« 「稲架掛け」を何と読む? | Main | 輝け青春・・・・ »

September 25, 2009

菅の乱れ恋?

9月25日(金)

 引っこ抜いた小豆(アズキ)をビニルハウスに移動。Sdscn8345

 畑の周囲を、ドクターストップ中(←大げさ)の“草刈”。

  昼食後ちょっと買い物。

 午後、午前中刈った草を一輪車で集めて、堆肥場に積みました。

 すると、通り過ぎる村内の方お二人が、「何をしている?」というような問いかけをしてこられました。

 奥会津では、あたりまえに刈った草を集めているのに、私の行動は、“珍”だったのでしょう・・・・。

 Sdscn8343 庭に紫色の花?

 「山菅の 乱れ恋の みせしめつつ 逢はぬ妹かも 年は経につつ」 

 意味:恋心を乱れさせるばかりで、会ってくれないあの娘(こ)。年は過ぎて行くばかりなのに。。。

 紫色の小さな花?は、「ヤブラン(藪蘭)」、別名「山菅」だそうです。

 彼岸花の生い立ちも、なかなか興味深いものがあります。Sdscn8347

日本には、中国朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物といわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。

 

|

« 「稲架掛け」を何と読む? | Main | 輝け青春・・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 菅の乱れ恋?:

« 「稲架掛け」を何と読む? | Main | 輝け青春・・・・ »