« January 2010 | Main | March 2010 »

February 28, 2010

食育系と民俗系

2月27日(土)Sdscn0469_2

 春が近いとはいえ、自宅裏の雪は大したもんです。少しいじってやらないと消えそうにありません。

 すこしかまってやるとみるみるとけてゆきます。

Sdscn0471  午後は、「子どもと町を元気にする学校給食」と民俗学系の講演会が重なってしまい、町内の“食育系”の方に参加しました。

 約40名の参加者というのが頼もしい。Sdscn0475

 その後、コイン精米に行き、クロネコさんへ。

 埼玉と仙台へ発送!

 Sdscn0476 〒ポストへの投函もそうですが、クロネコさんで発送した時の爽快感がなんともいえません。

 そこから「里山のアトリエ坂本分校」へ行き、久しぶりに分校の森に行きました。

 小さな森なのに、昨年とは大きく違う様相に感慨深いものがあります。森への愛着と言ってもいいのかもしれません。そこでも春が近というのを見つけました。Sdscn0477

 今年は、その森に植林をせにゃなりません。素人の素人による「里山」づくりです。

 その後、分校職員室にて、リソグラフ(輪転機)での数千枚の大量印刷作業。

 ああ、こうして今日も一日が終わるのでした・・・・。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2010

あと一歩届かなかった金メダル・・・・

2月26日(金)

Sdscn0464 ジャンプでミス、得点伸びず。

浅田真央途上の銀

ソチ五輪へと続く、Sdscn0465

リベンジの道

それは、オリンピックの女子フィギュアスケートの話です。

アオサギさんは関係ありません、悪しからず。 Sdscn0466_2

それにしても、今日は、対抗意識むき出しでしたね

 だから、Sdscn0452ギリンピックは今のところ開催予定はないっつ~の。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久しぶりのOh!ダイサギ

2月25日(木)Sdscn0422

 いいお天気が続くので、雪がみるみるとけてゆきます。

 午前中は、陶芸クラブ例会日。4名の参加者+来訪者約1Sdscn0428 名。

 昨日も今日も、「今日は鳥(サギ類)がいないなぁ・・・・」と思ったとたん、目の前にお出まし。

 なんと本日は、お久しぶりのオオダイサギでした。偶然やタマタSdscn0439 マには思えないこの接近遭遇

 「里山のアトリエ坂本分校」の森が気になって、分校前を通り過ぎました。分校に立ち寄りもせず、一路奥会津へ・・・・。

 三島町に行ってきましたが、三島町も春のSdscn0445 様でした。

 こんなあたたかな日、三島のカモシカさんは何をしているのSdscn0442でしょうか?

 中学3年生諸君に、本を贈呈。

 幸せになって下さい。Sdscn0451

 欧州ギリシアの首都アテネ中心部のシンタグマ広場前では、暴徒化した一部のデモ参加者と警官隊が衝突し、負傷者が出た模様、との報道。4年前の今頃、私は、そのシンタグマ広場辺りをカメラ持参で歩いていました。おおらかに人生を楽しんでいSdsc00175 る人々がたくさんいた彼の地での暴動。写真を撮ったら、手をふって微笑んでくれた小学生の子どもたちはどうしているのでしょう・・・・。

 心が痛みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2010

よな・まお・みき

2月24日(水)Sdscn0406_2

 バンクーバー五輪第12日の23日(日本時間24日)、フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が行われ、 金妍児 ( キムヨナ ) (韓国)が首位、浅田真央2位、安藤美姫4位発Sdscn0407

 ライブ放映中のお昼前後は、街中から人が消えたかのようだった、とのウワサもありましたが???。

 小枝えんぴつ作りの仕事どころじゃありません。Sdscn0409

 午後は、家の裏の除雪を少々。

 国道49号が、現在どこか都心部のような渋滞の様相を呈しています。お急ぎの方は、迂回路を御利用されたほうがよろしいかと思います。

Sdscn0411  夜は小枝えんぴつの材料の準備。

 とにかく、注文分を制作して、袋詰めしなきゃなりません。

 この“山”は早めに越えたいものです。Sdscn0412t

 この冬の間に、昭和村にどうしても行きたいので、山を片 付けたいのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2010

お豆腐屋さんのえんぴつ

2月23日(火)Sdscn0399

 暖かな一日でした。

 午前中は、小枝えんぴつを作ろうにも仕込むえんぴつの芯が無くなっSdscn0404てしまったので、芯づくりをしました。

  お豆腐屋さんの為のえんぴつをつくったのですが、豆腐が消しゴムのようになってしまったので改善いたします。

 午後は、車のオイル交換。Sdscn0405

 グリーン・スタンプの交換所見物。

 輪転機リソグラフのインク購入。

 夕方、桜の小枝を大量に運んで来て下さった方あり、感謝いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

22年2月22日

2月22日(月)Sdscn0373

 朝焼けと夕焼けを見ることが出来ました。

 午前9時にASdscn0372ピO集合で、県庁所在地へ。

  今日は、「会津学研究会」が県の文化振興基金より表彰を受たので、代表が表彰式に出席。その撮影記録係として行ってきました。Sdscn0390_2

 

 夜は、小枝えんぴつの撮影。  切符は、借り物ですが、22年2月22日22時22分です。S100222

 

Sdscn0393_3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 22, 2010

奥会津ツアーガイド

2月21日(日)Sdscn0347

 Y.場に車を置いて、駅まで徒歩。

 途中で「インフレ」発見!

 JR只見線で首都圏からのお客様と「会津の冬」ツアーガイド?

 Sdscn0355 会津柳津で、斎藤清アトリエ館⇒斎藤清美術館。

 斎藤清氏の版画「会津の冬」が描かれた場所を訪ねる旅。

 午後は、“あざき大根らーめん”を食する為に「おふくろ食堂」(金山町)へ。Sdscn0357

 双体道祖神経由、八町温泉見学。これがなんとまぁリニュ ーアルされていて少々びっくり。

 その後、三島町の「山びこ」で開催されている奥会津の写Sdscn0368 真コンテストを見に行きました。

 ゴールは、駅カフェのある七日町駅へ。

 みんさん、お疲れ様でした。Sdscn0363

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 21, 2010

合格木願?

2月20日(土)Sdscn0346

 一日中ゴチャゴチャ考えていたわけではありませんが、“小枝えんぴつ”のパッケージデザインです。

 どこで誰が、どんな想いで作った“えんぴつ”かを伝えたいのです。

 ちょっとオシャレにするために、いろんな方のご意見をお聞きしながら、もうちょっと改良したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2010

小枝えんぴつ新作か!

2月19日(金)Sdscn0342a

 午前中、小枝えんぴつの新作を試作。

 薬局と本屋さん版。

 Sdscn0349 午前10時半発で、郡山にある県のハイテクプラザへ。

 途中、昼食はけんちんうどんwith餅。

 「都市と農村の交流による農村の活性化」

 ~日本の農業は戦後最大のチャンス~Sdscn0343

と題して、講師は曽根原久司氏(NPO法人えがおつなげて)

 約70名の参加者。 

 夜は、今週末の資料作成を約1名で。

 明日の分は一応完成!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 19, 2010

orahoさん、ようこそ!

2月18日(木)/Sdscn0339

 午前中は、「陶芸クラブ例会」5名の参加者。

 某公共放送で、陶芸の番組があり、それがなかなか面白いという話題で盛り上がりました。

 次回のといいましょうか、今年の初窯は「還元でなく酸化で焼きOraho ましょう!」という提案がありました。徐々にマニアックになってきている陶芸クラブで、タイヘン良いです。

 夕方、oraho(←クリック)の編集発行人の方が事務所へ来訪。

 楽しいお話ありがとうございました。

 春から楽しいことたくさんあるといいなぁ・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 17, 2010

一歩も踏み出せぬ・・・・。

2月17日(水)Sdscn0335

 午前中は「小枝えんぴつ」関係。

 それから、習い事。

 午後は、楽篆工房経由三島町へ。

 Sdscn0332 途中、カレーの「ラマ」に久しぶりに立ち寄りました。

 そうそう、本日、車には、長靴と丸カンジキ、ストックを搭載。

 この装備は、カモシカ撮影やる気十分。

 ところが、三島の秘密の某所に駐車して、カンジキを履Sdscn0338 いて、「イザ出発!」と思いきや、ブチッとカンジキのロープが切れて用をなさないカンジキ・・・・・。

 ああ、一歩も踏み出せぬとは情けない・・・・。

  教訓

 1.道具(カンジキ)は、普段の手入れが大切。

 2.カンジキは、予備を持っていこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2010

小枝えんぴつ屋さん

2月16日(火)Sdscn0324

 医者に行く気もインフルの懸念も皆無の私ですが、ど~もケダルイのがつらい。  

 温泉に行きたいのですが、明日は“桐の湯”休業だし・・・・。

  今日Sdscn0331は、朝から「小枝えんぴつ」屋さん。

 個人事業?なのに、大量の注文を受けてしまいました。

 涙が出るほどありがたいので、次回注文より単価を上げさせていただきます。  

 (とはいっても、相場があるのでそんなに上げらSdscn0329れようはずがない。)

 昼前に、AC病院へ見舞い。

 その後、久しぶりに文具店へ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

徹夜明けでは

2月15日(月)Sdscn0313

 徹夜明けというのは、朝はミョーにハイになっていて元気風ですが、日中はダメですな。

 午前中は陶芸クラブ例会日、本日4人。

 Sdscn0315 午後、分校小枝えんぴつ持参で「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 この冬、一回も分校の森の山に行ってないので、今週中に行ってみようと思います。

  夕方、来客がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2010

カンズメ

2月14日(日)Sdscn0311

 ああ、もう15時間ぐらい時間が欲しかった。

 と言っても仕方がない。

 集中していると、3時間なんてあっという間です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2010

バレンタイン・イブ

2月13日(土)Sdscn0309

 本日、バンクーバーオリンピック開会式。

 中学生は面白いことを考えるもんです。

 チョコフォンデュだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

取り込み中です・・・・

2月12日(金)Sdscn0296

ゴイサギの幼鳥であろうと思われます。
それにしても、わずか2~3メートルの至近距離で車中から撮影。

すみません、取り込んでいてブログ書いてる時間がありませSdscn0292 ん。

はゴイサギ“ノートリ”という奇跡的な写真です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 12, 2010

本日も休業

2月11日(木)

 多忙のため、ブログ書いてる時間がありません。Sdscn0283

 すみません。

 日本刻字展出品の締め切りなので、楽篆工房へ。

  ※今年Sdscn0286は「貴船」にしました。

  小枝えんぴつが並んでいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2010

本日休業

2月10日(水)Sssdscn0280

 朝からパソコンのキーボードを叩いています。

 ブログ書いてる時間がありません。

 よって本日休業です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2010

忠犬じゃあるまいし・・・・

2月 9日(火)Sdscn0271

 雪の翌日は雨。

 傘をさして、中学生の登校風景。

 2月6日の猛吹雪のブリザード、ホワイトアウト状態の時、 中学生二人を後部座席に乗せていました。

 中学Sdscn02751年のS.君曰く、「こんな日に、鳥達はどこに居るんだろう・・・・。」

 まさしく同感です

 さて、最近お見かけしないアオサギさん。

 居ました。Sdscn0277

 それも、これからワシは車で出るというのに、その目の前にたたずんでいらっし ゃいました。

 クロネコで発送クリーニングやさん。〒局。BANK.

 明日も〒局から速達で発送

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 08, 2010

キリンさん断念無念!

2月8日(月)Sdscn0269

 キリン社長「経営方針一致せず」 サントリーとの統合断念!

 一昨日のブリザード?超ホワイトアウト?の天候は何だっSdscn0260 たのよ、というくらいの快晴。

 上着を脱いで除雪作業できるくらいのあたたかい一日でした。

 しかし、JR只見線一番列車は、会津坂下駅にて折り返し運転。代替輸送のバスも3台ありました。 Sdscn0267

 午前中は「陶芸クラブ」例会日でしたが、Y.さんの粘土子守短時間で終了!

 10時よSdscn0266_2りJAの説明会でパストラル、中座して帰宅。

 とにかく、家の周囲の除雪が気になってタイヘン。

  午後、来客2名あり。S.さんが楽篆工房に行くというので、初納品の小枝えんぴつを持参していただきました。

 どうしてるかな?小枝えんぴつ・・・・

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ああ多忙

2月 7日(日)Sdscn0241

 やることたくさん、というのにこの積雪で除雪という“仕事”が増えました。

 Sdscn0243 もう、身体の節々が痛い

 お昼前に、楽篆工房へ。

 日本刻字展が迫っています。

 午後は、「里山のアトリエ坂本分校」にてミーティング。Sdscn0246

 本日は、分校前のJR只見線は雪のため不通でした。

 分校がある地区にて、ネコを撮影。

Sdscn0250

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2010

ホワイトアウト最強?

2月 6日(土)Sdscn0233

 新統合会社はキリンが存続企業となり、社名は「サントリーキリン」とする案が有力。とのこと。

 ワシは、「キリンさん」がいいと思う。

 Sdscn0236 その理由は・・・・。

 そんなことを言っている場合ではありませんでした。

 外は、ものすごい積雪になっていまして、私の車のワイパーも片方が故障しました。Sdscn0237

 ホワイトアウト状態で、一般道でも前に車が無いと走れないくらいの凄さでした。

 数キロ走っただけで、6台の車が雪の中に埋もれていました。

 Sdscn0238 だのに、今夜は区長のOB会。

 どうなりますことやら・・・・・。

 区長、皆遅刻すること無く集合するのかな?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 05, 2010

日本刻字協会展

2月 5日(金)Sdscn0225

 午前中は、「日本刻字協会展」の書稿の作成。

 午後は、?。

 Sdscn0220 “某所”からは、校正願の原稿が届きました。

 これは、とても楽しみです。子どもたちの聞き書き、それに対して 複数のオトナ達が関わるコメント。二つ楽しめます。

 ポイントは、その二つからどれだけ読者の“好奇心”や“興味”が喚起されるかということです。Sdscn0226_2

 斎藤清氏の「会津の冬」を訪ねる?予行演習も実行してきました。

 斎藤氏がスケッチした場所に何か目印があればいいかな、と思Sdscn0231いました。

  例えば、小さな額縁の縁のみがあって、探訪者がそこから覗くと「会津の冬」に見えるとか・・・・・。

 アナログでいいのですが、何かアイディアがないかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 04, 2010

銀杏の小枝えんぴつ

2月 4日(木)Sdscn0204

 午前中は「陶芸クラブ例会」5名の参加者でした。

 午後は、お隣のY.町にて講演会とミーティング。

 Sdscn0208 特筆すべきはそのミーティング。

 本日2回目の会合ですが、参加者が増えて今日もみなさん熱心でした。

 そして、奥会津5町村が「みんな良くならなきゃ自分も楽しくないよね」とは言ってはいませんが、大きな事業に向けて皆で一歩歩きだしたという“瞬間”に立ち会えたような感Sdscn0210 じがしました。

 かつて、M.町がキョーレツな個性の町長の下で今のグリーン・ツーリズムの先進的な取り組みが行われましたが、今回はさらに大きなエリアで“観光”を軸に動きだします。

 Sdscn0214 言うまでも無く「着地型」観光になります。

 これは、長野県や他の県をモデルにしたものではなくて、奥会津の歴史や文化も吟味したクオリティの高い「観光」になる可能性があります。

 とりかかる事業も、?な「箱モノ」や「打ち上げイベント」ではなくて“持続可能”な観光資源と仕掛けの創出にあります。

 以上、個人的な印象ですが、ポテンシャルは極めて高いものになりそうです。Sdscn0217

 気になるのは、全国の小学5年生が農山漁村にお泊りするという「子どもプロジェクト」への対応です。どのように扱っていいものやら未だに私は見当がつきません。

 両刃の刃にならないといいのですが・・・・。

 さて、私は小枝えんぴつに、「里山のアトリエ坂本分校」を焼き付けてみました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

県庁隣まで・・・・

2月 3日(水)Sdscn0202a

 午前11時より習い事。

 午後1時15分より、県庁隣のビルにて会合あり・・・・。

 Sdscn0203 昼食も取らずに駆けつけました。土湯峠・猪苗代は冬景色。

 小枝ボールペンを持参したら、こちらでもいい反応でした。

 小枝えんぴつは何故にこうも人を惹きつけるのか?

 東京のアンテナショップに置いてもいいよ、とのこと。

 嗚呼、嬉しい悲鳴

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2010

如月えんぴつ

2月 2日(火)Sdscn0188

 ネッカではなく日課となっている朝の駅。

 如月(きさらぎ)とは、陰暦で二月のこと。

 Sdscn0190 昼前に喜多方市の楽篆工房へ。

 日本刻字展が来月あるので、その出品に関して・・・・。

 さらに、木の枝えんぴつを持参しての超スモールビジネス?の件もありまして、めでたく商談?成立Sdscn0198

 名称も「小枝えんぴつ」としてデビュー しそうです。えんぴつも「如月」になっています。

 帰路、ラーメン「すがい」に立ち寄ったら、刻字関係者のY.さんがいらっしゃったので同席して、しばし談笑。

 Sdscn0191 その後、再び駅経由で「里山のアトリエ坂本分校」へ。

 本日は6名の方々が集う坂本分校。

 「会津の冬」で有名な斎藤清氏の作品と同じ場所を訪ねるというグリーン・ツーリズムの企画がありまして、試みに撮影。Sdscn0192

 実際に撮影してみて発見がありました、斎藤清氏の作品がかなりの広角で描かれているということです。

 雪がないと魅力半減になるこのツアー企画、成功しますように・・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 02, 2010

陶芸クラブ 始動?

2月 1日(月)Sdscn0179

 冬眠状態だった「陶芸クラブ」にエンジンがかかったようです。

 本日は4名の参加。

 M.さんは、律儀にも「来客があり欠席です」とわざわざ電話を下さいました。Sdscn0180

 というわけで、陶芸は水仕事なので、冬は少々ツライ。

 それで、ヤカンの湯をさしながら微温湯にしてのロクロ修行になりました。

 クラブの皆さんは中級以上なので、私は殆どアドバイスする必要も無いのですが、私自身が体得した事で近道のようなものがあればいくらでも伝授したいと心がけています。

 ところが“体得”という感覚なので、そう簡単ではありません。

 Sdscn0181 さて、ロクロ修行中のクラブ員の皆さんの近くで私は、「板づくり」をしてきました。

 試作中の作品ですが、さて、うまくいくものでしょうか?

 試作1号からOK!になるとは思っていません。

 さて、これは何でしょうか?

今日は初午(はつうま)です。(←参照クリック)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 01, 2010

母べえ

1月31日(日)Sdscn0141

 本日も「団子さし木の枝えんぴつ」の試作、思索?

 午後は、親族のH.さんの来宅。

 夕方は日課の風呂掃除⇒「笑点」

 夜は、「母べえ」を観てしまいました。鶴瓶が出演していました。

 平和な家庭が、逃れようのない戦争にどのように巻き込まれていって人々がどの様に描かれるのか、に興味があったのです。

 ※今日の画像は、1月27日撮影。気分はマグリット?

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »