« これは何という珍な雲? | Main | 草刈りと戴冠式 »

June 17, 2008

齢を重ねるごとに・・・・

6月17日(火)Sdscf6622

 齢を重ねるごとに、飯豊山が好きになりました。

 この感覚というか感情が、年々歳々強くなっているのです。いかんともし難いこの気持ち。

Sdscf6608  この飯豊連峰をある橋の上に車を駐車して撮影、草刈りボランティアに行ったのでした。

 このボランティアのいいところは、飯豊山を眺めなが ら現場に向かい、その現場の北側に行くとそこからも飯豊山が見えることです。Sdscf6625

 ここにも、誠実にいい仕事をしている人がいます。

 誠実に夢を実現しようとしている懸命な人を応援したいものです。

 人生は短い、誠実でない人間と付き合って神経をすり減らすヒマなどないのです。Sdscf6602_2

  そして、山の草刈りをしたくてしょうがなかったのですが、そこには原野のよう な林があり、自由に刈ってもよい、ということなので、森を作りに行こうかな?なんて勝手に想像してしまいました。

 なんて、ノンキなことを言ってますが、草刈りをしながら、草刈り機でこんなに難儀するのに、会津藩士らが青森や北海道の開拓でどれだけ苦労したか、と思いを馳せたのでした。

 

|

« これは何という珍な雲? | Main | 草刈りと戴冠式 »

Comments

私も飯豊山が好きです。金つき峠(だっけ??)から見る、夏なのに雪が積もってる飯豊山が。でも、毎年雪が減って、真っ青な飯豊山になってしまったときは悲しかった。

Posted by: ふさおとめ | June 19, 2008 10:18 AM

森を、山を作りに行きましょう・・。

会津藩士達の想いを想像しながら。

Posted by: tatumi | June 18, 2008 11:49 AM

このごろセンターの近くを通るとき、田んぼをふっと見るとでっかい「アオサギ」を見ます。
今朝は3羽もいました。「いるかな?」なんて探すようになったのもこのブログのせいです。

Posted by: NOKO | June 18, 2008 11:37 AM

見事なサギの飛翔ですね。
着地ですか?
飛び立ったにしては低すぎるし、不思議・・・。

Posted by: 奥分 | June 18, 2008 12:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 齢を重ねるごとに・・・・:

« これは何という珍な雲? | Main | 草刈りと戴冠式 »