« はかどらない&落ち着かない | Main | 寒い朝 »

November 27, 2008

写真の新たなテーマ発見か???

11月26日(水)Sdscn3303

 村役員の仕事でもあるのですが、久しぶりにお天気が良かったので、火の見櫓(やぐら)に登ってみました。

 何もあまりにもヒマだから高いところに登ったワケではありません。本来ならば、消防団の幹部の許可が必要でしょうが、下見という区長権限で登りました。

 Sdscn3300 てっぺんに、村管理の朽ちたスピーカーがありまして、それを撤去せにゃならんのですが、プロの電気屋さんに頼むとタイヘンなので、ワシが出来るかな?という下見です。

 ところが、この“てっぺん”って、結構怖いのです。風が吹くと揺れるのがわかるのです。 

 Sdscn3299 町内には、ほぼ各村ごとに火の見櫓があります。町内のすべての火の見櫓の上から村を見下ろして東西南北を撮影したら面白いかもしれません。

 なぜなら、「そんなおバカな写真展を見たことが無いからです。」

 「世界の車窓から」に非ず、「各村の櫓から」というテーマです。

 いかがでしょう?

※左↑の画像二枚は、今の季節の雪山に見えませんか?実は、ただの田んぼの 灰です。灰のいたずら(芸術)です。

|

« はかどらない&落ち着かない | Main | 寒い朝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真の新たなテーマ発見か???:

« はかどらない&落ち着かない | Main | 寒い朝 »