« March 2010 | Main | May 2010 »

April 29, 2010

特集!「玄ちゃんの森」

4月29日(木)Sdscn9033

 午前6時より2号水路草刈り

 午前8時より、「大江払い」。

 Sdscn9031_2 午前10時過ぎに陶芸クラブアトリエに行ってはみたものの、祝日の為か誰もいらっしゃらないような気配・・・・・。

 午前11時より「第1回区会」。

 区会修了後、村内某宅にてお茶飲み。Sdscn9042

 昼食後、「里山のアトリエ坂本分校」にてミーティング。

 夕Sdscn9040刻、本日も5人で「玄ちゃんの森」(旧:分校林)へGO!

  今日も花の名前を教えていただきました。

 ナガハシスミレ⇒別名は天狗スミレ。それにしても、スミレって何十種類もあるのですね。Sdscn9044

 次は、山の中で写真を撮ったものの名前が分からず、自分で調べてみました。

 たぶん、ナツトウダイでしょう。

 Sdscn9038 葉も花も面白い形をしています。

 有毒の効用で、チベットの歴史文書に使われている紙はナツトウダイの根から造られているため、虫やネズミにも食い荒らされることがなく、貴重な歴史資料としてSdscn9047の役割を果たしている、とのこと。

今日もカタクリやキクザキイチゲ、桜を撮影しまSdscn9050_2した。

 

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花の森の花たち

4月28日(水)Sdscn9003 

 風呂洗ってから習い事⇒昼食。

 その後「ヒヤスミ」(昼休み)、シエスタとも言う。

 トマトもなSdscn9005りだしました。

 午後2時に「里山のアトリエ坂本分校」に集合ということでGO!

 分校林に行きましたら、なんと5人も集結してしまいまSdscn9009した。

 その後分校内でミーティング。

 分校林は、「花の森」とも呼ばれていましたが、本日より「玄ちゃんの森」になる可能性が“大”のようです。

 私が決めたのではありません、「玄ちゃん」ちの森であり、玄ちゃん自身からその名称で「いいよ」と本日了承されたので、本決Sdscn9012 まりのようです。

 「玄ちゃんの森」に黄色い花が咲いていまして、“ナニワズ”というのだそうです。国内分布は福井県・福島県あたりから北で、西日本には自生しない、とのこと。

 アイヌの人々は、ナニワズから絞った液を毒矢に用いたSdscn9021 ということです。

 樹皮が丈夫で、鬼を縛ることもできる、とのことから。オニシバリとも言われ、それは近縁種らしい。

 何故「難波津」(ナニワズ)かは不明???語源が気になSdscn9025 るところです。

 山葵(ワサビ)の花も咲いていました。

 分校の前には、なんとアザキダイコンの花が咲いていました。Sdscn9028

 最後に、分校の図書室のガラスに映された校庭の桜をご覧下さいませ。もうすぐ満開です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2010

切ないなぁ・・・・

4月27日(火)Sdscn8998

 天気が悪いのかと思いきや、晴れていました。

 Sdscn8995 会津盆地内は、今日あたりが桜の見頃でしょうか・・・・。

 朝一番の列車、通学風景、いつも切ない気持ちになります。

 船引・須賀川へGO!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2010

とうとう満開

4月26日(月)Sdscn8947

 陶芸クラブ例会日、本日は4名。

 本焼きが迫っているので、ゼーゲルコーン(焼成温度を測る)の準備をしました。 福祉センターの皆さんも、アトリエ近くで花見をしていました。

 Sdscn8949 その後、町内では桜の名所である宮古橋に行ってきました。

 八分咲きぐらいでしたが、見事でした。

 誰も居ないところもステキです。Sdscn8975

 その後は市内の「あいおいギャラリー」へ三日目。

 お隣の「ラパン」(パン屋さん)にも三日連続のお買い物。

 途中「皆Sdscn8977鶴姫の碑」に立ち寄りました。

 そこは、飯豊連峰、磐梯山の眺望美しき場所でした。

 「ギャラリー」は、明日の「朗読劇」の準備が午Sdscn8986後から始まりまして、バタバタしていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

“すべらない”小枝えんぴつ

4月25日(Sdscn8932

 午前6時より、今年度初回の公園の草刈。

 その後、今年度初めての耕運機“陽菜”(はるな)ちゃんの出動。

 Sdscn8936 少しウトウトしてしまい、急いで「あいおいギャラリー」へかけつけました。

 四月最後の日曜日、春季検閲の日でもあります。

 鶴ヶ城は、さぞや花見客で賑わっていることでしょう。

 私は、ギャラリーである蔵の2階に殆ど詰めていました。Sdscn8933 お隣の「ラパン」というパン屋さんが美味しい。

 大変多忙なK.さんの来訪、記者さんが取材ではなく純粋に遊びに来てくださったのが嬉しい・・・・。

 それから、「里山のアトリエ坂本分校」関係者のS.さんSdscn8934 が、ボランティアで「小枝えんぴつ」の仕上げ作業を手伝って下さいました。

 「“小枝えんぴつ”は、すべらなくていいねぇ・・・・」というお客様のことばから、桜の枝は、桜も咲くことだし、「合Sdscn8940 格祈願えんぴつ」ということにしましょう。

 夜は「刻字教室」、文字の配置について学びました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2010

一隅を照らす

4月24日(土)Sdscn8927

 朝、ビニルハウスの手伝いをして、若松市内へ直行。

 看板等を持参して、「あいおいギャラリーへ」

 本日より、若杉儀子氏による「春うらら透明水彩画展」が開催です。

 Sdscn8929_3 その片隅?一隅?(一隅を照らす?)で、私は「小枝えんぴつ」を作る、というワークショップをやっています。

 単なる絵の展示ではなくて、お客様がスケッチブックを持参されて、そこで絵の個人教授があったり、孫さんへお土産と「小枝えんぴつ」を作ったり、とカルチャーセンター風の雰囲気になっているのがいいなぁ、と思いました。Sdscn8931

 夜は、ビニルハウス内に直径10センチぐらいの太いローソクを灯しました。

 これもまた一隅を照らしつつ、野菜を低温から守ってくれています。

 明日は再び寒い一日になるとの予報です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界初?「コケ玉えんぴつ」

4月23日(金)Sdscn8912

 “小枝えんぴつ”を始めた時、材料の小枝をどうしましょ、と思ったものでした。

 思ったものでした、というのは最近ではあちらこちらから「枝あるよ」等の情報をいただき、さらに取っておいて下さる方がSdscn8919 いらっしゃるので、大助かりでなのです。

 さらに、自宅まで届けて下さった方もありました。

 ほんとうにありがたいことです。

 今日は、銀杏の小枝があるよとの電話があり、行ってきました。Sdscn8920

 今日の収穫、そこで新たな作品が生まれました。

 本邦初公開

 世界初

 「コケ玉えんぴつ」

 このようなモノにも、先人は居るものなのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2010

衣とコラボ?

4月22日(木)郡山はSdscn8895

 午前中は「陶芸クラブ」例会。6名の参加者。

 酸化焼成焼成された作品を横目で見ながら釉薬がけ。

 私は、何故か“小枝えんぴつ”作り・・・・。

 Sdscn8906_2 明日から喜多方市の楽篆工房にて、コラボ展が開催されます。
 高橋政巳氏と小林美子氏(Arti)のお二人。
 楽篆工房の蔵の扉を背景に、小林さんの作品(会津木綿&古布)が展示されます。
 書と衣を通して、お二人の“美”に対する姿勢が伝わってきます。Sdscn8888

 そのコラボ展に、先日窯から出てきたばかりの私の作品に趣庵作コケ玉が配置されて壁を飾っています。

 上記のコラボ展は、来週27日(火)まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2010

窯開け⇒船引往復

4月21日(水)Sdscn8878

 窯を開けるというのは、いつもドキドキワクワクするものですが、大成功!などということは無いにしても、今回は反省しきりでした。

 前回、釉薬が厚すぎたので、こんかいは薄めにしたら薄くしすぎたようでSdscn8880す。

  自分で比重をメモっていたのに、自分の“カン”でやった自分が悪いのです。

 反省しながら、梅やモクレンを撮影してみたり・・・・。

 その後、船引町(旧)へ往復。Sdscn8881

 夕方、チェーンソーの専門店に行き、修理&いろいろご相談。

 とにかSdscn8883く楽しいお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2010

桜が次々に・・・・

4月20日(火)Sdscn8859

 桜が咲き始めました。

 「里山のアトリエ坂本分校」のある地区を担当している新聞屋さんSdscn8866は隣町のI.新聞店です。

  今日、新聞折込代を支払ってきました。

 帰路、分校林でカタクリ・キクザキイチゲ・JR只見線車両を撮影しました。Sdscn8872

 植樹した若い苗木は、良く根をはっているようです。

 夜は、数本「小枝えんぴつ」を仕込みました。Sdscn8863

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2010

ジェット機焼?

4月19日(月Sdsc00207

 アイスランドの火山の噴火で巨大な火山灰の雲が広がり、その影響で旅客機が墜落する恐れがあることから、航空便の欠航が相次いでいます。

 Sdscn8853 「燃焼機関は空気を吸い込むことで動き、動力を生みだす。火山塵(かざんじん)が航空機のエンジンの精密部品に入り込むと、さまざまな不具合を引き起こす可能性がある。砂嵐の中を走行する自動車と同じように、エンジン内部の部品を詰まらせることになる」。

 これって、火山灰の雲の中を飛行するジェッSdscn8854ト機のエンジ ンに関して限定すれば、火山灰が陶芸の釉薬状態になってしまってガラス化して不具合を起こすということではないでしょうか?

 本日午前中は「陶芸クラブ」例会日。5名の参加者でした。

 Sdscn8855 みなさん「施釉」(せゆう)という作業を熱心にやっておられました。クラブに関わって良かったなぁ、思うのは、その作業に関して、みなさんが、私の“想定外”の“試み”や“実験”をして下さることです。

 午後帰宅して昼食後、自宅で施釉して、電気の窯で焼成に入りました。

 今回は、メロンや餃子などが焼かれています。

 ただ今1100℃

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

船引・三春

4月18日(Sdscn8843

 花尽くし・・・・

 船引に用事がありまして、往復。

 Sdscn8845 花が咲いているところに雪。

 菜の花と雪。

 三春も桜が咲きだしたので、少々滝桜渋滞がありました。

 帰宅は午後3時過ぎ。Sdscn8852

 一休みしていたら、遠来の知人が久々来訪との知らせで「里山のアトリエ坂本分校」のある地区へGO

 そこの某地区へ行ってみたら、雪が残っている斜面に、カタクリが咲いていました。数日以内に満開かな?

 Sdscn8851_2 白い花は、アズマイチゲでしょうか?

 「笑点」を見てから風呂掃除。

 夜は「小枝えんぴつ」作り。

 天候ですが、今週一週間、気温が低いとの情報がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今っころ雪が・・・・

4月17日(土)←注目Sdscn8835

 今っころ雪が降ったというか積もりました。

 カタクリ咲き始め、桜ももうすぐ咲くっていうのに、雪です。今日は”村の夜警”です。

 Sdscn8836_2 消防団の皆さんご苦労様です。

 “夜警”といえば、桜の季節、だのに今日は雪景色でした。

 村の消防団も、み~んな若者達。Sdscn8838

 ん?オラが年取っただけか?

 それにしても消防団の先輩連中が優しいのが、なんとも微笑ましい・・・・。

 Sdscn8839 現在消防団の中堅のチョッと上にいるM.君が「楽しそうだから、早く消防団に入りたかった」と言ったのが私は今でも忘れられません。

 そのときは耳を疑ったくらいです。

 あの頃から村の消防団は、明らかに変質したのです。

 男女別学の高校が男女共学になったくらいの変質があったのです、たぶん。

 地域住民の生命と財産を守るという大変な社会的使命がありますが、地域の共同体として役に立ち、かつ若い消防団員達が“楽しみ”という側面も持ちつつ貢献しているというのは、望ましいことだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2010

カタクリが咲きました

4月16日(金)Sdscn8823

 タイヘンな低温が続きまして、農作物には大打撃となっています。

 今日は、春とは思えない寒さでした。

 Sdscn8825 自宅にて昼食後Y.場へ。

 その後分校林へ直行

 ボランティアで分校林整備をして下さるという方が3名もいらっしゃるのに、私達が駆けつけないわけにはいきません。

 人工林のイロハを教えていただきながらの作業になりましSdscn8828 た。

 数日前に葉っぱを確認したカタクリが、見事に咲いていました。

 毎年分校林の管理をしていくと、カタクリ林になるかもしれませSdscn8829ん。

  昼食後に分校林に入ると、JR只見線の列車上りと下りを目撃することができます。

 帰宅後風呂洗いをして、夕刻の会議(役員会)出席。

Sdscn8830

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

小枝コンパス

4月15日(木)

 木曜日といえば、燃えるゴミを出してから「陶芸クラブ」例会へ。Sdscn8813

 今日は、窯を開けて、素焼き作品を出してから施釉です。

 角皿に、下絵の具と織部の釉薬で色をのせている会員さんがいらっしゃいました。かなり良く完成するような予感がしまSdscn8817 す。本日の出席者は6名。

今日の猫魔ヶ岳は美しかった。

 素焼きは、一個以外はOKの出来でした。

 私の“作品”のみが少々割れて欠けていました、トホホ・・・・。Sdscn8812

 午後は、町関係のボランティア“仕事”で、審査員をしてきました。

 著名な会社が居並ぶと申しましょうか次々にプレゼン。

 Sdscn8821 審査しながら勉強にもなった“仕事”でした。

 “小枝コンパス”を作ってみたり、“豆腐屋さん小枝えんぴつ”を作ってみたり・・・・。

 一応20日まで納品せよ、とのメールがありました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2010

高原の小枝

4月14日(水)Sdscn8803

 風が強い日でした。

 自宅近隣で、トタン屋根のトタンが剥がれて飛んでいったという情報もありました。

 Sdscn8808 “小枝えんぴつ”を作らなきゃならんので、今日はチョコレートの“小枝”を買ってきました。

 薬屋さん鉛筆やとうふやさん鉛筆も一応完成しました。

Sdscn8809  4種類の“小枝えんぴつ”画像。

 上から、桜、梅、銀杏、柿です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2010

素焼き中にUFO?

4月13日(火)Sdscn8776

 出来るだけ早くクラブアトリエの窯に点火して“素焼き”をしたかったのですが、そうはなかなかいかないのが常でして、結局午前9時点火・・・・。

Sdscn8785  途中、クラブの会員の方2名が手伝いに来て下さいました。ありがとうございます。

 実は、今日は私の誕生日、記念に本日売りSdscn8784出し初日というカフェ・オ・レメロンパンを買ってきました。

 窯焚きは、ガス窯とは言え、窯番や窯子守でもあります。どうしても粘土に触る気が起きないので、“小枝えんぴつ”作り。  Sdscn8786事務のY.さんとY.場の方が来訪。

 クラブアトリエ前では、スイセンが一斉に咲き出しました。春 ですな。

 素焼き中、UFO撮影成功未確認飛行物体であることは間違いないでしょう鳥かな?

 夕刻帰宅、風呂を洗って、少し畑仕事手伝い。Sdscn8793

 その後、O.氏の車で市内へ。

 目指すは、チェーンソー屋さん。そのお店が素晴らしいのです。

 Sdscn8791 老舗らしく、かつ置いている商品が“いいもの”揃いなのでした。

 「いい商店」が、マイリストに本日加わりました。

 我が家の庭にはモクレンが咲きました。Sdscn8795

 今日の怪しげな飯豊連峰も好きで

す。

S100413hb

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 12, 2010

初 窯?

4月12日(月)Sdscn8773

 陶芸クラブ例会日、参加者3名で窯に作品群を詰めました。

 今年度初窯になります。

 今回は、焼き方もいままでとは別の試みをしようかと思ってSdscn8774_2 います。

 明日は素焼きなので、工夫のしようもありませんが、本焼きの為のテストピースも入れています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日は東京10℃の予報

4月11日(日)Sdscn8768_2

 あたたかな日でしたが、明日は全国的に肌寒くなるとの予報です。

 「里山のアトリエ坂本分校」の分校林経由で分校のミーティングに参加しました。

 バナナ10本持参して・・・・。

 しかしまあ、なんでこうもバナナは安く流通しているのでしょうか?コワいくらいです。

 ミーティングは約2時間。Sdscn8769

 帰路午後5時半の気温が9℃。

 夕方は「笑点」を観るヒマもなく、風呂掃除をしてから村の広場へ。

 今夜は、伊勢講の懇親会。

 旅行の日程がほぼ決まりました。6月が楽しみです。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 10, 2010

撮る撮られ

4月10日(土)Sdscn8752

 仙台の知人御夫妻がJR只見線にご乗車、それも往復なさるというので駅に行ってきました。

 すぐに私は「里山のアトリエ坂本分校」の分校林に行きまして、整備中の林の中からその知人夫妻が乗車している列車に手を振りつつ撮影。

 列車の中からはビデオでこちらを撮影しておられたようです。

 お天気が良くて、いい旅となったことでしょう。

 Moza_sdscn8759 是非またご乗車下さいませ。

  分校林から分校へ行ったら、地元の小学生数人がすぐにやってきました。

 この二人の女の子の表情を載せられないのがザンネンですが、まことにいい表情なのです。

 この二人の要望は「モデルのようにポーズつくるから撮ってね」だって・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スプリング・エフェメラル

4月 9日(金)Sdscn8738

 午前中は、“小枝えんぴつ”の軸を作りました。

 今月末、市内や東京へデビューするので、その準備です。

 それにしても、小枝えんぴつが活躍するなんて、面白いなSdscn8741 ぁ・・・・。

 「里山のアトリエ坂本分校」近くの大きな桜の木の剪定をしている若い庭師さんがいました。

 その近くの足元には、アズマイチゲが咲いていましたSdscn8743

 「里山のアトリエ坂本分校」の林には、キクザキイチゲが咲いて いました。

 カタクリももうすぐ咲きそうです。

 カタクリ、アズマイチゲ、キクザキイチゲ、すべてスプリング・エSdscn8747 フェメラルと言いまして、言葉の意味としては、「春の儚いもの」「春の短い命」程度の感じとのこと。

 しっくりした日本語訳が無いというのは少し寂しい・・・・。

 分校林には、いつの間にかレンギョウやミズキなどが植Sdscn8745 林されていました。

 林相が大きく変わったので、キクザキイチゲは来春たくさん咲くような予感がします。

 Sdscn8749 アオキもたくさんありました。赤い実がなっていましたが、これをツグミやヒヨドリが食しているとは知りませんでした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2010

八重桜もいいものだ

4月 8日(木)Sdscn8709  午前10時より、Y.場2階でミーティング。

 その前に、Y.場のS.Z.部長へ挨拶。

 その後、「陶芸クラブ」例会に駆けつけたのですがどうも 参加者ゼロSdscn8712かと思っていたところにY.さん。

 Y.さんと、来週の月曜日に「素焼き」にしましょうか?と話し、事務所にも報告。Sdscn8722

 クラブアトリエ前の田んぼの畦畔がキレイになっていたので“春”を感じました。

 午後は、県立高等学校の入学式。

 “母校”といわれるところに居て、涙があふれそうになりました。入学式に感動しているのではなく、つらかったことを思い出したからかもしれません。

Sdscn8715  救いの言葉も思い出しました。部活動の遠征中にある教師が、私達に対して「君達みんな、親御さんにとっては、自慢の息子達なんだよなぁ・・・・」とポツリと言ったことです。

 ただその一言で、私はその教師を信頼できるオトSdscn8734ナと思ったものでした。 

 その先生の卒業文集の言葉も忘れられません。

 「毎年桜は咲くけれど、一足 遅く咲く八重桜もいいものだ・・・・」というような内容でした。

 こんなオトナになりたいな、と思えるようは教師やオトナは、なかなかいません。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2010

また君に恋してる

4月 7日(水)/

 役場の一階左側に行ったり、米搗きをしたり・・・・。

 あとは何をしていたのか?

 仕事場のカーテンを取り付けたり、メインのパソコンが故障して修理してもらったり、来客があったり・・・・。

 坂本分校が生まれ変わって早一年、いろんなことがありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2010

カーテンの洗濯

4月 6日(火)Sdscn8705

 午前10時から、我が事務所に職人さんがいらっしゃるということで急行。

 職人さん達のキレイなお仕事ぶりを見ていてひたすら反省。

 さっそく?夜、カーテンを洗ってきました。

 時間は前後しますが、午後は、カメラマンとして某中学校の入学式の撮影。

 カメラマンの仕事というのは、見た目以上に体力が必要だというのをご存知でしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジョウビタキ

4月 5日(月)Sdscn8667

 睡眠時間4時間そこらで、分校関係者へメール。

 今日の山作業、終了予定時刻は知っていたのですが、開始時刻が不明。

 Sdscn8671 すると、もう「分校の山にいるよ」とのこと。急行しました。

 久しぶりに、分校林に入りました。すると、あまりみかけないキレイな小鳥がいました。ジョウビタキのようです。

 10時過ぎに「陶芸クラブ」例会へ、本日は雨の中、5名の参加。Sdscn8672

 土手を歩く中学生も寒そう・・・・。

 町内の書店が、同じ町内に引っ越しをするので、その作業の真っ最中でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 05, 2010

ムーンライトえちご

4月 4日(日)Sdscn0988

 午前中は、ちょっとだけ畑仕事補助。

 午前10時からは、小宮悦子さんの番組を観なければならないのです。

Sdscn0989  その後、刻字教室の総会が明日なので、その資料作りと綴じ方。これが意外に時間がかかりまして、あっという間に夕方。

 「笑点」を観て、風呂掃除。

 それから、新潟の亀田にあるワーナーで「シャーロックホーSdscn0992 ムズ」を観てから、急いで新津駅へ。

 新津駅に着いたのが、午前0時。

 家人が、0時6分新津発新宿行きの“ムーンライトえちご”という列車に乗車するというので、見送り・・・・。

 新津発東京新宿行きの列車があることを知りませんでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 04, 2010

法事とアマリアーダ

4月 3日(土)一時Sdscn0985

 朝、一仕事は殆ど不可能、時は過ぎ、お法事に行く時間となりました。

 昨日のトマトは“シャン”と起立していました。エンドウ豆やSdscn0986 春菊も“スクスク”育っています。

 本日は、笊屋敷(ざるやしき)という集落です。

 招かれた中で、私が最も年少者というのは我ながら小さな驚き。まあ、父の代理だから当然か?

 初対面の方が殆どなので、戸惑いもありました。Sdscn0987

 夕刻、A.さんと5年ぶりの再会。20歳になって、社会人になって3日目の来訪。嬉しかったなぁ、私がこんなに嬉しいのだから、ご両親はどんなに嬉しいことでしょう。

 ちなみに、そのご両親は、私よりずっと年下なのです。

Samariada_2  夜は、アマリアーダの帽子の話。

 アマリアーダというのはギリシャの一地方都市なのですが、日本人にはアマリ馴染みのない所です。

 おそらく、県内で訪れたことがあるのは、私一人だったでしょう。

 ところが、知人が最近行って来たということで、記念に帽子を持って来て下さいました。これで県内二人目です、たぶん。

 ギリシャ語の新聞記事の写真の右端の方と私は話をしてきたのですが、生きて行く上で、重要なことを教えてくれた恩人でもあります。

 日本とギリシャの友好に、“アート”が多大なる貢献をしたというのが興味深いです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2010

「おらほ」の印

4月 2日(金)/Sdscn0981

 リニューアル作業のコマゴマに、かなり時間が取られています。

 午前中、トマト苗の定植。

Sdscn0984  “oraho”印を作ってみました。

 深夜は、6つの新聞屋さんへ折込チラシの配達。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 02, 2010

イメチェン

4月 1日(木)

 燃えるゴミを集積所まで運び、陶芸クラブ例会へ。Tsumitano1

 本日は約2名。

 途中、スクランブルがかかり、私は市内のアピオまで。

 私の仕事プロジェクトが進行していまして、その打ち合わせ。

 新ロゴも決まりました。

 梅も咲きました。

 東京は桜花爛漫とか・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2010

電子点灯管

3月31日(水)Sdscn0968

 午前中は、資源ごみ運び。

 次に、ビニルハウスの古いビニルの整理。

 Sdscn0972 仕事場の蛍光管の交換。

 “電子点灯管”なるものを初めて購入してみました。

 これが画期的なモノで、あの蛍光管がほぼ瞬時に点灯するのです。

 今までのあのストレスは何だったの?というくらいのステキSdscn0974 さでした。

 磐梯も飯豊も美しき一日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »