬がけと窯入れの作業。

 クラブの会員さんが9人もいらっしゃったので、作業は楽でした。

 Sdsc00041 今日は、鳥に出会わないなぁ、と思っていたらいました。

 自宅手前800メートルの田んぼにアオサギ1号。ノートリミングです。それにしても、もうチョイましなデジカメが欲しいです。

 でも「あるがなde、まにゃせる」(会津弁で“ロハス”)ってことで・・・・。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2007

雲一つの秋晴れ!

10月24日(水)Sdsc00036

 今日は「本焼」日です。殆ど寝ていません。

 うたた寝していたら某所から原稿の催促の電話がきました。(想定内)

 窯が800℃くらいになっていましたが、今日はJR只見線第一 橋梁が美しい予感がしたので、撮影に行ってしまいました。

 でも、窯がSdsc00033気になってトンボ帰り。

  飯豊連峰の雪もきれいでした。今日の会津盆地は、飯豊連峰の上空のみに雲一つの秋晴れでした。

 どうにか夜中に窯の火を止めることが出来ました、あとは祈るのみ。

 冷ましてから、窯を開けます。何回やっても不安とワクワク・・・・。

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 23, 2007

素焼きの準備が~っ・・・・

10月23日(火) その2Sdsc00027_2

 今日はほぼ一日中「本焼」の準備のための作業。

 釉薬掛けまたは「くすりがけ」などともいいます。素焼きを終えた作品群を窯から出して、一個一個釉薬をかけるのです。

 これが意外と時間がかかる作業なのです。丁寧にやり過ぎてSdsc00028 いるのかな?と自問したいくらい時間がかかりまして、昼食時間の30分以外ず~っと7時間作業していても終わらないのです。

 今日はお天気がいいから外にずらりと並べて作業をしようと思ったら甘かった。Sdsc00030

 風がやや強かったので、危なくってしょうがない。

 一度ダウンタウンに行く用事があったので、アオサギ1号を撮影。

 Sdsc00031 これが、アオサギには見えないくらいカッコイイ飛翔をしている様に見えるから面白い・・・・。

 ←は“分校風”陶器。釉薬は3種類を使っています。さて、どんな風に焼き上がるでしょうか?

 実用に耐えるでしょうか?試験的な作品です。

 夜中で寒いけれど、これからまた作業再開です。

 さて、何時間かかることやら・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「空ト風ニ」

10月23日(火)Kazetosorani

 昨日、「空ト風ニ」創刊準備号を手にしました。

 さっそく当ブログの「んめ~の」のところに「空ト風ニ」  (ブログ版)のリンクを貼らせていただきました。

 どれだけどんな「想い」があふれている雑誌になるのかを期待しつつ読ませていただきます。

創刊おめでとうございます!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 22, 2007

秋の一日

10月22日(月)Dsc00016

 散歩したくなる日でした。

 ⇒は陶芸クラブから見える磐梯山です。

Dsc00012  今日は、サギ1号が居たのですが、撮り逃したので別の動物で・・・・。

 陶芸クラブでは、素焼き完了したものを窯から出して、釉薬がけをしました。9人もいるので、賑やかな作業となりました。Dsc00025

 午後は、喜多方市楽篆工房へ。

 新企画商品が増えていて、今日も楽しい楽篆工房。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボーっと疲れた

10Sdsc00001_2月21日(

  朝6時から公園の草刈

 ついでに、窯小屋南側、庭の芝生なども草刈機で刈ってしまいました。

 昼前後は、THTの草刈り。場所はヒミツ。

 午後から窯詰め、一人でやると意外に時間がかかるものです。

 午後6時から村役員の会議。Dsc00485

 午後7時、窯に点火。今日の画像⇒は、窯小屋北側。午前2時半、素焼き完了。草刈と「素焼き」の窯番しかやっていないのだけれど、疲れたなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2007

教育の森へ・・・・

10月20日(土)Dsc00472
 午前中は、中学校の文化祭。

 お昼前に「教育の森」へ行ってきました。曇天ではありましたが、山は面白いです。そんな風に思うのは、歳を取ったせいかなぁ?

 Dsc00479 歩いているのが私一人というのも楽しい。

 山野草等の知識があればさらに楽しいのでしょうね。

 ←木の幹のトンネルをくぐり、立ち止まらずに歩いて約20分で「糸桜里の湯」の裏手に出ました。

 途中でお茶を立てて飲んだりして、ゆっくり1時間程度散策した後、温泉に入るというのもいいかもしれません。

 こんなにステキな散歩道があるのに、いったい町民の何割の人が知っているでしょう?是非、来春から再生させましょう、坂本分校のように・・・・・。Dsc00482

 そのためには、その森への「想い」と「アイディア」です。今から考えなければなりません。

 「陶芸クラブ」に立ち寄り、窯と粘土の子守、S.さんの粘土いい具合になっていました。

(※今日はワケありで、すべての画像が携帯で撮影したものです。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2007

桜に墨汁!

10月19日(金) 曇のち夕刻より雨

 昨日予告しましたように、今日は「陶芸クラブ」の素焼き日でした。

 午前九時点火。

 点火後はガス圧を上げて、デジタル温度計を時々見てグラフを描く、という作業があるわけです。

 ところが、近くの土手に私が関係している団体の桜の木が二本ありまDsc00471して、これが雑草うじゃうじゃタイヘンタイ状態になっていました。

 それで、草刈り機のカリナちゃんと出動。窯焚きと草刈りのパラレル作業

 ところが、勢い余って桜の木に少し傷をつけてしまい、申し訳ないことをしたと反省・・・・。

 このようなときには、桜の木は山野草ではありませんが、山野に生えているので山野草Sdsc00002のM.さんに電話してみました。

  すると、桜の木の傷には応急処置ではあるけれど、傷口に墨汁を塗るように、という指示を受けました。陶芸クラブには、墨汁も筆もあるのでOK。ついでに肥料やら管理方法まで教えていただきました。

 ↑が本日の作業後の風景です。

 散髪後のように、ミョウにさっぱりした桜の木周辺となったのでした。

 さて、画像にも写っている↑の中学校では今日から文化祭。そのPRの為でしょうか「仮装行列」がありました。その撮影にも行って来ました。

 午後は町役場に行って、村の中の防犯灯の蛍光管が消えている箇所を告げて交換をお願いしてきました。(これは村役員のお仕事)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2007

陶・鳥・農

10月18日(木)Sdsc00016

 今日は「陶芸クラブ」例会日!

 そこに向かう前に、「野鳥巡回」。でも巡回などしなくても、アオサギ5号、チュウサギ1号。いろいろいました。

 Sdsc00018 クラブの近くの川にはカモがたくさんいました。

 粘土をこねて、明日の素焼きの準備をしていたら、お昼になってしまいました。

 今日は、喫茶店のオーナー夫妻がパソコン・携帯Dsc00470・デジカメ知らぬ存ぜぬというところでカレーなる昼食をとりました。

 列車を見送り、帰宅。

 午後2時5分からTV「なんでも鑑定団」。観ながらシエスタになってしまってはいけません。

Sdsc00052  陽菜(はるな)ちゃん出動で、少し畑を耕しました。その後、カリナちゃんと出動。

 出動場所は明日発表します。もぉ、タイヘンでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2007

燃ゆる秋???

10月17日(水)Sdsc00013

 窯小屋東側の畑が、こんな光景になっています。

 なんか面白い。

Sdsc00018   お昼前後は、「粘土こんもり」の作業があったので、センターへ。

 その後、片門地区二箇所用事があったので、DVD持参で行きました。Sdsc00019_2

 村の西側の農道を行ったら、農機具小屋があって←を撮影。なぜか小屋と か、このような「絵」に魅力を感じてしまうのです。

 その後坂本分校に行って、W.さんからコーヒーをご馳走になりまして、ピアノで遊んで帰ってきました。塔寺駅で只見線の列車を追い越したので、杉で撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2007

粘土が好き!

10月16日(火)Sdsc00011

 昨日ロクロびきしたものが、今日の午後4時ごろ、ちょうど良い乾Sdsc00010き具合だったので、削りと足をつけてきました。

 粘土に触れていると時を忘れ、我ながら好きな仕事だと 実感してしまいました。

Sdsc00001 坂本分校にもチラリと行ってきました。

 サギがいつも飛び回っているあたりの田んぼで、蕎麦の収穫風景が見られました。

 今日は、中学校の「芋煮会」。全校生が宮古橋の河原に行ったそSdsc00005うです。

  ところでこの「芋煮会(いもにかい)」は、東京の人々には通じない言葉です。

 昭和村で初めて耳にした「キノコ山」というのもあります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 15, 2007

今朝の白いサギ

10月15日(月)Sdsc00028

 今朝は、燃えるゴミを出す日。

 今日は「陶芸クラブ」例会日。いろいろ予定があるというのに、白いチュウサギが居たので撮影しなければなりません。Sdsc00031

  人の都合など全く考慮しないで飛び回っているのがサギの性なのです。白いサギは上品な「絵」に写ることが多いのですが、今朝のはユーモラスでOK!

 さて、昨夜は十分な睡眠を取ったのにもかかわSdsc00033らず、眠い感じ・・・・。陶芸クラブで今日作ったドーナツのような作品は、さて、何でしょう か?

 軽トラの上から、田んぼで作業中のじいちゃんとばあちゃんに手を振る女の子。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 14, 2007

山野草づくし・・・・

10月14日(Sdsc00001

 ⇒の画像から、秋晴れのほぼ無風状態がイメージできるでしょうか?

 熱気球関係者のみなさんも最高の熱気球日和となったSdsc00007 のではないでしょうか。

 今日は自宅から車で約1時間半ほどの距離にある天栄村まで行ってきました。

 天栄村の「花ごよみ」という山野草専門のお店でSdsc00010す。山野草店だと想像していたら、お店だけでなく、素晴らしいギャラリーを併設されていたので驚きました。

 野の草花を愛する気持ちが、このようなギャラリーになって展開さSdsc00025れるのかと思いました。幸せな山野草達です。

  そこから、須賀川市の山野草展、船引、と秋晴れの中結構な小旅行となってしまいました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2007

OH!芸術の秋じゃん!

10月13日(土)Sdsc00045

 里山のアトリエ坂本分校で、デッサン会が行なわれました。

 ところで、タイトルの「秋じゃん!」ですが、四半世紀も前にH.大学のO.教授と話をしていている時に私に対して、 Sdsc00044 「○○君、それ、前に言ったじゃん!」と発して、違和感というか何と言うか「わっ、はやり横浜在住の先生なんだなぁ」と思いました。

 ←も、坂本分校で制作されている作品。

 なんともかわいらしい、今にも撮影している私に気づいて逃げ出しそうな感じがするのがステキです。Sdsc00053

 昼食は、ラマカレー。その後、楽篆工房と平出竹屋さんに行ってきました。平 出さんからは、竹トンボや竹製の耳掻き、竹の菜箸までいただいてしまいました。竹馬の件で、後日お世話になる予定です。

 その後、再び坂本分校へ行って、今日も一日が過ぎ去ったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2007

「農の風景」 会津の秋

10月12日(金)Sdsc00027

 稲刈りが終わり、秋が深まりつつあるなぁと思った農の風景。

 今日は、三島町へ用事がありました。昼食も三島で天蕎Sdsc00465 麦をいただきました。

 久しぶりに温泉にも浸ってきました。

 料金は400円で、お客は私一人。これぞ贅沢。Sdsc00029

 その後、例の第一橋梁撮影へ。

 午後3時には、O.氏と待ち合わせ。

 頭痛が少々つらかったので、役場の一階O.さんのところSdsc00467 に寄った後、帰宅して休みました。

 自宅で青梗菜(チンゲンサイ)の美しさに見とれて、携帯で撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2007

今朝もサギにあいました

10月11日(木)Sdsc00017

 キツネにつままれているようなこの2~3日。

 今朝もサギにあいました。⇒

 でもこれはSdsc00019本物のアオサギです。

   陶芸クラブの例会日なのですが、久しぶりに町史編纂室に遊びに行ってきました。

 そこはオアシスであった。いついっても面白い。Sdsc00020

 陶芸クラブにいっても、何か作る気が起こらず、みなさんの邪魔をして帰宅し ました。⇒はチュウサギ。

 「何でも鑑定団」の再放送を見ながらシエスタモードに入ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2007

賛成の反対の賛成?

10月10日(水)Smenju

 右の書は、喜多方の書家(楽篆家・楽篆工房主宰)の髙橋政巳氏の作品です。

 「面授」(めんじゅ)・・・・師と弟子がまのあたりに相い対して、親しく仏法を授受すること。なお、日本曹洞宗の道元禅師は、このあり方を非常に尊重した。

 昨日の原稿ボツの件は、「是非、原稿を使わせて下さい」などという展開になって、タイヘン不愉快です。

 もっと、マジメに修行しようよ!

Sdsc00016 午前中は「陶芸教室」、子供連れの女性お二人様。二回目です。

 大物を作るお二人です。今回も素晴らしいものが完成しました。

Sdsc00017  ←は、耕運機の陽菜(はるな)ちゃんの仕事です。夕方日没近くまで、よく働いてくれました。

 ところが、作業の途中で陽菜ちゃんのご機嫌が悪くなり、グズグズ言っているのです。

 なんと、ガス欠でした。

 不満の一つもいいたくなるわな、ガソリン買って来るから待っててチョウダイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱を入れる・・・・

10月 9日(火)Sdsc00001

 ⇒は、爽やかな「坂本分校」

 午前中は、ここでロクロを回していました。久しぶりにラマカレーに行こうかと思ったら、只見線の列車が目の前を坂本駅の方Sdsc00005に行くではありませんか。

  急いで宮下方面に行かなきゃなりません。久しぶりに第一橋梁を撮影してレポートしなきゃ、という使命感がふつふつと湧いてきました。(ウソです。)Sdsc00007

 草刈りもせにゃなりません。

 人の文章に朱を入れるというのは、タイヘンなことです。ましてや文章を依頼しておきながら、「朱を入れる」なんてのは、私には出来ない芸当です。

 Sdsc00014 ある役所からの文章の依頼で、A4版2枚写真付の文章を完成原稿として提出しました。

 私は素人だから、役所の方々複数と文筆のプロのチェックを受けた後の提出という念の入れよう・・・・。

 ところが、「朱が入る」との情報が入りスクラSdsc00015ンブル!

いくら素人でも、頼んでもいないのに朱を入れられたら困る。 でも、写真のトリミングのように、明らかにトリミング後の方が良ければ、それはOKです。私だって立派な中年、文章と写真の良し悪しぐらいは判断できるつもりです。

Sdsc00009  ところが、「朱がはいる」どころか「ボツ」になっていたのです。依頼しておきながら、こんなに非礼で失礼なことは許しがたいです。納得のいく回答を文書で要求しました。

 A4一枚でいいから、24時間以内で提出することという条件です。

 何故ボツにしたのか理由を知りたいので、満足のいく回答が得られますかどうか、少し楽しみです。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 08, 2007

秋の深まり・・・・

10月 8日(月)Sdsc00014

 朝夕、涼しいどころか寒くなってきました。

 畑を耕す予定が、雨だったので中止になりました。

 午前中は陶芸クラブ例会日、でも何も作ることは出来ずじまい・・・・・。多忙なのは、よろしくないです。

Sdsc00006_2

 そんなことに関係なく、青いのも白いのもサギ類は稲刈りが終わった田んぼ上空を飛び回っていました。

Sdsc00008

 ~ガセネタ編~

チェーン店のおもちゃ屋さんがもうすぐ完全閉店するという。ところが、中学1年生の間で、「トイザらス」がオープンするらしいとの噂が広がっているのです。キリンS071007の絵は無いけれど、看板まであるんだよという。

 一応再び「看板ネタ」ということで行って見たら、←であった。

 もぉ、やってくれるよな。Sdsc00015Sdsc00010

 この看板を「トイザらス」と読んでいたのか・・・・。 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

原稿の〆切は過ぎている

10月 7日(Sdsc00006

 右は5日に撮影したものです。

 信号が赤だったので、車の窓を開けて撮影。

 おどろおどろしい国会議事堂の前に、赤信号が燈っていSdsc00001  るところがポイント。

 ←のサギを撮影してから、東京に向かい、右上の写真撮影。 その後六本木に行ったのでした。

 

 とにかく今夜は原稿書きでした。Sdsc00003_2

 原稿って深夜じゃないと書けないよなぁ、なぜか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2007

50点以下でも及第点!

Sdscf3651 10月 6日(土)

 「ふるさと回帰フェア」二日目。

 朝九時前に大手町の会場に到着。今日の私の仕事は、午後のプレゼン。

Sdscf3655  たった15分のプレゼンに命をかける!というのは冗談。地下駐車場の車の中でいろいろ構想を練ったのですが、何もいい考えは浮かばかった、トホホ・・・・。

 心がけたのは、カマキリさんのアドバイス「自分が最も感動したことを話すこと!」これ一つ。Sdscf3657

 15分間の内、三分の一の5分間を「坂本分校」に配分。結果は、自分でも50点以下の出来!

 今回もまた自己嫌悪になりそうでした。

 ところが、その私のつたないプレゼンを見ていた聴衆のSdscf3659_2 一人が、「自分の町が好きなんだなぁ・・・・・、というのが伝わってきました。」との感想を述べていたというのです。

 これは、私が意図していたことが伝わったことになります。及第点といってもいいのでは?と思ったのです。

 町のプレゼンは、お見合いの自己紹介のようなもの。

 着慣れないスーツを着て、いいとこばかり見せようとしたって、たかが知れているのです。

 いかにして普段着のまま、日常の姿を見ていただくか、が最も大事な事のように思っています。

 「これでいいのだ!」と思いたい弱気(謙虚?)な私もいるのです。

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

六本木のヤギ

10月5日(金)Sdscf3642

 閉館時間間際の国立新美術館に行って来ました。

 さて、東京六本木の美術館で私は何を見たのか?

 多様なアSdscf3638ートの試み?

 初めて目にする立体?

  なんとそこには里山のアトリエ坂本分校に、草を食みに時々ぶらりと訪れるヤギがいたのでした。Sdscf3643

 坂本分校にアトリエが出来て半年、まさにそこのアトリエから生まれた作品。

 ⇒は地下鉄の駅近くで撮影

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2007

「ベルト」着用! トホホ・・・・

10月 4日(木)  曇Sdsc00013

 今朝のA.B.警察署⇒

 今朝は意気消沈しました。誰が言ったか知りませんが、Sdsc00015「ベルト」着用になっているではありませんか。

  私のささやかな楽しみは、こうしてかき消されてしまったのでありました。

 今日は木曜日、「陶芸クラブ」例会日。私が行っSdsc00017た時にお二人が作陶中。その後3名の方がいらっしゃって、いつも の大笑いにぎやか陶芸クラブになりました。

 ⇒が今日の作品2点。クラブ員の方の発案で、腕を組んSdsc00019 でみました。

 午後は、里山のアトリエ坂本分校へ。

 芋ほりを終えたばかりのおネエさんが居ました。

 その後、市内へ行って車のタイヤ交換。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2007

「ベトル」着用 三日目

10月 3日(水)Sdsc00005  晴

 A.B.警察署は、本日も異常無し。

 (※国道側正面から撮影。)

Sdsc00009  金曜日から東京さ行くので、車のオイル交換をしてきました。目的地は大手町ですが、今、何かと話題の永田町近辺にも行きます。

 なんと、タイヤも交換しなきゃならなくなりました。←は、我が家近辺で遊んでいたオオダイサギ(たぶん)。Sdsc00012

 午前中は、「お稽古事」に行きまして、夕方は坂本分校に行きました。

 今日は、子ども達の声の無い静かな分校でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2007

「ベトル」着用 二日目

10月2日(火)Sdscf3626

 どこぞは言いませんが、A.B.警察署は今日もステキでした。(※北西方面から撮影。)

Sdscf3625  本日は、白いサギ一号一枚のみの撮影。

 河東町から、市内某新聞支局、etc.回遊。

 その後、客人と共に坂本分校へ。Sdsc00003

 ⇒は里山のアトリエ坂本分校です。

 お客様を案内して旧五十嵐家住宅にもご案内しまた。

Sdscf3627 ←はその五十嵐家から撮影した会津盆地です。

 稲刈りが真っ盛りです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 01, 2007

「ベトル」着用 一日目

10月1日(月)Sdscf3623

 やってくれますねぇ!

 どことは言いませんが、某B.警察署の屋上はすごいですよ。

 「全席全員ベトル着用」だもの・・・・。

Sdscf3622  今日は、商工会に行ったり、銀行に行ったりしているうちに午前中は終了。

 午後は、「福島空港」へと急いだのでした。慣れた道中?となってしまいました。Sdsc00015

 帰路、ハーブとスローライフの研究家・瀧田さん宅を訪問。

 短時間の滞在でしたが、貴重な助言をいただきました。ありがとうございました。

 岩瀬書店にも立ち寄ることが出来て、有意義な一日となりました。

庭泉(にわせん)という企業の「空間造景」の技に魅せられました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »