« 実像と虚像 | Main | 菅の乱れ恋? »

September 25, 2009

「稲架掛け」を何と読む?

9月24日(木)Sdscn8327

 村の近くの田んぼの酒米“五百万石”が、本日刈られていました。

 午前中は、MA病院経由で陶芸クラブへ。その後A医院へSdscn8316 送迎。

 昼食後、BK病院へ立ち寄り、「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 奥会津の稲刈り前の田んぼを撮影しようと思ったのですが、予想以上に早い進行状況でした。Sdscn8334

 「稲架掛け」を「さでがけ」と読みます、私は。

 「はさ、はざ、はせ、はぜ、はで」などの異称があるそうですが、この辺Sdscn8317は「さで」です。

 今年も、同じ場所にこの「さでがけ」があって、嬉しくなりました。

  鉄のパイプでないところもステキです。

一年前の今日:http://youzanyo.tea-nifty.com/cup/2008/09/post-b892.html

二年前の今日:http://youzanyo.tea-nifty.com/cup/2007/09/post_bd3a.html

三年前の今日:http://youzanyo.tea-nifty.com/cup/2006/09/post_a711.html

Sdscn8335

|

« 実像と虚像 | Main | 菅の乱れ恋? »

Comments

この場所のさでがけの写真、去年も撮られましたね。感慨無量です。

Posted by: 奥分 | September 25, 2009 06:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「稲架掛け」を何と読む?:

« 実像と虚像 | Main | 菅の乱れ恋? »