« やはり豊かだった縄文時代 | Main | いざ、出陣! »

March 17, 2008

栃餅セミナー?

3月17日(月)Sdscf5031

 会津学春季講座二日目

「山に生きる」三島町間方集落に学ぶ

 昨日に引き続き、間方集落の方々のお話を伺ったのですが、今日も「縄文」という言葉を何回か耳にしました。

Sdscf5037  5千年前の縄文時代が、まるでつい最近のことのように錯覚するくらいでした。

 ←は、栃餅。蜂蜜かけて食したのは初めてです。

 昼食後、その間方のK.さんが、「うちにお茶のみにでも来るかい。村を案内するよ。」と誘ってくださったSdscf5044ので、4人で行ってきました。

 犬があちらこちらでアクビをしていましたが(ウソです、すみません)、ご主人様と山にお供をして、クマを追い払ってくれる頼もしい犬Sdscf5046達なのだそうです。

 今日も、ここ間方地区の食生活が、いかに豊かで贅沢なものかを感じることが出来ました。

  Sdscf5049 クルミもいただきました。Sdscf5048

 ビールのツマミが裏の山から取れるというこの究極の贅沢さよ。

 栃の実のアクヌキの方法で、民俗学関係者にとっては、大収穫がありました。

|

« やはり豊かだった縄文時代 | Main | いざ、出陣! »

Comments

画像もわんこもごちそうもすばらしいねー。

あの、大島さんの植え込みで「ドーナッツ鉢」っていうのおもしろいわ~~~♪

Posted by: NOKO | March 18, 2008 11:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 栃餅セミナー?:

« やはり豊かだった縄文時代 | Main | いざ、出陣! »