« レトロ横丁 in 喜多方 | Main | 初めてのロクロ体験 »

July 27, 2008

北原白秋との縁?

7月27日(//

 午前中は、来客1名。村への各戸配布物の振り分けをやって、役員さんのところへ持参しました。

 午後は、会津高等学校合唱団の「テイエン」(定期演奏会)に行ってきましSdsc00723 た。「テイエン」に行くなんて何年ぶりでしょう?

 ところで、「あるがなでまにゃせる」を信条としている私は、一昨日からカメラは携帯のみで撮影しています。まあ、不満は殆ど無いのですが、サギ類などの野鳥を撮るのには不向きであるのは仕方がありません。

 ところが、今日の「テイエン」のプログラムの第1ステージに男声合唱組曲「白き花鳥図」(作詞:北原白秋)というのがあって、「白鷺」という曲があり、演奏されました。

 おお、こんなところにサギが登場してくるとは・・・・。

 その曲の歌詞で、「白鷺」、「白き鷺」、「白鷺は~」などが、気になることこの上なし。

 第3スSdsc00725テージの最後の4曲の選曲は素晴らしいものでした。やなせ・たかし、谷川俊太郎、寺山修司、室生犀星の詩に共通しているのは「影」。

  若い顧問の先生の合唱や部活動への考え方が反映されていたように思えたのです。

 合唱をやっているのは、コンクールでいい成績を取るためではないのです。「光」があたったところから「暗い」ところは見えない。「暗い」ところから「明るい」ところは見える。

 どちらの立場に立ってこれから生きてゆくかで、人生は大きく違うものになるのです。

 

|

« レトロ横丁 in 喜多方 | Main | 初めてのロクロ体験 »

Comments

うーん、考えさせられちゃいました。
「北海黒冬」じゃ、全然美しくないし・・・。

それにつけても、2枚目の写真のおじさん、ナイス。

Posted by: カマキリ | July 28, 2008 12:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北原白秋との縁?:

« レトロ横丁 in 喜多方 | Main | 初めてのロクロ体験 »