« September 2009 | Main | November 2009 »

October 31, 2009

前を見て着地しましょう・・・・

10月30日(金)Sdscn8677

 午前9時半にセンターアトリエにいきまして、ドウダンツツジの剪定。なんで?

 ビフォー&アフターをご覧下さいませ、大したこと無いけれSdscn8684 ど。

 その後、センターガス窯の窯開き。

 一部“雰囲気”の悪いところがあり、酸化になってしまいました。

 実験的な試みが成功したり失敗したり、と悲喜こもごも・・・Sdscn8685・。その後、町の文化祭への出品の為の作業。

 午後、「里山のアトリエ坂本分校」に行きまして、自分の作品を車に・・・・。

 その後、Y.のM.さん宅へ“ぐい飲み”等の納品。⇒自分の頭の剪定?Sdscn8689否、散髪。

  飛んでれば何でもいいのでは無いのですが、上空を飛行機2機が飛んでいたので撮影。

 これはハーキュリーズという輸送機らしいのですが、外観が違っていました。

 ハーキュリーズとは、ギリシア神話に登場する英雄、ヘラクレスの英語読み。Sdscn8695_2 水色のはイラク仕様らしいのです。今日は、自衛隊の飛行機のみかぁ、と思っていたら、アオサギさん登場。

 どこを見ているんだか、今日も期待を裏切らない役者ぶり

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2009

「白い巨塔」におけるフール

10月29日(木)Sdscn8666

 午前6時半より、窯小屋西の畑での“作業”や近辺の庭木の剪定、2時間半で一時終了。

 もしかして、我が家にお茶の木があったのかな?花が咲Sdscn8668 いていました。

 今日は、陶芸クラブ例会日。

 窯の温度が200℃だったので明日開けることにSdscn8667・・・・。

 午前10時半に帰宅⇒M.A.病院へ面会。

 昼食後少々睡魔が・・・・。

 タマネギの苗です。

 TVドラマ「白い巨塔」に吸い込まれるように、つい観てしまいまSdscn8670した。

  善と悪、正義感と様々な欲望が蠢くこのドラマ、上手く出来ていて面白いのです。

 今日気がついたのは、水戸黄門のうっかり八兵衛役が、白い巨塔では黒木瞳演じる花森ケイ子だったということです。気がつくのSdscn8674 が遅すぎました・・・・。

 「里山のアトリエ坂本分校」に行く前に、駅に行ったらSLが走り出したところでした。

 分校に夕刻行った折に、会津坂本駅西の踏み切りで上り列車を撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2009

足がそろわない?

10月28日(水)Sdscn8657

 朝一はB.1C.⇒陶芸クラブアトリエ。

 窯の温度は600℃ぐらいまでに下がっていました。

 私物の道具類を車に搭載後。

 Sdscn8661 換気扇を止めようとしたら、スイッチの紐が根元でブチンと切れてしまいました。

 その紐を直したわけですが、その換気扇の汚れが気になりまして掃除してしまいました。

 そんなところに、センターのY.さんがやってきて、日中換気扇をしばらく回しておこう、というのです。いつもありがとうございます。Sdscn8665

 帰宅後、B.病院へ、所用があったのですが、Dr.N.不在の為帰宅昼食。

 午後一はB.2C.⇒M.A.病院へ。

 帰路、農具が揃っている小屋を撮影。

 夕陽に向かって着地するアオサギさん、不揃いの足が・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 27, 2009

ただ今、本焼中!

10月27日(火)Sdscn8653_2

 ただ今、陶芸クラブアトリエにて「本焼中」。

 朝一番でクラブのM.さんが“窯番”として来て下さったので助かりました。

 「里山のアトリエ坂本分校」に忘れ物を取りに行ったり、100円ショップやホームセンターへの買い物、郵便局や銀行に行くことが出来まSdscn8654した。

 今日のお買い得品・・・・・ミニ熊手(中国製)、なんと50円衝動的に3個?3手?買ってしまいました。

 このミニ熊手は、“庭師”には必需品なのです。“庭師”修行中の女性に1熊手差し上げました。

 残りの二つを、タコ糸と接着剤とで補強した私・・・・。 

 今日も、ハリーポッターの杖を作ってしまいました、窯番をしながら。

 今日の窯番は、予想以上に早く終了したので、御褒美にビール一缶。

 本日は、キリンの「とりたてホップ」。岩手県遠野産のホップ使用の一番絞り。遠野の「河童淵」近くにあったホップ畑のホップなのかな?なんて想像するだけで楽しくなります。かつ、遠野への想いがつのります。

 訪れるたびに発見がある遠野・・・・・。

 ちなみに遠野も我が町も、アイヌ語が語源と言われています。

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2009

森が育つ

10月26日(月)Sdscn8643

 朝一で、B.1C.へ、帰路「ノスリ」さんを撮影。

 本日は陶芸クラブ例会日。

 Sdscn8644 本焼きを明日に控えて「窯詰め」の日です。

 陶芸クラブアトリエに行く前に、B.1C.の事務室へ行って、文化祭で使うというハリーポッターの杖を5本お届け・・・・・。

 さて、窯詰め。

 クラブのみなさんが上手にやって下さったので、あっという間に終了。Sdscn8648

 ゼーゲル(温度計)を作っておくのを忘れたので、急遽作りました。

 正午、Y.場前で待ち合わせ。

 福岡県からのお客様K.さんと「里山のアトリエ坂本分校」関係者のK.さんを乗せて、町内案内?

 お客様のご要望で生蕎麦の昼食、その後「やますけ農園」へ。

 こちらで、やますけさんのお話をききました。

  私は、Sdscn8650雨の中を「やますけの森」へ。

 「里山の森」として、年々“里山”らしくなっていく森の姿が楽しいです。

 このようにして、森は育っていくのだなぁ・・・・としばし感動。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

分校市場

10月25日(日)Sdscn8624

 午前6時、野鼠駆除=ヤソクジョ、と呼ばれる農事組合の事業?公会堂へ。

 Sdscn8625 その後、「里山のアトリエ坂本分校」へ、忘れてきた焼き印を取りに行ってから、I.さんにお届け・・・・。

 ああ、今日は秋季検閲の日でした。

 ミュージシャン中学生二人を「里山のアトリエ坂本分校」へ、Sdscn8627 今回の展示の主役であるS.君のお祝いということでバイオリンとギターの演奏をしてくれるのです。

 分校前の森も黄葉して、秋の装いになってきました。

 今日の“分校市場”の様子をご覧くださいませ。

Sdscn8631 Sdscn8634 Sdscn8641

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2009

オーロラのような夕焼け

10月24日(土)Sdscn8614

 オーロラのような、といってもオーロラを見たことがありません。

 午前中は、庭師さんのお仕事の後の切り枝等の片付け、今回もかなりありました。

Sdscn8617  JR只見線に“珍”なる列車が走るというので行ってきました。

 その後、MA病院に面会。

 そこから、待ち合わせて二人を乗せて「里山のアトリエ坂本分校」へ。Sdscn8618

 今日は、年に一度あるかないかの素晴らしい夕焼けでした。

Sdscn8621_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2009

M.さんの“ぐいのみ”焼成中!

10月23日(金)Sdscn8604

 午前6時起床、B.1C.へ。

 銀杏が黄葉してきました。

 Sdscn8605 今日も、庭師さんが午前8時半より剪定作業。

 午前10時頃、陶芸クラブへ「織部?釉薬」をお届け。

 車庫の中から、手袋や地下足袋を発見。Sdscn8610

 庭師さんの作業を眺めつつ、「釉薬がけ」の作業。

 分校カップとM.さんからお預かりしていた“ぐい飲み”に釉薬をかけて、現在焼成中です。

Sdscn8611  庭木の剪定の継続なのですが、まだまだ続きます。Sdscn8612

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2009

庭師修行?

10月22日(木)Sdscn8600

 早朝より、畑へ。

 大豆を、ビニルハウスへ移動。

 窯小屋北側の大豆を移動して横積み?状態へ。

 Sdscn8601 庭師さん来宅、私は朝食。

 ドウダンツツジ等の剪定をしつつ、地上に落ちている松の枝の処理。

 その後陶芸クラブ例会日。

 クラブの皆さん、下絵の具や釉薬がけで多忙。私は、クラブアトリエ前のケヤSdscn8602 キの木の枝の剪定。

 帰宅昼食後、再び庭木の剪定や助手。あっという間に夕方・・・・。

 木の枝運び等、20~30回庭と畑を往復したでしょうか・・・・。

 だのに、あまり眠くならないのが???

 今日の庭師さんの一言・・・・視線より上にある枝を切るときは切り口を上に向ける、視線より下にある枝は切り口を下に向ける。切り口を目立たせないのがプロの仕事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2009

天栄村へ

10月21日(火)

午前中は、資源ごみを出したりetc.Sdscn8589

11:00amより、お稽古事。

 午後は、どうしても今日でなければならない用事で天栄村Sdscn8590 へ。

 天栄村の「花ごよみ」さんを訪問。大変お世話になりました。

 そこから、“季の里天栄”という直売所へ。

 小さい道の駅のような感じなのですが、魅力的な商品が並び、お客さんで賑わっていました。Sdscn8592

 帰宅後、「趣庵」さんの入り口を撮影⇒「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 Sdscn8598 米30㎏精米したものを我が家へお届け。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2009

栃木県益子町へ

10月20日(火)Sdscn8583

 午前4時頃から発車準備完了、暗い

 午前5時15分の会津若松駅、こんなに早い時間帯は初めてでしょう。

 その後、一時帰宅。

 午前7時30分、いざ益子町へ。

 Sdscn8586 途中、道の駅 東山道 伊王野にて休憩、ここの目玉である水車を散歩しながら見に行ったら、驚嘆

 動画参照←←←とにかく巨大水車

 益子町では、Y.場経由⇒例によって「濱田庄司氏も好んで食べていた」と言う「赤羽まんぢう」を買い求め、その先の二つのショップ中心に見学。Sdscn8587

 益子と笠間の陶芸の動向といいましょうか、新作を見るのに、この二つのお店がタイヘン重要です。ところが、数年前と比較するとそのロープライスぶりには少々驚かされました。

 若いセンスの良いお店もありました、古道具屋さんもありました。

 陶芸材料屋さんへも、もちろん行ってきました。

 材料が揃うと、イロイロと構想がふくらみます・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2009

陶芸剪定庭師

10月19日(月)

 自転車屋さんとB.1C.で待ち合わせ。

 パンクの修理をお願いしました。Sdscn8575

 その後、陶芸クラブ例会に駆けつけ、素焼き終了後の窯を開けました。

 センターアトリエ前のケヤキの木の枝がセンター本館に接触しているのが気になって、センターの職員Y.さんから屋上への許しをいただき、高枝切バサミを借りて作業となりました。(※画像はイメージです念のため)

 Sdscn8577 いったい、ワシは何をやっているのだろう・・・・?

 帰宅して昼食後、村内来訪者2名(F)あり。

 私は自宅裏の庭の手入れと、剪定した小枝類の後かたづけ、なんでこんなに忙しいのだろうか?

Sdscn8578  田舎暮らしでのんびり、冗談言っちゃいけない。

 70歳代のオッちゃんも梯子をかけて松の木の上に登って伐採作業をしていました。

 私の脚立の上から良く見えるのです、これが。

 休憩の度にワシのところにやって来て、ヒヤカSdscn8579 シのご声援、ありがとうございました。

 夕焼けを背にして、一輪車と共に後片付け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2009

木こりor庭師?

10月18日(日)Sdscn8562

 草刈りはそこそこにやっていたものの、庭木を放置していたので、“ボサボサ”状態になってタイヘンなことになっています。

 今日もあっちこっちの剪定作業。

 Sdscn8564 今日は、直径10数センチの木3三本を切り倒しました。この程度で“木こり”の気分になっているという私もオメデタイものです。

 今日の作業をやってみて、ハサミ等の道具類の大切さが良くわかりました。Sdscn8567

 自宅裏の庭などは、もうジャングル状態で滅入るくらいでしたが、一応実施しま した。おそらく、裏庭だけでも数日かかるかもしれません。

 午後は、「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 Sdscn8570 中学生の女の子二人が、ステージでギターとバイオリンの練習、ステキです。「ルージュの伝言」などは、私が歌ってしまいました。

 夜は「刻字教室例会日」でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

疲れているはずなのに・・・・

10月17日(土)Sdscn8553

 朝から庭木の剪定と、昨日親方が剪定した松の枝を処理。

 ついでに草刈機で芝生刈り・・・・。

 Sdscn8556 やや遅い朝食後、「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 今日は、坂本分校でも、樹木の剪定?

 なぜか、JR只見線の撮影

 一服して、午後は各人が創作活動・・・・。Sdscn8560

 分校スタッフ3人が、木工関係の創作活動。

 疲れているはずなのに、眠くないのが不思議です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 16, 2009

徹夜de庭師

10月16日(金)Sdscn8538

 文化祭等が迫っていて、とにかく時間がありません。徹夜で「素焼き」の窯番をしました。

 終了したのが、午前8時30分。

 Sdscn8542 私の師匠、庭師のO.氏が我が家で作業開始の時刻です。

 急いで帰宅したのですが、少々眠い自称弟子の私・・・・。

 作業中、「木の枝鉛筆の作り方」教えて下さい、とのメールあり。

 もちろん、OKです。

 で、今日は「木の枝コンパス」のお披露目。このコンパスの特徴は、半径が一定であるということと、コンパス本体の乾燥具合で若Sdscn8544 干半径が変わる可能性があるということです。

 お昼近く、「ヘルプ」のメールが「里山のアトリエ坂本分校」より来ました。

 庭師の親方?と坂本分校に向かい、そちらの方面で昼食となりました。Sdscn8552

 分校玄関に、「綿花」とは珍

 帰路、頭上をノスリが気持ち良さそうに2羽旋回していました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2009

働いたなぁ・・・・

10月15日(木)Sdscn8532

 今日の一日、何をやっていたのか時系列で思い出せない、かなり働いたからなのかなぁ?

 早朝より、剪定の真似事。

 Sdscn8534 豆腐用大豆関係と里芋掘り。

 草刈り機で、自宅周辺一周。

 陶芸クラブ例会日だったので、素焼きの準備で窯詰め・・・・。 Sdscn8535

 Y.場にも行って来ました。

 その後、「里山のアトリエ坂本分校」へ草刈り機と高切りバサミ持参で行き、久々におそるおそる「里山の森」へ。

  Sdscn8536_2 木の枝鉛筆の素材を見つけ、木の枝コンパスを作成して完成

 夕方は、草刈り後の雑草の山を二つ三つ移動。

 夕焼けが美しかった、それから・・・・。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2009

バカボンのパパへの憧憬?

10月14日(水)Sdscn8528

 豆腐用の大豆の“マメブチ”。

 大豆の大きさと形が様々なのに興味津々な私・・・・。

 今日も、ちょっと病院へ面会。こちらの病院の売店は特筆Sdscn8529 すべきものがあります。なんと、“タネ”(野菜や草花の種子)を販売しています。

 午後は、ウチの庭木の剪定をお願いした庭師のO.氏が下見ということで来訪。

 ついで、といっては失礼ですが、庭木の剪定の基本の基本を習いました。Decojiro20091014180637

 いきなり“松”は私にとっては難しい・・・・という形式主語の例文のような午後でした。

 “親方”が去り、私一人で実習していたら夕方になり、Y.場の用事は未完となってしまったのでした。

 “親方”、“松”覚えたいので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 13, 2009

羽田のハブ

10月13日(火)Sdscn8511

 今日も良いお天気、でも夕方雨の予報が当たりました。

 豆腐用大豆が雨に濡れてはいけないので、せっせと一輪車でビニルハウスへ運びました。

 Sdsc00142 と言っても10数回の往復だったでしょうか?

 一輪車を押しながらの往復、羽田空港のハブ空港化について考えました。 (←すみません、ウソです。)

 ハブ空港とは、放射状に伸びた航空路線網の中心として機能する、「拠点空港」を意味します。Sdscn8520

 「冬のソナタ」でも登場する韓国の仁川(インチョン)国際空港は、ハブ空港としてアジアの中でも重要な位置を占めてくるであろうと思われます。

 韓国は、ドラマで成功、ハブ空港でも成功、となるのではないでしょうか。

 Sdscn8522 卑近な例でいいますと、エジプトに観光に行く場合、新潟空港から仁川に飛んでカイロ国際空港に行きます。欧米に行くのにも、成田に行かずに、仁川経由になりつつあります。

 今回の前原国交大臣の「羽田のハブ空港化」は、利用者の利便性を考えると極めて真っ当です。

 海の埋め立て技術が確立してきた段階で、羽田のハブ化を考えなくてはならSdscn8526 なかったのです。

 だのに、我が国は地方空港を作ることばかりで、挙句の果てにダム同様“不要”といわれる始末・・・・。

 東西のタレント知事は騒ぐでしょうけれども、国中に空港作った航空行政も国土計画もメチャクチャだったのですから、どうしようもありません。

 そして、羽田空港がハブ化するということには、おそらく別の意味もあって、東京の地力(磁力)を上げて、外国資本を引き寄せようという意図もあるのではないだろうか、と思われます。

 で、私は、市内のA.高校に所用。

 陶芸クラブの会員N.さんからいただいた“ナツメ”も窯小屋東に植えました。

 秋明菊を陶芸クラブの会員さんS.宅へ持参。

 そうそう、「里山のアトリエ坂本分校」へ行きましたら、“木の枝鉛筆”が5本も売れてしまいました。

 ありがたいことです・・・・。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 12, 2009

ユージン・スミス

10月12日(月)Sdscn8503

 朝、ほんの少しですが陽菜ちゃん(耕運機)で畑を耕しました。

 その後、陶芸クラブ例会へ。

  今日は5名の参加、町の文化祭が近いので毎年のことながら慌しくなってきました。

 豆腐用の大豆の「マメブチ」をやり始めたのですが、やりかけで終わってしまいました。Sdscn8506

 その後、喜多方市美術館で開催されている「ユージン・スミス」の写真を見てきました。

 今日は、妻だったアイリーン・美緒子・スミスさんの講演会だったのです。Sdscn8508

 参加者は私の予想をはるかに超えて、質問も活発になされ、なかなか興味深いものとなりました。

 写真(作品)や書物等からは知りえない情報が得られたので、アイリーンさんのお話は有意義でした・・・・。

 午後6時からは、「里山のアトリエ坂本分校」にてミーティング。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2009

分校の幸せ・・・・

10月11日(日)

 「里山のアトリエ坂本分校」の鍵を開けるとすぐに、「デッサン会」に参加する方Sdscn8476 がいらっしゃいました。

 直感で、いい人。

 私は、ひたすら「木の枝エンピツ」作り。

 Sdscn8480 中学1年生のS.君は、水彩画の作品作り。

 「里山のアトリエ坂本分校」の体操場では、「デッサン会」。

 こちらのデッサン会は、男女関係無くモデルさんが素晴らしいとの評判です。Sdscn8493

 今日のモデルさんもステキだったので、「木の枝エンピツ」を謹呈させていただきました。

Sdscn8498  夜は、「刻字教室」、今回もタイヘン有意義でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2009

「里山」は面白い

10月10日(土)Sdscn8471

 「里山のアトリエ坂本分校」前の森に、行く度に、面白い発見があります。

 今日は、知らないキノコが生えていました。

 Sdscn8472 これも、雑木を切ったことによる影響で、植生が変化したのでしょうか?

 今年もコキアが赤くなってきました。

 明日も行ってみます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 09, 2009

里芋の秋

10月 9日(金)

 静かな、静かな、里芋の秋。Sdscn8467

 今日は台風一過。

 昨日は、ちょうど真上上空を台風18号が通り過ぎて行ったそうな・・・・。

 Sdscn8468  女子中学生の会話

 A子:「ウチのじいちゃん、“台風の目”を見たって言ってたナ・・・・。」

 B子:「え~~~、いいなぁ、“目”ってどんなのかな?」

 たぶん、B子さんの頭の中では、トンデモナイ“台風の目”がイメージされていたことでしょう。

 明日、結婚式に招待されているご近所の方からの注文あり。

 ペアのコーヒーカップを包装してプレゼント仕様にして、納品。

 いつまでも、お幸せに・・・・。

 夕方、陽が落ちてからMA病院へ行き、Dr.のお話を聞いてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校が“休校”でした!

10月 8日(木)Sdscn8466

 桜や栗はエンピツ作りには、硬すぎてどうも向かないようです。ってことはケヤキもよろしくない・・・・。

 やわらか過ぎるのもよろしくないのです。

 杉や白樺がよろしいのだそうです。

 Sdscn8465 間伐材でお遊びの「エンピツ」と思ったのですが、なかなか奥が深いもんですな。

 だいたい、硬い木のエンピツは、子ども達がナイフで削れないです。

 今日の「陶芸クラブ」例会は二人。

 粘土に触れず、鉛筆を作っていました。

 なんでよ?

 午後は、病院へ面会。Sdscn8464

 時間は前後しますが、早朝市内へ行きましたら、台風18号の影響?某店舗の看板「店」が歩道に落ちていました。

 小中高、すべてではありませんが“休校”が多い日でした。

 しかし、近隣の果樹農家は殆ど今回の台風の被害がなかったようです。

 これは、奇跡のような感じがしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2009

木の枝エンピツ

10月 7日(水)Sdscn8461

 午前中は、窯小屋東にある中ビニルハウス一棟のビニル撤去。

 その作業の中でウロウロして見つけた木の枝や、先日野蒜海岸で拾っ てきた流木を利用して、木の枝エンピツを作ってみました。

 まず、不要にSdscn8460なった鉛筆をペンチで割って芯を取り出すのです。

 そうすると材料費は0円で、この様なエンピツが完成

 初めて作ったにしては、まあまあの出来でしたが、改良点がいくつかありました。

 午後は、隣市の図書館へ。Sdscn8462

 途中、バス停と柿の木がチョッとキレイだったので撮影。

 夕刻、「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 明日、トンデモナイ台風がやってくるらしいのですが、午前0時前の現在、静かです。

 これぞ、嵐の前の静けさ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2009

立川ごんぼ

10月 6日(火)Sdscn8445_2

 午前6時から、立川地区の「ごぼう」収穫取材?

 こちらの「ごぼう」は「立川ごんぼ」で知られているブランド野菜。Sdscn8455

会津伝統野菜で、日本で唯一のアザミ葉ゴボウ、香りが 強く軟らかい、と言われています。

“KAWABEというロゴの入ったトラクターのアタッチメントが大活躍(←動画参照)をしていました。

 この撮影後、駅まで送迎。Sdscn8459

  白いのはチュウサギさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おお今年のダイズ・・・・

10月 5日(月)

 ダイズ畑にて、今年も収穫の準備。Sdscn8440

 その後、「陶芸クラブ」例会。

 会員のY.さんが、ユニークな「どんぶり」を完成させました。

 Sdscn8441 午後は、病院へ。

 昨日作った流木アートの魚、野蒜(のびる)海岸の浪打ぎわで拾ったこと、月光浴や朝の日光浴をしたことなどを、昨日のことのように思い出しました。

 といっても、昨日のことですが・・・・。Sdscn8442

 この流木アートの魚を見るたびに、野蒜海岸を想い出すことでしょう。

 夕方は、「里山のアトリエ坂本分校」へ“分校の森”経由でちょっと訪問。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東北ツーリズム大学 二日目

10月 4日(日)Sdscn8429

 朝飯前、宿の目の前にある野蒜海岸へいって、流木拾い。

 「流木アート」に使う、自分のイメージに合ったものを探そうと思ったのですが、すぐに無理なことがわかりました。

 Sdscn8432 見つけて手にした流木が、私は何に見えるか、とイメージするのが面白いのです。

 その後は、一応大学なので「座学」の講義がありまして、昼食はまた豪華な「御なごり膳」。

 そして、閉校式。Sdscn8435

 昨日の「山学校」、曲がりくねった道を徒歩での行き帰りにした事務局は、上手い演出だったな、ということに気づきました。

 帰路、仙台泉にあるアウトレットモールを見物してきました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2009

東北ツーリズム大学

10月 3日(土)Sdscn8395

 東北ツーリズム大学宮城カレッジ東松島キャンパス、初日。

 本校が岩手県遠野市にあり、その分校のような感じなのがSdscn8399 東松島キャンパス。

 キャンパスといっても、“箱物”はありません。

 今回は、海の近くにあるキャンパスなのに、なんと「山里で遊ぶ」というテーマ。

 森林インストラクターの阿部雄(あべたけし)さんの案内で、山の散策。Sdscn8398

 素晴らしいツリーハウスがありました。

 海と山のはざまの異空間に迷いこんだようでした。

 Sdscn8406 ピンクの花はシュウカイドウ。

 お昼は、みんなで作る豪華昼ごはん・・・・、鮭のまるごとステーキ、焼き牡蠣etc.

 夕方入浴後は、野蒜海岸で「月光浴」、中秋の名月を眺めつつ昔語りを聞きました。Sdscn8416

 夜は、交流会。

 なんとまぁ充実した“大学”初日だったことでしょう。 

 つづく

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 03, 2009

電子黒板で授業が変わる

10月 3日(土)

 「L・L教室」っていうのが昔中学校にありました。

 現代の世は「電子黒板」ですかい。公立小中学校3万校に電子黒板を導入するとおまけのデジタルテレビとセットで100億。

 将来的には全学級40万台を導入する予定だとか、いくらになるだろう?

 民主党新政権は、上記「電子黒板」の導入を中止したそうな。

 ああよかった・・・・。

 「人と人との関係性の中に“教育”がある」と言ったのは寺山修司ですが、授業はチョーク一本で行う、というのも哲学です。

 その理念を忘れると、見栄えの良さそうなカラフルとかハイテクに流されて“授業”本来を見失ってしまうという、ワケがわからん状態に陥るのです。

 新政権は、教員養成課程を6年にするとか実習期間を1年にするとか、これも問題というか現場を知らない“改革”?といえるのではないでしょうか?

 免許更新制を廃止、と何故言えないのだろう・・・・。評価制度も不要。

 日本の教員の質の高さは我が国の誇るべき利点なので、それを生かせばいいと思うのです。

 教員も教育現場で生徒に鍛えられながら、学び成長してゆくのですから、その“教員養成”の仕組みが日常的に“学校”に在れば良いと思うのです。

 その為には、学校の先生方の時間的なゆとりが必要です。

 それから、若い教員は、教科に関してはもちろん事務的な事etc.わからない事はとにかく周囲の先生方に教えを乞うのが大切だろうと思います。

 それが、最も有意義な“研修”になるのではないでしょうか。

 そうして培われた“人間関係”が“豊かさ”になり、必ずや授業にも影響して子どもたちにも伝わる、と信じています。

 本日は、宮城県東松島市行きです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 02, 2009

めんかい?

10月 2日(金)S091002

 S.医院へ約10分間の所用後、そちらの玄関近くで撮影。

 さて、どこでしょう・・・・?

 その後、役場や郵便局 etc.

 午後は、今日もMA医院⇒銀行。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2009

てんこもりツアー?

10月 1日(木)

 A.医院に送迎後、陶芸クラブ。午後はMA病院。Sdscn8386

 その後I.医院へ。

 夕刻、再びMA医院へ往復。

  創作意欲がムクムクとわくような物理的?心理的?

余裕がSdscn8383ない不器用な私です。

  MA医院のDr.素晴らしい。

 多忙であるのに、丁寧な説明と気遣い、紳士的な雰囲気に敬服いたしました。

 

 本日の一般道走行距離は約100キロ、こんな生活、好きでは無いです。

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村の娘たち

9月30日(水)Sdscn8379

 曇天ではありましたが、ちょこっと草刈をしてきました。

 草を集めるのには、熊手がもっとも有効のようです。

 本日もMA病院へ。

 Sdscn8381 夕方、公園で子どもたちが4人遊んでいました。

 いいなぁ、今日は村の女の子だけでブランコ遊び、どんな会話をしているのでしょう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »