« June 2009 | Main | August 2009 »

July 31, 2009

今日の坂本分校周辺

7月31日(金)Sdscn7374

 ああ、今日で7月も終わりかぁ・・・・。

 午前7時集合、作業開始。

 朝仕事は、もっと早い時間帯の方がいいのでしょうけれども・・・・。

 Sdscn7378 少しずつ「里山」になっていく様で、楽しいですな。

 今日の割り当て分終了後、分校の裏の草刈りをしました。

 分校近くの「無人販売所」にスイカが並び始めました。

 「里山」で現在実施中の“作業”は“地拵え”(ジゴシラエ)というのだそうです。Sdscn7376

 この“作業”の面白さが体感出来ない人は、「もったいないなぁ」と思います。

 森に入ることが、我らの奥深くに在る“縄文”のDNAを覚醒しているような“興奮”があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OH!シエスタ!

7月30日(木)Sdscn7361

 朝虹蓑着ろ!で、今日の一日はスタート。

 ホントに、雨は降るのかな、なんてノーテンキ。

 Sdscn7364 一個だけれど、桃なんかもらっちゃったりして、いい日になりそうな予感

 ところが、初めてキイロスズメバチに刺されてしまいました。

 左手の親指の付け根辺りにノンキに留まっていました。

 あっと思ったら、釘で刺したような痛みがズン・・・・。Sdscn7366

 年間約30人が命を落としているとか、自分で車を運転して病院へ行き、玄関で命を亡くした方の話とか etc. 頭を駆け巡りました。

 どうしよう、と思ったけれど、刺されたところをつまんで絞ったりして、とにかく車へ移動。

 汗だくの姿で病院にいくのだから、せめてと、いつも「桐の湯」に持参している ブラシを取り出して、髪型を整えるというミョ~に冷静な自分もそこにはあったのでした・・・・。

 病院では、点滴。Mdsc00102

 カーテンで仕切る様になっているズラリと並んだベッドがなんと空いているではありませんか。

 「今日は空いてますね?」と私。

 「ええ、まだ朝早いですからね!」と優しい看護士さん。

 「そうか、朝早かったんだ・・・・」と納得

 涼しいところでの点滴で、ついウトウトした私も悪いが、念入りの長時間だったような気がするなぁ?

 今日は、ビミョーなシエスタになってしまいました。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 29, 2009

映画の日か?

7月29日(水)Simg7292159520001

 今日は映画を観るために県境を越えて米沢市のワーナーに行きました。

Sdsc00100  中学生四人のお供で、保護者&運転手?ってとこでしょうか・・・・。

 私は一人、「剱岳 点の記を見てきました。観客席は3割ぐらい埋まっていたでしょうか。

 影像の美しさが評判の映画でしたので、それにはまぁSdscn7355満足。

 かなりの望遠レンズで撮影していたので、その撮影の苦労を想像しまし た。

 ドラマという点ではどうかなぁ・・・・。

 帰路、「楽篆工房」と「原写真館」に立ち寄りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2009

スクランブル・草刈り・分校

7月28日(火)Sdscn7339

 朝から、下絵色付けをやって、今日は本焼きをしようかと予定をしていたら、スクランブルの電話があって、喜多方の病院に行くことになりました。

 その後Sdscn7342、正午を挟んで、約一時間窯小屋南一帯の草刈り

  昼食後、洗濯&風呂を掃除してから「里山のアトリエ坂本分校」へ。

  「里山のアトリエ坂本分校」の校庭では、近所の小学生達が「鬼ごっこ」や「だるまさんが転んだ」で遊んでいました。 Sdscn7345

 JR只見線の列車は分校前をいつものように走っています。

 分校前の森へ入るための橋を作り、設置してきました。試みですが・・・・。

 設置しよSdscn7349うとしたら、「何やってんの?」と地元の女の子二人が自 転車でやってきて、橋の渡り初めをしてくれました。

 わざと、そんなにジャンプしなくてもいいのに・・・・。

 ありがとうねSdscn7353

 自転車にバケツ持参で遊んでいるところがステキです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天栄村に行ってきました

7月27日(月)Sdscn7333

 午前中、庭の芝刈りを草刈り機でやりました。

 天栄村でSdscn7334大事な用件があったので、急行。

  会場である文化の森“てんえい”の施設、これがハイテクで驚きました。

 映写機器等の豪華さ、観客席の収納。Sdscn7335

 一番驚いたのは、ステージが山折に立ち上がって、格納されたことです。

 次に驚いたのは、全ての椅子の脚がテニスボールの靴?を履いていSdscn7338ました。

  珍しかったので、聞いてみたら、村内でテニスが盛んなので、その副産物とのことでした。

 終了後、直帰!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2009

森へ帰る

7月26日(日) Sdscn7320_2

 午前6時から、村公園の草刈。⇒自宅前の芝草刈。⇒頼まれていないグリーン・ツーリズム関係の草刈。途中からプロの草刈り集団がやってきたので、バツが悪くなり移動。⇒教育の森へトマトお届け。

 Sdscn7325_2  午前中は、「里山のアトリエ坂本分校」前の森へ。

 夕方午後4:30より、三島町交流センターやまびこが会場となったエレルヘイン少女合唱団のコンサートへ。

 合唱の国エストニアの森から~妖精たちの歌声~。

 素晴らしいコンサートでした。Sdscn7326

 フィンランドから高速船で1時間半という立地と、タリン市旧市内を中心とした観光をいかし、近年観光経済が発達しているというエストニア。

 コンサートの冒頭、指揮者の方が。「森に囲まれたところに戻ってきました。」との言葉が印象的でした。

 森の妖Sdscn7330精の歌声に感動してしまいました。

 海に面し、背後に巨大なロシアが控えるエストニア。

  今日の妖精達の親や祖父母の時代には、悲しい出来事が多くあったことも忘れてはなりません。

 その後「刻字教室」、自作印の袴(ハカマ)を作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最高の肥やしとは・・・・

7月25日(土)Sdscn7300

 「一の肥やしは主の足跡」という言葉を、今日のテレビドラマのせりふから知り、メモしました。

 「作物にとって一番の肥料は、農夫の足音」、または作物への話しかSdscn7298け、と言ってもいいのかも知れません。

  「奇跡のリンゴ」の著者、木村さんの言葉や実践にも通じるものがあります。

 今日はアオサギさんがいないかもしれないと思って、田んぼの中で仕事中の知人を撮影。Sdscn7299

 でも、アオサギさんはいました。

 「里山のアトリエ坂本分校」に行ったら、I.さんが作ったランチをご馳走になりました。

 本日は、男二人で昼食。

Sdscn7302  その後、坂本分校前の森へ。

 何かをするわけではないのです、暑い日だったのに、ただ森の中を歩くだけなのです。

 昨日との違いを観察するだけです。Sdscn7311_2

 主(あるじ)ではありませんが、ただ足跡をつけてきただけなのです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 24, 2009

アサニジミノキロ

7月24日(金)

 「アサニジミノキロ」というという呪文のような言葉。Sdscn7298

 「朝虹蓑着ろ!」という古人の知恵?農作業時の命令文?だったのです。

 本当に午Sdscn7291後になって雨が降りました。

  今朝は、山に行く前に、掘ったジャガイモを米袋に約5袋、畑から車庫に運びました。

 その後、「里山のアトリエ坂本分校」前の森へ。

 今日は、3人での作業でしたが、途中からチェーンソー持Sdscn7288 参で強力な助っ人が登場しました。

 この山の持ち主M.さんの登場です

 M.さんのおかげで、我々は縦横無尽に刈まくり、切りまくりが出Sdscn7295来るわけです。

  ところが、M.さん曰く「こんな伐採じゃなくて、もっと大胆にやらなきゃダメよ!」

 下草刈って、伐採して、光と風が通るようになったら木は成長するんだから、それを考慮の上で、桜等の花木の配Sdscn7296 置を考えた方が良い、とのアドバイス。

 なるほど・・・・。

 有機農業のみならず、林業まで博学なM.さんでありました。

 帰宅して、自宅のジャガイモ畑あたりの草刈り。

 車に乗り降りする時に、いちいち声を上げてしまう私。

 こういうのを“音を上げる”、というのでしょう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山仕事3日目!

7月23日(木)Sdscn7280

 晴れていましたが心地よい風が吹いた日でした。

 山を拓く「花の森プロジェクト」。

 Sdscn7268 ミヤマカラスアゲハ(たぶん)を仕事始める前に発見!

 ミヤマじゃなくてハヤマなのに、ミヤマカラスアゲハが飛んでいるとは・・・・。

 やっと人の手の入った「里山」らしくなってきました。

 こうなってくると日に日に変化する「里山」が楽しくなってSdscn7281 きます。

 “カルヨ”というのは“男性名詞”とのコメントがありましたので、カルヨちゃん改めカルヨくん。

 どうも今日は調子が出ないような草刈りカルヨくんでしSdscn7274 た。

 森には火の鳥が現れました。

 本日「陶芸クラブ」例会日でしたが、参加者ゼロだったので、再び山に戻りました。

 トラブル続出の「山仕事」ですが、休憩と昼食が何よりの楽しみですSdscn7283

 しかし、分校関係者は全員が身体のあちこちが痛いらしい・・・・。

 どれぐらいツライかというと、私は車の乗り降りに難儀しています。

 だのに、山仕事中は殆ど支障がありません。

 明日も山?に入ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2009

午前中のみ山仕事

7月22日(水)

 部分日食の日でしたが、曇天でもありまして、それを忘れて“山の草刈り”をしSdscn7252 ていました。

 草を刈ったら、「森の王様の椅子」と名付けられた切り株が現れました。

 今日は4人での作業。とにかく森を拓かなければならいのです。草刈りをしながら、今日も農地を開拓した農民の気持ちに思Sdscn7257_2 いを馳せました。

 草刈りだけでなく、木の切り株の掘り起こしなどを人力でやったことを思っただけでめまいがしそうになります。

 北海道で一日の作業が一人で一坪だけの日があったというのも本当だろうと思います。

 それも毎日の作業だったのです。Sdscn7254

 私達は、午前中4時間の作業でギブアップしました。

 午後はゆっくり休養する人や温泉に行く人etc.

 明日も作業があります。

 新しい刃を付けた「草刈機」は大活躍

 昨日と今日は“カリナちゃん”、明日は“カルヨちゃん”がデビューするそうです。

 さて、“カルヨちゃん”は働き者の娘でしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 21, 2009

山の仕事でした

7月21日(火)

 朝から雨。

 20数年前に買った、バイク用雨合羽?を持参しての参戦でした。Sdscn7248

 「里山のアトリエ坂本分校」前の雑木林を散歩できる森にしようプロジェクト!

 これがまた、足の踏み場も無い状態の林に入って行くのです。Sdscn7247

 “やますけの森”と比べたら数段ハードな作業です。

 今日は女性含む5~6人での作業。

 山には黒い服がよろしくないというのは本当のようです。

 有刺鉄線といいましょうか太い番線のトゲ付きのような蔓(つる)には困りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2009

祭りの後のような・・・・

7月20日(月)Sdscn7246

 里山のアトリエ坂本分校は、ひっそりとしていました。

 まるで「祭りの後」のような雰囲気でした。

 Sdscn7242 午前中は、「陶芸クラブ」例会日でしたが、本日は約2名。

 “分校カップ”は、プラス3個完成。

 素焼きと平行作業・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009 東北ツーリズム大学福島カレッジ会津坂下キャンパス 2日目

7月19日(日)Sdscn7211

 宿泊のお客様の朝食は、T.K.G.(卵かけご飯)。

 “やますけ農園”山口英則氏の愛する鶏さんたちの愛情Sdscn7220 あふるる“卵”による「卵かけご飯」。

 次に「分校を楽しむ」ということで、ツーリズム大学の会場となった里山のアトリエ坂本分校2階奥の教室での講座がありました。

 水彩で草花を描いたり、金網アートフラワー?作品を創ってから、受講生スピSdscn7229 ーチ。

 そして、閉講式がありました。

 またお会いしましょう・・・・。

 Sdscn7232 分校では“デッサン会”が、行われていました。本日は若い男性がモデル。

 私は、“分校カップ”づくり。

 なんと、本日そのカップを2個も買っていただきました。

 ありがとうございます。

 予約が計4個入っているので、在庫がゼロにならないように、“分校カップ”焼きまくらなければなりません。Sdscn7238

 嬉しい悲鳴です

 ありがとうございます。

 夕方は、三島町へ。

 Sdscn7239 三島町といったら“桐の湯”&道の駅ソフトクリーム。

 夜の分校では、劇団の方々が本番に向けて稽古をしていました。

 里山のアトリエが、本格的に動きだしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2009

2009 東北ツーリズム大学福島カレッジ会津坂下キャンパス

7月18日(土)

 あいにくの雨でしたが、汗をかかないくらいの気温になり、それはそれで良し。

  町長挨拶後、里山のアトリエ坂本分校校歌斉唱「キャベツ」。

 公開講座として“地域をつなぐ「東北ツーリズム大学」”と題して、岩手県遠野Sdscn7227 市本田敏秋氏が講演。氏は、東北ツーリズム大学学長でもあります。

 心太とカキ氷楽しむ、という休憩後。

 “きき書きの実際”というワークショップを伴う講座を行いSdscn7231 ました。

 会津学研究会の多大なるご協力もあったのですが、古川利意氏の語りにひきこまれた講座となりました。

 今日の受講生は、ほんとに幸運です。

 Sdscn7196 有意義で楽しいツーリズム大学になったなぁと、主催者側ながらも思いました。

Sdscn7201

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2009

“夏”の風景かな?

7月17日(金)Sdscn7165

 早朝、頼まれていない箇所と「里山のアトリエ坂本分校」周辺の草刈りをしました。

 Sdscn7166 磐梯山と夏らしい雲。

 町の商店街の景色も、“夏模様”。

 明日からの「東北ツーリズム大学」の件で、三島町の某所へ。

 とにかく、「ツーリズム大学」の準備一色に染まる「里山のSdscn7168 アトリエ坂本分校」でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2009

第一弾“焼成中”

7月16日(木)/Sdscn7152

 朝、「陶芸クラブ」例会日だったので、行こうとしたら、役所からの要請でスクランブル「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 Sdscn7160 今日の陶芸クラブは3人。

 空だったので、急遽“分校カップ”に「釉薬がけ」をしてみようと決定

 たったカップは9個というのに、それぞれが透明釉を含めると5種もの色になるので、これがケッコー時間がかかりましSdscn7157 た。

 夕方Sdscn7162には窯(電気)詰め⇒焼成開始。

  さて、どんなものでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2009

どっとTSUKAREが・・・・

7月15日(水)暑いSdscn7147

 朝から暑いのですが、農村公園の草刈りです。

 ちなみに、誰からも頼まれてもいない純粋?“草刈り”です。

  Stheier 今日は、親族の告別式参列の為、市内へ。

 帰宅後、0.5時間ほど眠ってしまいました。

 昨日の頂き物、一人分の紅茶。

 飲んでビックリ、チョコレート風味でした。

 夜は、東北ツーリズム大学のテキスト資料となる「古い写Sdscn7149真」の スキャンと選定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2009

優しい草刈り・・・

7月14日(火)

 昨日のブログ記事に熱心な読者の方から、コメントをいただきました。Sdscn7145

 私の草刈り機カリナちゃんの仕事ぶりが「ずいぶん優しい・・・・」とのこと。

 草刈りって単純作業のようで、そうでもないのです。

 イヤホンで音楽聴きながらやってみよう、なんて気も起きません。何故なら、カナリ危険を伴う作業なので、集中しなきゃならんからです。

 コメントとは関係なく、今日「花の森」の作業道路としての使用箇所、「仕上げ」の草刈りをしました。

 Sdscn7146 でも、自分でもあまりその“違い”がワカライのが少々悲しいような・・・・。

 「里山のアトリエ坂本分校」内では、NTTの電話工事がありました。

 これで本格的に坂本分校はリニューアルして、動きだします。ある意味、事務機能等、再スタートです。

 本日夕、通夜出席(市内)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2009

キリンサントリー

7月13日(月)

 キリンとサントリーが経営統合するそうです。

 来月30日(日)総選挙だそうです。

 政党も経営?統合するのでしょうか? Sdscn7137

 社風も売り方も味も違うのに、統合してしまっては魅力が薄まる一方では・・・・・。

 あっ、飲み物だから薄めて売るのもOK?

 それはともかく、“分校カップ”を作る時間がなかなか取Sdscn7139れません。

 せめて3時間ぐらいはまとまった時間が欲しい・・・・。

 午前7時から「里山のアトリエ坂本分校」前の花の森の下の農道の草刈り約1時間半。

 草汁と雨に濡れたので帰宅して着替えようとしたところに、親族に不幸があったとの知らせ。

 Sdscn7140 市内へと車を飛ばしました。

 正午頃、陶芸クラブへ。

 5分もしないうちに、家人から送迎依頼

 午後は、坂本分校にて“分校カップ”の高台削り。

 帰路、途中で米搗きをして帰宅。

 なんてことを、“分校カップ”第一陣を素焼きしながらやっていた一日でした。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

頭が“分校カップ”?

7月12日(日)Sdscn7119

 頭が“分校カップ”状態?

 そんなことはありませんが・・・・。

 Sdscn7120 大豆畑も立派に育っています。

 里芋の葉っぱに“小宇宙”を発見しました。

 早朝より、「里山のアトリエ坂本分校」へ行きました。

 08:35am・・・駅へ。

 09:55まで、自宅周辺の草刈り。 Sdscn7123

 10:00am・・・予備消防放水訓練

 午後、再び「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 Sdscn7133 夜は、「刻字教室」

 その後、「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 とにかく、“分校カップ”を作らないことには、話になりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2009

とにかく“分校カップ”

7月11日(土)Sdscn7107

 真夜中といいましょうか超早朝?といいましょうか、“分校カップ”を作り、今朝も午前9時過ぎに「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 本日は午前10時より“デッサン会”でした。

 Sdscn7108 今日のデッサン会の風景等は、上記分校ブログ参照、とさせていただきます。

 坂本分校前の花壇は立派な畑になりまして、私が植えたカボチャも根付いたようです。

 夕方、市内へのスクランブルがかかったので、行ってきました。

 駅前の刻字関係のO.さんのところにお届けものがあったので、ちょうど良かった。

 “分校カップ”100個目標に、明日も作ることにしましょう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2009

花器の基本的な事柄

7月10日(金)/Sdscn7068

 午前中何時ごろに「里山のアトリエ坂本分校」に行ったのか思い出せない、というのはタイヘンよろしくないです。

 Sdscn7075 帰宅して昼食TKG(卵かけご飯)、もちろん“やますけ農園”の長井生卵

 その後〒局や銀行へ。

 午後3時過ぎに、再び分校へ。Sdscn7085

 東京からテレビ局の取材クルー、劇団わらび座の方の来訪。

 賑やかで楽しい、坂本分校でした。

 昭和村K.さんのカスミ草、分校に飾ってみました。

  ところがSdscn7082、そのK.さんから、「花瓶のいのちは、内側の清潔さです。つまり、スポンジで傷を付けないように、中性洗剤で手洗いできる構造です。そうしないとバクテリアが増殖してしまい、花のいのちが短くなります。」との貴重なアドバイス。

 ああ、私の花器、基本的な設計からやり直さなければと思いSdscn7086ました。

 でも、その“制約”に“制作意欲”が沸きます。

 今日も、“分校カップ”が3個増えました。

 こんなペースじゃ、今月中に100個は無理ですな。

 反省ひたすら反省!

 “分校カップ”に命をかける

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2009

思慕・・・

7月 Sdscn70539日(木)/

  朝仕事として「里山のアトリエ坂本分校」に行きました。

 時間的には約1時間半の滞在でしたので、“分校カップ”1個しか仕上げることが出来ませんでしSdscn7054た。

 二人の来訪が分校にありました。

 その後、私は「陶芸クラブ」へと 向ったのでした。

 今日は、Sdscn7056雨、クラブは二人のみ。

 それもまた、良き哉!

  でっかい湯のみ?を作りました。

 右側の起き上がり小法師と比べて下さいませ。Sdscn7059

 午後は15時に大事な取材がありました。ちなみに、私は撮影する側です。

 自宅前の芝生には今年も“ネジバナ”が咲いていました。

 ネジバSdscn7060ナの花言葉は「思慕」だそうです。

  昭和村のカスミ草です。

 このカスミ草にお似合いの花器とはどんな“感じ”でしょう・・・・。

 とバタバタしているうちに1日が過ぎ去るのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うるうる

7月 8日(水)/

 「里山のアトリエ坂本分校」に、今日は午前と午後の2回行きました。Sdscn7048 途中お稽古事で抜け出して昼食。

 昼食はTKG(卵かけご飯)、もちろん“やますけ”さんの卵。

 分校では、分校理事の方々が各人作業をしていましたが、Sdscn7049 私は、ひたすら“分校カップ”作りです。

 その辺は私は理事じゃないから気楽なもんですな・・・・。

 というより、理事の方々から、“分校カップ”せめて50ぐらい作ってみなよ!と優しきプレッシャーがかかっているわけです。

 分校には、若い女性の来訪者があり、数時間の滞在。“分校カップ”の完成するSdscn7050 までを実演と共にご説明させていただきました。

 夜は、竹内まりやの曲を聴きながら原稿を書こうかと思ったら、これがいけなかった。

 曲の詩のドラマ性にひかれて、仕事どころではなくなってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2009

第1バーレー種 たいへい

7月 7日(火)Sdscn7042

 「里山のアトリエ坂本分校」の周辺(主にR49の北側)では、葉タバコの畑があります。

 私にとっては珍しいので、生産農家の人に時折尋ねることSdscn7043 があります。

 畑の畝の端には黄色い花が咲いています。虫を追う為なのだそうです。

 この葉タバコの品種が今日のタイトルです。

 可憐なピンクの花が咲いていました。Sdscn7038

 今日は早朝より「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 地元の方から「何だって朝早いこと・・・・」と言われてしまいました。

 Sdscn7041 分校“彫刻科”の先生の作品を車からおろして、分校前で記念撮影して分校内に設置。

 分校前のU字溝掃除などをしてから、“陶芸科”アトリエにて作品制作。

 とにかく、一つ一つ“分校カップ”を作るのが私の使命です。

 右腕の帯状疱疹がカユイ。

 原稿も書かなきゃならんし・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2009

洗車雨(せんしゃう)

7月 6日(月)ちょっとSdscn7024

 確かに雨が降りました。

七夕前日の雨を、「洗車雨」というのだそうです。
今日、彦星は明日の織姫とのデートに備えて、自慢の愛Sdscn7027 車をせっせと洗い、磨きをかけているのだとか・・・。そのときの水しぶきが雨となって…ということで、洗車雨というのだそうです。

愛車=牛車。

牛車の水しぶきかぁ・・・。Sdscn7029

 自宅前の草刈り、頼まれていないところ2箇所の草刈り。そこへ、イタズラでカボチャの苗を植えてきました。

 午前中は陶芸クラブ、粘土の調整だけで終わりました。今日は5名の参Sdscn7032加。

 みんさんが徐々に大物(中物?)をロクロで制作しているのが素晴らしいです。

  午後4時まで、ギャラリーアブドゥへ。Sdscn7036

 今日の仕事は彫刻作品を搬出・搬送することです。このような機会はなかなか無いので、自宅庭に少しだけ置かせていただきました。

 Sdscn7035 彫刻作品があると、その場の空気が劇的に変わるというのを実感することができました。

 右腕にどうやら帯状疱疹、こんなところに出たのは初めてですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2009

盛りだくさんで・・・・

7月5日(日)Sdscn7001

 お天気もそうですが、今日の一日が盛りだくさんでよく思い出せません。

 「里のアトリエ坂本分校」に行って、“教育の森”へSdscn6998

  教育の森では「森のアートワールド」が行われていました。

 軽石彫刻をやっていました、小さな子どもにSdscn6999はチョッと難しい作業だったのかもしれません。

 軽石が少しずつ形を変えてゆくことが、おもしろいのかもしれません。

 今日の彫Sdscn7015刻家の先生の作品は“フクロウ”。

  森にお似合いの作品です。

 中学1年生の“食べかけドーナツ”もステキです。森の中で誰が食べたのでしょう・・・・。Sdscn7005

 アオサギさんは、今日も田んぼの中で太極拳をやってい ました。

 帰宅してから、あっちこっち。

 Sdscn7006 再び“教育の森”へ。

 午後も「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 今日は、“分校カップ”を3個作りました。

  Sdscn7021

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2009

新学科が動き出す

7月4日Sdscn6970(土)

  朝一番の下り列車を“流し撮り”で撮影。

 我ながら、やっと「作品」と言えるような“流し”が撮れたように思いました。

 「里山のアトリエ坂本分校」(←「坂本分校陶芸科」 参照)の活発に活Sdscn6977動している彫刻科に続きまして、陶芸科も動きだしました。

 新学科が動き出すのは、それはモオ~タイヘンなことです。といっても私一人の学科ですが・・・・。

 分校ブランドの分校カップを作らなければなりません。これは、分校の商品であり、お客様用としても必要なものです。

 「里山のアトリエ坂本分校」の理事の方々からも急かされております。Sdscn6982

 午後1時半まで、昼食抜きで分校にいまして、その後一時帰宅⇒会津若松駅⇒塩川経由で帰宅しました。

 懐かしい国鉄時代の「特急あいづ」が磐越西線を走っていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2009

分校に陶芸科?

Sdscn6951 7月3日(金)ちょっとだけ

 恵みの雨でした。

 昨年から養鶏農家になった“やますけ”さんのブログにもSdscn6961 ありましたが、農業者にとっては天からの雨がいかに恵みとなるか・・・・。

 午前中「里山のアトリエ坂本分校」(←参照)に行って、カボチャの苗を移植しました。

 夕方、いいタイミングで雨が降りました。Sdscn6957

 この雨のありがたかったこと、感謝感激でした。

 カボSdscn6960チャもカエルも欣喜雀躍していたことでしょう。

 分校の職員室の隅に、陶芸科アトリエが完成?しまし た。

 カボチャ畑の西に、ムクゲが植樹されました。

ムクゲといえば・・・・大韓民国の国花で、しばしば韓国の象徴とされ、国章にも意匠化されています。また、韓国内ではホテルの格付けなどの星の代わりにも使用されています

 今日も楽しき、坂本分校でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2009

分校の持つ“力”

7月 2日(木)Sdscn6938

 午前中は「陶芸クラブ」例会日。構想はあるのですが、作陶する気が起きません・・・・。

 Sdscn6943 タイヘンいけないこと?状態?です。

 昼食後、駅⇒自宅⇒「里山のアトリエ坂本分校」と行ってまいりました。

「里山のアトリエ坂本分校」では、数人がそれぞれ大活躍でした。分校の持つパワーのなせる業としか思えません。Sdscn6949

 分校から、かつて舟橋のあった片門経由で帰宅。

 風景の変わりように驚きました。山が無くなっていました。

 その後、会津風雅堂へ行って、ミュージカル「火の鳥」(わらび座)を見てきました。原作は手塚治虫。

 今年2回目のミュージカル鑑賞でしたが、今回もなかなか面白かったですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2009

旅人よ・・・・

7月 1日(水)Sdscn6937

 前回に引き続き、北海道からの来訪者がありました。

 旅人です。ホントは研修ですが・・・・。

 Sdscn6915 玉ねぎを10町16町も作っているという話に驚いていた私達でしたが、彼らは我が家の玉ねぎ一つ一つが大きいのと無農薬というのに驚いていました。

 昔も今も、旅人から得られる情報の興味深さよ・・・・。生きていくのに有益な情報はもちろん「キツネにバカされた話」のようなものもたくさんあったのだろうと思うのです。

 見たことのない景色を想像することの愉しみ。それらの愉しみもすべてテレビがSdscn6924 無くしてしまったのかもしれません。

 アルコールが入っても眠れなかったり熟睡出来ない状態なので、調子がよろしくありません。

 Sdscn6918 午後は会津刻字展の搬入の様子を撮影してきました。

 市内へ行く途中、茶髪のアマサギさんがいました。

 なかなかいいショットを撮らせてくれないところが彼のいいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宇宙人かな???

6月30日(火)Sdscn6899

 「陶芸クラブ」の看板の色の塗り替えをしました。

 ゴイサSdscn6906ギさんは、正面からみるとまるで宇宙人のようです。

  私が作った植木鉢に自分でほうき草を移植してみました。

 移植してわかったこと、この草は移植を嫌うのだそうです。しかし、根付いたようです。Sdscn6904

 太陽が大好きでは、外に出さなきゃなりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »