« これは“珍”なる鳥か? | Main | 東北地方太平洋沖地震 »

March 11, 2011

再び“冬”がやってきた

3月10日(木)Sdscn8008

 朝一番駅へ。

 数分の遅れで上り発車。

 高校3年生が卒業しているから、少々空いているかな?Sdscn8009

 それにしても、「冬の駅」再びです。

 チュウサギ(たぶん)撮影、この画像注目すべきは「ノートリ」です。

 Sdscn8021 その後「陶芸クラブ」例会へ。

 午後B.1中に行ったりして・・・・・。

 飽きもせず「使えない器」?を2点仕上げました。

夜、シンシンと雪が降っています。

Sdscn8027Sdsc00635_2 

|

« これは“珍”なる鳥か? | Main | 東北地方太平洋沖地震 »

Comments

残念ながら、チュウサギにあらず、これはコサギです。
根拠は、写真では少しわかりにくいですが、足指が黄色いこと。これはコサギの年間を通じての特徴。「黄色い靴下をはいている」のが、コサギの絶対的な特徴です。
このほかに、嘴の色と長さ。コサギは年間を通じて黒くて長い。チュウサギの嘴は短く、冬は黄色くて、夏は黒い。
それと、チュウサギは夏鳥で、この時期に会津にいる可能性はきわめて低いです。

Posted by: じゅんねん | March 11, 2011 06:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 再び“冬”がやってきた:

« これは“珍”なる鳥か? | Main | 東北地方太平洋沖地震 »