« 頭痛一日じゅ~ | Main | 鳴子から東松島へ »

November 14, 2008

鳴子へ行く

11月12日(水)Sdscn3083

 午前7時50分集合発で、グリーン・ツーリズム研修鳴子行きです。

 風邪なのか熱っぽいし、御心配をいただきながらの出発でした。

 は昼食場所、研修なので、もちろんアルコールは抜きです、念Sdscn3087 のため。

 野菜といいましょうか菜っ葉がメインの昼食でした。

 その後は、ひたすら鳴子へ向かいました。

 役場の会議室のようなところへ案内されて、研修のメインとなる「鳴子の米プロジェクト」が生まれるまでのお話を お聞きしました。

 私は研修を受け入れる側として何回か経験はありますが、逆の立場というのはあまりないので、興味津々でした。

 ましてや鳴子のキレ者A.ちゃんのお話を聞けるのですから楽しみSdscn3089はこの上無いです。

 ところが、やってくれました。ワシらグリーン・ツーリズム促進員会9人の自己紹介で、約1時間を費やしてしまいました。

 ごめんなさい、A.ちゃん。

 さて、Sdscn3090そのお話の内容ですが、メチャクチャに面白いものでした。何故なら、我々が時を経つのを忘れるくらいだったからです。

 印象的だったフレーズを二つ。

 「米で希望を見出す」

 「昔の風景が戻ってきている鬼首」

 これらは、あまりグリーン・ツーリズム業界では表出してこないものです。地にしっかりと根を張るというのは、このようなことを言うのだろうと思いSdscn3097ました。

 ただ、これが鳴子がある大崎市や鳴子全体の取り組みでないことは触れておかなくてはいけません。ほんの一部の運動なのです。

 でも、ほんの一部であっても「光っている本物の“運動”である」ところに大きな 意義があるのです。

 鬼首山学校という廃校を活用した取り組みも見学させていただきました。この地区も坂Sdscn3100本分校と同じように地域の人々の想いがたくさん詰まった、地元や卒業生のアイデンティティに関わる“大 切な宝物”であることがよくわかりました。

 夜の研修もなかなか意義のあるものでした。来年の行事にも関わる話し合いがされました。

 何といっても、鳴子の温泉がホントに心地よいのが素晴らしい・・・・、たまらん。

|

« 頭痛一日じゅ~ | Main | 鳴子から東松島へ »

Comments

鋭いなぁ・・・・
 当ブログは、かわしん様のような熱心な読者によって支えられています。
 ありがとうございます。

Posted by: かわしん様 | November 15, 2008 08:00 AM

頭!頭!

Posted by: かわしん | November 15, 2008 12:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鳴子へ行く:

« 頭痛一日じゅ~ | Main | 鳴子から東松島へ »