« September 2008 | Main | November 2008 »

October 31, 2008

磐梯山には雪

10月30日(木)Sdscn2880

 これは、マルメロでしょうか。

 カリンとの違いは?

 今日は、Sdscn2881大事な大豆をゴザの上に広げました。埃っぽい仕事です。

 豆の殻が燃えること燃えること・・・・。恐ろしいくらいでした。

 昨夜、「伊佐須美神社」が全焼したという、信じられないニュースが入りました。 Sdscn2888

 それから、「陶芸クラブ」例会出席日。

 町の産業文化祭に出品する為に、ラベルを貼ったり、リストを作ったりしました。

 そこに、家Sdscn2894_2人からスクランブル発信の知らせあり。

  急げ急げ!

 明日は、町文化祭会場の設営に行かなきゃなりません。

 とにかく眠い感じですな。

 夜食は、でっかいプリン400グラム!!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 30, 2008

ハードな発注?

10月29日(水)Sdscn2867

 陶芸クラブアトリエの窯を開けるのは、明日だと勘違いしていました。

 今日だったのでした。駆けつけました。

 何といっても、一大事の発注がありまして、睡眠ヘロヘロSdscn2868で やっていたので、ゴチャゴチャになりつつあります。

 今回の窯は、新しい白土を使って、おもしろい趣の作品がかなりありました。

 今回の作品群は、町の文化祭にも展示即売される予定でSdscn2870 す。

 睡眠時間が少ないので、午後は少々シエスタ。

 その後、電気炬燵の設置。

 午後10時頃、窯から出たばかり焼きたての熱いSdscn2873_2作品を納品?

 今夜も、電気窯ONになっています。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2008

グリーン・ツーリズム研修二日目

10月28日(火)Sdscn2834

 会津六名館(南会津町)にて、研修二日目の朝を迎えました。

 六名館は、そのネーミングの面白さのみならず、建物の様々な仕掛け、さらに3つのペンションの配置までもが上手くデザインされていSdscn2830ました。

 私は、普段の2倍近くの睡眠時間で熟睡してしまいました。

 朝食も美味しくて、焼きたてパンにもアイディアとSdscn2832こだわりが・・・・・。

 本日の研修に行く時に、草刈りユニフォームの帽子を取り出したら、県Sdscn2843南のJAの帽子にご注目!

 同じJAなのに、この違いは何なのでしょう?

  その後、道の駅「たじま」へ。

 昨日私が撮影した200枚近い画像をスライドショーとして、道の駅でテスト放映したのです。Sdscn2848

 この道の駅の駐車場の混雑ぶりには驚きました。道路が渋滞するくらいの混みようです。

 平日なのにこの混みようは驚異的です。でも、外のテントはお客さんがあふれているのに、道の駅の中は人がまばらっていうのは「?」です。

 写真の撮影技法や、道の駅の設計についても学ぶことが出来て、大いに収穫のあった研修となったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2008

本日はGT研修

10月27日(月)Sdscn2625

 村の農村公園近くの紅葉です。

 秋も深まってまいりました。

 本日は、坂本分校集合で、グリーン・ツーリズム関係の研修です。

 Sdscn2623 主催:「うつくしまGTネット」

 坂下発⇒南会津泊です。さて、どんな研修になりますことやら・・・・。

 菜売り(野菜売り)のかあちゃん、後ろ姿でごめんなさい。

 寒くなりましたが、いつまでもお元気で・・・・ご自愛くださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2008

副校長のK.さんにメールが・・・・

10月26日(Sdscn2607_2

 今日は午前7時30分に、「陶芸クラブ」アトリエの窯に点火。

 本焼きです。

 Sdscn2610 9時30分まで分校に集合との命令がありました。

 テラコッタ講習をやるから、「陶芸について、短く話してね!」とのご要望でした。

 それって5分以内ってことかな?と思っていたら、なSdscn2612んと30分程度の講義予定になっていました。

 急遽、「陶芸概論」の開講となったのでした。

 結果は、「陶芸に関係のない話もあったけれど、まぁいいか・・・・」とのこと。

Sdscn2617_2  なんと今日も「キンツバ屋」さんと「お秀茶屋」さんが開店していた坂本分校でした。

 巨大アートも完成後初めて見て来ました。新聞記者さんも御同行。

 O.市から来ているK.さんが、当ブログを見た友人の方からメールが来て嬉しかった、とおっしゃっていました。

 というワケで、今日のブログのタイトルになったのです。Sdscn2618_2

 そんなことをしている間も、窯には火が入っているわけでして、窯番に戻りまし た。

 夕刻は仮眠を取りましたが、無事「笑点」を見逃すことなくホッと一息。「篤姫」の時間帯は、フィギュアスケートを優先。

 ああ、窯は何時になれば火を止めることができるのでしょうか・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2008

「やますけの森」経由分校へ

10月25日(土)Sdscn2578

 森に行くことで、心の安寧を得ているような気がします。

 今日は、森の中に山羊の“ユキちゃん”がいました。

 少し森をSdscn2581整備しただけで、みるみる見違えるようになった「やますけの森」でした。

  ユキちゃんの近くの木の上には「坂本分校」inやますけの森。

 そこから、坂本分校へ。

 今日は分校まで、3往復ぐらいしたでしょうか・・・・。

 分校では、今日の「分校茶屋」を手伝う人々がテンテSdscn2595 コマイで準備をしていました。

 「中国茶講座」も丁度良い人数で良かったと思います。タイヘンお世話になりました、清水先生。

 Sdscn2587 東山「お秀茶屋」直伝“田楽”も素晴らしい出来でした。

 午後のコンサートは、ビデオカメラの撮影の助手。

 あっという間の一日でした。

 なんと、午後9時からは「陶芸クラブ」アトリエの窯詰Sdscn2601めでした。

Sdscn2576_2

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2008

“ゆうたん”飲んでゴー!

10月24日(金)Sdscn2568

 熊胆(ゆうたん)とは、熊の胆(くまのい)のことで、材料は、クマの胆嚢(たんのう)であり、乾燥させて造られる、とのこと。

 健胃効果や利胆作用など消火器系全般の薬として用いられる、Sdscn2572苦みが強い云々・・・・、確かに苦い、でも今日も飲みました。

 朝一番列車に乗車する家人を見送り、朝刊を読みつつも睡眠不足で眠い・・・・。

 ※代金を支払いに行き、地元公民館へ。その後、K.病院へ。Sdscn2562

 午後は、坂本分校へ行って、明日の「分校茶屋」の準備。

 これが、準備することが多すぎて、大忙し・・・・。

 看板作りSdscn2569を大急ぎでやっていました。

  私は、中国茶講座のコーナーをセッティングゥ~。

 その後、外の砂場周辺の落ち葉の除去と石&ゴミ広い。

 ただでさえ雨降りでタイヘンなのに、アオサギさんはアッチコッチに出没してるし、忙しいなぁもぉ・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2008

山羊の「ユキちゃん」がやってきた

10月23日(木)Sdscn2559

 我が家の庭に、ユキちゃんがやってきました。

 実は彫刻家W.先生の作品をレンタルしていただいたのです。

  Sdscn2553_2 朝一で坂本分校へ行こうと思ったら、途中で知人達が米の積み下ろしをしていたので、少し手伝いました。

 その後、頼まれていないお店の駐車場の草刈り。Sdscn2556

 坂本分校の草刈りをしました。

 そこから、福祉センターアトリエに行って素焼き終了した窯から作品を出しました。作品は全て無事。

 Sdscn2557 再び坂本分校に行って、砂場周辺の草刈りを3人でやりました。頼まれてもいないのに。

Sdscn2554_2  紅葉が始まりました。

 ああ、森に行きたい・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2008

森はいいなぁ・・・・・

10月22日(水)/Sdscn2551

 午前中、ほんのちょっと「やますけの森」に行ってきました。

 ワークキャンプで森創りに参加した若い女性が、「森の中での作業は、なんか楽しいです・・・・」と言っていたのを思い出しましSdscn2547た。

  このような感覚を持っている人に「やますけの森」を紹介したいものです。

 来てもらっては困る方も居るわけです。

 この森を愛して楽しんでくれる人にのみ、こっそり教えるっていうのがいいのです。Sdscn2552

 おはら豆腐店経由で帰宅、豆腐de昼食となりました。

の画像は、 阿倍仲麻呂神社(長井)。

 参道の階段を工事中。

 その後、里山のアトリエ坂本分校へ。

 キーワードは、“HONESTY” 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 21, 2008

アトリエと分校を・・・・

10月21日(火)Decojiro20081021181431

 午前7時から、素焼きを始めました。

 窯に火が入っていると、なぜか作陶する気が起こらず、本を読んだりテレビを見たりしてしまいます。

 今日は、何とSdscn2530「枝払い」でした。

 朝の登校風景を撮影しましたが、私は多くの中学生達が学校に吸い込まれて行くような風景を見ると、切ないような気持ちになるのです。

 毎日学校ご苦労さまです。Sdscn2537

  その後、サトイモ持参で坂本分校へ。

 今日は、お秀茶屋直伝、「田楽の田学」研修2回目です。

 皆さん極Sdscn2542めて真剣な研修となりました。

 ゴンちゃんも研修に参加して、イモを食していました。

 素焼きも無事完了、でしょう・・・・。Sdscn2533

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2008

とにかく分校へ

10月20日(月)Sdscn2516 ウォンテッド?

 分校校庭には、なんと彫塑の作品が置かれていました。

 初めて見る方は、少々ドキッとするかもしれません。

 私は完成するまでの様子をアトリエ内で時折目にしていました。ちなみに、作品は見Sdscn2513事入賞というのを新聞記事で知りました。

  今日は陶芸クラブ例会日。

 素焼きのための窯詰めをしました。

 クラブのみなさんのお手伝いがあって、無事完了!明日素焼きの予定です。Sdscn2522

 分校では、巨大田んぼアートがもうすぐ完成です。

 下らないようなことに懸命なのがいいのです。なんか、作業をしている方々を見たり、自分も手伝ったりしているうちに、何かSdscn2526“修行”めいたものを感じるようになってきました。

 「これでいいのだ!」

  それから、「東山“お秀茶屋”直伝、田楽」の練習をせにゃなんので、今日はみんなで砂を入れたりして「囲炉裏」の準備Sdscn2529をしました。

 炭を実際に熾して練習、実際に焼かなきゃならぬ、と分校にあるものをいろいろ焼いていました。

 リンゴや、まんじゅうまで焼くとはなぁ・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘロヘロの日曜日

10月19日(日)Sdscn2487

 稲刈りが殆ど終了した田んぼの風景を見て、全国のアオサギ撮影マニアの皆さんにおかれましては、さぞや撮りやすくなったと思っていることでしょう。

 中途半端に眠ると早起きできないだろうと、ほぼ徹夜状Sdscn2500 態で午前5時になってしまい、5時半からは村の仕事の準備にとりかかりました。

 今日は公園の草刈りなのです。今年最後の草刈り、午前6時開始で、無事終了しました。Sdscn2503

 その後、うつらうつらしていたのですが、坂本分校に行って 田んぼアートのお手伝いをしてきました。

 線路周辺が草刈りしてありました、誰がやっているのでしょうか、御苦労さまです。

 おはら豆腐店に立ち寄ってから、午後は大事な大豆の収Sdscn2505 穫。

 首都圏からの若い女性ボランティアの方と共に作業をしました。

 かなり出来の良い大豆だと思うのですが、いかがなものでしょうか?

 そのボランティアの方と共に坂本分校に行って、再び田んぼアートのお手伝いをして、会津坂本駅へ。ボランティアの方はどのような想いで帰宅されるのでしょう・・・・。

 今日の「笑点」も「篤姫」も見ていたはずなのに、半分寝ていたので記憶にありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2008

田んぼアート?

10月18日(土)Sdscn2461

 今日は、午前9時坂本分校集合。

 簡単なミーティングの後、さあ現場へ・・・・。

 Sdscn2465 現場は田んぼです。

 田んぼに、有機農業の圃場で使用する紙を利用して絵を描こうというのです。

 ところが、本日は人手も少ないし、実際にやってみるとケッコ~タイヘンでした。Sdscn2468

 今日は臨時列車の「風っこ」が走るということで、地元の小学生達と共に、列車に手を振りました。

 私は、午後は村役員の仕事で抜け出して、また戻って、とSdscn2477 往復・・・・・。

 列車のお客さんからは、「田んぼアート」はどのように見えているのでしょうか?

 予告編ということで、チラリと特別にお見せしましょう。Sdscn2478

Sdscn2484  明日は早朝より「草刈り」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2008

あ~森に行きたい

10月17日(金)Sdscn2444

 朝、中学校に行ったついでに、桜の木見物に行ってきました。

 頼まれてもいないのに、今年はいったい何回草刈りをしたことでしSdscn2451_2ょう。

  ご覧あれ!近隣の桜の木周辺との相違を・・・・。

 これが桜の木の生育にどれだけ影響があるのかはわかりません。ちなみに、土手の向かって右側まで刈っている人はいません。Sdscn2453_2

 温泉の無料券があったので、町の温泉施設へ。

 約10分間は、大浴場に私一人という贅沢さ・・・・。

 そうそう、温泉の裏には森があって、久しぶりに歩いてきSdscn2446_2 ました。

 炭焼き窯がこんな風になっていました。 

  夕刻、焼き鳥で使ったものらしき囲炉裏Sdscn2457を「里山のアトリエ・坂本分校」にI.さんと共に運びました。

 分校では、久しぶりに地元の小学生3人と少し遊びました。

 アオサギさんだって、脚が揃わない時もあります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

作業着でもいいじゃん

10月16日(木)Sdscn081015

 美しい満月でした。

 朝は、9時30分分校集合。

 ワークキャンプに参加してくださった4名の方とお別れでSdscn2437 す。

 韓国のお二人からは韓国のお土産?のようなものをいただきました。

 「韓国に来たら、電話下さいね!」って、たった10日間の滞在で素晴らしい日本語の上達でした。Sdscn2441

 裏磐梯を観光してから帰国するらしいのです。その前に、長野で発表があるとのこと。どんな報告になるのでしょう・・・・。

 今日は陶芸クラブ例会日なので、センターへ。

 Sdscn2442 赤い大文字草の鉢植えをMさんからいただいてしまいました。

 粘土に触れようと作業着でしたが、今日の午後の会議(福島市)に行くためには、急いだ方がよろしい時間になってしまいました。

 帰宅せず、すぐに行くしかないなぁ、と直行!すると、

 ああ、男性は皆ネクタイを締めているではありませんか?

 作業着は私のみ・・・・。

 ちゃんとした格好していても、その発言の中身がちゃんとした内容かどうかはもちろん関係ありません。

 往復約190キロの道のり、県庁所在地に行って来るってぇのはタイヘンなことです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2008

かわいい探検隊

10月15日(水)Sdscn2424_2

 地元小学校の全校生徒が、班編成で探検?にやってきました。

 社寺や公園がチェックポイントになっているらしいのです。

 Sdscn2422 なぜか我が家の東の電柱にも、ネコの張り紙がありました。

 お天気が心配でしたが、気持ちの良い一日でした。

 明日は、福島市へ出張です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2008

森とイモ掘り

10月14日(火)Sdscn2417

 鳥を撮っていると、失敗作もかなりあります。

 でも、捨てるのには惜しいような気がしました。

 今日のやまSdscn2403すけ農園ではサツマイモ堀りをしていました。

  秋晴れに恵まれた二日間は、森林浴をしながらの森創りの仕事、曇天の今日はイモ掘り。

 お天気に恵まれで最高!でも今日は少々お疲れってところでしょうか。

 お昼前に、OTさん・Kさんと一緒に「お秀茶屋」に“田学”といいましょうか“田Sdscn2419 楽”研修に行ってきました。

 朝、藁を運んで、夕方は芝を刈ったりしました。

 夜は、地区の文化祭のミーティング。

 Sdscn2420 本日、ギリシャのアテネから列車で4時間以上離れたメテオラ(世界遺産)のあるカランバカでお世話になった方と友人の方が我が家に宿泊。

 世界中の話に花が咲いて、とんでもなく楽しい夜になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2008

森のエナジー

10月13日(月)Sdscn2362 秋晴れ

 稲刈りの作業をしている田んぼにつれられてきた子どもが、軽トラックの荷台の上で遊んでいました。(長井にて)

 この写真に、なんとタイトルをつけましょう?今のところ、いSdscn2371 いのが思いつきません。

 本日も「やますけ農園」へ。

 午前中は6名で作業、午後は最大で9名の時がありました。この二日間でどれだけ作業が進捗したでしょうSdscn2366か、素晴らしい限りです。

 遅めの昼食が美味しかったことこの上無し。

 今日も、国際化が進んでいる「やますけ農園」。常に辞書を持参している人はいるし、この単語は何て言うんだっけ?とSdscn2368 かの会話はしょっちゅう。

 英国、フランス、イタリア、韓国、ニューヨーク etc. の話をしているこの農園は、一体どこの国にあるの?といった感じです。

 ノコギリやナタを手にしての作業、かつ慣れない作業は決して楽なものではないはずです。Sdscn2372

 今日のシエスタ画像中にいる若い女性が、「森の中の作業が辛くなんですよ、なんか心地いいんです、気持ちがいいんです。」と言っていました。

 これこそが、ヒトが森林無しでは生きられないことの理由Sdscn2375 のように思えました。

 ああ、今日はこのフレーズを聞けただけで幸せな気分・・・・。

 森の中を歩く姿もアートだもんね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

森を創る人々

10月12日(Sdscn2332

 今朝は、朝焼けでした。

 磐越西線S駅と只見線の一番列車に間に合うように駅のハシゴで行くことになるとは想定外でした。

 その後、ひたすら村の配布物の振り分け⇒役員さん宅にお届け。

 Sdscn2335 そこから、ワークキャンプで来ている4名の方々の宿舎へ立ち寄り、今日の“現場”へ直行!

 本日は、森を創っていただきます。

 “森林浴”をしながらの作業という素敵さです。Sdscn2347

午前中の2時間で見違えるようになった森に目をみはりまし た。

 計6人の作業のはかどりに驚いたのです。

 午後からは、OTさんが加わりまして、賑やかな森となっSdscn2348 たのでした。

 今日も、日本語・韓国語・英語が飛び交う“森創り”。

 熱心に作業をしていただいて、ありがたいです。

 画像にある“森のランプ”は、OTさんの即興の手作りです。

 Sdscn2360 夜は、「刻字教室」例会日。

 なんと、上記のOTさんの奥様が本日より入会することになりました。

 なんとなんとなんと、この後、深夜までの大イベントに参加することになろうとは・・・・・。

 疲れたけれど、実に充実した一日でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2008

お秀茶屋は「んめ~の」

10月11日(土)Sdscn2307

 韓国の女性2名、英国男性1名と共に、観光ガイドをしてきました。

 共通語は「英語」、白虎隊や会津の歴史を語る時に英語で話そうとすると、いかに自分が不勉強かを実感しました。

 この鶴ヶ城、入館料500円。

 戊辰14Sdscn23080周年記念で「会津松平家と戊辰戦争」という企画展を実施中。

  久しぶりの登城?でしたが、なかなかの展示でした。

 お秀茶屋(奴郎ヶ前の味噌田楽)
お秀茶屋の味噌田楽は,まったく「んめ~の」で困っちゃう・・・・。Sdscn2311
 「お秀茶屋」は,創業が延宝年間(1673~80年)の歴史ある茶屋で,東山温泉に 向かう東山街道沿いにあります。

 白虎隊士の墓参もしてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2008

朝からウルウル・・・・

10月10日(金)Sdscn2292

 村役員の仕事で、村内2箇所に「赤い羽根共同募金」のポスターを掲示してから、村内の工事現場に行ってみました。

 その後、街中の“市”に行ってみました。山野草の販売もしていました。

 イワシャジン(岩沙参)・・・・キキョウ科

 Sdscn2274知人がかなり居ましたが、サプライズだったのはTokyo、韓国、イギリスからのボランティアの4人が売り子をしていたことです。

 今日も「やますけ農園」での作業だろうと思っていたので、少し驚きました。

 彼女らは「テレパシーですね?」なんて言ってニコニコしていました。Sdscn2290

 知人のブログスガシカオのことがありまして、気になって曲名を検索したり「夜空ノムコウ」の動画を見ていたら、でした。

 私の生涯で、この曲のような“いい仕事”が、ただの一つでも出来うるだろうか?と考えてしまいました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

いくらなんでも多すぎるってば

10月 9日(木)Sdscn2250

 陶芸クラブ例会日。

 今年の宿題が、“抹茶碗”に挑戦!ということでしたので、抹茶碗をSdscn2253所持している方が持参しました。

  見るだけではなく、各人が好きな茶碗でいただきました。

 お昼前に、スクランブルの電話がきたのでアッチコッチ走り回り・・・・・。Sdscn2269

 午後は、やたら国際化している「やますけ農園」(←是非クリックしてくださいませ。)経由で三島町・生活工芸館&某所⇒坂本分校へ。

 サギさん達が向こうから寄ってくるのではないの?と言わSdscn2256 れている昨今。

 今日は、すごかった。

 サギの群れが頭上を旋回して飛んで行きましSdscn2261た。

 しかしまあ、いくらなんでも多すぎですよ・・・・。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2008

ワークキャンプ参加のみなさん

10月 8日(水)Sdscn2230

 坂本分校南側の田んぼに、「田んぼアート」と称しまして、どうなるかはお楽しみの巨大イラストが田んぼに現れる予定です。

 今日は、韓国から2名、東京から1名のボランティア(ワークSdscn2221_2 キャンプ)の方々と共に作業となりました。

(分校近くの蕎麦畑)

 でも、これがケッコ~タイヘンなのです。設計図と“にらめっこ”しながらの作業になります。

 その設計図どおりになるのか、なっているのかわからないSdscn2244 作業というのがタイヘンなのです。

 夕方、只見線の車両の車窓からはどのように見えるのか確認する為に、行って来ました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 07, 2008

昆虫写真家、栗林 慧氏

10月 7日(火)Sdscn2202

 アオサギファンにはタマラン写真が2枚撮れましたが、とりあえず一枚のみアップします。

 午前9時に、町内全戸配布のチラシ分別作業場所集合だったのですが、サギさんがいたので少々遅刻しました。Sdscn2204

 すべて車内運転席から撮影しています。シャッタースピードは500分の1でした。

  先日、世界的に有名な昆虫写真Sdscn2208 家、栗林 慧氏のドキュメンタリー番組を見ました。

 カブト虫の放尿シーンを撮影する為に、スイカをズラリと並べてカブト虫を這わせてビデオカメラをセットしているのです。

 ところが待てど暮らせど放尿してくださらないカブト虫。Sdscn2199_2

 結局撮影には成功したのですが、深夜にカメラをセットして、撮影成功は明け方でした。

 そういう情熱が素晴らしいと思うのです。

 修行は続くよどこまでも・・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ほうき草

10月 6日(月)Sdscn2193

 我が家の「ほうき草」です。

「ほうき草」とは・・・・

別名:コキア アカザ科の一年草
草丈:30cm~80cm
水やり:土の表面が乾いたらやる程度
観賞期間:7月Sdscn2190~11月位

  外来種ですが、増えてもいい類のものなのでしょうか?少々心配です。

 頼まれてもいないのに桜の木周辺を草刈りしています。

 今朝、久しぶりに見に行ってきましたが、少々の草はあったSdscn2194 ものの、当初のジャングル状態からは想像出来ないくらいに美しい土手になっていました。

 雑草との戦いに、一人勝利宣言の雄叫びをしたくなるような気分でした。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2008

農の風景 etc.

10月 5日(Sdscn2131

 「涙そうそう」という沖縄が舞台のドラマを観ました。

 「世界の中心で、愛をさけぶ」の時の長澤まさみとは月とすっぽんSdscn2133。 

  血のつながらない兄妹の愛の物語なのですが、兄の優しさも、近隣の“他人”の優しさも、沖縄という文化的・歴史的な背景があってこそ、と思えるドラマでした。

 お昼頃に、埼玉県北本市の写真団体連合会の皆さんがSdscn2160 町されました。

 みなさん高級そうな一眼レフカメラを首から提げています。

 さっそく、町中の農作業風景等を撮っていました。ホントにうれしいです。

 この「よそもん」の視点がたいせつなのです。「よそもん」だからSdscn2145 撮影できる“風景”が必ずある(あたりまえですが・・・・)ので、それが楽しみなのです。

これは、ああ懐かしき“農林21号”。Sdscn2138

 こういう品種にトライしている若者がいるのが素晴らしい のです。

 喜多方駅に車の鍵を取りに行ってから、夕方は坂本分校に行ってきSdscn2149ました。  

  今日は特別に、農の風景を多くしてみました。Sdscn2154

Sdscn2161

Sdscn2163

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2008

田んぼのヒ・ミ・ツ・・・・

10月 4日(土)Sdscn2122

 の田んぼは奇跡的にスゴイのです。

 何故かというと、激しい雨のせいで、殆どの田んぼの稲が倒れに倒れ見るも無残状態の本年の実りの秋。

 だのに、こSdscn2124の田んぼは倒伏皆無。

  何か私にはわからない“理由”がありそうです。単純に、窒素肥料を控えた、などということではなく、何かあるように思うのです。

 調査してみましょう。 Sdscn2125

 明日は、喜多方駅に車の合鍵を受け取りに行かなきゃなりません。

 今日、駅員さんから、携帯に電話をいただいてしまいました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

陽菜(はるな)登場サギさんも・・・・

10月 3日(土)Sdscn2105

 さすがに、少々疲れが残っていました。

 昼前に、久しぶりに耕運機の陽菜で畑を耕しました。

 周囲の田んぼでは、稲刈りが真っ盛りです。

 午後は、役場⇒分校アトリエ。Sdscn2106

 富山での第2交流会では、山の下草刈りのプロだった方と「草刈り機」の話で、大いに盛り上がりました。

 2サイクルエンジン、ノコギリ刃、振動吸収、手持ち式etc.

 Sdscn2118 笹薮のことに関しても、解決策が見えてきて、嬉しくなりました。

 何事も奥が深いし、先人の知恵には敬服してしまいます。

Sdscn2113  

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2008

第7回全国G・Tネットワーク大会(2日目)

9月 2日(木)@金沢Sdscn2065

 今回の大会は、昨日も今日の全大会もタイヘン有意義なものでした。

 私が参加した全国大会中では、最も印象に残りました。

 Sdscn2061 ひとりで参加して、来た甲斐があったってモンです。

 列車の中やバスでの移動中、車窓からアオサギを何羽か見かけたのですが、富山のサギを撮影するチャンスはありませんでした。

 仕方がないので、昼の休憩中に、空を飛んでいるものを撮影しました。ちなみに全日空。Sdscn2073

 話は戻って、今回の全国大のどこが良かったかというと、それは「うつくしまGTネット通信」に書くことにします。

 富山は素晴らしい。

 LRT(路Sdscn2081面電車)が走っていました。たまたま行き先がローマ字表記だったので、ついフィンランドのLRTを思い出しましたわぁ・・・・、ウットリ・・・・・。

 徒歩で金沢駅に行きまして、お土産を少々買い求めました。

 その中に、あら懐かしい越中富山の薬も入っています。

 しかし、その時、歴史は動いたのです。

 下車せにゃなんらん時刻に寝入ってしまい、寝過してしまいまして、Sdscn2101後の祭り、となってしまったのでした。

 トラベルはトラブルを楽しむこととはいえ、最終列車だってぇのに、どうしましょう。

 画像は、夜の新津駅ですが、そんなのを撮影している暇はないタイSdscn2018ヘンなことになっていたのです、実は・・・・。

  続きが気になる方は、「うつくしまGTネット通信」をご覧くださいませ。(私個人の、ブログ記事掲載基準の禁止事項に抵触するので、これ以上記載出来ません、Sdscn2056悪しからず。)

 宿の玄関近くには「おばQ」がいて懐かしくなりました。

 ついでに、この日の昼食の弁当も紹介しましょう。

Sdscn2074

    緊急のお知らせ!

 「新津の駅から、どうなったの?」という問い合わせが、現在のところ2件もありました。ありがとうございました。

 続きは「うつくしまGTネット通信」という紙媒体上でレポートを書くことになっています。けっして、出し惜しみをしているわけではありませんので、悪しからず・・・。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

草刈り十字軍

10月 1日(水)@富山Sdscn1965

 第7回 全国グリーン・ツーリズムネットワーク富山大会に参加。

 朝一番の列車で新津行き。 

 Sdscn1971 列車内は、御覧の通りでした。

 新津で、金沢行に乗車。

 「?」富山大会なのに、「金沢行?」

 実は、富山の南砺市に行くので、金沢からバスでSdscn1976移動したのでした。

 とりあえず、金沢駅内の「金沢ライオン」にて昼食。

 福光美術館で受付、見学。

 棟方志功鯉雨(りう)書画展を開催していました。

Sdscn1983_3 戦禍を避けて福光に6年8ケ月間滞在した世界的版画家棟方志功との縁で、棟方志功の作品を多数収蔵しています。

 7月下旬の集中豪雨災害の爪あとも視察してきました。 

 松村謙三記念館見学。Sdscn1986_2

 松村謙三・・・・日中国交回復に尽力した村松謙三氏(報知新聞記者から
県議を経て文相・農相などを務めた)

 そして、ラモヴェールにて「草刈り十字軍・草学塾の誕生とその活動」

Sdscn2010_2  お隣の「玄太グラス・スタジオ」見学。ラモヴェールにてディナー。

 川合田温泉にて第2次交流会&宿泊。

 廊下でお休みになっていた参加者もいました。Sdscn2017

 Sdscn2015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »