« 県庁隣まで・・・・ | Main | 日本刻字協会展 »

February 04, 2010

銀杏の小枝えんぴつ

2月 4日(木)Sdscn0204

 午前中は「陶芸クラブ例会」5名の参加者でした。

 午後は、お隣のY.町にて講演会とミーティング。

 Sdscn0208 特筆すべきはそのミーティング。

 本日2回目の会合ですが、参加者が増えて今日もみなさん熱心でした。

 そして、奥会津5町村が「みんな良くならなきゃ自分も楽しくないよね」とは言ってはいませんが、大きな事業に向けて皆で一歩歩きだしたという“瞬間”に立ち会えたような感Sdscn0210 じがしました。

 かつて、M.町がキョーレツな個性の町長の下で今のグリーン・ツーリズムの先進的な取り組みが行われましたが、今回はさらに大きなエリアで“観光”を軸に動きだします。

 Sdscn0214 言うまでも無く「着地型」観光になります。

 これは、長野県や他の県をモデルにしたものではなくて、奥会津の歴史や文化も吟味したクオリティの高い「観光」になる可能性があります。

 とりかかる事業も、?な「箱モノ」や「打ち上げイベント」ではなくて“持続可能”な観光資源と仕掛けの創出にあります。

 以上、個人的な印象ですが、ポテンシャルは極めて高いものになりそうです。Sdscn0217

 気になるのは、全国の小学5年生が農山漁村にお泊りするという「子どもプロジェクト」への対応です。どのように扱っていいものやら未だに私は見当がつきません。

 両刃の刃にならないといいのですが・・・・。

 さて、私は小枝えんぴつに、「里山のアトリエ坂本分校」を焼き付けてみました。

 

|

« 県庁隣まで・・・・ | Main | 日本刻字協会展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀杏の小枝えんぴつ:

« 県庁隣まで・・・・ | Main | 日本刻字協会展 »