« 思慕・・・ | Main | とにかく“分校カップ” »

July 10, 2009

花器の基本的な事柄

7月10日(金)/Sdscn7068

 午前中何時ごろに「里山のアトリエ坂本分校」に行ったのか思い出せない、というのはタイヘンよろしくないです。

 Sdscn7075 帰宅して昼食TKG(卵かけご飯)、もちろん“やますけ農園”の長井生卵

 その後〒局や銀行へ。

 午後3時過ぎに、再び分校へ。Sdscn7085

 東京からテレビ局の取材クルー、劇団わらび座の方の来訪。

 賑やかで楽しい、坂本分校でした。

 昭和村K.さんのカスミ草、分校に飾ってみました。

  ところがSdscn7082、そのK.さんから、「花瓶のいのちは、内側の清潔さです。つまり、スポンジで傷を付けないように、中性洗剤で手洗いできる構造です。そうしないとバクテリアが増殖してしまい、花のいのちが短くなります。」との貴重なアドバイス。

 ああ、私の花器、基本的な設計からやり直さなければと思いSdscn7086ました。

 でも、その“制約”に“制作意欲”が沸きます。

 今日も、“分校カップ”が3個増えました。

 こんなペースじゃ、今月中に100個は無理ですな。

 反省ひたすら反省!

 “分校カップ”に命をかける

|

« 思慕・・・ | Main | とにかく“分校カップ” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花器の基本的な事柄:

« 思慕・・・ | Main | とにかく“分校カップ” »