« October 2008 | Main | December 2008 »

November 30, 2008

アマデウスの少年

11月29日(土)晴れ Sdscn3322
 中央公民館で、午前9時~12時まで 「年賀状のハンコを作ろう」という講座があ りました。
毎年親子一緒の参加が多い企画です。

講師は、高橋政巳氏(喜多方市・楽篆工房主宰)

  一昨日、映画「アSdscn3327_2マデウス」(DVD)を借りてきました。

 学生時代に観た映画ですが、何度観ても面白い!BGMのようにして映画を流しっぱなしで夜中も仕事をしています。

 高橋先生の出張?講座で、毎回感じるのは、子Sdscn3326aども達の視線です。

 先生の目を見つめながら聞いているのです。

 自分の名前の漢字はどんな意味があるのかを聞いている時、親がSdscn3329どんな想いで名付けたかという話を聞いている時の子どもたちの目の美しいこと。

  アマデウスの一場面をいつも思い出します。

 モーツァルトが音楽を奏でている姿を見つめている少年です。

 300年近く前の欧州の少年も、この町に住む今の子ども達も、同じ美しい表情、美しい目は同じ。

 さて、我々オトナたちはどうかな?

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2008

にいなめさい

11月28日(土)Sdsc00783

 今日は、新嘗祭(にいなめさい)でした。気になる方は“我ら御池田区民”をご覧下さいませ。

 午後も、村の仕事がありました。

 Sdscn3320 改良区にも行きました。それから、役場に行って村内の防犯灯の蛍光管の交換をお願いしてきました。

 役場に行ったら、廊下で「女子フィギュアスケート」の話をして盛り上がったら、別の方から原稿の催促をされましたSdscn3321

 夜9時15分、坂本分校にあった“囲炉裏”を元の場所に返 却しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2008

寒い朝

11月27日( 木 )Sdscn3315_2

 寒い朝でした。

 午前7時頃に、村役員さんへお届けもの。

 今日はSdscn3318陶芸クラブ例会日。

  寒いし、具合が悪かったり多忙のため?今日は3人のみでした。

 昼食は、いつもの“麺類”になりましたが、いつもいくその店先には“ミニ野菜市場”があります。Sdscn3319t

  その“市場”の前で、「あらっ」と呼び止め、振り返る中年男性がいました。

 「どこのオッサンかな?」と思ったら、なんと高校の同級生K.君でした。20年ぶりぐらいでしょうか?

  その後、坂Sdscn3316本分校に行ってピアノをいたずらしてから帰宅しようとしたら、スクランブルがかかりまして、バスの営業所へ。

 「オバマ演説集」(朝日出版社)を買ったのですが、これが結構面白いのです。CD付きで1,000円はお買い得です。DVDの動画付でもいいのですが、音だけでも聴衆の興奮が伝わってくるのが興味深いところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2008

写真の新たなテーマ発見か???

11月26日(水)Sdscn3303

 村役員の仕事でもあるのですが、久しぶりにお天気が良かったので、火の見櫓(やぐら)に登ってみました。

 何もあまりにもヒマだから高いところに登ったワケではありません。本来ならば、消防団の幹部の許可が必要でしょうが、下見という区長権限で登りました。

 Sdscn3300 てっぺんに、村管理の朽ちたスピーカーがありまして、それを撤去せにゃならんのですが、プロの電気屋さんに頼むとタイヘンなので、ワシが出来るかな?という下見です。

 ところが、この“てっぺん”って、結構怖いのです。風が吹くと揺れるのがわかるのです。 

 Sdscn3299 町内には、ほぼ各村ごとに火の見櫓があります。町内のすべての火の見櫓の上から村を見下ろして東西南北を撮影したら面白いかもしれません。

 なぜなら、「そんなおバカな写真展を見たことが無いからです。」

 「世界の車窓から」に非ず、「各村の櫓から」というテーマです。

 いかがでしょう?

※左↑の画像二枚は、今の季節の雪山に見えませんか?実は、ただの田んぼの 灰です。灰のいたずら(芸術)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2008

はかどらない&落ち着かない

11月25日(火)Sdscn3297

 冬支度があちらこちらで・・・・、どうも落ち着きません。

 やらなきゃなんらんことは山積しているのに、一つずつ処理できませSdscn3293ん。

  今日は「?」、今日も「古峯神社講」の原稿を午前7時に校正をしていただき、夕刻10軒に配布してきました。

 日程は決定したので、あとはその家の誰が「代Sdscn3298参」するのか、という参拝者名簿が確定すればいいわけです。

 それから、67戸全戸配布物の振り分け。

 「区民ニュース」の作成と印刷がこれからの“深夜”の仕事になります。

 “ハングル講座”を見ながらの仕事なので、はかどらないのは当たり前ですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こぶがはら・・・・・

11月24日(月)Sdscn3279_2

 午前10時から、村の公会堂へ古峯神社への参拝の件で集まっていただきました。

 11名中、8名の出席者でした。

 Sdscn3280_2 私は、9時半から会場の設営、ストーブに火をつけました。

 予想以上に時間がかかり、その後陶芸クラブへ。会員さんお一人が帰宅の準備をしておられたので私も街中へ。

 ふと、今日の午後隣町でグリーン・ツーリズム関係のシンポジウムがあるのを思い出しまして、無理やり?坂本分校近くのK.さんと参加しましょう、ということになりました。Sdscn3284_2

 すぐに行きましょう、付き合ってくださるK.さんと滝谷駅近くで2両編成の只見線を見物?何故?

 そこから、会津柳津駅手前でK.さんは列車に手を振り、二人で会場に向ったのでした。 

 ところが、弁天堂の階段の紅葉が良さそうだったので、急遽おSdscn3286 参り。弁天様・・・・芸事が上達しますように・・・・・。

その後、会場に向うはずが「齋藤清アトリエ館」にて「陶芸展」をやっているというのを知りまして、見学。

 お茶をご馳走になったりして、なかなか会場に辿りつけSdscn3288ません。ごちそう様でした。

 次に、道の駅見物。近くまで来ているはずなのに、なかなか会場に着きません。

 さて、シンポジウムですが、本日は「ノーコメント」といたしSdscn3292 ます。悪しからず・・・・。

 本日は、知人二人がお誕生日でしたので、ささやかなお祝いを・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2008

フィギュアスケート?白鳥さん

11月23日(日)Sdscn3243

 久しぶりに、シエスタすることもなく「開運!なんでも鑑定団」を見ました。

 その後、村の仕事関係で某所に立ち寄り、ユニクロに行ったらスゴイ混雑、その後、市内の文化福祉センターに行ってSdscn3254 「勤労者・・・・・」の絵画・書道・写真を見て来ました。

 そこから、文具店に行って、システム手帳の来年版を買い求め、別の文具に行ってラベルシートを買い、隣の書店へ。

 そこから、100円ショップに行ってから、本日の習い事「刻Sdscn3257 字教室」へ。

 そんなことをしていたら、一日が終わってしまったようです。

Sdscn3266

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 22, 2008

古峯ヶ原(こぶがはら)講

11月22日(土)

 B.犯協会とか何かの次に、古峯(ふるみね)神社参拝の相談プリントを作って10軒に配布してきました。Sdscn3234

 その前に、高校1年生(F.)から「自らの身をもって汽車を止めた小説を知ってますか?」という携帯メールをもらったので、「それは「塩狩峠」(三浦綾子)ですよ。」と返信しました。

 せっかくの連休なのに、その小説が手に入らないということだったので、町の温泉に行くついでに、届けてきました。

 人との出会い同様、書物との出会いは偶然のようで必然、と思いたいものです。

 携帯やインターネットの時代に、30年前の高校生と同じ小説を手にしているというのがいいな・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2008

悲しいハガキ

11月21日(金)

 ほぼ毎日のように喪中のハガキを受け取ります。Sdsc00778

 今日は、中高時代の同級生からのハガキが一枚・・・・。

 奥さんが1月に逝去されたとのこと。46歳という若さでした。

 10ヶ月前にお亡くなりになっていたとは・・・・。

 以前お二人とお会いした時に、「過去の話より、これからの話をしましょう・・・・」と静かにおっしゃっていたのがとても印象的でした。

 これからの話も何も出来なくなってしまいまいました。

 街では今、クリスマスの飾り付けがあちらこちらにみられるようになりました。

 同級生の彼は、都会で一人どんな想いで街の風景を見ているのでしょうか。

 外は雪でしたが、今は冷たい雨が降っています。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2008

今朝も雪・・・・

11月20日(木)Sdscn3228

 屋外に駐車している車にも雪が積もり、大福のようになっていました。

 今日はSdscn3219「陶芸クラブ」例会日。初ストーブになりそうです。

 世の中は、漢字ブーム・・・・。というのは 冗談です。

 新KYというのがありまして、このKYは、「漢字読めない」のだそうです。Sdscn3224

 「某国」の首相のことですが、たった今「亡国」と変換されてしまいました。

 今日は、「怪我」のことを「かいが」と言っていたのです。不思議なのは、何か原稿を誤って丸暗記でもしていない限りはSdscn3222 「かいが」にはならないはずなのですが、どうなっているのでしょうか?

 一般の人の多少の過ちは許せても、国の舵を取る政治家にとっては言葉は「命」ですから、あまりにも情けない・・・・。

 政策についても、もうメチャメチャ、軌道修正不可能の飛行機のようです。

 夕刻、公会堂に賞状の額を掲げてきました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2008

初雪でした・・・・

11月19日(水)Sdscn3206

 天気予報が大当たりで、今朝は雪でした。

 けっこう降ったりしていたのでやや心配になりましたが、道路に積もるこSdscn3207とはありませんでした。

  喜多方市は、路上に積雪があったようです。

 午前中は、自宅でゆったりしていたいのですが、村の仕事関係で業者の営業さんが来たり、宗教団体が来たSdscn3209り、と対応がありました。

 午前11時からは習い事。練習はサボっていても習い事は楽しいものです。

 ホームセンターに行って、額縁を買ってきて、町民運動会準Sdscn3212 優勝の賞状を公会堂に掲示する準備をしました。

 100円ショップや文具店に行ったりして・・・・・、ああそうだ、慌てて灯油を買いに行きまして、仕事場も初ファンヒーターでした。

 午後5時15分、グリーン・ツーリズムで卒業論文を書いているという某国立N.大学生が来訪。来春からは東京のW.大学の大学院へ進学とのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2008

村の仕事しか・・・・

11月18日(火)Sdscn3200

 銀杏の葉が舞い降りて、冬が近づいてまいりました。

 明日は“雪”との予報もあります。

 昨日は3時間半の睡眠だったので、午前中はボーっとして仕事になりませんでした。

 Sdscn3202_2  村役員さん6人へ配布物。

 久しぶりにアオサギさん発見!

 K.社⇒T.社、銀行3箇所に行きまして、町役場⇒シルバー人材センター。すべて、村の決算に関することで行ってきました。

 ホっと一息、町の温泉へ。ところが臨時休業ときたもんだ。ああ、挫けてなるものか、近くのS.に行って優しくゴリ押しで入浴させていただきました。

 当然客は私一人。

 夜は、当然村の仕事。

 とにかく、睡眠時間の確保をしなければ・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3週間の勝負かな?

11月17日(月)Sdscn3189

 午前中は「陶芸クラブ」例会日。

 ところが、タイヘンなが入りまして、「メールアドレス確認願います、違っていますよ!」???

 Sdscn3190 なんと、メモに従ってアドレスを打ち込み、テストメールもして戻ってこないのでOK!と思い、画像やら原稿やらを送ったのが、関係ないところに行っていたらしいのです。

 私は、すでに原稿等は送っていたと安心していたので、急遽間違いの無いところへ送りました。

 ※原因・・・・メモのメールアドレスに「t」が一個抜Sdscn3192けていたのです。

 今日も粘土に触れずに、石膏板を作ったりして終了。

 慌ただしくて、“作陶”って気分にならないのです。

 喜多方のN.さんが坂本分校に「土練機」(どれんき)を寄付して下さいました。Sdscn3193

  夕方5時前閉店間際の町役場に行ってきました。

 村の決算をせにゃなりません。これから3週間は、午前0時前に帰宅するのは無理でしょう。覚悟しています。

 明日は真冬並みの寒さとか・・・・・

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 16, 2008

お幸せに・・・・

11月16日(Sdscn3186

 今日は、市内の会津町方伝承館にて催されている「刻字展」の最終日。

 午前中は、里山のアトリエ坂本分校にて行われているワークショップへ参加。

 テーマは、「農村資源と都市のニーズの事業設計方法」

 Sdscn3188 昼食は、あのラマにてカレーセットを食して、町方伝承館へGO!

 撤去するまでの時間を活用して、携帯ストラップを2個作成しました。

 それから、昨日岩手県から届いた知人T.君からのハガキ。Stwedding

 結婚したとのこと、いや~おめでとう!

 ハガキに個人情報等はモザイクかけたけれど、良く見ると岩手県のどこかわかっちゃうね!

 今夜は、君達が住むところのホップの入っている麦酒を飲んで、お祝いとしましょう・・・・。

 お幸せにね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2008

農の風景 会津

11月15日(土)Sdscn3176

 朝靄になると、見慣れた景色がまるで変わってしまうのが面白い。

 何故、農作業の小屋や朽ちかけた小屋に“魅力”を感じてSdscn3178 しまうのだろう・・・・。

 午前中は、身不知柿を食べたり、窯小屋西あたりで枝の剪定をしていたら、なんと夢の「高枝切りバサミ」が導入されることになり、画期的な剪定作業となったのでした。 

 調子に乗って、坂本分校の周囲の枝も少しだけ剪定してきSdscn3183 ました。

 里山のアトリエ坂本分校では、校庭に車が10台以上も駐車されてあり、講演会のようなものをやっていました。

 いろいろあったはずなのに、これれしか思い出せないとは、情ない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2008

月がとっても丸いから・・・・

11月14日(金)Sdscn3151

 夜中に月を撮影しました。

 鳴子⇒東松島市からの帰路、バス内で「満月かな、キレイだねぇ、写真撮るのは難しいよね」との話題が出ました。

 Sdscn3154 私の月の撮影は、ピントは無限遠、露出はマイナス2、目一杯の望遠、ISO400。シャッタースピードが遅いので、三脚があった方がいいけれど無かったので車に肘をついて一脚の代用。

 しかしまあ、手持ちでこれだけ「お月さま」が撮れれば良しとしましょう。Sdscn3156

 昨日は見事な夕日でした。今朝は深い朝靄、高速道路もスピード制限をしているとのこと。

 今日は、どんな一日になることやら・・・・・と思っていたら、T.先生よりスクランブル!

 簡単な原稿作って若松市内の編集者のところへ行かなきゃなSdscn3160 りません。

 その後は、喜多方市へ。

 モーいきなりの多忙芸能人並。そこで、10分弱お話をして、大和川酒造へ直行。休憩時間に抜け出して「Sdscn3161楽篆工房」へ原稿の確認。

 帰路、素晴らしい夕焼け。

 その後、原稿の受け取りに町内のS.さん宅へ。

 Sdscn3171 夕方は、村の公会堂で、集落説明会の為、鍵を開けて、召集の放送。

Sdscn3173

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鳴子から東松島へ

11月13日(木)Sdscn3104

 鳴子温泉の朝湯がまた素晴らしい。

 そこから、お隣の川渡温泉へ。鳴子に来たら、「山ふところの宿みやま」に行かなくてはなりません。

  さらに進Sdscn3106化していた「みやま」でした。

 同行した若い衆も、「この宿はいいですねぇ」と感心した様子でした。宿の旦那がクールでカッコいいんだこれが・・・・。

 昨日登場したA.ちゃんが、こちら“みやま”さんのすSdscn3109ぐ近くに家を建てているというのは素晴らしい。ほんとに近くでした。

 景色もいいなぁ。田んぼマニアの私としては、この不定形のたんぼと曲がりくね った道だけでもウットリしてしまうのです。(“みやSdscn3118_3ま”さんの目の前の風景)

  さて、東松島市へ到着。

  市役所へ行ったりしてどうなるのかと思ったら、やはり海辺へ。

 ライフジャケットを着衣させられたと思ったら、漁船Sdscn3122でクルーズ。

 盆地で生まれ育った私は、海というだけで別世界。

 周囲が山だとホッと安心しているのに、海上でかつ足もとが波にSdscn3129_2揺られてグラグラってぇのは“珍”な体験なのです。

 カモメを見ては子どものように騒いでました。

  こちらにお住まいのO.さんが、「東松島へ来てよっっ!!!」という気持ちがよく分かりました。

 なかなか来ることがで出来なくて、ホントにごめんなさSdscn3133_2い。申し訳ないことこの上無いです。

 観光船関係者には悪いけれど、ワシらの漁船はサイコーでし た。船長?がO.さんと同級生とのことでしたが、まさに海の男でカッコいい!

 観光船Sdscn3145ではありえないスリル満点かつ丁寧なクルーズ。貴重な体験をさせていただきました。

  私の風邪と頭痛ですが、鳴子の温泉に2回も入り、普段の倍であろう7~8時間も睡眠を取ったせいか、大きく改善しました。

 今は、殆ど問題ありません。

 旅に出ると睡眠時間が取れて、風邪が治るというのは、なんとSdsc00774 いうことでしょう・・・・。

 この牡蠣をご覧下さいませ。

 現代の貝塚もありました。

  夕刻我がSdsc00775町に到着。

 帰宅する前に仕事場へ行きました。

  うれしいことに、お土産が届いていました。

 なんと中学3年生のY.君のお兄ちゃんが修学旅行で韓国に行ってきたとのことで、そのおすそ分けでしたSdscn3149

 このお土産も、二日間の研修も嬉しいことばかり・・・・。学んだことは、“誠実”に生きる、ということにつきます。

 “誠実”な友人を多く持って死んでゆくのが、幸せな人生といえるのかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳴子へ行く

11月12日(水)Sdscn3083

 午前7時50分集合発で、グリーン・ツーリズム研修鳴子行きです。

 風邪なのか熱っぽいし、御心配をいただきながらの出発でした。

 は昼食場所、研修なので、もちろんアルコールは抜きです、念Sdscn3087 のため。

 野菜といいましょうか菜っ葉がメインの昼食でした。

 その後は、ひたすら鳴子へ向かいました。

 役場の会議室のようなところへ案内されて、研修のメインとなる「鳴子の米プロジェクト」が生まれるまでのお話を お聞きしました。

 私は研修を受け入れる側として何回か経験はありますが、逆の立場というのはあまりないので、興味津々でした。

 ましてや鳴子のキレ者A.ちゃんのお話を聞けるのですから楽しみSdscn3089はこの上無いです。

 ところが、やってくれました。ワシらグリーン・ツーリズム促進員会9人の自己紹介で、約1時間を費やしてしまいました。

 ごめんなさい、A.ちゃん。

 さて、Sdscn3090そのお話の内容ですが、メチャクチャに面白いものでした。何故なら、我々が時を経つのを忘れるくらいだったからです。

 印象的だったフレーズを二つ。

 「米で希望を見出す」

 「昔の風景が戻ってきている鬼首」

 これらは、あまりグリーン・ツーリズム業界では表出してこないものです。地にしっかりと根を張るというのは、このようなことを言うのだろうと思いSdscn3097ました。

 ただ、これが鳴子がある大崎市や鳴子全体の取り組みでないことは触れておかなくてはいけません。ほんの一部の運動なのです。

 でも、ほんの一部であっても「光っている本物の“運動”である」ところに大きな 意義があるのです。

 鬼首山学校という廃校を活用した取り組みも見学させていただきました。この地区も坂Sdscn3100本分校と同じように地域の人々の想いがたくさん詰まった、地元や卒業生のアイデンティティに関わる“大 切な宝物”であることがよくわかりました。

 夜の研修もなかなか意義のあるものでした。来年の行事にも関わる話し合いがされました。

 何といっても、鳴子の温泉がホントに心地よいのが素晴らしい・・・・、たまらん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 11, 2008

頭痛一日じゅ~

11月11日(火)

 役場に午前中に行く約束が、頭痛とだるいのダブルで臥せっていました。Sdscn3076

 役場内三箇所をぐるり、薬局へ行ってお届けもの。

 ダウンタウンの文房具屋さんに自家用車が猪突猛進するという事故がありました。

 まるで映画のワンシーンのようなとんでもない状況の現場になっていました。

 若松市内「会津町方伝承館」では、今日から若松・白河・坂下の刻字教室の合Sdscn3079 同展が行われるので、行ってきました。

 「龍神」という作品を撮らせていただきました。

 夜は、村内67戸への各戸配布物の振り分け作業。(早く年が明けてくだされ・・・・)

 明日は、宮城県鳴子温泉泊でグリーン・ツーリズム研修です。

 よって、ブログはお休み?です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 10, 2008

何もしなかったような気分・・・・

11月10日(月)Sdscn3075

 ボーっとしていたような気分です。

 昼前に陶芸クラブに行っても何もする気が起きず、石膏盤を作ったのみでした。

 駐車場の桜の木の下にシイタケ発見?と思ったら、

 職員さんの誰かが、趣味で育てているとのこと。

 昼食は、気分がよろしくなくて、半分残してしまいました。(珍事です!)

 風邪、頭痛、気分が悪い一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多忙中に喜び2つあり

11月 9日(Sdscn3061_2

 今日は早朝より慌ただしい・・・・。

 地区の文化祭、区長会の協力、村内放送etc.

 Sdscn3063 午前9時半からは、「陶芸」の研修、分校市場・・・・。

 いつの間にか、分校には看板がありました。

 陶芸研修では、参加者のみなさんも各人が文化祭等で忙しいので、欠席やらテラコッタの作品を持参したら早退とか、「?」のスタート。Sdscn3067

 深夜3時過ぎまでかかって作ったプリントは、その辺でテラコッタの敷物になっていたり水で濡れて文字が滲んでいたりと無残な感じ・・・・。

 でも、その場にいた若いお母さんが、私が新聞折り込みをした広告を保管して下さっていることを知りました。同じプリントなのに、こちらはめちゃくちゃ嬉しい・・・・。

 Sdscn3058 こちら側の想いが、たった一枚の紙きれで“伝わった”ようで嬉しかったのです。

 さらに、御家族で分校に訪ねてくださったA.さん。娘さんとなんと20年ぶりの再会。中学3年生だったのに、昨年結婚して、もうすぐお母さんになるとのこと・・・・。

 分校前では、只見線に手を振るイベント。大したことではないようだけれど、これをアート的には「空間の共有」というらしい。ミョ~な面白さはあります。Sdscn3073b

 今日もテレビ局が来ていました。

 その後、三島町へ。こちらの某所が、またタイヘンな空間になっていました。この世とあの世の境界領域としかいいようがありません・・・・。

 夜は、「刻字教室」。8名の参加者、年賀状の干支印の制作に入りました。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 08, 2008

文化祭やら収穫祭やら・・・・

11月 8日(土)Sdscn3049_2

 今朝のアオサギ。

 通常は首をS字にして飛行しますが、飛び立った直後は、必死?なので、なりふりかまわず首が真っ直ぐです。

 いくら首を伸ばして飛行しても、鶴や白鳥にはなれません。悪しからず。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 サギの語源・・・・サギという言葉の由来は諸説が多くあり、特定出来ないのだが、有名な物として鳴き声が騒がしいことから「サワギ」が転じたという説がある。

♪:;;;:♪:;;;Sdscn3051:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

午後は、坂本分校に刻字作品を会長と共に搬入。

仮展示をして来ました。

  10代前半女子の悲しい胸の内

 手提げに“まりもっこり”をぶら下げていたのですが、その象徴的なる物が無いのです。

 聞くところによると、引っ張っているうちに取れてしまって、現在行方不明とのCopydsc00768_2 こと。

 「それじゃあ、“まりもっこり”じゃないよね!」と私が言うと。

 彼女は少し悲しげな顔をして

 「そうなんです、“まり子”になってしまったんですぅ・・・・・」と

豚汁うどんをぶら下げて、爽やかな風のように去っていったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ごめいわくをおかけして・・・・

11月 7日(金)Sdscn3044

 あちらこちらにご迷惑をおかけしております。

 けっして怠けているのではないのです。

 風邪気味だし、調子の悪い時には悪い方に転がっていSdscn3046 く・・・・。

 まさに、悪循環

 午後は、囲炉裏を坂本分校まで運んで、しばし歓談。

 精神を安定させるために「森」に行くことにしよう。

 森は、いいなぁ。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 06, 2008

朝靄の中をゆく・・・・

11月 6日(木)Sdscn3030

 列車は、新潟県の小出へむかっていきました。

 午前7時に窯に点火

 今日は「素焼き」の日です。テラコッタの作品群&鳩笛etc.Sdscn3033 が現在窯の中です。

こんなのも焼いています。

「大人の実験」?

これらのカップは、村の公会堂にあったもので、きれいとか清潔とは少々縁が遠い食器達です。

 カップの裏側には油性ペンで「区長」だの何だのって名前付です。白いカップは、ヒビ割れ(貫入)に染み付いた汚れが醜い・・・・。

 さて、これらは今窯の中、約800℃で焼いた後、窯から取り出すSdscn3036とどうなっているでしょうか?

 実験です。

 夕方、坂本分校へ、というお誘いもありましたが、窯番が私約1名Sdscn3038しかいないので、結局行けませんでした。

  ギャラリーアブドゥ(栄町オサダ 3F)での企画展「若杉儀子彫塑展」に行き、そこで、T.先生と待ち合わせ。⇒T.先生と共に、市内某事務所へ。

 その後、午後7時から、定例の区長会。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 05, 2008

農の風景会津 大豆編

11月 5日(水)Sdscn3006

 飯豊連峰は、何ゆえにあんなにも神々しいのでしょう。

 今日の飯豊連峰は、ひときわ美しかったです。

 Sdscn3003_2 雲一つない青空とは今日のような日をいうのでしょう。

  午前中は、大事な大豆のゴミ取り?

 「唐箕(とうみ)」のお出ましで、3人がかりで実行しました。

 ケッコウ、埃っぽい仕事です。Sdscn3009_2

 昔ながらの唐箕が大活躍でした。 

 唐箕に数回通したあと、ゴザの上に大豆を広げます。

 Sdscn3011_2 果たして何キロぐらいあるのでしょう?

 その後、「習い事」に行ってから昼食。

 午後は、DVD編集の作業手伝い?のようなもの・・・・。

 ああ、また今日も夕方になってしまった。 Sdscn3012_2

 夕焼けだぁ・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 04, 2008

虹の花畑

Sdscn2987 11月 4日(火)

 寒くなってきました。何故かサギもあまり見かけなくなりました。

 里山のアトリエ春秋フェスタ実行委員会は、会津坂下町との共催で、「JR只見線の車窓から見るアートの世界」という Sdscn2994 のを開催中です。

 そのキャッチコピーが「8秒間のアート・・・・、トンネルを過ぎると虹の花畑」というものです。

 でも、誇大広告といいましょうか、あまりにも主催者側の“想い”が強すぎでは?と懸念していました。

 ところが、なんということでしょう。Sdscn2993

 里山のアトリエ坂本分校の上に虹が架かっていたのです。

 8秒間ではありませんが、ほんの1分間ぐらいの“アート”を目にすることがSdscn2988出来て幸せでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

焼き物って売れるんだぁ・・・・

11月 3日(月)Sdscn2973

 町の文化祭でした。

 雨が降らなくて良かったかな。

 といっても、殆Sdscn2972どお手伝いも出来ず申し訳ございません、としか言いようが ありません。

 さて、「ばんげ陶芸クラブ」には、ある事件が起きていたのでした。

 Y.さんが今年の最高賞(日赤支部長賞)受賞したのです。Sdscn2975  クラブ員の間でも、「今年は、誰の作品かな?」と“さざ波”がありました。

 審査員の方に聞いてみたら、2年連続受賞もありうる、とのことでした。

 そこで、Y.さんの初受賞です。今年から始めた陶芸で、初受賞です。

 Sdscn2977 それも抹茶碗での受賞でした。

 特筆すべきは、名前が伏せてあるのに、このY.さんの作品群が売れに売れていたのです。

 私のを含めて、「陶器」は売れないのが常識とSdscn2976思っていたのに、Y.さんのが売れまくっていました。

 「売れる」というのは、」必ず理由があるはずです。それを探らなければなりま せん。

 それから、お隣のコーナーの方がご飯茶わんを持参されて、これと同じようなのを焼いて欲しいとのご要望でした。

 目が少し悪いので、白い茶碗ではなくて黒っぽいのが希望とのことでした。

 食器は「白系」が好きな私は、考えさせられました。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2008

なんか・・・・

11月 2日(/Sdscn2970

 文章が書けません、気力がわかないのです。

 やらなきゃならないことも、提出原稿も山積しているのに、全くと言っていいほどすすんでいません。

 まあ、フツーではないのは確かです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

秋といえば・・・・

11月 1日(土)Sdscn2922

 土曜日なのに、制服姿の高校生が一番列車にかなり乗り込んでいました。

 みなさんSdscn2929部活動なのでしょうか?御苦労さまです。

  午前9時30分に、町民体育館へ「刻字」作品の搬入。とにかく文化祭関係でいろいろあるもんです。

 午後は中学校の文化祭へ。Sdscn2943

 「親父バンド」を楽しみにしていました。

 フォーク系でかつ優等生系の感じでした。

 町内地Sdscn2938図を購入後、村のM.氏と立ち話。とかく、村はやっかいなことが多いもので す。

 夜は、アーティスト系の多彩な顔ぶれ、かつ少人数でパーティー?

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2008

ああ「芸術の“駅”」だわぁ・・・・

10月31日(金)Photo

 明日11月1日より、ギャラリーアブドゥ(会津若松市オサダビル3F)にて、若杉儀子氏による彫刻展です。

 「里山のアトリエ坂本分校」にて創作された作品も多く展示されSdscn2906るそうです。

  坂本分校は、多様な人々が集う「芸術の“駅”」または「分校の駅」かな、と思う時があります。

 出会いや別れもあります、まさに“駅”です。

 今日も、SLの試運転がありました。Sdscn2912

 今、町中は、「文化祭」の準備で大忙しです。午前9時から「ばん げ陶芸クラブ」の皆さんも準備をされていました。

 刻字関係者は午後準備をしていました。

  明日Sdscn2914から彫刻展という若杉氏は、朝から準備で大忙しです。

 なんと、今朝、窯から出たばかりの氏のテラコッタ作品をギャラリーまで持参させていただきました。

 は、町民体育館に展示されていた、七宝焼の作品です。

 「春」という古代文字です。新しい試みをしているのが素晴らしいです。Sdscn2915

 明日は、地元中学校で「文化祭」が開催されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »