« 船引・三春 | Main | 桜が次々に・・・・ »

April 20, 2010

ジェット機焼?

4月19日(月Sdsc00207

 アイスランドの火山の噴火で巨大な火山灰の雲が広がり、その影響で旅客機が墜落する恐れがあることから、航空便の欠航が相次いでいます。

 Sdscn8853 「燃焼機関は空気を吸い込むことで動き、動力を生みだす。火山塵(かざんじん)が航空機のエンジンの精密部品に入り込むと、さまざまな不具合を引き起こす可能性がある。砂嵐の中を走行する自動車と同じように、エンジン内部の部品を詰まらせることになる」。

 これって、火山灰の雲の中を飛行するジェッSdscn8854ト機のエンジ ンに関して限定すれば、火山灰が陶芸の釉薬状態になってしまってガラス化して不具合を起こすということではないでしょうか?

 本日午前中は「陶芸クラブ」例会日。5名の参加者でした。

 Sdscn8855 みなさん「施釉」(せゆう)という作業を熱心にやっておられました。クラブに関わって良かったなぁ、思うのは、その作業に関して、みなさんが、私の“想定外”の“試み”や“実験”をして下さることです。

 午後帰宅して昼食後、自宅で施釉して、電気の窯で焼成に入りました。

 今回は、メロンや餃子などが焼かれています。

 ただ今1100℃

|

« 船引・三春 | Main | 桜が次々に・・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジェット機焼?:

« 船引・三春 | Main | 桜が次々に・・・・ »